意味が全く分からないので、カテゴリーが違うかもしれませんが、
「リージョナル ハブ化」について教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どういうコンテキストでリージョナルハブ化をごらんになったのか教えていただけるとさらに答えやすいと思います。



回答の前に
ハブ化のハブですが、
"Hub and Spokes"のHubです。
何かといいますと、自転車のタイヤをごらんになってください。
中心に向かって、鉄の棒が集まっていますよね。(鉄の棒をspokeという)
タイヤの中心にあって、鉄の棒を束ねている中心のことをハブというのです。

つまり、どんなコンテキストで使われていたとしても、
『中心となる』コアがある、またはそのコアを作るということです。

さて、リージョナルハブ化とは、よく空港に関して使われる言葉です。
たとえば、デルタ航空にとってのハブ空港はアメリカにあるアトランタですが、
どういうことかといいますと、
乗り換えの必要な旅行経路に関しては、乗り換え空港をできるだけハブ空港に集めるのです。
つまりデルタでアメリカからメキシコへ行こうとしましょう。直行便でない場合、
ほとんどといっていいほどアトランタを経由してから行くと思います。
このようなシステムをとることによって、乗換えをスムーズにしたり、サービスを
充実させたりすることができるわけです。多くのひとがその空港を利用することになりますからね。これを経済学においては『集積の経済』を利用するといいます。

では地域経済の観点から考えて見ますと、
大きな市場をつくったり、魅力的な中心的な市場を作ることに成功した国は
多くの外資の企業を誘致したり、取引を行ったり、多くのひとがその市場を経由することになりますので、経済的に大きな利益を得やすいわけです。
いってみれば、みんな自分の国をハブにしたいわけですよね。

補足ですが、
日本の空港使用料金が高すぎて、
シンガポール空港や香港空港とアジアのハブ空港の地位の争いに負けたといわれております。どうおもわれますか。

これらのことを考え合わせて、どのコンテキストで読まれたかわかりませんが、
なんとなく、リージョナルハブ化を理解することができたでしょうか。

ちょうど、参考になりそうな資料を見つけましたので、アドレスをお教えします。

参考URL:http://www.glocom.ac.jp/users/taiyo/master/maste …

この回答への補足

Umeno Miyakoさん、御回答ありがとうございます。
まさに航空関係の文章を読んでいて出てきました。

教えていただいたURLも大変参考になりました。
ありがとうございました。

補足日時:2001/11/18 21:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Qミツビシ・リージョナル・ジェットって全て国産ではないんですね

ミツビシ・リージョナル・ジェット(MRJ)が日本が独自の旅客機を開発すると聞いて全て国産技術を使ってやるのかなと思っていたんですが、

油圧システムに米国パーカー・エアロスペース社、電源・空調・補助動力(APU)・燃料タンク防爆・高揚力装置・防火の各システムに米国ハミルトン・サンドストランド社、電子機器及びフライト・コントロールシステムに米国ロックウェル・コリンズ社

などなどアメリカのメーカーが参加するみたいです。エンジンあたりは富士重工、IHIなどがノウハウを持っていそうなので彼らを使えばいいと思うのですが、これはアメリカ側からのアメリカの会社も使いなさいという意向から海外メーカーを選定したのか、単に技術力を考えたときに海外メーカーの方が技術、価格面などであうから海外メーカーを選定したのかどちらでしょうか?なぜ全て国産でやろうとしなかったのか知りたいです。

Aベストアンサー

YS-11の失敗から学んだからです。

純国産のYS-11はいまだに現役で飛んでいるほど、頑丈な飛行機ですが、商業的に失敗だったといわれています。

要するに海外で売れなかったわけですが、その一番の理由が信頼性の問題とそれに付随するメンテナンスの問題でした。

国産ですから、日本国内なら部品の供給もなんとかなりますが、海外で使用してもらうためには、海外でも容易な部品調達が出来なければなりません。
現代でもベンツなどの外国車は時々部品が欠品し、輸入待ちとなることがあるようですので、部品の供給は大変な問題です。
民間航空機は飛ばしてナンボですから、部品がないから飛べないではすまないわけです。
しかし部品をちゃんと海外に供給する為には、その飛行機を大量に買ってもらわないと、メーカーとして赤字になってしまいます。

MRJはその点を考慮して、エンジンはP&W、アビオニクスはロックウエル・コリンズなど、実績のあるメーカーを採用して部品調達を容易にしていますし、販売とアフターサービスはボーイングと提携するわけです。
こうすることで、アフターサービスでの部品供給などの不安をなくし、同時に生産コストを下げることができるのです。
またボーイングから見ても、自社のラインナップに無い機種をそろえることができるので、一石二鳥でしょう。

売るということを前提にすれば、国内だけのメーカーで作っても海外では買ってくれませんよ。

YS-11の失敗から学んだからです。

純国産のYS-11はいまだに現役で飛んでいるほど、頑丈な飛行機ですが、商業的に失敗だったといわれています。

要するに海外で売れなかったわけですが、その一番の理由が信頼性の問題とそれに付随するメンテナンスの問題でした。

国産ですから、日本国内なら部品の供給もなんとかなりますが、海外で使用してもらうためには、海外でも容易な部品調達が出来なければなりません。
現代でもベンツなどの外国車は時々部品が欠品し、輸入待ちとなることがあるようで...続きを読む

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

Qグローバル化と歯なんですか?多国籍化とは違うのですか

よろしくお願いします。

よく
”グローバル化で企業間の競争が激しくなった”

というような文を見かけますが、グローバル化とは何でしょうか?

ヒト・モノ・カネ・情報が世界を容易に動けるようになったこと、

とも思うのですが、ヒト・モノに関しては
80年代や90年代始めも動いていたし、今とあまりは動く早さは変わらないような。。。

PCとネットワークが充実し、カネや情報が国と国の間を瞬時に行き来できるようになったこと・・・?とも思うのですが・・・・

そうすると企業間の競争が激しくなったのはIT企業だけ?

メーカーなどはむかしから海外で部品を作っていたし
エレベーターなど重厚産業メーカーは
”多国籍企業”というのでしょうか。。。

私が最初に入社したコピー機のメーカーなど
グローバル企業といわれていたのですが。。。。

グローバルとは何でしょうか?

いつからグローバルになって何が変わったと思いますか?

おしえてください

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

グローバル化の意味はグローブ(地球)上で自由に活動できるようになることと言えば理解しやすいでしょうか。企業活動が自国だけに留まらず、地球上のあらゆる地域を対象にしたものになることです。その課程で他国にも資本を投下して子会社を作ったり、地域本部を設置したりして企業として多くの国に活動拠点を儲ければ、これは多国籍企業と呼ばれることもあるでしょう。

しかしグローバル化はそれだけではありません。例えば日本の地方都市に本社を持つ会社(A社)が自分の製品を世界中に売る活動をしていれば、世界中の市場を知る必要があります。何故なら外国にある多くの同種企業(B社、C社など)も同じ条件で世界の市場を相手にしています。これらの会社は地球という大きな舞台の上で対等に競争してきます。少しでも弱みを見せればA社はたちまち競争に破れ倒産です。日本の市場だけを守って生きていくことさえできなくなるでしょう。
これがグローバル化が「大競争時代」と呼ばれる所以です。A社は生き残りを賭けて多国籍化するか、他国の同業者をM&Aで吸収するか、社長を日本人から外国人にするかなどいろいろな手段を考えます。ゆっくりしていると逆に買収されたりしてしまいます。

ヒト、モノ、カネ、情報を自由自在に駆使して立ち向かう必要がありますが、国により当然関税や金融規制その他の規制をしいています。これを撤廃することがグローバル化を進める為に求められています。しかし逆にこのようなやり方は従来のアメリカ方式とも言えます。強者のみが生き残るので、本来保護されるべき弱者には厳しく、いろいろな方面で社会問題を起こすこともありますので、グローバル化に反対の運動もあります。競争原理だけに頼るのは人間の本来的な部分で問題になることもあるのではないでしょうか。
いろいろ考えてみる必要はあります。

グローバル化の意味はグローブ(地球)上で自由に活動できるようになることと言えば理解しやすいでしょうか。企業活動が自国だけに留まらず、地球上のあらゆる地域を対象にしたものになることです。その課程で他国にも資本を投下して子会社を作ったり、地域本部を設置したりして企業として多くの国に活動拠点を儲ければ、これは多国籍企業と呼ばれることもあるでしょう。

しかしグローバル化はそれだけではありません。例えば日本の地方都市に本社を持つ会社(A社)が自分の製品を世界中に売る活動をしていれば...続きを読む

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

Q経済のグローバル化という意味以外でのグローバル化とは何があるでしょうか。

経済のグローバル化という意味以外でのグローバル化とは何があるでしょうか。

Aベストアンサー

何でもありますが、大きな意味で「文化のグローバル化」に全て含まれるでしょう。とんでもない所にマクドやスタバがあったり、寿司バーでまともなトロを食ったり、100チャンネル以上もあるテレビを見たり、そいつらが追いかけてくる。世界旅行の好きな人は「日本人に会わないところ」を探していましたが、みんなあきらめました。

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

Q今後東京化が進む地域について 今後、地方活性化によって東京化(というか東京と変わらない位都会化)が

今後東京化が進む地域について

今後、地方活性化によって東京化(というか東京と変わらない位都会化)が進む県はどこだと思いますか?実際に今自分の地元に活気がでている!移住者が増えてる!とかの実感でも構いません。今後の移住先検討として参考にしたいので教えてください^^

Aベストアンサー

東京化とは
1.高層ビルおよび、下駄ビル化のこと
※下駄ビルとは1Fが店舗のビルのこと。

田舎では高さ規定があるのでまずそれがあるかないかで違います。

2.地下鉄と環状鉄があること
3.新幹線が通ってること
4.高速道路のジャンクションが近くにあること
5.卸売市場と青果市場と魚市場があること

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

Q銀行の公的資金注入、と国営化は違う?

小渕内閣時代の話ですが、政局のゴタゴタから金融システム安定化法が廃止され、金融機関への公的資金注入が不可能となり、また大手金融機関の破綻処理制度として、 一時国有化制度が導入されることとなった。…

という話を本で読んだのですが、このときの与党案と野党案の分裂はその後どのように影響したのでしょうか?

自民党の金融システム安定化法の内容は、金融機関が破綻した場合、預金者を保護する制度が整備される一方、金融機関に公的資金を注入し、経営を安定させる。またブリッジバンク(つなぎ銀行)制度を導入する、というものだったそうです。

しかし野党は長銀に対する公的資金注入に反対し、破綻処理を要望。また、破綻した金融機関の処理策として、ブリッジバンク制度でなく、一時国有化制度を導入しようとしたのだそうです。

当時の小渕首相は経済政策の中身というより、参議院で多数派の野党の賛同を取り付けられないまま法案が流れることを危惧して、野党案を丸呑みしたそうですが…

このときの政策判断はその後にどう影響したのでしょうか?もしかしたら与党案の方が良かったのでしょうか?

結論をパッと見ただけなら、公的資金注入も国有化も大差ないような気もしますけど…

質問しといてナンですが、そもそもこの2種類の案にそれほど大きな違い、両党が必死に対立しなければならないほどの違いはあったのでしょうか?

小渕内閣時代の話ですが、政局のゴタゴタから金融システム安定化法が廃止され、金融機関への公的資金注入が不可能となり、また大手金融機関の破綻処理制度として、 一時国有化制度が導入されることとなった。…

という話を本で読んだのですが、このときの与党案と野党案の分裂はその後どのように影響したのでしょうか?

自民党の金融システム安定化法の内容は、金融機関が破綻した場合、預金者を保護する制度が整備される一方、金融機関に公的資金を注入し、経営を安定させる。またブリッジバンク(つなぎ銀行)制...続きを読む

Aベストアンサー

公的資金の注入というのは、国が銀行にお金を貸すことです。
つまり、銀行の経営が安定すれば、銀行は国にお金を
返さなければなりません。

破綻処理というのは、つぶすということ。
国は、介入しません。
JALは、この破たん処理をして、借金を棒引きにした。

国有化ということは、文字通り、借金も何もかも、
国が面倒を見るということ。
借金は、税金で補てんされて、戻りません。
銀行員は、国家公務員となります。

これとは別に、実質国有化、という方法もあります。
これは、銀行の株式を国が買うということ。
今の、東電がこの方法を取っています。
銀行の経営が安定すれば、国は、株を売って、
資金を取り戻すことになります。


人気Q&Aランキング