最新閲覧日:

三島由紀夫の「仲間」を読みましたが、サッパリ意味が解りません。おバカな私に解説してやってください。
それと三島由紀夫を読んだのはこれが初めてだったのですが、ビギナーはまずこれから読むべきだ、というのがありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

「仲間」は難しいでしょう。


もう何年も三島を読みつづけていますが今でも難しい本の一冊です。
私は「音楽」と「美しい星」がお勧めです。
三島の美と美徳の輪郭がほんのり出ているような作品です。私なりの三島文学の解釈ですが。
ちょっとレベルアップで「禁色」なども良いと思います。
    • good
    • 0

仲間、については覚えてません(笑)専攻だったのに…すいません。


とりあえず、ビギナー向けの小説を。
「岬にての物語」たしか、新潮文庫だったと思います。短編集です。
この題名になっている「岬にての物語」は、三島の生涯を貫くテーマである「奇蹟待望」「絶望」が絡んでるので、コレがつぼににヒットするとはまりますよー。
「金閣寺」もいいんですが、長編ですからね、ビギナーにはどうかなあ。
学校で「金閣寺」読んで三島嫌いになった人も多いと思うんだけど…
で、長編に行くなら、絶筆の「豊穣の海」四部作がすごくいいですよ。(私はこれにはまって文学部に飛び込みました☆)
ご参考までに。
    • good
    • 0

「仲間」は三島作品の中でも異色作ということで通っているようです。


うろ覚えですが「解説すること自体が無意味」というような内容であったかと思います。
どのようにも解釈できるのではないでしょうか。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/weird~/titobarano.htm

この回答への補足

ありがとうございました。
紹介して下さったサイトには吸血鬼の小説と言う解釈がされていました。
「どのようにでも解釈できるが…」という前提で、scarfaceさんなりの解釈はいかがでしょうか?

補足日時:2001/12/07 22:34
    • good
    • 0

「仲間」は未読ですが、「潮騒」「金閣寺」あたりから入るのが


無難ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「金閣寺」は名前だけ聞いたことあります。有名ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/07 22:34

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ