コケサンゴの小鉢を買ってきて株分けしたのですが、一方は瀕死の状態になり、もう一方も青白い芽が上に伸びるだけできれいに横に広がってくれません。
おまけに赤い実も黒ずんできてしまいました。
「多湿を好む」とありましたので浴室に置いているのですが....
どなたか良い育て方をご存知でしたら教えてください。

A 回答 (1件)

確かに湿気は好むのですが、日に当てないとダメです。

それも強い日ざしはダメ。春から秋の間は、戸外の半日陰において、冬は室内の日に当たる場所において下さい。

勿論、常に表土が湿っているくらいに水やりをして下さい。

最低温度が5℃で越冬できるので、地域によっては冬でも戸外で大丈夫だと思います。

それと、実のついている時期は水だけを与えて肥料は与えないようにして下さい。

元気になると良いですね。

この回答への補足

その後の近況報告です。
一方の株は残念ながら全滅しましたが、アドバイスの通り気をつけましたところ、もう一方はみるみる復活してきました。
ありがとうございました。

補足日時:2000/12/21 21:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速窓辺に置くようにしました。
これからは少し日に当てるように気を付けます。
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q茄子 → 1番花の下のわき芽を2本残し、その下のわき芽は全て摘み取りま

茄子 → 1番花の下のわき芽を2本残し、その下のわき芽は全て摘み取りました。

その後、成長してきましたが、新しい脇芽?や葉?が出てきております。それは今後、摘み
取ったりしないで良いのでしょうか?

検索をいろいろしましたのですが、最初のわき芽を摘み取ることは掲載されていても、その
後がわかりません。アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

>茄子 → 1番花の下のわき芽を2本残し、その下のわき芽は全て摘み取りました。
その後、成長してきましたが、新しい脇芽?や葉?が出てきております。それは今後、摘み
取ったりしないで良いのでしょうか?


             ↓
3本仕立てで育てておられるのですね・・・
現場・現物・現状を見ないと難しいですが、苗の樹高・樹勢・葉の艶や茂り方・病害虫被害から、苗の健康診断をしながら育てるのですが・・・

私なら
暫くは苗の成長を見守りましょう(ナスは植栽された場所の土壌・日照に馴染むのに時間がかかる)
水遣り、施肥をしながら、苗が丈夫に育ってきたら、観察してみましょう。
茎の先のほうだけに開花する場合は肥料不足、開花した先にも4~5枚の葉があり花も1~2個咲いていれば順調に丈夫に育っている目安です。

その後、摘葉(黄色くなった葉や混み合って日陰になる密生部を取り除く),摘枝(垂れ下がり気味の枝:水平より下向きの枝は成育しませんので剪定する)、摘果(1番果や多く実った実の中から成長の悪い実を取り除く)。

要は、苗・枝の成長に任せます。
そして、丈夫に成長したら、健康診断→葉の付き方、葉の色や艶、枝の垂れ下がり、花や実の付き方・・・施肥、水遣り、害虫の捕殺に合わせ、摘葉・摘枝・摘果を必要に応じ愛情込めて行う。


co2_2 様に於かれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、大切な茄子の栽培に成功され、安全安心で美味しい茄子が豊作でありますよう、心より祈念申し上げます。

>茄子 → 1番花の下のわき芽を2本残し、その下のわき芽は全て摘み取りました。
その後、成長してきましたが、新しい脇芽?や葉?が出てきております。それは今後、摘み
取ったりしないで良いのでしょうか?


             ↓
3本仕立てで育てておられるのですね・・・
現場・現物・現状を見ないと難しいですが、苗の樹高・樹勢・葉の艶や茂り方・病害虫被害から、苗の健康診断をしながら育てるのですが・・・

私なら
暫くは苗の成長を見守りましょう(ナスは植栽された場所の土壌・日照に馴染む...続きを読む

Q頭頂芽のところの花芽を・・・泣

頭頂芽のところの花芽を・・・泣
一週間前に頭頂芽のところの花芽を切ってしまっていたことに気づき、かなりブルーになっておます。
そもそもガーデニング初心者で、pcを見ながらわき芽を摘んでいたのですが、ここ1週間茎が伸びていないことに気づき、過去を振り返ったところ、そうやら頭頂芽をもぎ取ってしまったようなのです。

ガーデニングのプロの皆様!!こうなってしまうと、もう何の手立てもないのでしょうか?
たとえば、パキラのように横からにょっきり頭頂芽が生えてくるとか添え木?ができるとか、
私のコノ真っ暗な心に一筋の光を与えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

うーん。いったい何の植物でしょうか。
それがわからないとなんともいえません。
パキラを例にされているので、観葉植物、しかも樹木でしょうか。

草本植物も木本植物も、成長点を失うとわき芽や子づるといったものを生成し、
横に広がってまた縦に伸びていく性質がありますよ。
庭木だって、バッサバッサと庭師さんが先端を切って、
四角い塀状にしてもわっさわさになるのを考えていただければ想像がつくかと思います。

しかし、例えば茎の節(ふし・茎の葉のつけね)が存在しなかったり、
節から出たわき芽を複数回すでに取り除いた後だったり、
木化してしまう植物でわき芽が絶望的な場合などは、
成長点が枯れると二度と再生しないケースがあります。ただ、本当に本当に稀ですよ。

しばらく時間がかかることもありますが、希望を捨てずに水遣りを!

Q芝桜の株分け

芝桜をプランターにそれぞれの色別に植えています。
去年の春もらってきたもので、今元気に花を咲かせてくれています。もう少し増やしたいと思うのですが増やし方がわかりません。株分けというのは植えてあるのをとりあえず全部土から取ってから分けるのでしょうか?それとも土に植わっている状態で分けるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

こちらが参考になりますか?
http://www.chee.jp/hana/kusabana/sibazakura/main.html

http://www.shunmaga.jp/zukan/kusabana/shibazakura/shibazakura.htm

Qイチゴの株分け?

毎回、イチゴの質問でごめんなさい。

ビバローザという種類のイチゴを育てています。
実は小さくて、特に美味しいという訳ではないのですが
ピンク色のお花がかわいくて、もっと増やしたいと思っています。

でも、ランナーがまったく出てこないのです。
イチゴは株分けするものもある?と聞いたことがあるのですが
株分けの方法をご存知の方はいますか?それとも、ランナーの
出ない種類は増やすのは難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

イチゴがランナーを発生させない原因はいくつかあります。
1.冬季の低温に当てていない。
2.花(果実)が着き過ぎている。

1.ですが、イチゴがランナーを発生させるためには、品種にもよりますが、
 株を5℃以下の低温に数百~1000時間以上遭遇させる必要があります。
 自然の低温に当てていたなら、minatouriさんが仰るように、5月以降に発生すると思います。
 ランナーが出やすい条件は、温度が高いことと、日長が長いことですので。
 もし、冬の間に屋内の暖かいところで育てていたら、ランナーは出にくくなっていると思います。
2.ですが、花や果実がたくさん着くと、そちらに光合成産物や栄養分が行ってしまい(転流してしまい)、
 ランナーが発生したり、葉や茎が生い茂るための栄養分などが減ってしまうことが原因です。


株分けですが、この時期か秋になってからの方がよろしいかと思います。
これから収穫するのであれば、秋になって涼しくなってからが無難でしょう。
ご存じかと思いますが、イチゴは乾燥に弱いため、夏の暑い時期は株分けに向いていません(一応、可能ですが、管理が大変です)。
方法ですが、株を掘り上げれば、株(正確には側枝ですが)がいくつか繋がっていて、
その繋がったところから根っこが生えているのが分かるかと思います。
それが確認できたら、株と株が繋がっている部分を切って分けます。
この際、それ以外の部分や根っこに傷が付かないように注意して下さい。
手で折っても差し支えありませんが(私はそうしました)、
硬いようでしたら、移植ゴテなどで割っても良いと思います。
切り分けるときは、一つ一つでも、いくつかのまとまりでも大丈夫ですが、
まとまってた方が、分け易いと思います。
あとは、クラウンに土がかからないように注意して鉢に植えるなり畑に植えて下さい。
乾燥に注意し、根付くまでの間は水をたっぷりやります。
私は、昨年の10月末に株分けしましたが、ランナーが出にくいある品種5株から80株近く採取出来ました。
ただ、根の活着が悪かったのかその後に枯れてしまった物もあって、
今現在残っているのは、それでも60株以上です。

この方法だと、根っこが十分に伸びていないことがあって、かなり難しいと思います(特に、まとまりではなく、一つ一つに切り分ける場合)。
また、品種によっても違いがあると思います。
今すぐに増やしたいというのでなければ、来年以降ランナーで増やすのが安全でしょう。

イチゴがランナーを発生させない原因はいくつかあります。
1.冬季の低温に当てていない。
2.花(果実)が着き過ぎている。

1.ですが、イチゴがランナーを発生させるためには、品種にもよりますが、
 株を5℃以下の低温に数百~1000時間以上遭遇させる必要があります。
 自然の低温に当てていたなら、minatouriさんが仰るように、5月以降に発生すると思います。
 ランナーが出やすい条件は、温度が高いことと、日長が長いことですので。
 もし、冬の間に屋内の暖かいところで育てていたら、ラン...続きを読む

Q瀕死のニオイシュロラン(ドラセナ)

はじめまして!大至急教えていただきたいのですが。。。

3月下旬に庭木センターでニオイシュロランの木を購入し、庭へ植えました。
表面が乾いたら水をあげるようにしていたのですが、
日に日に元気がなくなっていき、葉はどんどん茶色くなり、
今ではすべての葉が茶色いです。
こうなった原因はなにが考えられますか???

2股に分かれた木なのですが、根元に近い1本になっている部分の幹が
触るとフニャフニャしている状態で2股から上の部分は固くしっかりしています。
フニャフニャの部分より上を切ったら挿し木に出来たりしますか?
どうにか生き返らせる術はないでしょうか???

Aベストアンサー

購入して植付けられたのは業者ではなくあなたですよね。
植付けた時に穴を掘って埋めただけではありませんか。
もしそうであるなら、植付け方法が悪かったのが原因です。

穴を掘ったら掘り上げた土にバーク堆肥か腐葉土を混ぜ、土壌改良をして
から植付けないと上手く育ちません。
現状から考えると、どうも土壌不良による根腐れを起こしているようです。
つまり既に根の役目は終わっていると言う事ですから、元気にさせるのは
不可能です。

増殖には天挿し、管挿し、取り木、株分けが可能です。
フニャフニャしているようですから、既に茎は腐敗していますので、上記に
書いた増殖方法はどれも使えません。
フニャフニャしている所から上は堅いと言われますが、それでは駄目なんで
す。増殖させるためには全てが元気でなければ無理なんです。

誠に残念ですが、再生するのは無理です。

ドラセナと言われますが、本当はドラセナではありません。科名は同じです
が属名が違います。正しくはドラセナに良く似た植物と呼んでいます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報