私のお客さんが残していった謎の英語のメッセージです。
意味わかりますか?
Cross the whole world,you will no-daemons.There are kindness everywhere.
なんかのことわざか、何かの台詞なのかよくわかりません。英語自体もなんだか意味が取れなくて・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ぱっと見たところ、「渡る世間に鬼は無し」を英訳したものに見えますが。

後半部分は、ことわざの意味の説明になっているかと。
    • good
    • 0

「渡る世間に鬼はなし」だと思います。

英訳の出来の善し悪しは私には判断できませんが。
    • good
    • 0

 何か、出鱈目な英語に見えます。

たぶん、英米人では無いのでしょう。(または、酔っ払っていたのかも。)


Cross the whole world, you will (meet/find) no-daemons.
There are (many) kindness(es) everywhere.


全世界中(どこでも)、悪魔はいない。
何処にでも親切が有る(から)。



英文が変なので、訳も変です。

 
    • good
    • 0

う~ん、"you will no-daemons"がよく分からないですね。


daemonに守護霊と悪魔という両極端の意味がありますし、
willが動詞として使われているのか、それとも動詞が
省略されているのか。

とりあえず、私の解釈は

全世界を横切ってごらん。
あなたから邪悪なものなんて無くなる。
いたるところ親切だらけだからね。

お客さんということですから、gabonさんに対する
感謝の意味をこめて書いていかれたのだと思います。
    • good
    • 0

出典があるかどうかは私は存じませんが、


キリスト教のことを言っているのではないでしょうか。

「十字架(キリスト教、キリスト教徒)の世界では、
 あなたの中の悪魔は無くなる(素晴らしい人間になる)。
 彼らはどこでも親切だ」

という意味ではないかと思います。
暗にキリスト教徒になるよう勧誘してるのかも知れません。
それをgabonさんの質問からは窺い知ることは出来ませんが・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qthere is, there areについて

こんにちは。
英語で、there areの後には複数名詞が来ると習いましたよね。そして、there isは単数名詞ですよね。私もずっとそう思っていました。
例)There are so many people in Tokyo.

しかし、ネイティブの方が、
There's so many people in Tokyo.
のような使い方をするのを本当によく聞くのです。

これはなぜなのでしょうか?そして、もしこのような言い方をすることがあるのであれば、それはどのような時に起こるのでしょうか。
ご存知でしたら教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今回,people は関係ありません。
people は「人々」の意味ではこの形で複数を表しますので,通常なら確実に There are であり,People are ~とか,People go ~のように複数呼応します。

There's +複数は特に短縮形でよく用いられます。
後に単数がくるか複数がくるかわからないというのもないわけではないでしょうが,疑問文なら be 動詞や do, does が先にくるわけで,ネイティブなら瞬時に判断できますので,あまり関係ないでしょう。

実際には there's で一つの単語のようになり,後に単数がこようが複数がこようが関係なく用いられると考えればよいでしょう。
もちろん,正式な文法では誤りなのですが,日常会話では普通に用いられます。
How's things? とか,How's things going? のような挨拶表現も,この形で定着しており,are とはしません。

Q"I will cross my fingers" 幸運を祈ってます。

"I will cross my fingers" 幸運を祈ってます。指をからめて英語ではこういう言葉を使うそうです。
このジェスチャーと言葉でどうしてこういう意味になるのかが解りません。だれか解るかた教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#2ですが、ご紹介したサイトをざっと要約しますと:

魔女や悪霊に取り付かれた人を寄せ付けないためのおまじないで、紀元前にさかのぼるという話もあるくらい歴史は古く、ヨーロッパの多くの国で昔から行われています。
昔の正しいやり方は、2人の人がそれぞれこの指の形を作り、一人が願い事をしてもう一人はそのサポート役になります。
で、この指をクロスする形は「一体」の象徴で、指の交差するところに良い霊が宿ると考えられていました。
そのクロスに願いをかけるというのは、それが実現するまで願いをその交差するところに閉じこめておくという比喩的な意味があります。
長い年月と共にその習慣は緩和されて、一人でやってもいいことになったそうです。

QAre You There, Vodka? It's Me, Chelsea

タイトルの文を和訳してください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>どう思いますか?
一つの推測にしか過ぎないと思います。酒に頼っただけのことなのかもしれません。やはりその本を読まれてはどうでしょうか。

QWe Are The Worldのシンディローパーの部分わかる方いますか?

今度、パーティの出し物で歌うことになりましたが、よくわからない部分があります。
歌詞にはこうかかれていますが、
Well, well, well, well let us realize that a change can only come

chance以降、このように言ってますか?
ぜひリスニング力のあるかた、聞いて教えて下さい。

Aベストアンサー

Well, well, well, well let us realize oh- that a change can only come
realize の 「ドゥ~リアライ」
change 「チャンギ」
can 「クン」
力はいりすぎぐらいがちょうどよさそうです。

Q「There is(are) ~」は変な英語?

以前、「このコンピュータには2つのCPUがある」という日本文を作っていたら、
翻訳(翻訳者は外国人)を依頼すると
「『There are ~』という変な英語を作られる。」といわれたのですが、
There are 2 CPUs in this computer.
は変な英語なのでしょうか?

Aベストアンサー

○ 「There is ... on ~」の構文では、「~(という)場所に・・・が(たまたま)おいてある/いる。」と訳から想像できるように、「・・・」と「~」との間に必然性が存在しません。

 (1) There is a book on the table.
 (2) There is a man in front of the station.

○ したがって「・・・」がなければ「~」が存在(機能)しない関係を表すには、別の表現を用いなければなりません。

 (3) There is a left-hand drive steering in this car.(×)
   → This car has a left-hand drive steering.
 (4) There is a big knob to this door.(×)
   → This door has a big knob.

○ 以上のことを踏まえると、お尋ねの日本語を「there is ...」を用いて表すことには無理がありそうです。状況に応じて次の英文の中から使い分ける必要があるではないでしょうか。

 (A) This computer has two CPUs inside it.
 (B) This computer contains two CPUs.
 (C) Two CPUs are used in this computer.
 (D) This computer is controlled by two CPUs.
 (E) This computer is equipped with two CPUs.

○ 「There is ... on ~」の構文では、「~(という)場所に・・・が(たまたま)おいてある/いる。」と訳から想像できるように、「・・・」と「~」との間に必然性が存在しません。

 (1) There is a book on the table.
 (2) There is a man in front of the station.

○ したがって「・・・」がなければ「~」が存在(機能)しない関係を表すには、別の表現を用いなければなりません。

 (3) There is a left-hand drive steering in this car.(×)
   → This car has a left-hand drive ste...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報