【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

私は文系の大学4年で卒業研究をしています。
現在は知識を蓄えるために新書を読んでいるのですが、新書はアカデミズムよりもジャーナリズムの面が強く、学術論文とは一線を画すると聞いたことがあります。
実際にciniiにある論文の参考文献欄に挙げられているのは学術論文・学術本が主流であり、新書を挙げる論文は少ないように思われます。
新書はとても有用だと思うのですが、論文執筆のときは参考文献に挙げるべきでないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

新書の全てが悪いわけではありません。


中公新書とか岩波新書、講談社学術文庫は比較的堅いので、学部の卒論やレポートになら取り上げても良いと思います。これらのシリーズの中には、「これって学術論じゃないのか?」と思うほど難しく、引用もついた骨太な本もあります。もちろん、そういう本の著者は、大学教員などちゃんとした研究者です。

しかし、ここ数年に刊行が開始された新書は、ジャーナリズムを超えて、安い雑誌レベルの内容にまで落ちぶれています。書いている人も、アカデミズムの人ではありません。

質問文を見る限り、その辺の違いは分かる方だと思います。本当に引用したい本なら、新書でも引用しても良いと思います。

ただ、本音を言えば、新書は研究書ではないという観念が存在することも確かです。具体名は挙げませんが、これまで学術書を対象にしてきたある賞が、今年は中公新書の一冊に対して賞を与えてしまったんです。これを聞いた時は、「審査員は、何考えてんだ」と思ってしまいました。普通の人が見たら、それなりに読み応えるある本なんですが、引用などができておらず、既存の学説や周知の事実をかき集めて、整理しただけの本なんです。少なくとも、例年と比べるとレベルダウンしたなと思いましたね。
    • good
    • 1

新書って言うのは、毎月何冊か出ますよね。


ということは、編集者がいて、出版計画があって、
システマチックに出していると言うことです。
著者も、評価の定まっている方に、評価の定まっている題材で書いてもらいます。

なにを言いたいかというと、
「新書には一次情報は無い」ということです。
ほとんどの場合、「何か別の本の解説」「情報をかみ砕いて書いたもの」
というものであるわけです。
優れた新書でも、よく調べてみると、
その著者は別の厚い本を出していて、
新書はその中身を易しく書いただけ…ということもままあります。

新書はたしかにわかりやすく、有用です。
ただし、論文と言うことになれば、
できるだけ源の情報に遡ることが望ましい。
だから、新書を参考文献に挙げるよりも、、
もう一手間かけて、そのタネ本を参考文献にした方がいいというわけでしょう。

もちろん例外もあり、古典としての評価を得ている新書もありますし、
一次情報が皆無というわけでもないですから、必要なときには参考にするべきです。
ただし、「タネ本があるかもしれない」ということは気をつけておいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、新書には一次情報が無いんですね。
まずは新書で全体像をつかみ、次に同著者の学術本を読むのが好ましいんですね。
頑張ってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/01 00:47

卒業研究だったら大丈夫ですよ。

学術論文になると、結構厳しいことを言われるそうです(理科系なのでよく分からないけど)・・・フィールド調査もしていないのか?とか、データ集めもしていないのか?とか・・(理科系では普通なのですが・・・)。

そんなわけで、教官(講師か助教)辺りに聞いてみると良いかも知れません。もしかしたら、可能になるかも知れませんし、却下されてフィールド調査をしなくてはならなくなるかも知れませんが・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。まずは先生に聞いてみたいと思います。
できる限りは力を尽くした研究をしたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/01 00:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレポートの参考文献

参考文献を記載するとき、出版年を記入しなければならないですが、
これは、初版の年ですか?
それとも今まさに持っている本(第5版なら第5版)の発行年ですか?

Aベストアンサー

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1刷 1970年4月20日発行
第3版第1刷 1998年1月15日発行
第3版第5刷 2005年7月10日発行

一応の原則としては,
「第1版と第2版,また第2版と第3版とでは,それぞれ内容は大きく変わる」
「第3版第1刷と第2刷以降では,内容は原則として同じだが,細かい訂正など多少手を加えることもある」
と考えてください。

このような場合,この本が第3版であることは確かですが,発行年をどうするか。
一応の原則としては,「版次(第3版)が同じであれば,刷次(第1刷とか第5刷とか)が違っても,内容はほとんど一緒」と考えられます。
したがって,内容的には1998年に出されたときのものと同じと考えて,発行年は「1998」と記録する,というのが一つの考え方です。
(図書館の蔵書目録のデータはそのようなルールで書かれています)
もっとも,本によっては,同じ版でも,刷りを重ねるごとに
かなり内容に手を加えていることもありますので,正確に記録するのであれば,「1998,第5刷2005」とすればよいでしょう。

ただ,版次の数字が「第85版」みたいにやたらと大きい場合は要注意です。そのような場合は,「刷」の意味で「版」と表示している可能性が高いです。
たとえば,
1965年初版発行 (初版と第1版は同じ意味です)
2005年第85版発行
これだと,年2回のペースで版を新しくしているということになりますが,観光ガイドとかムック(雑誌ぽい本)などならともかく,普通の図書で年に2回も版を改めるというのは滅多にないことですので,「2005年第1版第85刷発行」の意味と考えられます。
そのような場合は,内容としては1965年の時のものと同じでしょうから,出版年は「1965」としたほうがよいでしょう。

No.1の回答者さん。
気持は分かるのですが,もし自分が読んだ本が「2005年に出た第5版」だったとしたら,参考文献には2005と書くしかありません。
本当に「1960年に発行された初版」の本を手にとって,参考にしたのでなければ,1960と書くわけにはいきません。
自分がどの文献を参考にして書いたのか,それを明らかにするのが参考文献一覧ですから。
もし,自分は2005年発行の本しか見ていないけれど,その本の筆者は1960年に既にそのようなことを書いていたということをどうしても示したければ,本文の中でそう書けばいいのです。

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1...続きを読む

Q会社説明会って絶対出ないといけないんですか?

希望している会社の説明会って絶対出ないといけないんでしょうか?でないと内定もらえないのでしょうか?説明会で面接日とか決めるんでしたっけ?

Aベストアンサー

私はつい最近内定をもらいました。会社説明会がどのくらい選考基準になるのかはその企業にもよると思いますが、説明会に行くことは自分にとってすごくメリットのあることだと思います。同じ業界の会社でも、会社によって雰囲気はすごく違うし、説明会に行くことによって詳しい仕事内容を知ることもできます。私は、説明会で学んだ仕事内容について面接で質問したりしました。行って損することはないので、行かない理由はないと思います。(交通費なんかは、後々就職してからのことを考えたら、それぐらい投資してもよいと思います…)

Q採用内定取消の電話がきました…

というより、内定辞退を示唆する電話がきました。
企業側の取消理由は
 私のレスポンスが悪く、自分のことしか考えておらず、そしてその企業に行きたいと思っていない
ということでしたが、
逸脱した程レスポンスが遅かったことはなく
内定承諾書も入社までに送ってくれば良いということでしたので、内定通知書頂いてから2週間経っていますが、今月中に送れば良いかと思っていましたし
入社予定日を半月程早めて欲しいと言われても家族(夫や両親)と相談したりするのは当然だし、その返事のメールが相手に届いていなくても、まだ1週間しか経っていません。
確かに、他社と比較していた期間は内定受諾の催促の電話に出なかったこともありましたが…それでも内定は貰いました。
また、他社から最終面接のお知らせなどがきていたのを断ってその会社の内定を受けたのですから、行く気がない、ということはこちらとしてはありませんでした。
でも、今日電話を貰い、あなたの考えは当社とは全くあいませんね、という水掛け論をした後に、考えなおすならウチにきてもいいけど来てもあなたやり辛いだろうし、辞退したら?
みたいなことを言われ、あまりの身勝手さに損害賠償請求したいのですが、内定受諾書を送り返してない上、入社予定日まで30日以上ありますので、ネット上で調べた限りはこちらから裁判を起こさない限りは泣き寝入りしかない、ということですが、
どなたか良い方法がありましたら、教えていただけませんでしょうか。

というより、内定辞退を示唆する電話がきました。
企業側の取消理由は
 私のレスポンスが悪く、自分のことしか考えておらず、そしてその企業に行きたいと思っていない
ということでしたが、
逸脱した程レスポンスが遅かったことはなく
内定承諾書も入社までに送ってくれば良いということでしたので、内定通知書頂いてから2週間経っていますが、今月中に送れば良いかと思っていましたし
入社予定日を半月程早めて欲しいと言われても家族(夫や両親)と相談したりするのは当然だし、その返事のメールが相手に...続きを読む

Aベストアンサー

内定は様々な種類があり、後日入社式云々の・・・と言うような「もう就職決まりました」と言う意味合いの文章であれば法的に労働契約締結と扱われる可能性があります。
他方はこれに該当しません。

また内定とは「解約権留保付労働契約」と言う意味を持ち、経営者に労働者の解雇権が存在します。
そして、労働契約の予約の意味もあります。

つまり、内定通知があったとしても、余程の事で無い限り賠償はありません。

あと決定的であったのは内定受諾書の未送付で、法的拘束力はありませんが、一種の正式契約とする企業が多いですから企業からすれば「契約破棄」と見なす場合もあるでしょう。

あと通知後、3週間経っていると言うのはビジネスではレスポンスが遅いなどのレベルではありません。
通知が届いて親、夫に相談して一週間以内に出すのが普通です。
入社予定日を早めることですが、これに関しても即日回答(現時点での予定日を聞くなどして後日回答の旨を伝える)が原則です。

会社に行く気が有る無しは伝えなければ分かりません。

経営者は親しい人でも相談相手でもありませんから、こちらからの発信が無ければ来る気が無いと思います。

もし待ち合わせの場所に来て下さいと友人に言って友人から返事が無ければ来ないと思うはずです。

これで「行く気だったのに!」と言われた方は呆れます。絶対に。

この様なことから解決策は残念ながらありません。
もし貴方が迅速丁寧に応答していれば非は無く、内定通知の内容によっては裁判に勝てる確率はあったはずです。

ですが、そのような応対が下手な企業には就職すべきではありません。
着実に顧客も減り何れは倒産するはずですから。

内定は様々な種類があり、後日入社式云々の・・・と言うような「もう就職決まりました」と言う意味合いの文章であれば法的に労働契約締結と扱われる可能性があります。
他方はこれに該当しません。

また内定とは「解約権留保付労働契約」と言う意味を持ち、経営者に労働者の解雇権が存在します。
そして、労働契約の予約の意味もあります。

つまり、内定通知があったとしても、余程の事で無い限り賠償はありません。

あと決定的であったのは内定受諾書の未送付で、法的拘束力はありませんが、一種の正...続きを読む

Q五大商社、どれくらい難しい?

みなさん、こんにちは。
現在、高二で将来の夢が商社に入社することです。
今、慶應経済を目指して猛勉強しています。
そこで質問なのですが、慶應経済から五大商社に入るにはどれくらい難しいのでしょうか。
またやっておかなければならないこと、学んでおかなければならないことはありますか。
一応、今アメリカに留学中で話す英語には自信があります。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どこの大学からでも5大商社は難しいですよ。民間の会社は「絶対受かる」がないので、あまり期待しないようにしましょうね。

ところで、なぜ商社に入りたいのですか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング