今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

 建ぺい率60%、容積率300%の土地には、何階建ての建物が建てられるのですか。また、どうやって計算するのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>建ぺい率60%、容積率300%の土地には、何階建ての建物が建てられるのですか。

また、どうやって計算するのですか。

一応一級建築士の有資格者がお答えしますね。

というか、この御質問の背景がわかると答えやすいです。

まずお答えは、「計算で出すものでなく、三次元のシミュレーションで出すものです」

その方法は以下の手順になります。
(1)敷地図面を一定の縮尺で描きます
(2)斜線制限(隣地斜線、北側斜線、道路斜線)と、日影規制を加味して
  篭かけ図とよばれるボリューム図面(立体の多面体の網のようなもの)をコンピュータ
  などで描きます。
  斜線制限には天空図による緩和や、前面道路の影響線などあってとても複雑です。
(3)マンションなら、その網のなかで、階高3m程度を想定して立方体のモデルを入れ込んで
  いきます。
  (2)(3)を同時にこなすTPプランナーという企画用のソフトもあります。これはプロ用
(4)さらに、機能性や部屋割りなど考慮して、実際のボリューム図(ブロックを積んだもの)
 をつくり、この段階で、容積率チェックをします。つまりどこまで容積を使いきれているか。
 普通、容積を全部使い使いきれるような恵まれた土地は少ないです。
 斜線制限や道路幅員で容積の上限が規制されることもあります。

(5)そこで総合設計制度というのがあって、斜線制限を緩和して高い建物ができるように
  する制度があります。これは公開空地を一定規模設けることで容積率自体の割り増し
  もあります。

(6)実際に準工業地域だと高層マンションの計画なんでしょうね。
 敷地が幹線道路に広く面していて一定規模(確か東京都で2000m2以上)の敷地ならば
  都住総と呼ばれる総合設計で400%の容積が780%くらいに割り増しされることが
  あります。それから駐車場は容積対象外ですし外廊下ベランダも対象外なので
  実際はかなりのボリュームのものが建つ事があります。

これが、個人の住宅(準工業では考えにくいですが下町にはいくらでもあります)
なら、簡単100坪あっても200坪あっても木造なら3階以上は無理です。

敷地が狭くてかつ道路幅が狭いなら、鉄骨アパートで5回どまり
鉄筋の低層マンションでもそんなに高くはなりません。

簡単に計算で出せるものではなく専門家に依頼して図面を描いてもらうべきものと
御納得くださいませ。
一級建築士はそのためにいますので・・・。プロの不動産屋もブローカも建築士と
組んで企画をつくるのです。
    • good
    • 0

階数と言うより、高さの制限で決まります。


容積率300%で、建蔽率を10%で取れば、30階建ても建てられます。
しかし、全面道路の幅員により容積率は変わりますし、高度規制(北側斜線)・道路斜線・日陰規制等で高さが変わり、その中で階高から階数を決定することになります。

下記URLに、いろいろと書かれていますので、参照して下さい。

参考URL:http://www.city.ota.tokyo.jp/ota/ken-shin/kentik …
    • good
    • 0

準工は建てられる、建築物の種類も制約もありますし


実際には、斜線・日影・避難空地等の法規によって、
建てられる、階数も、規模も変わってきます。
単純に今記載されている条件だけなら、他の方が記載したとおりです。
300÷60=5
よって5階が限度しかし
上記の項目により実際には容積一杯までは多分使いきれないでしょう。
    • good
    • 0

これだけのご質問内容でしたら、五階まで建てられますが地域、地形、土地の広さによって制限などあります。



参考URL:http://allabout.co.jp/house/buyhouseshuto/closeu …

この回答への補足

参考URLも拝見させて頂きました。
仮に準工だとどうなりますか。
どうやって、計算するのかURLを見ても良くわからないのですが・・・

補足日時:2005/10/31 22:33
    • good
    • 0

地域はどのあたりでしょうか?

この回答への補足

準工です。お願いします。

補足日時:2005/10/31 22:30
    • good
    • 0

地域によって階数が制限されるところもあります。

この回答への補足

仮に準工だと、どうなりますか。

補足日時:2005/10/31 22:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何階建てを建てられるかは何で判断?

専用住宅一戸建ての建築予定の土地がありますが、次の疑問があります。
その土地は神奈川県で、建ぺい率60%、容積率200%、第1種中高層、約100m2です。
実際に建てるかどうかは別問題として、計算上は3階建てでも充分許容範囲内で、
4階建てでもOKだと思います。この場合何階建てまで建築OKかというのは、
役所に問い合わせなければわからないのでしょうか。
だとすれば建ペイ率、容積率、用途地域と一緒に明示しないのはなぜでしょうか。
用途地域を見ればわかればいいのにと思います。地域によって違うからですか。

Aベストアンサー

階数については役所に聞いても、明確な答えはでません。
なぜならば、道路斜線等や用途により「高さ」を制限している場合があります。
この場合、規制は「高さ」であって「階数」ではありません。
法規上、「階高」を規制している条文はありませんので、同じ階数でも「階高」によって「高さ」が変わります。

一般的に、容積率÷建蔽率=階数とする計算をする人がいますが、他の制約があり単純にはいか無いものです。

また、建蔽率一杯に建てる義務もないので、質問の内容でも単純な計算で、建蔽率40%で建てれば、容積率200%でも5階建てになります。

参考URL:http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/sumai/taterutoki/tatemono_tyuuikisei/takasaseigen/index.html

Q建ぺい率と容積率の計算方法

建ぺい率と容積率の簡単な計算方法

を例で良いので教えていただけませんでしょうか?

建ぺい率と容積率オーバーかどうか調べたいのですが

うまく理解できる所がありません。

ご指導のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建ぺい→水平投影面積/敷地面積
容積→延床面積/敷地面積
・・・はお解かりでしょうが。

要は庇が1m以上出た場合の面積の取り方や、車庫が床面積の1/5以下の場合の容積率緩和等細かく調べていくと、極端な場合建築主事ですら考え方、算出方は変わります、素人では不安でしょうね。

建築士に知り合いいませんか?

9割方正解を導いてくれるでしょう。ただで。(なれた建築士なら単純な建物なら簡単に解ります)

住宅で平屋の類、単純な建物のなら別です。素人でも可。

設計事務所のHPで質疑回答してるとこけっこうありますから、そこにメールするのも手。
喜んで教えてくれますよ。

Q容積率に含まれるもの含まれないものの定義は?

容積率の定義を教えてください。
それから容積率に含まれないものとして・・・
・ガレージ
・吹き抜け
・屋根裏
・地下室
・屋上(屋上の庭など)
・ベランダ
があると思うのですが、
これらはどういう細かい定義がされているのでしょうか?
また、他にも容積率に含まれないものってありますか?

Aベストアンサー

前段として、床面積の話をしなければなりません。
床面積は、壁、扉、シャッター、手摺、柱等の中心線で囲まれた水平投影面積であり、当該部分が居住、執務、作業、集会、娯楽、物品の保管その他の屋内的用途に供する部分であるかより判断されます。

個々に見ていくと、
ガレージ(建築基準法では自動車車庫)は、自動車を保管する場所であり、屋内的用途に供されるため、柱だけの、壁のない場合でも床面積が発生します。
吹き抜けは、床がない、水平投影面積が無いため、床面積は発生しません。(当然、下階では発生しています。)
屋根裏は、上記とは多少違う規定となりますが、床面積の発生するか否か(イコール階とみなされるか否か)の判断になります。(屋根裏については、多くのレスが過去にありますので、検索してみてください。)
地下室は、当然、床面積が発生します。
屋上は、室内ではないので、床面積は発生しません。
ベランダは、外気に有効に開放されている場合、幅2mまでは床面積に算入されません。これはあくまで、そのベランダに屋根がある場合ですが、2m以上の奥行きのある場合には、2mを超える部分は床面積にカウントされてしまいますので、注意が必要です。

以上のように、床面積、というものがあるわけですが、ようやく本題の容積率とは、となります。
容積率とは、建築物の延べ面積(各階の床面積の合計)の敷地面積に対する割合、というのが定義となります。
上記により床面積が発生する部分は、原則的に全てが対象となりますが、但し書きがあり、算定に際して、住宅の地下室(住宅用途部分の床面積の3分の1を限度)、共同住宅の共用廊下等(共用の廊下、階段、EVホールなど)、自動車車庫・駐輪場(建築物の延べ面積の5分の1限度)は、除外されます。

少し書き疲れて本題部分が簡単になってしまいましたが、以上です。
容積率算定の際に除外されるもの、と、床面積の発生しないもの、があり、それらを混同しないで考えることが必要です。
また、「ベランダはどんなに大きくても大丈夫」ではない、などがありますので、容積率の限度ギリギリの計画の際などには注意が必要です。

前段として、床面積の話をしなければなりません。
床面積は、壁、扉、シャッター、手摺、柱等の中心線で囲まれた水平投影面積であり、当該部分が居住、執務、作業、集会、娯楽、物品の保管その他の屋内的用途に供する部分であるかより判断されます。

個々に見ていくと、
ガレージ(建築基準法では自動車車庫)は、自動車を保管する場所であり、屋内的用途に供されるため、柱だけの、壁のない場合でも床面積が発生します。
吹き抜けは、床がない、水平投影面積が無いため、床面積は発生しません。(当然、下...続きを読む


人気Q&Aランキング