単なる興味本位の質問なのですが…

先日、本屋でトラック入門?(ちょっとうろ覚え)という本を立ち読みしてたら、大型トラックの場合は、7速8速は当たり前、12速や16速というのも珍しくない、とありました。
そのような多段ミッションの場合、シフトパターンはいったいどのようになっているのでしょうか? 例えば7速の場合は、次のようになっているのかな?

1 3 5 7
││││
├N N┤
││││
2 4 6 R

こういうパターンで、例えば5速に入れようとして間違って3速に入る、というようなことはないんでしょうか? 1-3と5-7の間がスプリングで戻るようになっていて、3-5の間はフリーに動くのかな? これなら手の感覚だけで判断できそうですよね。

12速や16速というと、さすがにこの方式では無理そうですね。High/Low の副変速機がついていて、6速×2とか8速×2になってるんでしょうか?

トラックドライバーの方、または有識者の方、よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

12速などの非常に多くの段数を有する変速機を備えた車両は副変速機との組み合わせで実現されています。

これらの車両は日本国内ではごく特殊な用途にしか用いられていませんので、通常では公道上で見かけることはあまりないでしょう。アメリカなどの非常に長距離を走るトラックでは車両重量に対してエンジンのパワーが小さいため、そのよう変速段数の多い変速機が使用されます。また、十年くらい前からそのような多段の変速機を用いた車両では、直接シフトレバーとトランスミッションが機械的につながっておらず、シフトレバーは単なるスイッチ(ジョイスティックのような)であり、制御用のコンピューターを介し主変速機、副変速機を空気圧で動作するアクチュエーターで連動し操作するものが多いようです。このような機構を備えたものでは、シフトレバーは単に前後に動くだけの動作しかせず、操作のつどシフトアップないしはシフトダウンを行うものもあります。

上記のリモコン式のシフト機構はシフトレバーの位置とトランスミッションの位置が離れているバスなどでは、5ないしは6速程度の変速機構でも多用されています。これは機械的なリンクで接続するとその長さが非常に長くなり、遊びが大きくなる・操作が重くなるなどの不都合が出るためです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

> 直接シフトレバーとトランスミッションが機械的につながっておらず、シフトレバーは単なるスイッチ(ジョイスティックのような)であり、…

う~ん、トラックの世界も最近は進歩してるんですねぇ。
シフトレバーが前後にしか動かないということは、シーケンシャルなアップダウンしかできないということなんでしょうか?
例えば16速で巡航していて信号で止まったような場合、どうやって1速や2速に戻すのかな? バイクのようにガシャガシャガシャガシャ…? まさかねー。止まれば勝手に、1速なり2速なりにリセットしてくれるんでしょうか?興味があります。

お礼日時:2001/11/30 17:52

大型トラックの運ちゃんです。


私のトラックのシフトレバーは六段までです。
七段あるトラックの方が多いのですが、これは高速
道路における意味合いが多いです。

さて、本題の12速や16速も珍しくないというこ
とですが、これはどういうことかと言いますと、
シフトレバーそのものは、六速もしくは七速しかな
いが、その他にHIとLOの切り替えレバーのあるもの
があり、結果としてそういった段数になるのです。

これはトラックでも、重量物を引っ張るトレーラー
のヘッド、つまりトラクターに見られます。
シフトのし方は、LOの1速からHIの1速、LOの2速
からHIの2速という具合です。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり、7速や8速ともなると高速走行用なんですね。
市街地のゴーストップで一々そんなにシフトしてたら疲れそうですからね。
副変速機付きの場合、やはりご回答のように毎回 High/Low を切替えながらシフトアップしていくのでしょうか?素人目にはいかにも面倒そうですが…
乗用車などと違って、各ギヤでの守備範囲がごく狭いということなんでしょうね、きっと。

お礼日時:2001/12/02 11:23

かなり昔になりますが、私もいろいろな大型車を運転しました。



ご質問のようなシフトパターンだと、3速で発進するつもりが5速で・・・、有りましたよ。空荷でしたのでそのまま発進していったり、あの車モタモタしているななんて思われたでしょうね。(^^

運転していて隣町に入る頃には、シフトにもその車のクセにもある程度慣れましたが・・・。

何せ昔のことで、エンジンの回転を高めてからシフトアップした方が入り易い車、逆に高くするとシフトアップしにくい車、いろいろ有りました。

車のクセをつかんだ頃は運転終了でした。(^0^)

変速数は私の運転した車では6速が最高でした。パターンはメーカーによって違うと思います。

ご質問の最後の変速数の多い物は、ご質問のとおりだと思います。
ミッションの中にギアを数多く組み込むより、High/Low の副変速機を付ける方がコスト的・機構的に有利ですから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

多段ミッションの場合は、やはり副変速機なんですね。でも、こういう車を運転する時は、12速なり16速なりを1段ずつシフトしていくんでしょうか?だとしたら大変ですよね。まあ、普通は適当に間引いてシフトしてるんだろうとは思いますが…

私も一度、こういう車を運転してみたいものです。

お礼日時:2001/11/30 17:48

元大型トラックの運転手です。



 私が経験しているのは6速までです。

 でも、今は違うのかもしれませんね。

 10何速もあるものは、外国車では聞いたことがありましたが日本車では知りませんでした。これはきっと副変速機があるのでしょう。

 なお、シフトパターンはお書きになっているのに近いです。Nは1箇所(1点)だけで、横にはフリーで動きます。

 ただし、メーカーによって少しずつ違いがあり、1番左上にR、その下が1速になる場合もあります。

 たいていはRに入れる場合は、少し力をいれてグッとシフトするか、シフトレバー自体を(下に)押すことようになっています。

 トラックはよっぽど荷物をたくさん積んでいない限りは、ディーゼルでしかもトルクが太いので1速発進はしません。たいていは2速か、或いは面倒なときは3速で出るときもあります。

 ですから、通常よく使う、2・3・4・5速がシフトの真ん中辺り(ご質問の絵ですと3・4・5・6の位置)に来ていて、この4速分でほとんど用が済みます。

 変速間違いは慣れないうちはやらかすこともありますが、全くNの状態からは上下に動かすだけでは、どのシフトにも入らないようになっているので、例えば発進の2速なら「ちょっと左上」にシフトレバーを持っていく感じです。
 慣れれば問題ありません。

 なお、余談ですが、最近の車は「エアーシフト」といって、変速するときに軽い力でスッと入る優れモノがあります。
 交差点などで大型車が発進する(=ギアを入れる)ときに「シュッ、チャ」(表現がムズカシイ…)と音がするのが聞こえたら、エアシフト車です。

 長いシフトレバーでゴキッとかグリッと力を込めて変速しなければいけなかった昔の車とは比べモノにならないほど快適です。

 これまで書いたことは新型の路線バス(5速車が多いですが…)や高速バスに乗ると見ることができますし、大型車のカタログでも大体分かりますよ。

 ご参考までにどうぞ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

> 全くNの状態からは上下に動かすだけでは、どのシフトにも入らないようになっているので、例えば発進の2速なら「ちょっと左上」にシフトレバーを持っていく感じです。

そうなんですか。これは、乗用車しか運転したことのない人には難しそうですね。慣れれば手が覚えてどうってことないのでしょうが…

エアーシフトというのも、初めて知りました。最近の高速バスなんかは、シフトレバーが異様に短く、よくあれで力が入るな~と思って見ていたのですが、リモコンだったんですね。また一つ知識が増えました。

お礼日時:2001/11/30 17:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトラックはクラッチを一気につないで発進するって?

マニュアル教習で免許を取りましたが、ずっとATのみ運転してきました。最近、たまに4トンのトラックを運転するようになったんですが、発進する際 弱々しいトロトロとした 発進になってしまいしまいます 。トラックはアクセルをふかさずにクラッチをつないでから発進すると聞いていたんですが、半クラ→止めていたクラッチをゆるめる→動き出す→回転が落ちてしまう→エンストが怖いのでクラッチを完全にあげきる前にアクセルを踏み込むんで発進→クラッチを完全に離す→回転ばかり上がってスピードが出ないモタモタ というかんじになってしまっています・・・・.
アクセルの踏み込みのタイミングと踏み込む量が悪いのでしょうか?
それとそのうち今度は、発進する際、クラッチをあげてきてもグッとつながる感じがなくなり、つながる位置がわからなくなってしまうことがあります。
こんな運転をしたせいで、クラッチがすべっているということなんでしょうか?すべっているというよりクラッチのつながる位置が変わることがあるということでしょうか?クラッチの戻りが悪くなってしまったということでしょうか?
『トラックでは半クラッチを使わない。一気にクラッチをつなぐようにする。』というのをネット検索で知りました。一気に・・というのがよくわからないのですが。トラックやバスの運転手さんからの私の運転の診断と正しい力強い発進のコツのアドバイスをお願いします。

マニュアル教習で免許を取りましたが、ずっとATのみ運転してきました。最近、たまに4トンのトラックを運転するようになったんですが、発進する際 弱々しいトロトロとした 発進になってしまいしまいます 。トラックはアクセルをふかさずにクラッチをつないでから発進すると聞いていたんですが、半クラ→止めていたクラッチをゆるめる→動き出す→回転が落ちてしまう→エンストが怖いのでクラッチを完全にあげきる前にアクセルを踏み込むんで発進→クラッチを完全に離す→回転ばかり上がってスピードが出ないモタモタ...続きを読む

Aベストアンサー

>『速度に連れてクラッチを更につなぐ』・・・
>なるほど、私はつながりかけで、アクセルを踏み込んでいたんですね
>完全につながるまでのタメがたらないということでしょうか?

ですね、その運転ですとクラッチの寿命が半分以下になります。アクセルを踏み足すのを我慢して、完全にクラッチがつながるまで待つ。
乗用車に比べて加速が鈍いのでついつい焦って踏みたくなりますが、ぐっと我慢で。
結局、半クラでアクセルを踏み足すと、より高い速度まで半クラッチ状態を継続しなくてはいけないので。
クラッチがつながりかけの時に一瞬回転が下がりますよね。そのほんの少し回転が下がった状態で速度が乗ってくるのを待ちましょう。
空き地か安全な構内で、3速でクラッチペダルのみの操作で発進の練習をしてみてください。アクセル踏まずにアイドリングでも発進出来ますよ。

Q4tトラックの正しい運転方法について

運送業で毎日4t車に乗ってるんですが
MT車の運転のコツを知らないまま運転していたせいか入社3カ月でクラッチ板がダメになり
交換した1ヶ月後(現在)で又、ひどくクラッチが滑る状態になってしまいました。
原因として狭い道、バックでの半クラ多用が考えられるんですが
半クラを使用しない場合で精密な動作をしたい時はどのようにすればいいのでしょうか?
コツを教えて下さい。

後、3か月の段階でクラッチ離すのが遅いと言われたので、現在は半クラ使用で3速発進、充分加速したらクラッチベタ踏み、4速にギア入れ、クラッチ完璧に離してから排気ブレーキ効き始めた時にアクセル踏んで加速、クラッチベタ踏み、5速にギア入れ…って感じですけどこれで合ってるんでしょうか?
クラッチベタ踏みの前にアクセルも完璧に離すんでしょうか?
発進と加速はスムーズですけどクラッチ板が傷んでないか心配です。

Aベストアンサー

3ヶ月でクラッチ駄目にしたら・・・かなりの半クラの使用頻度だと思いますよ、他の方の意見にも有るけど空車なら3速でも発信は良いけど(平地なら)積載状態なら2速で半クラは殆ど使わないで発信できるように(回転も低め、アイドリングより少しの所で繋ぎ始めてノッキングしない程度に離す、その後アクセルを踏み込む感じ)言葉を文章にしているのでイメージがわくか心配ですがジーゼルは低速トルクがガソリン車よりも有るのでアイドリングでクラッチを繋ぐつもりで良いくらい。
加速時は一瞬アクセルを緩めてさっとミッションを上げること(もたもたしたら回転が落ちすぎる、落ちすぎたら少しアクセル煽って回転を合わせる)職場で4トンの乗り方を教えることも有りますがやり方を見ないと適切な事が中々書けません。

またバックなども平地ならクラッチの上に足など載せないでスローに近い回転で下がること、もしあっと思ったらアコーデオンペダルのブレーキだと思うけどクラッチのことなどほっといてブレーキでエンストさせれば良いです(足をクラッチの上に置く癖を付けると直らなくなりますよ)なお、慣れてくれば加速などの時はクラッチ踏まなくても変速は出来るようになります(減速は難しいけど)昔の大型などはクラッチ有っても回転が合わないと変速できなかったくらいです(今のトラックは4トンも11トンも非常に乗りやすいですから変な癖を付けないで慣れるようにしましょう)

ナオ、当方過去にクラッチの切れない11トンを整備工場まで自走経験も有りますよ(発進は2速でセル発進するしか無いけどその後はノークラで変速して、空車ですが3速でセル発進は無理です)慣れれば大型でもバイクでもセルで発進して変速しながら走ることも出来ます(トラブル時にどちらも経験、もちろんギヤ鳴りしないで)かなり緊張はしますが。

また余りハンクラを多用して居るとフライホイールのクラッチディスクの接触面が高熱になって歪みでも出れば修理も高額になりますから(煙が出たり何か焦げたような臭いがしたりする様なことを繰り返すと)どちらにしても慣れるまでは丁寧なクラッチワークをしてください、いくら何でもクラッチを傷めるのが早すぎますから(また現在も滑りが出ているとのこと調整が出来るタイプだと思うので早めにクラッチ調整しておかないとどこで自走不能に成るか解りませんよ)また年配の大型車の経験がある人がいれば聞いてみてください(回転あわせのコツなど、こればかりは私は文章では美味く書けないので)

ノークラ変速をする必要はないがそのくらいの気持ちで居ればクラッチを傷めることも無くなると思います(慣れない内にやるとミッションが心配ですからしないでね)知人にはクラッチ切れなくなっただけで自走不能と諦める人が多いけど私は簡単に諦めません(応急処置が出来ることもあるが滑って自走不能はどうにも出来ない)説教も覚悟して配車係などに伝えて調整などもして貰ってください。

上記はあくまで参考程度にしてください、ノークラ変速などS40年代のUDでも経験してないと出来ない人の方が多いと思うので(俗にダルマUDと言われていた、慣れないとWクラッチ使っても変速失敗するような車でした)当時は4トンなんてパワステも無かったのですよ。

3ヶ月でクラッチ駄目にしたら・・・かなりの半クラの使用頻度だと思いますよ、他の方の意見にも有るけど空車なら3速でも発信は良いけど(平地なら)積載状態なら2速で半クラは殆ど使わないで発信できるように(回転も低め、アイドリングより少しの所で繋ぎ始めてノッキングしない程度に離す、その後アクセルを踏み込む感じ)言葉を文章にしているのでイメージがわくか心配ですがジーゼルは低速トルクがガソリン車よりも有るのでアイドリングでクラッチを繋ぐつもりで良いくらい。
加速時は一瞬アクセルを緩めて...続きを読む

Qマニュアルのトラックの運転の仕方は?

工場で2トンのトラックを運転しろと言われて運転したのですが、事故を起こしかけました。
ミッションは教習所以来で慣れておらず質問したいことがあります。

いすずのトラックですが、発進は一速じゃないとだめですか?
二速でも発進できるものですか?
あと、角を曲がるときは前もってギアを落としますが、50キロのときに5速だと
曲がる前に4速に落とせばいいのでしょうか?3速に落とすべきなのでしょうか?
曲がるときは20キロか30キロだと思いますが。

また、60キロ走行で5速に入っているときに40キロくらいにスピードが落ちたら4速に入れなおすべきですよね?

あと、一速は発進に使うくらいですか?

今日は走ってるときに60キロ、5速で走ってたんですけど、40キロになったんで4速に入れるつもりが3速に入れてしまい、急ブレーキがかかってしまい、後ろの車からクラクションを鳴らされまくりました。

あと、ミッションについて書いてあるサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

二トントラックなら必ず二速発進です、動き出したら素早く三速にいれましょう
一速は、荷物を目一杯積んでの上り坂での発進以外には使いません
40キロ程度なら5速でも平気でしょう、アクセル踏んでガボガボいうようなら4速に落とせばよいです
まずは、慣れる事です、初心者マーク貼っとけば、クラクションも鳴らされないかもしれません

Q(ロング)大型トラックの運転の仕方

今度、仕事で(ロング)大型トラックを運転するかもしれないのですが、とても不安です。曲がる時の注意点、バックする時の注意点、車線変更する時の注意点・・・その他に何かありましたら教えてください。特に曲がる時は、あんな大きいのが曲がれるのかな~??と思います。

Aベストアンサー

構内で練習が必要ですね。
曲がる方の後輪が白線を踏むぎりぎりを通るように覚えていくことです。
普通車では必要なかった振り込みが必要になるかも知れません。
溜めと、素早く大胆で、なおかつ繊細なハンドルさばきが必要です。

最初は怖いので、対向車が来たら左に逃げるかも知れませんが、良く確認しましょう。
二輪や歩行者が居るかも知れませんし、枝や電柱があって、ミラーを吹っ飛ばすこともあります。

ロングなら、しっぽが長いので、カーブで飛び出す可能性があります。

おもちゃ屋でミニカーでも買って、動かしてみても面白いかもね。

あとは、思いっきりかな。 対向車が普通車なら少々中央線はみ出しても向こうが逃げてくれるし。

Q大型トラックの運転テクニックに関するアドバイスを下さい。

こんにちは。

私は大型トラックペーパードライバーです。

大型トラックの運転手さんに質問です。

近々、大型トラックに乗車する機会がある為、大型トラックの運転技術に関して、ペーパードライバーに対して有効なアドバイスを頂きたく投稿をさせて頂きました。

基礎的なことや、重要なポイント等を中心に教えて頂けたら助かります。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

大型車の運転において重要なことは車幅感覚と後輪の位置を認識することだと思います。
なれない人のバックを見ていると何度も前輪を大きく左右に切って切り返してはいるのにぜんぜん狙った位置へ収まらないというのがあります。
前輪は切り返してはいても後輪の位置が殆ど変わっていないのです。
前進走行でカーブや交差点などでも後輪の通るラインをイメージしてそれにあわせてハンドルを切るとスムーズに曲がれます。
バックミラーばかり見ていることは危険ですが、後輪の位置というのを常に頭において運転すると上達が早いと思います。

Q長距離トラックドライバーの生活面を教えて下さい

ネットを出来ない友人に頼まれたのですが
代理で質問させて頂きます

現在、地元(福岡)で大型に乗ってるそうなのですが
長距離に興味があって転職を考えてるそうです

生活がどの様に変わってしまうのか、かなり不安な様子です
現役の方や経験者の方いらっしゃいましたら
出来ましたら具体的に教えて下さい

月の半分は移動で、昼夜逆転、寝るのはトラックの中
風呂もあまり入れない
と、こんなイメージなのですが・・・

回答をそのまま電話で報告したいと思います
お手数ですがよろしくお願いします

Aベストアンサー

定期便に近い形でしょうか?それともスポットの連続かな?
定期ならたとえば福岡~大阪位でしたら、朝か午前出勤~積み込み~午後には福岡発~夜半過ぎに大阪着~麻まで車内で仮眠~荷扱い~帰り荷の倉庫へ~積み込み~大阪を午後発~福岡に夜半着~翌朝まで仮眠~荷扱い~一旦車庫へ戻り、
ここから分岐
着発の折り返しがあれば一旦帰宅して着替え&風呂~又積み込み~~~以下上記に同じ
無ければ、翌日の積み込み手順確認して帰宅。通称3日航海です。

福岡~東京ですとこれが5日航海となります。

荷扱いは朝一必着が普通ですので、昼夜逆転ではなく着から朝までと荷扱い~引き取りの間で二回に睡眠時間が分散されます。
風呂は・・・全線高速ですとたとえば大阪で探すかしないと。着が同じ会社の大阪支社とかでしたらシャワーはあります。
2号線下道でしたら、風呂付き24時間営業の大きな駐車場があるドライブインが沢山あります。
岡山市以東は殆ど無いですね。

私は関東地方の運送会社で大阪定期(納入先は色々)で三日航海、たまに折り返しでした。
この場合、こちらでの出荷は常に同じ客先、着と帰り荷の客先は色々、大阪に営業所有り、そこで朝の仮眠&シャワー&帰り荷の確認が出来ていました。

九州便は不定期で5日航海でした。(行程の約半分は下道、ルートの指示無し)午後発で翌々朝着ですから昼間寝て夜に距離を稼いでいました。

とにかく長距離と言っても形態が様々ですので私よりずっとキツイパターンの会社もあります。大手宅配便のセンター便でしたら必ず中継が入って三日航海、しかも同一営業所間のみ、ルートも1つと簡単です。
面白いのはやはりこちらから九州でしたね。
帰り荷の着先を含めて、殆ど全てが初めての連続ですので。これを面倒と思う人はセンター便がいいでしょう。
私は初めての客先だと一番に手を挙げていました。
おかげさまで市町村名で大抵どのへんでどこに近い、行き方はこうで、とか人間ナビになりましたね。

定期便に近い形でしょうか?それともスポットの連続かな?
定期ならたとえば福岡~大阪位でしたら、朝か午前出勤~積み込み~午後には福岡発~夜半過ぎに大阪着~麻まで車内で仮眠~荷扱い~帰り荷の倉庫へ~積み込み~大阪を午後発~福岡に夜半着~翌朝まで仮眠~荷扱い~一旦車庫へ戻り、
ここから分岐
着発の折り返しがあれば一旦帰宅して着替え&風呂~又積み込み~~~以下上記に同じ
無ければ、翌日の積み込み手順確認して帰宅。通称3日航海です。

福岡~東京ですとこれが5日航海となります。

...続きを読む

Q免許更新の「深視力検査」のやりかた、コツについて。

二種免許を持っているので、「深視力検査」をするのですがいつも苦手です。


これは3本の棒があって、真ん中だけが前後に動くのですが。
その動き方がよくわからないので、ご存知の方は教えていただきたいのです。


最初の時点では、真ん中の棒は、いちばん奥にあって、
スタートで、だんだん手前に近づいてきますよね。
そして3本がそろったところで僕がボタンを押す。
最初のそこまではOKなのですが、2回目がダメなんです。

僕の予想は、最初3本が揃ったところでボタンを押したあと、真中の棒は
まだ近づいてくる、そしていっぱいまで来たら引き換えす。のではないかと思うのですが・・。

それとも、3本揃ったところで、タイミングよく押すことができたら、
試験管がOKとみなし、そこですぐにまた奥へ戻っていくのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もあれ、苦手でしたよ。
あれが直接運転技術につながるものではないと考え、
テクニックで逃げることにしました。
スタートしてしばらく見ていると、前後の運動方向が変わる
地点は結構わかります。だからどちらかで棒が反転したときから
1・2.3・・・とカウントし、何秒で反対側に到着するか
わかればしめたもの、その中間地点が真ん中ですから。
これがわかると自然と、真ん中で横の棒と重なるのがわかるように
なります。ある程度そういう目安がないと緊張してますます
わからなくなるんですよね。そういう意味でズルではないと・・・
最初の2~3往復、よく確認してください。試験管に「早く!」と
いわれようが時間をかけてやることが大切です。
あと、眼鏡屋さんで深視力検査装置置いているところもありますので、
(特に試験場のそばの店)そこでやらせてもらって経験しておくことも
いいと思います。がんばってください!

Q中型自動車免許の「隘路とその切り返し」の攻略法を教えてください

 私は今、中型自動車の教習を受けています。
 教習コースのほとんどのところは上手く攻略できるようになったのですが、ただ一箇所、「隘路進入」のところでつまづいています。
 いつも運転席から最も遠い位置にある後輪(左後タイヤ)が枠内に収まりきれないか、枠線を踏んでしまうのです。
 しかも、枠線を踏んだあとの『切り返し・幅寄せ』は、バックギアを使い後退しながらハンドルを左右にきらなければならないため、なかなか上手く思ったとおりに幅寄せできません。(反対方向に幅寄せしてしまい、状況がさらに悪化することもしばしばです)
 どうすれば上手く『隘路進入とそれが失敗した時の幅寄せ』を攻略できるでしょうか? どなたか上手いコツを知っておられる方がおられたら、そのコツを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

目印っていうのもなんだかですが、左隘路なら、事前に右側線まで寄せていき、左助手席の窓に隘路の右側の線が映ったくらいで、思いっきり、ハンドルを左に切り、ゆっくりゆっくり曲がりながら左ミラーで後輪が枠に近づいてきたら、徐々に戻していくって感じです。逆の右隘路もしかりです。運転席の窓に左側の線が見え始める手前くらいで思いっきり切っちゃいます。車種によってタイミングは違うのであくまで参考になりますが、こんな感じです。たぶんハンドルを切るのがちょっと早いか戻すのが遅いのではないでしょうか? 
我慢して頭を突っ込んで思いっきり切って、ちょうど、隘路に対して45度くらいになったところからおそるおそるハンドルを戻して、左線の中に左後輪を誘導していくって感じでされると良いです。

切り返しですが、難しいですね。許容範囲内まで思いっきりバックして、入れなおすほうが無難です。一種だったら据え切りも減点対象外だっと思うので、思いっきり据え切りしちゃって、寄せると良いかと思います。ただ、教官に怒られるかもしれません(汗  ちなみに中型よりでかい大型では後ろも見えないしホイールベースが長いので切り返しで修正はよほど上手くないとほとんど不可能です。中型もできれば、一発勝負って考えられたほうが無難です。。

目印っていうのもなんだかですが、左隘路なら、事前に右側線まで寄せていき、左助手席の窓に隘路の右側の線が映ったくらいで、思いっきり、ハンドルを左に切り、ゆっくりゆっくり曲がりながら左ミラーで後輪が枠に近づいてきたら、徐々に戻していくって感じです。逆の右隘路もしかりです。運転席の窓に左側の線が見え始める手前くらいで思いっきり切っちゃいます。車種によってタイミングは違うのであくまで参考になりますが、こんな感じです。たぶんハンドルを切るのがちょっと早いか戻すのが遅いのではないでし...続きを読む

Qトラックの運転手さんに質問です

 お世話になります。
 トラック(平ボディー除く)に乗車されている運転手さんに質問です。


 箱車等はサイドからしか後ろが見えないのに、なぜ上手くバックで車庫入れ等ができるのでしょうか?

 特に大型クラスを上手くバックさせている姿は神業のように見受けられます。
 なにか良い方法でもがあるのでしょうか?


 ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

真後ろの見えない箱車・幌車のバックで所定位置に着けれることは
不思議な感じがしますネ でも基本的には普通車と変わりません

車体の大きさに見合ったミラー 
 
・箱の後部端付近まで映すができる
・後輪付近(内輪・旋回軸となる中心)を映す事ができる
・フロントの運転席直下を映す事ができる

つまり運転席からの死角をミラー類でできるだけ補っている為です
ただ、箱の真後ろはモニターカメラ付いてる物もあります

それとこれは乗用車と共通な事ですが、集積所のホームなどのように
バックさせる付近に建物やライン等の不動な物となる視覚的基準があると
大変バックさせ易いです (まっすぐ付けやすい)

勿論、運転席側の後輪を旋回軸の中心にすると更にやりやすい

それとバックする時は、私は基本的に「運転席側の窓」を全開にします
ミラーだけでは不十分です。

・目視で安全確認を行う為
・周囲の音を聞く為、

「まっすぐ走る事は誰でも出来る スムースで安全に確実にバックできて
 一人前の運転」と、私は教わりました。

一度、実際にトラックの運転席に座ってみて下さい 眺めは乗用車とは
比較になりませんヨ

ではでは

こんにちは

真後ろの見えない箱車・幌車のバックで所定位置に着けれることは
不思議な感じがしますネ でも基本的には普通車と変わりません

車体の大きさに見合ったミラー 
 
・箱の後部端付近まで映すができる
・後輪付近(内輪・旋回軸となる中心)を映す事ができる
・フロントの運転席直下を映す事ができる

つまり運転席からの死角をミラー類でできるだけ補っている為です
ただ、箱の真後ろはモニターカメラ付いてる物もあります

それとこれは乗用車と共通な事ですが、集積所のホームなど...続きを読む

Qトラックの排気ブレーキの使い方について

 わが社には数台の小型トラックがあります。
 ある運転手は、常時排気ブレーキを入れっぱなしで運転をしています。
 こうした運転の仕方がよいのか悪いのか時々議論になりますが、結論が出ずにいます。
 排気ブレーキの適切な使い方、あるいは誤った使い方によって引き起こされる事態について詳しい方、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

ディーゼルエンジンはその構造上スロットルバルブがないのでスロットルロスというものがなく、燃費がいい要因のひとつなのですが、反面同じ大きさのガソリンエンジンに比べてエンジンブレーキが効きにくいので排気管を強制的に閉じてエンジンブレーキの効きをよくする装置が排気ブレーキです。
年式が古いトラックの排気ブレーキはスイッチを入れるとアイドリング時でも効いているので燃費悪化の原因になりますが、最近のトラックは止まっていたり、ギアをニュートラルに入れていると排気ブレーキが自動的にオフになりますので、気にしなくていいです。
小型トラックの運転手さんはディーゼルエンジンやトラックについての知識が乏しい人が多いですからね、ホイールナットを左右で逆ねじになっているのを知らずにネジを折ったとか、ガス欠時のエア抜きの方法知らずに立ち往生したり・・・そうはいってもそういう人しか集まらない企業の事情を考慮し、どんどん乗用車のように乗りやすくなっていますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング