3価の鉄に弱くキレートする有機化合物を教えてもらいたいです。
あと、キレートの強さなどはどういった理由から判断したらいいのか?を
教えてもらいたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

化学便覧の「錯生成定数」のFe3+の欄を見れば大体の見当がつきます。


データが不足しているのであれば.参考文献に記載されている「スタビリティーコンスタントオブメタルイオンコンプレックス」(スペル忘却)を引いてください。

>判断したらいいのか
単なる結合の度合いでしたらば錯生成定数です。

が.「キレートの強さ」を熱安定性と取る(分析のちゅうしつの場合室内気温による分解が問題となる)と.温度変化によるさく生成定数の変化を見ますし
骨格金属の交換反応のしにくさ(酵素のしっかつの話)では.いちいちいろいろな金属で調べますし(高分子の場合に立体障害の関係で錯生成定数では説明がつかない場合が多い).
固定化酵素(板の表面に酵素を化学吸着させて使用するある種の触媒)では.そくさの化学安定性が「強さ」ですし.
塩化第二鉄と塩化第一鉄(共に結晶水がある状態では.ある種の錯体です)の圧縮強度を「強さ」と定義すると.物性表を見るわけで
何の「強さ」と定義するかで.答が変わってきます。はいいしとの結合距離を結合強度と定義している場合もあるようです。従って.良く分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
何だかいろいろな観点から見なくちゃいけなくて難しそうですね。
参考にして今後の実験を行っていきます。

お礼日時:2001/12/17 17:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPLCとHPLC/MSの違い

大学院で研究を行なっている学生です。
環境水中のある化学物質の分析を行いたいのですが、幾つかの論文では分析機器としてHPLC/MSが用いられていました。
で、当研究室にはHPLC/MSが無く、かわりにHPLCならあります。

この二つの違いというものはなんでしょうか?
HPLC/MSで検出されるものはHPLCでは検出されないのでしょうか?

勉強不足で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

HPLC は物質を分ける過程。
MS は物質を同定(質量を測定する)過程。
HPLCで分けたピークを手動でMSにかければ、問題無いでしょう。

Q3価鉄が2価鉄になる反応について

食物中の Fe3+ が胃酸によって Fe2+ になって、腸管から吸収されるとのことですが、これはどういった化学反応によるものなのでしょうか?
具体的な化学反応式をご教授いただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

胃酸はかなり強力な酸ですが (本体は塩酸),酸化力はありません.というか,酸と酸化は無関係です.
「胃酸によって Fe2+ になる」というのは,その部分だけ見ればまったく意味不明です.上述のように胃酸の酸としての本体は塩酸ですが,塩酸によって Fe3+ が Fe2+ に還元されることも,逆に Fe2+ が Fe3+ に酸化されることもありません.
胃酸の関与が考えられるとすれば,こんな形でしょうか?
Fe3+ は中性環境下ではイオンとして溶存できません.不溶性の水酸化物等になってしまいます.強酸性下でまず Fe3+ の状態で胃液中に溶け出し,それが他の食物中のアスコルビン酸 (ビタミンC) 等によって Fe2+ に還元される,と.Fe2+ になってしまえば強酸性でなくても溶存できるので,この状態で鉄タンパクに取り込まれるというのはありそうです.

Qタンパクの分離にはFPLCかHPLCか

こんにちは。

早速質問ですが、タンパクの精製には主にFPLCが使われていると思います。FPLCがHPLCよりも優れているところは低圧なのでタンパクに与えるダメージが少ないということなのでしょうか?
私はHPLCを使ったことがないので知らないのですが、HPLCを使うときに圧を下げればいいだけなのでは?と思いました。調べてみますと、少量のサンプルの場合、HPLCのほうが分離能に優れていると書かれている文章を見つけました。つまり、結晶化をするようなスケールでなくとにかく純粋なタンパクをとってくる場合はHPLCでもいいのではと考えました。また、歴史的にみても昔はFPLCがなく、HPLCを使っていたはずです。

結局、FPLCとHPLCについて、タンパク質の精製に使う場合の利点と欠点を教えていただきたく質問をさせてもらいました。ぜひ回答の方をお願いします。

Aベストアンサー

ペプチドクラスならHPLCでも出来ましたが、分子量が大きくなるとさすがに無理でした。

理由はリンクをご参考に…

参考URL:http://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/technical_tips/tips60.asp

Q有機化合物の幾何異性体の毒性の強さについて

コプラナーPCBという広義でダイオキシンに属する物質には塩素の数とその結合位置によって13種類の異性体が出来ますよね。

以下の中で毒性がもっとも強いのはどれなのでしょうか?また、何故毒性に差が出来るのでしょうか?教えてください。

塩素の結合する位置(各ベンゼン環で左上を2、2’として時計回りに番号をつける)

3、3’、4、4’
3、3’、4、4’、5
3、3’、4、4’、5、5’
2、3、3’、4、4’
2、3’、4、4’、5
2’、3、4、4’、5
2、3、4、4’、5
2、3、3’、4、4’、5
2、3、3’、4、4’、5’
2、3’、4、4’、5、5’
2、3、3’、4、4’、5
2、2’、3、4、4’、5、5’

ちなみに毒性がもっとも強くなるものは上から2つのどちらかだそうです。出来ましたら、何故その他の配列では毒性が低いのかも教授願います。。。

Aベストアンサー

最も毒性の強いのは3,3',4,4',5みたいですね。
下記URLを参照して下さい。

参考URL:http://www.env.go.jp/press/file_view.php3?serial=1037&hou_id=1521

Q高速液体クロマトグラフィー(HPLC)について

現在HPLCを勉強中なのですが、HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

>>HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなど
昭和電工様のHPLCの入り口のページを添付しました。ニュースレターなどをご請求下さい。
他に和光純薬様、東京化成様、島津製作所様、ジーエルサイエンス様などのニュースレターをお集めになると良いと思います。
また、日本化学会、日本薬学会、日本分析化学会での発表をご覧下さい。

参考URL:http://www.shodex.com/

Q多価の塩基の強さと価数について

多価の酸の強さは、電離が何段階かに分かれていて価数は関係ない(第一段階の電離度で決まる)、ということはわかりました。
しかし、多価の塩基が電離するときは一段階だと聞いて混乱しています。

一度に複数の水酸化物イオンが放出されるなら、価数が大きいほうが塩基も強くなるのではないでしょうか?

化学は大の苦手なので、易しい言葉で説明をいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電離度が同じならば質問者様の考える通りです。
高校では強塩基の電離度は1と考えます。
Ca(OH)2 と NaOH は0.1mol/L ならば前者のpHは13.3
後者は13となります。

Ca(Oh)2 と Mg(OH)2 では後者の電離度を0.01とすると
pHは13.3 と 11.3 になり、後者は弱い塩基となります。
(そもそも弱塩基は溶けにくい)

結論として価数の変化は大きくて3倍なので対数にすると
わずかな違いでしかないですが、電離度は100倍以上違う
ので対数にしても大きく変わるのです。

Q縮合キレート環とは何ですか?

http://jp.encarta.msn.com/encyclopedia_1161542919/content.html
↑にて、『3座以上のキレート配位子は縮合キレート環を形成する』とあるんですが、
縮合キレート環とはどういったものですか。
普通のキレート環とどう違うんでしょうか。

Aベストアンサー

ナフタレンなど、1辺以上を共有した環のことを、「縮合環」或いは「縮環」という
ことがありますが、提示されたサイトでの「縮合キレート環」というのも、
これのことを言っているのだと思います。(「脱水縮合」などの縮合とは別)
参考:Wiki検索結果
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%89%B9%E5%88%A5%3A%E6%A4%9C%E7%B4%A2&search=%E7%B8%AE%E5%90%88%E7%92%B0&ns0=1&fulltext=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

つまり、二座までの配位子(エチレンジアミン)などだと、金属に(複数)配位しても
「辺の共有」はありませんが、三座以上の配位子の場合は、少なくとも1つの
「金属-配位原子」結合を共有した形の環が形成される、ということです。

二座配位子のエチレンジアミンの場合:

   / ̄\
H2N     NH2
   \  /
     M
 →複数配位しても、共有されるのは頂点(金属元素)だけ。


三座配位子のジエチレントリアミンの場合:

      NH
  / ̄| ̄\
 |   |  |
H2N - M - NH2
 →「中央の窒素-金属」の結合が、2つの環で共有される。


・・・化学的には、両者を特に区別する必要はないと思います。
(幾何学特性とかの影響を受けるような材料物性を扱うなど、
 特殊な分野なら、その必要もあるかもしれませんが)

ナフタレンなど、1辺以上を共有した環のことを、「縮合環」或いは「縮環」という
ことがありますが、提示されたサイトでの「縮合キレート環」というのも、
これのことを言っているのだと思います。(「脱水縮合」などの縮合とは別)
参考:Wiki検索結果
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%89%B9%E5%88%A5%3A%E6%A4%9C%E7%B4%A2&search=%E7%B8%AE%E5%90%88%E7%92%B0&ns0=1&fulltext=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

つまり、二座までの配位子(エチレンジアミン)などだと、金属に(複数)配位しても
「辺の共有...続きを読む

Q有機化合物と無機化合物の中間のもの

「化合物は、一般に有機化合物と無機化合物に大別されるが、両者の中間に位置するものもある。」という化学の問題があり、「正しい。」となっていました。中間に位置するものとは、一体何なのでしょうか?

Aベストアンサー

有機化合物というと炭素が骨格を形成している化合物を、無機化合物というと金属単体や金属の陽イオンと酸素や塩素などの陰イオンが結合した化合物を主に思い浮かべることと思います。

一方、金属が炭素と化学結合を形成する場合もあり、そのような金属-炭素の化学結合を含む化合物を「有機金属化合物」といい、これは有機化合物と無機化合物の「中間に位置するもの」と言ってもよいものです。
その化合物を専門に扱う「有機金属化学」という領域は化学の一大分野を築いており、現在も研究が盛んな分野の1つです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A9%9F%E9%87%91%E5%B1%9E%E5%8C%96%E5%AD%A6(有機金属化学)

Qキレート滴定

キレート滴定で緩衝溶液を用いるのはなぜですか?
また緩衝溶液の調製法をおしえてください。

キレート滴定は酸塩基滴定とみなされるのはなぜですか?

Aベストアンサー

<注意>
何らかの課題やレポートのテーマを記載し、ご自分の判断や不明点の説明もなく回答のみを求める質問は、マナー違反であり課題内容を転載しているものは著作権の侵害となりますため質問削除となります。こういった質問対し回答する事も規約違反となりますのでご注意をお願いいたします。
…て書いてありますけど。
今朝も一件削除されたし。

>>キレート滴定で緩衝溶液を用いるのはなぜですか?
強酸性ではキレート試薬が全て酸型になり、配位できなくなる。強アルカリ性では金属イオンがOH-と結合したオルト酸型になり(鉄酸、アルミン酸、亜鉛酸…)キレート試薬と反応しない。
>>緩衝溶液の調製法
検索エンジンで調べて下さい。化学便覧も見てね。理科年表にも書いてある。まず第一にどのpHが欲しいのか決めなけりゃ…。
>>キレート滴定は酸塩基滴定とみなされるのはなぜですか?
初めて聞きました。そう言えばそう言えるかも…。キレート試薬が陰イオンで金属イオンが陽イオン、中和して塩はできるナー…。

Q有機化合物と無機化合物の結合

化学初心者です。有機化合物の結合なのですが、あるテキストには,一般的には、共有結合である、と書いてありました。「一般的には、」ということは、有機化合物には、共有結合以外もある、ということだと思うのですが、他にどのような結合があるのでしょうか?また、無機化合物はイオン結合とだけしか書いてないテキストとイオン結合と共有結合と書いてあるテキストがありました。どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的な考え方として、
有機化合物=主に共有結合
無機化合物=主にイオン結合
でいいと思います。

例外はいくらでもあります。ヘモグロビンやメチル水銀などは金属を含んでいますので、
共有結合だけではありません。弱い結合として水素結合を分子内に含むものも多いです。
無機物でもH2SO4、NH3などの金属を含まない物は主に共有結合のみでできています。

そもそもが、共有結合とイオン結合の境界線もあいまいなのです。
H-H の結合は共有結合ですが、H-Cl ではClの電気陰性度が大きく、
Hが正にClが負に帯電します。ですから、かなりつよくイオン結合性を持ちます。

>また、無機化合物はイオン結合とだけしか書いてないテキストとイオン結合と共有結合と
>書いてあるテキストがありました
イオン結合のみと断定すると間違いですが、「主に」の意味ならばどちらも正しいですし、
化学において重要なことではありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報