坂口安吾『桜の森の満開の下』についてお伺いします。
この作品で、問題点となるのはどんなことでしょうか?
やはり最後の場面の女が鬼に変わる箇所だと思いますが、他にはどんなことが挙げられますか?3つ4つ挙げていただけると幸いです。
そしてその問題点に対して各研究者はどんな論を展開しているのでしょうか。
また、あなたの意見も聞かせていただけると嬉しいです。結局女は何だったのでしょうか?男は何だったのでしょうか?孤独って?鬼って?...難しくて分からないことだらけです。作品を読むということは深いですね。でもだからこそまた面白いということにも最近気が付きました。
厄介な質問になってしまったかもしれませんが、何卒よろしくお願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 結局、演習発表の題材は「桜の森の満開の下」になさったんですか?



 すべての質問に答えられる力は、到底僕にはないので、参考文献をご紹介します。

 やや古い資料ですが、学燈社の雑誌『國文學』の昭和62年7月臨時増刊号「作品別・近代文学研究事典」の中で、荻久保泰幸氏が「桜の森の満開の下」の作品論を十数本紹介していますから、まずこの臨時増刊号を図書館か研究室で探し出し、そこに紹介されている論文を片っ端から探して読んでみてください。

 mayu1314さんは、国文学科の学生さんですよね。でしたら、資料の探し方も勉強してくださいね。ちょっとお節介な苦言でした。

 P.S.できたら、前の質問は閉めてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

覚えていらっしゃったんですか。嬉しいやら恥ずかしいやら...
そうなんです、『桜の森の満開の下』に決めました。前回のshinkishuさんのアドバイスで梶井基次郎の『檸檬』を考え、先生にも相談し、『桜の木の下には』が出て、最終的に安吾の『桜の森の~』にしました。

それで今回、またここに質問をさせていただいて、またまたshinkishuさんに回答を頂戴することになったんですが、先ほど県立図書館に行って来たところ、休館日でした(笑)。市立図書館もまた同様で、『國文学』を見ることは出来ませんでした。残念です。明日また探してみますね。

ちなみに私は国文学科ではありません。教養学部の言語科学専攻でして、何とも説明し難いところに所属しています。国文学科が置いてある大学ではないので、それ専門の授業は少ないです。しかし、やっと日本文学が面白いと思えるようになってきた今日この頃でして、来年の卒業研究も日本文学をやろうと考えています。資料の探し方も勉強します。お節介と言わずどんどん言ってもらって結構ですよ。本当に何も知らない私ですから。

というわけで、今回もどうもありがとうございました。shinkishuさんにはお世話になっていますね。演習の発表頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/23 14:58

 ANo.#2のshinkishuです。



> ちなみに私は国文学科ではありません。教養学部の言語科学専攻でして、何とも説明し難いところに所属しています。国文学科が置いてある大学ではないので、それ専門の授業は少ないです。

 そうでしたか。大変失礼しました。普通は、近代文学の演習で発表するのは、国文学科の学生ぐらいなので、そう思い込んでしまいました。でも、だとしたら、研究室に資料が少なかったり、いろいろ教えてくれる先輩がいなかったりで、大変ですね。

 ANo.#2でご紹介した資料はやや古いので、図書館で探すのでしたら、『國文學』のもっと最近のものや至文堂の『国文学 解釈と鑑賞』の最近のものに、同様の特集や安吾の特集がないかも調べてみるといいと思いますよ。参考文献(論文)一覧やキーワード解説などが掲載されていたりします。

 もちろん、関連する安吾の他の作品やエッセイもできるだけ読んでみてくださいね。

 頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございます。
『国文学 解釈と鑑賞』の別冊など、坂下安吾に関するものが確かにあります。

国文学科でなくとも日本文学専門の先生がいまして、女性ですが、とてもしっかりした先生がいます。でも確かに先輩となると思い当たる人は悲しいことにいませんね。ただでさえ人数の少ない学科であるのに、日本文学となるとほんの一握りになってしまいます。それでも私は日本の文化、文学を卒論でできたらいいと考えています。...でも、具体的に何をやりたいのかはさっぱり...なんですが。

何だか全然お礼になっていない文章で申し訳ありません。shinkishuさんは大学の教授でいらっしゃるのでしょうか。いつもいつも親切に回答していただいて本当に感謝しています。発表のレジュメ、頑張って作成します。

お礼日時:2001/11/23 23:16

問題点とかそういった難しいことは分からないのですが、私はこの作品が大好きなのでついつい出てきていしまいました。


あまり、役にたつことは、言えないのですが、坂口安吾の「文学のふるさと」という文章があるのですが、それを読むとどうしてこの作品が胸を打つのか、孤独というのをどう思っているのかということが書かれている気がします。まだ読んだことがなかったら是非、一度読まれることをお勧めします。
また、講談社文芸文庫から出ている坂口安吾の日本文化私観、桜の森の満開の下に解説が載っているのですが、それを読むととてもこの作品のことが分かってくると思います。紀伊国屋とか大手書店だと置いてあると思います。どちらも解説を書いているのは、川村湊さんという人なのでその人の論文などを探せば問題点ももっと詳しく分かるかもしれません。
ここからは、私の感想というか意見ですが、
この作品を読んだ後、なんだかとても寂しいというか、なんだかうまくいえない心臓がギュッとしまる様な感覚にとらわれます。でも、とても美しくて大切にしたいような気分でもある。
男は何?女は何?というのはよく分かりません。いや、意味をつけろと言われれば、出来なくもないのですがそうしたくない。
むしろ、個々の登場人物は何であるのかと思い描くよりも、この作品の世界観を味わい、「宝石の冷たさのようなもの」へと思いをはせ、全体として論じてもらうことが作者の願いではないかと勝手に思っています。
男は何であったか、女はなんだったかを意味づけて論ずるよりは、孤独とは何か、特に、坂口安吾はどのように孤独を思っていたのかを調べることが、問題点となると思います。
もし、参考にしていただけたら嬉しいです。
勝手なことを言ってすみません!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

勝手なことなんてとんでもない!とても参考になりました。

そうですね、この作品では“孤独”は重要なキーワードです。そしてまた坂口安吾を語るときは彼のファルス論を持ち出さねばなりません。今の私はそれをよく理解していないのですが、頑張って人に説明できるくらい、そして自分自身のためにもきちんと把握したいものです。

この作品は最初題名を聞いたとき、とても美しいイメージを抱きました。しかし読んでみるとかなりグロテスクだったんですね。何がどうとはすぐに出てこないのですが、すごい作品だなと感じました。

回答していただいて嬉しかったです。川村湊さんの論文、探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/23 15:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパンフレットの値段に付いて - 野田秀樹『贋作・桜の森の満開の下』

来月、野田秀樹の『贋作・錯乱森の満開の下』を見に行きます。
メジャーの公演を見に行くのは初めてで、パンフレットなどが
いくらぐらいで販売されるものなのか知りたいのですが、
およそで結構ですのでお教えください。

また、関連グッズの販売などもあるものでしょうか?
あれば、どんなものが・いくらぐらいでありそうかも
あわせて教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「贋作・桜の森の満開の下」観てきました。
パンフレットは800円でしたよ。

関連グッズ売り場はあったけど、よく見てません。
本とかビデオとかが並んでるのではと思うけど。

Q坂口安吾の肝臓先生について

1.オーダンカゼってなんですか?カゼは風邪ってわかるけど、オーダンはなんですか?Autunですか?

2.久須美荘園ってどういう由来がありますか?辞書とウェブを調べてもないみたいです。

3.「五つ間ぐらいの家が二百万円だったり、二間の貸し部屋......」

「五つ間」って「五つの部屋がある家」という意味ですか?
「二間」って「二間の長さの部屋」ですか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ついでにこちらも回答しましょう。

1.赤城先生は「流行性肝臓炎」という病気を発見しますね。

これはただの風邪ではない。この大陸(中国大陸のことです)から来た風邪は、肝臓を侵す。この風邪に随伴して起こる「肝臓炎」を「流行性肝臓炎」と名づけた。

ただ、その「流行性肝臓炎」という言葉は、漁師町の人々には馴染みにくい。だから、オーダンカゼと言って聞かせるのです。

黄疸とは、肝臓などの病気によって出る症状で、皮膚や粘膜が黄色くなる。つまり、パッと見てわかりやすい病気なんです。肝臓が悪い=黄疸、という一種の図式が昔はあった。だから、肝臓風邪、としてもいいんですが、黄疸風邪という名で通るようになった。そういうことです。

2.曽我物語、ってご存じですか?

鎌倉初期の武士で、お父さんの仇討ちで有名になった話で、歌舞伎なんかでも有名な演目のひとつなんですが。

伊豆の豪族だった伊東十郎祐成(すけなり)と弟の五郎時致(ときむね)がお父さんの敵を討つんですが、そもそもお父さんがなんで一族の工藤祐経に殺されたかっていうと、久須美荘の所領を争ったからなんです。

「久須美荘園の故地」、「故地」とはゆかりのある地、つまりここは曽我物語にゆかりのある荘園である、といっているわけ。

3.温泉町では、五部屋ある家の値段が二百万円(これは別荘ですね)、ふたま(二部屋)つづきの部屋を借りるにも七千円、一万円(これは月額)とふっかけられる、といっているのです。

ここらへんの金銭感覚はいまひとつピンとこないのですが、とにかく高い、それに対して、烏賊虎さんはタダで部屋を貸してやっている、という流れです。

ついでにこちらも回答しましょう。

1.赤城先生は「流行性肝臓炎」という病気を発見しますね。

これはただの風邪ではない。この大陸(中国大陸のことです)から来た風邪は、肝臓を侵す。この風邪に随伴して起こる「肝臓炎」を「流行性肝臓炎」と名づけた。

ただ、その「流行性肝臓炎」という言葉は、漁師町の人々には馴染みにくい。だから、オーダンカゼと言って聞かせるのです。

黄疸とは、肝臓などの病気によって出る症状で、皮膚や粘膜が黄色くなる。つまり、パッと見てわかりやすい病気なんです...続きを読む

Q村上春樹の「風の歌を聴け」の初出と初版を教えてください。(西暦で)

村上春樹の「風の歌を聴け」の初出と初版を教えてください。(西暦で)

Aベストアンサー

初出は、『群像』昭和54年/1979年6月号
初版は、昭和54年/1979年7月25日

芥川賞のすべて・のようなもの「村上春樹-芥川賞候補作家-」
http://homepage1.nifty.com/naokiaward/akutagawa/kogun/kogun81MH.htm

風の歌を聴け 村上春樹 講談社
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1163671

Q【吾】あ、は男が使ってもいいの?

【吾】あ、は男が使ってもいいの?
最近、短歌にはまりました。
僕は男なのですが、自分のことを【吾】あ、と言ってもいいのでしょうか。
俵万智さんが自分のことをあ、あ、とよく言っているのですが。

Aベストアンサー

たしか昔古文で万葉集の歌を習ったときに、自分の妻のことを

 吾が妹 (あがせ)

と表現しているのがあったように思います。当然男性の歌でしょう。

Q「ロードス島戦記」「フォーチュン・クエスト」の初出は?

タイトル通りなのですが、上記2作品の初出はいつ・どこでなのか分かりますか?

Aベストアンサー

ロードスの一番最初は、コンプティーク(角川書店発行のゲーム雑誌)に掲載された
ダンジョンズ&ドラゴンズのルールを使ったゲームリプレイだと思います。
参考URLによると1986年8月だそうです。
小説は、このリプレイを元に書かれたと記憶しています。
(リプレイよりあとに小説が出たのは確かです)

フォーチュンはちょっとわからない(書き下ろしなのか雑誌掲載の収録なのか忘れてしまって・・・)ので
はっきりはしませんが
作者の深沢美潮先生のサイト(http://www.fuzzball-inn.net/)によると
第一巻が1989年12月1日発行とのことなので
少なくともこの日か、(雑誌に掲載されたなら)それ以前だと思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Playtown/8080/dd/aboutdd/injapan.html

Q坂口安吾の「じろりの女」に分からないところ

1.「じろりの女」にでる「待合」はどんなところですか?泊まる部屋もあるし、酒も飲めるし、女と遊べるところですか?

2. 「お酒でも、買ってきて飲ませてくれると、オヨシちゃんも、女中なんかはさせておかないと言う人がアチラコチラから現れてくるだろうがな。」

意味は分からないが、これはからかう言葉ですか?

Aベストアンサー

1.「待合い」
これは時代によって多少使い方が異なるのですが(たとえば江戸時代「待合い茶屋」というと、芸者を呼んで遊ぶところとなります)、この戦後間もない頃の「待合い」は、連れ込み宿、いまでいうラブホテルみたいなところなんだと思います。

2.この部分の背景をちょっと説明しておきます。

語り手のゴローは、江戸時代の「幇間」(読みは「ほうかん」、あるいは「たいこもち」ともいいます)を意識して演じている人物です。

幇間は、江戸時代、遊郭で、宴席を盛り上げるために、おもしろおかしい話をしたり、踊りを踊ったりして、さまざまな芸を見せる人です。その芸も、すばらしい、とか、カッコイイ、とかいう芸ではなく、いかにもバカに見えるような、そんな芸です。そうして、遊びに来た旦那にお世辞を言って、よい気分にさせる。それが幇間の仕事なんです。

ゴローは、安吾に多い「頭と体が引き裂かれた男」です。
引き裂かれて、幇間をやることを通して、自分の場所を見つけようとしています。

江戸時代の花魁(高級遊女)は、気位が高く、簡単に気を許さない。そうした花魁と旦那の仲を取り持つのも、幇間の仕事です。

それと同様、この『ジロリの女』に出てくる金龍も、ゴローが追いかける三人の女性である衣子、衣子の娘の美代子、社員のヤス子も、ゴローにとっては花魁の位置にある女性たちです。

そうして、物語が進んでいくにつれて、それぞれの境遇が変わっていき、そうしてその性質のちがいが浮き彫りにされていく。

そうしてゴローがほんとうに、その存在のまるごとを許される女性がだれだかわかりますか? とにかく、その女性とめぐりあうことができるわけです。

ご質問の会話は、ゴローが衣子の家の女中に向かって軽口をたたく場面です。
こんなふうに幇間はだれにむかってもお世辞を言う。

衣子は、美代子の縁談の持参金をめぐって、大浦博士と話をする、という。

この大浦博士と衣子は実は恋人同士でもあり、同時に、財産を巡っては、争ってもいるんです。衣子は病院その他の財産を守りたい、大浦博士はなんとか手に入れたい。
美代子の結婚は、その駆け引きの道具でもあります。

ここからは「花魁」と「旦那」の話、「幇間」のアンタはお帰り、とゴローさんは締め出しをくらってしまった。ところがゴローさんも話に加わりたい。だから女中に頼むんです。

どこか、自分をこの家のどこかに隠しておいてください、と。

ここで「鼻薬」は、おこづかい程度のお金。
そうして「オヨシちゃん」がかわいい、美人だと言っているわけ。

女中なんかはさせておかない、というのは、女中をやめさせて、恋人にしてやろう、という男がいっぱいでてくるよ、って言っているんです。

あげたお金で、お酒でも買ってきて、お燗をつけてくれるとうれしいんだけどな、と、そんなことを本当は頼んでいるわけではない、頼んだとしても、実際にはそこまではしてくれないでしょう、それでも冗談で、そんなことを言っている。

それが「女中をからかいながら」ということなんです。

1.「待合い」
これは時代によって多少使い方が異なるのですが(たとえば江戸時代「待合い茶屋」というと、芸者を呼んで遊ぶところとなります)、この戦後間もない頃の「待合い」は、連れ込み宿、いまでいうラブホテルみたいなところなんだと思います。

2.この部分の背景をちょっと説明しておきます。

語り手のゴローは、江戸時代の「幇間」(読みは「ほうかん」、あるいは「たいこもち」ともいいます)を意識して演じている人物です。

幇間は、江戸時代、遊郭で、宴席を盛り上げるために、おもしろ...続きを読む

Qいつから、は、初出

いつから、は、初出

何がもとによる、は、語源
では、
流布や人口に膾炙するきっかけのことは、何源?
何源という形ではなくとも
漢語でなにかありませんか?


※※※※※
日本における女性の名前「なおみ」の初出は昭和初期。
語源は聖書から。
~~は谷崎の小説で使われたからだ。

Aベストアンサー

「契機」

Q読書初心者に「これだけは読んでおけ」と言える作品

恥ずかしながらこれまで読書はほとんどしなかった
私なのですが、最近長距離の電車通勤をするようになり
ようやく読書もするようになりました。
一冊一冊読み終えるたび、少しずつ読書が好きになっている気がします。

そんな読者初心者の私に、
「これだけは読んでおけ」と言える小説を教えてください。
また、そういう一覧のあるサイトなどあれば教えてください。

これまで読んで面白かったものは
宮部みゆきの「レベル7」、江国香織の「きらきらひかる」、
村上春樹の「風の歌を聴け」などですが
小説のジャンルはとくに何でもかまわないです。
また小説でなくてもハマれる本があれば教えていただきたいと思います。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 どんな歳になってでも「本を読もう! 」と思うことは素晴らしいですね!
 
 「恥ずかしながら…」とおっしゃっていましたが、本を読もうと思っているだけ良いではありませんか? 

 mneさんがおいくつで性別がわからないので、多少好みのずれが生じるかと思いますが、その辺はお許しください。

 本を読むにあたってのアドバイスなんですが、一冊を読みきることを貫かなくても、次の本を読んでその本も飽きたなら次の本と、読み散らかすのもまた楽しいですので、ためしてみてください。
 その辺が本だらけになって、これまた本に囲まれて楽しいですよ。

●第一段階:推理小説
『模倣班』宮部みゆき著
最近文庫になったので、古本屋なんかでもチェックするべし。安く購入できます。

●第二段階:小説
『空中ブランコ』奥田英郎著
テレビを見ているみたいな感覚で読めます。

●第三段階:推理小説(ちょっと古め)
『天才美人画の肖像』松本清張著

●第四段階:文学作品
『我輩は猫である』夏目漱石著
 ちょっと読みづらいですが、我慢して読んでるとかなり笑えます。

●第五段階:文学作品
『痴人の愛』谷崎潤一郎著
信じ難い男性心理に驚きの連続です。

●第6段階:史実
『マリー・アントアネットの肖像』遠藤周作著
(聞いたことあり?フランス革命の情景が浮かびます)

●第七段階:エッセイ
『パリ五段階活用』鹿島茂著
↑の小説を読んだ後に読むとフランスに行きたくなります。ぜひ、セットで読んでみてください。

 以上、知っていると思われる代表的なものばかりです。昔教科書に載っていた作品でも、改めて読み直すと違った感想が持てると思います。
 ぜひお試しください。
 また、以前に同じような質問をされていて、そこにも回答がありますので、参考にしてみてください。




 

 どんな歳になってでも「本を読もう! 」と思うことは素晴らしいですね!
 
 「恥ずかしながら…」とおっしゃっていましたが、本を読もうと思っているだけ良いではありませんか? 

 mneさんがおいくつで性別がわからないので、多少好みのずれが生じるかと思いますが、その辺はお許しください。

 本を読むにあたってのアドバイスなんですが、一冊を読みきることを貫かなくても、次の本を読んでその本も飽きたなら次の本と、読み散らかすのもまた楽しいですので、ためしてみてください。
 その辺が...続きを読む

Q<初出>が載っている辞典

以前何かの辞典で、それぞれの言葉の初出(←時期?文章?)も載っているものを見たような気がするのですが、そういう辞典はあるでしょうか。
用例で文章が挙げられている場合も、初出というわけではないですよね。

何十巻組というようなものではなく、サイズ的には大きくても、一冊ものだったような気がするのですが。でも一冊ものでそこまでの内容を含ませるのって、物理的に無理な気もするし……
語源辞典、などでしょうか?語源辞典をみたことはない気がするんだけど……

気になるので、ご存知の方教えて下さいm(__)m。

Aベストアンサー

『新潮現代語・古語辞典』は、初出を積極的に載せています。(1巻本)
1巻本にはやはり限界があります。詳しいのは『日本国語大辞典』(小学館 13巻本)です。ただし、これにも誤りや記載漏れがかなりあります。

Q時は待たず 月ぞ経にけり この1文の作品は?

時は待たず 月ぞ経にけり   
この様な1文だったと思うのですが、
どの文学作品にあったか、
記憶にある方おりませんか?

教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

万葉集の和歌に似たようなのがあったような…。

妹に逢ふ 時片待つと ひさかたの 天の川原に 月ぞ経にける

 
 *文学作品って、現代の小説の中の一文だったのでしょうか?
  もう少しヒントがいただけましたら、頑張って探してみます!


人気Q&Aランキング