物質の蒸発のメカニズムについて教えて下さい。また、物質によって蒸発しやすいものとしにくいものがあると思います。比熱や沸点が関係してくるのでしょうか?基本的なことなのかもしれませんがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

rei00 です。

補足拝見しました。

> エタノールは水と比較して揮発性が高いと思います。
> それには具体的に何が関わっているのでしょうか?
 これは「エタノールは水と比較して揮発性が高い」と言うよりも,「水は揮発性が低い」と考えて下さい。つまり,水が特殊な液体です。

 その理由ですが,「水に存在する水素結合」です。もちろん,エタノ-ルの水酸基にも水素結合は存在しますが,水の場合は水酸基が2つある様なものです。そのため,水素結合によって水分子の網目構造ができます。その結果,気体になる(蒸発する)のに多くのエネルギ-が必要になり,揮発性が低くなっています。

 「水素結合」や「水」に関しても多数の質問で採り上げられていますので,トップペ-ジで検索してみて下さい。

beatzone さん
> 水は100℃まで熱しなければ蒸発しません。
 これは「蒸発」ではなくて「沸騰」ですね。洗濯物や水溜りは室温で乾きますから,蒸発は室温で普通に起こります。

 asa2000 さん,「蒸発」と「沸騰」では,現象は異なりますが,「しやすいものとしにくいもの」の違いは同じメカニズム(分子間の結合力)で説明できます。

 いかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。水が特殊な液体と考えるべきなのですね。
気体になるのに多くのエネルギーを必要とするため、蒸発熱が大きいのですね。
水素結合に関してはしっかりした知識を持ち合わせていませんでした。
勉強していきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/11 11:12

水と他の物質の沸点の関係については他の方の回答で御分かりのことと思いますので、沸点と蒸発のしやすさについて。


参考URLでも回答していますが蒸発を考える場合、先ず飽和蒸気圧の薄い膜が出来ると考えます。一般的に沸点が低い物の方が同一温度ではその蒸気圧は高く、その膜に含まれる物質の濃度が高い事になります。外気中のその物質の濃度を一定とした場合、拡散によって移動する量は濃度勾配に比例しますので蒸気圧の高い(一般的には沸点が低い)物質の方が蒸発しやすいと考えることが出来ます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=161702
    • good
    • 1
この回答へのお礼

沸点が関係しているのですね。
物質の蒸気圧については理科年表等に載っているのでしょうか?
調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/11 11:21

rei00さんの紹介された関連質問の中で紹介されているかもしれませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「蒸発と蒸気圧」
http://www.awds.org/ads_gym/lecture/terms_00.htm
(【全熱回収】の理解のための用語集)

「水素結合」に関しては、以前rei00さんも紹介されていましたが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
http://203.174.72.111/ryumuk/bond2.html
(水素結合)
さらにTOPページで「水素結合」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~yam/jugyo/1B05johatu.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分にしっかりとした化学の知識がないことがわかりました。
参考URLを基にしっかり勉強したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/11 11:18

こんにちは。

自信がないので参考程度にしておいてください。
これは、分子の持つエネルギーと、分子間に働く結合力の問題だったと思います。
水を例にすると、氷の状態では分子の持つエネルギーよりも分子間に働く結合力のほうがはるかに強いため、分子は動くことができません。だから、氷(固体)の状態であるわけです。
ここに少し熱を加えると氷は溶けて水(液体)になります。水分子は熱(エネルギー)をもらったことで少しだけ結合力に打ち勝って自由に動けるようになります。これが、水(液体)の状態であるわけです。
さらに、熱(エネルギー)を加え続けると、水は水蒸気(気体)になります。この時、水分子はさらに沢山のエネルギーをもらったことで、分子間の結合に完全に打ち勝って、空気中に飛び出します。
また、蒸発し易いもの、しにくいものも分子間の結合力です。基本的に分子量が大きくなればなるほど、分子間力も強くなるので沸点は高くなります。しかし、16族の元素の水素化合物には例外があります。それが水なわけですが、水は100℃まで熱しなければ蒸発しません。これは、水の分子間には水素結合という特別な結合が働いているため、その結合に打ち勝つのに余計に熱(エネルギー)が必要になるわけです。沸点が上がるのはそのためです。
こんなんでいかがでしょう?
注:もし違うと言う方いらっしゃいましたら、フォローもしくは訂正お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどです。分子間の結合力が関係しているのですね。水は本当に不思議な物質ですね。勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/03 12:11

 以前にも同じ質問がありましたね。

「QNo.106726 蒸発のメカニズムを知りたい」(↓1番目)の回答をご覧下さい。

 あるいは,トップペ-ジ(↓2番目)で「蒸発」や「蒸気圧」を検索してみて下さい。いくつか関連する話が出ています。例えば,次のもの等。

「QNo.75139 水の蒸発について」
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=75139

「QNo.22624 洗濯物はなぜ乾くの?」
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=22624

「QNo.40492 水の蒸発」
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=40492

「QNo.106726 蒸気圧について」
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=106726

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=106726, http://www.okweb.ne.jp/index.php3

この回答への補足

エタノールは水と比較して揮発性が高いと思います。それには具体的に何が関わっているのでしょうか?要因が複数あるかと思いますが、ご存知でしたら教えて下さい。よろしくお願いいたします。

補足日時:2001/12/03 12:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自分で検索して勉強してみました。蒸気圧のことが自分の中で飲みこめていないような気がしますが、もう少し勉強してみます。

お礼日時:2001/12/03 12:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q氷は昇華するのでしょうか?

型枠から外してアイスボックスに入れておくと、冷凍庫の中であるにも関わらず、日が経つに連れ体積が小さくなっていきます。解けてしまうことのない温度に保たれている庫内で小さくなっていくのは、昇華しているということなのでしょうか。

Aベストアンサー

90度に保った恒温水槽は,永久に水量が変わらないと思いますか?
洗濯物はなぜ乾くのでしょうか? そもそも,湿度とは一体なんでしょう?

分子の熱運動には分布があり,またこの分布は高エネルギー側に裾野が広いのが特徴です。
つまり,0度以下の氷でも,中には気化できるエネルギーを持つ分子が存在すると言うことです。

冷凍庫内の湿度が低ければ,当然,氷は少しずつ昇華していくでしょうし,
もし庫内の壁が親水的ならば,昇華した分子は壁で結露し,霜になるでしょう。
冷凍庫内の湿度がほぼ飽和状態で,さらに親水的な壁がない場合でも,
氷の表面積が小さくなる方向へ,分子の再配置,再結晶化が起こると思います。

余談ですが,外気が氷点下になる地方では,洗濯物をベランダに干すと凍ります。
しかし,そのままずっと干し続けると,直に洗濯物は乾きますよ。

尚,詳しくは以下のサイトが参考になるかと思います。
中には混乱されている回答者の方もいらっしゃいますので,注意してご覧になって下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=172925

90度に保った恒温水槽は,永久に水量が変わらないと思いますか?
洗濯物はなぜ乾くのでしょうか? そもそも,湿度とは一体なんでしょう?

分子の熱運動には分布があり,またこの分布は高エネルギー側に裾野が広いのが特徴です。
つまり,0度以下の氷でも,中には気化できるエネルギーを持つ分子が存在すると言うことです。

冷凍庫内の湿度が低ければ,当然,氷は少しずつ昇華していくでしょうし,
もし庫内の壁が親水的ならば,昇華した分子は壁で結露し,霜になるでしょう。
冷凍庫内の湿度がほぼ...続きを読む

Q氷の昇華

低温化(マイナス温度)における、氷の昇華と湿度の関係について教えてください。湿度が低いと氷の昇華は早くなるのか?お願いします。

Aベストアンサー

湿度に関してはno.1さんのおっしゃるとおりなのですが、「低温化」とあるので、温度を下げていくとどうなるかを考えます。

今、容器の中に氷と空気が入っていて、中は一定温度・圧力に保たれ、中は減圧になっているとします(昇華は低圧の条件下で起きるので。水の「状態図」から分かります。)。
容器には冷媒を用いた熱交換器が付いているので、中の温度を徐々に下げていきます。

常圧下で、低温の水の方が高温のものより水の蒸発速度が遅いのと同じく、昇華するスピードも、低温化によって下がっていきます(氷の分子がもつ運動エネルギー=熱エネルギーが小さくなるので)。
また、中の圧力を一定に保つために少しずつ空気を系外に排気していても、空気の温度が下がることによって相対湿度が上がっていくので、no.1さんのご説明と同じ理由で、やはり昇華のスピードが落ちます。

以上をまとめると、「湿度が低いと高いときよりも昇華の速度が速いが、温度を下げていくと、遅くなっていく」ということになると考えられます。

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む

Qなぜ100度になっていない水も蒸発するのでしょうか?

中一の子供に
「水は100度で蒸発するって習ったけど、部屋や外に置いてある水が、沸騰してないのに、ちょっとずつ蒸発してるのはなんで?」
と聞かれました。
どなたか中学生にもわかるように、説明していただけるかたいらっしゃいませんでしょうか!(自分もそういわれると、気になってしょうがなくなりました・・笑)

Aベストアンサー

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(氷にはならない)けれど、完全に切り離されてばらばらにもならない(水蒸気にならない)状態にある水の「分子」の集まりです。この集まりの中には、ちょっと"元気な"分子もいて、中には空気中に飛び出してしまうものがあります。一方、空気中の水蒸気の中にはちょいと"元気"がなくなって、"おとなしくしている水"の仲間に加わるものもあります。

 このような性質を持つ水を、空気といっしょに密閉容器に半分くらい入れて温度が一定の状態に保ってみましょう。最初は水蒸気がなかった、つまり完全に乾燥した空気があるとします。初めのうちは、水の中の"元気者"がどんどん出て行って空気中に広がり、湿度が上がっていきます。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるので、そのうち容器の中の空気は水蒸気でいっぱいになってしまいます。湿度100%です。こうなってしまうと、後は、ちょいと"元気がなくなって"水に戻る分子と"元気よく"水から飛び出す分子の割合が等しくなって、見かけ上何も変化が起こらなくなります。

 密閉容器の場合は、上記のようになりますが、水が部屋や外にある場合は、空気は大量にありますしどんどん入れ替わりますから、周囲の空気の湿度が何かの理由で100%にならない限り、水からは分子が逃げ出す一方になります。そのために、からっとした季節には、雨上がりにあった水たまりがいつの間にか蒸発してなくなったり、洗濯物がよく乾いたりするわけですね。逆にじめじめした季節には乾きが悪くなります。

 ちなみに、水は1気圧のもとで100℃で沸騰します。このときも蒸発は起こっていますが、水の表面ではなくて内部でいきなり気体になる(この現象を「沸騰」と呼んでいます)分子の方が圧倒的に多くなるので、目立たなくなります。

("元気"のような擬人的な表現を使いましたが、本来は"運動エネルギー"のような物理用語を使わなければいけません。中学生にもわかるように、ということですので、敢えて"禁断の"表現法を使いました。)

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(...続きを読む

Q蒸発のメカニズムを知りたい

水に空気を吹き付けると水が(早く)蒸発しますよね。
このときの水に何がおこっているか、蒸発の仕組みを知りたいです。
御存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「水が蒸発してなくなる」ことの説明については、alpha16さんの回答で良いと思いますが、「空気を吹き付けることによって蒸発が速くなる」ことの説明は、大筋でfreeman108さんが正解だと思います。
水滴が蒸発して無くなる過程を段階を追って説明すると。
1.水滴の周りに(極薄い)飽和水蒸気の空気の層が出来ます。
2.その周りの空気は飽和水蒸気に達していない(水蒸気濃度が薄い)場合、ある厚さの濃度勾配を持った拡散層が形成されます。
3.その拡散層を通って水分子は外側に移動し、最終的に全部の水滴が無くなります。
(厳密には水の気化熱によって、nonononさんの仰るように水滴の温度は低下するはずですが、外部からの伝熱の効果による加熱がありますので、ここでは定常状態として無視しています。)
さて、【2】の拡散ですが、その速度は濃度勾配に比例して大きくなるため、周りの空気を常に水蒸気量の低い新しい空気と入れ替えてやることによって拡散速度が大きくなったため、速く乾燥すると考えられます。また、空気が移動すると拡散層の厚さの減少も起こり、これも濃度勾配を大きくすることになります。

揚げ足取りのようになりますが、気体分子の速度は非常に大きく、通常の風程度ではその運動エネルギーの上昇はほとんど影響を与えないものではないでしょうか?

「水が蒸発してなくなる」ことの説明については、alpha16さんの回答で良いと思いますが、「空気を吹き付けることによって蒸発が速くなる」ことの説明は、大筋でfreeman108さんが正解だと思います。
水滴が蒸発して無くなる過程を段階を追って説明すると。
1.水滴の周りに(極薄い)飽和水蒸気の空気の層が出来ます。
2.その周りの空気は飽和水蒸気に達していない(水蒸気濃度が薄い)場合、ある厚さの濃度勾配を持った拡散層が形成されます。
3.その拡散層を通って水分子は外側に移動し、最終的に全部の...続きを読む

Q気圧が下がるとなぜ沸点が下がるの?

真空にすると、沸点が下がって低い温度で沸騰しますが、なぜそもそも真空にすると(あるいは、気圧が下がると)沸点が下がるの?

Aベストアンサー

液体に接している空間にはその液体の蒸気が存在します。その蒸気の圧力を蒸気圧といいます。その蒸気圧の大きさには限界があります。その限界の圧力で釣り合います。蒸発平衡といいます。限界の圧力のことを「飽和蒸気圧」といいます。#4で「蒸気圧」と言われているものはこの飽和蒸気圧のことです。化学では平衡状態について考えている場合が多いので「飽和」という言葉を省いているのです。
でも沸騰や蒸発は液相と気相との間での平衡が成り立っていないときに起こります。「蒸気圧」と「飽和蒸気圧」を区別する方がいいと思います。部屋の中で水を加熱すると蒸発が起こります。部屋の中の水蒸気は飽和していません。蒸気圧<飽和蒸気圧です。どんどん蒸発します。部屋の体積が大きいので飽和に達することが出来ません。いつまでも蒸発が起こります。普通は液体の表面からだけ気体(蒸気)が発生します。内部から気体が出るということは泡が出来るということです。これはある条件で起こります。沸騰と呼ばれています。水面に大気圧がかかっていると泡が出来るためには「泡の中の気体の圧力>大気圧+水圧」でなければいけません。泡の中の気体の圧力はその温度での飽和蒸気圧です。大気圧の部分には蒸気圧も含めなければいけないのですが空間が広いと拡散してしまって考えなくてもいいようになります。
水圧はビーカーや鍋で加熱をしている場合は大気圧に比べてかなり小さいです。(10mの水柱で1気圧です。)
「飽和蒸気圧>大気圧」が泡のできる条件であることになります。大気圧が小さくなればこの条件の成り立つ温度も低くていいことになります。
沸騰というといつまでもぼこぼこと泡ガ出ているというイメージを持ってしまいます。でも平衡が実現していないアンバランスな状態を大急ぎで埋めようとしている途中の変化ですから平衡が実現すれば沸騰は止まります。部屋の中でやればいつまでたっても部屋の蒸気圧が飽和にならないから沸騰が続くのです。密閉容器の中でやればすぐに飽和になりますから沸騰は一度は起こったとしてもすぐに止まります。密閉容器で全体を均一にゆっくり加熱して行く(平衡に近い状態を維持しながら過熱する)と沸騰は起こらなくなります。液面に接している蒸気の圧力≒飽和蒸気圧ですから液面にかかる気体の圧力=蒸気圧+空気の圧力≒飽和蒸気圧+空気の圧力>飽和蒸気圧です。いくら加熱しても泡のできる条件は実現しないことになります。蒸発だけが起こります。沸騰が起こればその温度以上には温度は上がりませんが沸騰が起こらないので加熱を続ければどんどん温度が上がることになります。
密閉容器であっても底だけを加熱している場合は液体と気体との間に温度差がありますから沸騰が起こる場合もあります。
圧力釜の場合はある圧力になると気体を外に逃がすということをやっています。その圧力に相当する温度で沸騰が続くことになります。

ポンプで引いて減圧しているような場合は生じた蒸気も一緒に引いてしまいますからいつまでも沸騰が続くということになります。ピストンのついたシリンダーの中に液体を入れてピストンを引いた場合、沸騰は起こったとしても一瞬です。飽和になれば終わりです。
「真空になれば沸騰する」という表現ではこのあたりがあいまいです。

液体に接している空間にはその液体の蒸気が存在します。その蒸気の圧力を蒸気圧といいます。その蒸気圧の大きさには限界があります。その限界の圧力で釣り合います。蒸発平衡といいます。限界の圧力のことを「飽和蒸気圧」といいます。#4で「蒸気圧」と言われているものはこの飽和蒸気圧のことです。化学では平衡状態について考えている場合が多いので「飽和」という言葉を省いているのです。
でも沸騰や蒸発は液相と気相との間での平衡が成り立っていないときに起こります。「蒸気圧」と「飽和蒸気圧」を区別...続きを読む

Q熱力学 氷の昇華熱

培風館『熱力学・統計力学』原島鮮著 p.28 章末問題3

氷、水、水蒸気の共存する三重点で、氷の融解熱は1[mol]につき5870[J]、水の蒸発熱は36000[J]である。氷の昇華熱を求めよ。

解答は、41900[J]です。

解法を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ★

両方足して、有効数字三ケタで計算してるのでは?


人気Q&Aランキング