最新閲覧日:

3価の鉄に弱くキレートする有機化合物を教えてもらいたいです。
あと、キレートの強さなどはどういった理由から判断したらいいのか?を
教えてもらいたいです。

A 回答 (1件)

化学便覧の「錯生成定数」のFe3+の欄を見れば大体の見当がつきます。


データが不足しているのであれば.参考文献に記載されている「スタビリティーコンスタントオブメタルイオンコンプレックス」(スペル忘却)を引いてください。

>判断したらいいのか
単なる結合の度合いでしたらば錯生成定数です。

が.「キレートの強さ」を熱安定性と取る(分析のちゅうしつの場合室内気温による分解が問題となる)と.温度変化によるさく生成定数の変化を見ますし
骨格金属の交換反応のしにくさ(酵素のしっかつの話)では.いちいちいろいろな金属で調べますし(高分子の場合に立体障害の関係で錯生成定数では説明がつかない場合が多い).
固定化酵素(板の表面に酵素を化学吸着させて使用するある種の触媒)では.そくさの化学安定性が「強さ」ですし.
塩化第二鉄と塩化第一鉄(共に結晶水がある状態では.ある種の錯体です)の圧縮強度を「強さ」と定義すると.物性表を見るわけで
何の「強さ」と定義するかで.答が変わってきます。はいいしとの結合距離を結合強度と定義している場合もあるようです。従って.良く分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
何だかいろいろな観点から見なくちゃいけなくて難しそうですね。
参考にして今後の実験を行っていきます。

お礼日時:2001/12/17 17:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報