外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

ダイワハウス・トヨタホームでは、布基礎。セキスイハイムでは、ベタ基礎と説明を受けました。
しかし、セキスイの営業マンに「ダイワ・トヨタは布基礎が標準なだけで、地盤によってはベタ基礎になり、それだけあとから金額が増えますよ」と言われました。
実際、ダイワもしくはトヨタで建てられた方、どうだったでしょうか?変更はありましたか?
また、私自身はベタ基礎が一番と思っていましたが、通常(一般的に地盤がしっかりしていれば)は、布基礎でも充分なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 鉄骨系住宅とひとまとめにしてしまえば同じものに思いますがダイワハウス・トヨタホームその他でも材料が鉄なだけで構造はまったくの別物です。


 構造が違うということは加重の伝わりかたが異なり、それを支える基礎の選択も自然と違うものになるはずです。
 ですから、セキスイハイムの営業マンは地盤改良ではなくベタ基礎で対応しようとされているわけですが、それがすべてのメーカーの対応策とはならないのです。
(ベタ基礎は家自体の重量を増してしまうこと、また影響深度が布基礎より深くなることから場合によっては軟弱地盤には不利だと考えることも出来ます。)

 基礎だけのことを考えるのではなく、構造や地盤改良、金銭面などを含めたトータルで判断するべきだと思います。
(それが難しいんですけどね(*゜ー゜)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

もちろん、基礎だけでは考えていません。構造面・予算等、大変重要だと思っています。
ダイワ・トヨタホームには改めて、基礎の部分について聞いてみたいと思います。(地盤調査後、契約後に変更があるか。金銭的に変わってきてしまいますので。。。)
ご意見、ありがとうございました。もっとよく、勉強していきたいと思います。

お礼日時:2005/11/24 17:55

布基礎とベタ基礎については他回答にありますので省きますが、



>「ダイワ・トヨタは布基礎が標準なだけで、地盤によってはベタ基礎になり、それだけあとから金額が増えますよ」

これは営業トークとしてもベタ過ぎますね、ベタ基礎なだけに(つまらん・・・)

大和やトヨタに聞いてみたらどうです?地盤によってはベタ基礎仕様とすることがあるのかどうか?
私も全て把握しているわけでは無いので、推測ですが、恐らく軟弱地盤だとしても、表層・柱状・杭などの地盤改良はするでしょうが、ベタ基礎にすることは無いのでは?

それに間取り(プラン)を作成する前には地盤調査も含めた「敷地調査」というものをやるでしょうから、それを基に基礎仕様の判定をします。上がってくる見積もりには、そういうものも加味されているはずであり、後から地盤の事を言い出すなどというのはプロの提案ではありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。各メーカーにもう一度よく聞いてみたいと思います。
ベタな営業トークには乗らないよう、気をつけたいと思います^_^;

お礼日時:2005/11/24 18:30

みなさん勘違いされている方が多いのですが、ベタ基礎だから構造的に特別強いという訳ではありません。


ベタ基礎は不同沈下(偏った沈下)になりにくいというだけであって、地盤が弱ければ沈下してしまうのは同じ事です。
その為に地盤調査の結果が重要になってくる訳です。

地盤の補強方法としては、(1)布基礎で地盤改良をするか、(2)布基礎で柱状改良をした方が、何もしない状態の地盤をベタ基礎にするよりも構造的にははるかに強いです。

地盤調査の結果も見ないで、単純になんでもかんでもベタ基礎にしておけば大丈夫というのは大間違いです。
もちろん地盤調査の結果に問題が無ければ、布基礎でも十分です。
心配であれば、布基礎のベース巾を広げたほうが効果があります。(500mm→700mmなど)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

地盤調査はまだですが、地名的にあまり強い所ではないと思われます。
ベタ基礎のメーカーには、布基礎の不十分さを聞かされ、反対に布基礎のメーカーにはベタ基礎の欠点を聞かされ、正直困惑していました。
各メーカーにもう一度よく聞いてみたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/11/24 18:00

>私自身はベタ基礎が一番と思っていましたが



そう思っている方が多いですが、
「間違い」とまでは言いませんが必ずしもベタ基礎
が一番というわけではありません。

基礎は地盤の状態に合わせて、適切な基礎をチョイス
すればいいのであって布基礎がベタ基礎に劣っている
ということではありません。

基礎は上(建物)の荷重を地面に伝えるものですから
地盤が強ければ布基礎で十分ですし、地盤が弱ければ
接地面積を増やす為にベタ基礎にすればいいのです。

私は某大手ハウスメーカーの下請けの仕事をしていますが
そのメーカーは基本的にベタ基礎は使いません。
布基礎か杭基礎です。

>通常(一般的に地盤がしっかりしていれば)は、布基礎でも充分なんでしょうか?

もちろん、地盤の地耐力・基礎からの接地圧を検討して
ちゃんと設計されていれば何の問題もありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まだまだ勉強不足だと、よくわかりました。大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/11/24 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陸屋根(ステンレス)のデメリットを教えてください

戸建てを鉄骨ユニット工法で、建て替え検討中です。
セキスイハイムから陸屋根(ステンレス)を勧められていますが、デメリットを教えて下さい。

私なりに調べたデメリットは
(1)ほぼ平らなので、三角屋根より長期的にみて雨漏りしやすい。
(2)5年ごとの塗り替えメンテナンスが必要。
(3)春秋の気温差が大きい時は、鉄の伸びる音が聞こえる。
(4)雨音などが聞こえて、遮音性が低い。
(5)三角屋根にある小屋裏換気がない為、三角屋根より結露になりやすい。

もちろんメリットもあります。金額的に瓦より安い、軽いので耐震性に優れる、部屋を大きくとれる(瓦の庇がないぶん)事に惹かれています。
とは言え、メンテナンス費用がかさむようでは、瓦にすべきか迷っています。

これらについて、実際にステンレス陸屋根に住まれている方、陸屋根を検討された事がある方、専門家からの更なる詳しい情報を頂けると、大変助かります。
また、陸屋根を採用した場合の、事前の対策などありましたら教えて下さい。
屋根についてどんな些細な事でも構いませんので、回答お願い致します。

戸建てを鉄骨ユニット工法で、建て替え検討中です。
セキスイハイムから陸屋根(ステンレス)を勧められていますが、デメリットを教えて下さい。

私なりに調べたデメリットは
(1)ほぼ平らなので、三角屋根より長期的にみて雨漏りしやすい。
(2)5年ごとの塗り替えメンテナンスが必要。
(3)春秋の気温差が大きい時は、鉄の伸びる音が聞こえる。
(4)雨音などが聞こえて、遮音性が低い。
(5)三角屋根にある小屋裏換気がない為、三角屋根より結露になりやすい。

もちろんメリットもあります。金額的に瓦よ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)ほぼ平らなので、三角屋根より長期的にみて雨漏りしやすい。
 平らなほうがしにくい。
(2)5年ごとの塗り替えメンテナンスが必要。
 10年位は大丈夫(早すぎるのが不良を起こします)艶がなくなってきた位に塗っておけば、長持ちします。
(3)春秋の気温差が大きい時は、鉄の伸びる音が聞こえる。
 そんなに大きくわからないでしょう。
(4)雨音などが聞こえて、遮音性が低い。
雨音は瓦に比べると、歴然としていますが、断熱や遮音の改良をすれば音も気にならなくなります。
(5)三角屋根にある小屋裏換気がない為、三角屋根より結露になりやすい。
結露はどちらでも一緒ですが、勾配がないほうが危険は低いですね。

良い点は、メンテナンスが割安に出来るのと、点検もらくですし、ソーラーも発電率がいいでしょうね。地震にも強いし。
こんな位でいいでしょうか。

Qトヨタホームで新築 割引について

トヨタホームで新築することになりそうなんですが、割引ってどれくらいしてもらえるんでしょうか?
トヨタ社員だとけっこう安くなるとかならないとか…。

トヨタホームで建てられた方、そして、トヨタ社員さんでトヨタホームで建てられた方、これくらい安くなったなど、目安として考えたいので教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。トヨタホームで建築中です。
トヨタの社員なので建物の金額から10%引きです。
「社員割引きが無い場合は5%引きくらいが精一杯です」と言われ、本当かぁ??と思っていましたが、#1の方の回答をみるとそんな感じみたいですね。
でも、10%引きと言うのは総額からではなく建物のみの価格です。 まぁ、でも大きい金額ですが。
あと、これはたぶんトヨタの社員だけではなくトヨタホームで建てられる方だったらいいと思うのですが、
トヨタファイナンスで住宅ローンを組めるそうです。
繰上げ返済の手数料も無料、保証料も無料、ローンも40年まで組める・・・とか。
↑これは、他の銀行などをあまり知らないのでトヨタファイナンスが良いのかどうかはわかりませんが。
確かに、結局はトヨタ関係の会社で固められて会社にお金が返っていく・・・と言える気もしますが、逆にうちは全て会社関係で済ませられるので楽と言う気もします。  損してる気も特にしないですし^^

そうそう、あと社員割引きの場合なのか他のHMもそうなのかは解りませんが、契約したときの割引き金額は変わらないので後でグレードを落とすなりした方が良いみたいです。  オーバーした分はその分割引きしてくれると思いますが・・・。
ちょっと解りにくいですかね?(苦笑)

うちは他のHM等とほとんど比べてないのでうまく比較してお話できず、申し訳ありません。
少しでも参考になれば良いのですが。

こんばんは。トヨタホームで建築中です。
トヨタの社員なので建物の金額から10%引きです。
「社員割引きが無い場合は5%引きくらいが精一杯です」と言われ、本当かぁ??と思っていましたが、#1の方の回答をみるとそんな感じみたいですね。
でも、10%引きと言うのは総額からではなく建物のみの価格です。 まぁ、でも大きい金額ですが。
あと、これはたぶんトヨタの社員だけではなくトヨタホームで建てられる方だったらいいと思うのですが、
トヨタファイナンスで住宅ローンを組めるそうです。
繰上げ...続きを読む

Q軽量鉄骨と木造住宅で迷ってます。

積水ハウスで約50坪の2階建てを今年都内に建てようと思ってます。 
軽量鉄骨での外壁や頑丈なイメージ、エアキスが気に入るが結露が心配。  
木造住宅でのぬくもりやあたたかさなイメージ、木が好きだがシロアリが心配。

軽量鉄骨のメリット、デメリット。
木造住宅のメリット、デメリットを教えてください。

どうぞご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

積水の元主任技能者です。


デメリット
木造は職人によってばらつきが有り場合によっては致命傷になる。

建築中の雨程度は平気だが濡れるのは気になる。

木の良さを出しやすいが多少の狂いは絶対出る。

メリット
税金が安い。
奇抜な形でも可能。
寒冷地では暖房費が安くなる。
増築が誰でも出来る。


デメリット
軽量鉄骨は寒冷地では寒く感じる。
和風建築が似合わない。
税金が高い。
4t車が入らないと高くつく。


メリット
技術と品質が一定である。
積水なら間違えが無いほど材料がきっちりしているので間違えようが無い。
基礎幅が広いのが魅力。
ほかのHMより鉄骨の精度がよく基礎の精度が良いと柱や壁の垂直水平がすんなりでる。
30年前の鉄骨がいまだにさびていない(電着塗装の為)
同メーカなら増築も出来る。

Qセキスイハイムの十年目の定期点検を受けたのですが、外壁と屋根の塗装を勧

セキスイハイムの十年目の定期点検を受けたのですが、外壁と屋根の塗装を勧められました。
確かに、劣化している部分はあるのですが、十年で、外壁塗装をする必要があるのか疑問です。
話を聞いていると、10年毎に塗装をした方が、いいという話です。
60年だか耐えられる家という話だったのに・・・
そんなに、もろい物か疑問です。
確かに、早めに対応していけば、傷みも酷くならず、もちが違うという話もわかるのですが、急がせる部分があって、なんだか怪しい気もしています。
レンガを貼るということも勧められましたが、その必要性が本当にあるのか、営業の人に乗せられているのか心配です。
たった10年で塗り替えをしないと長く持たない家だったのかと思うととても損した気分です。
外壁と屋根の塗装は、どれくらいの頻度で行うのが良いでしょうか??
他の業者にやってもらうと、セキスイの素材に合わないので、はがれたり、傷めることがあるみたいなことも言っていたのですが、本当にそうなのでしょうか?
教えていただけると幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、選ぶ建材と立地条件により劣化は多少異なります。
それが平均的だとしても、60年手入れなく持つ家(建材)なんてありません。
もつということも、倒れずに住めるという点ではもつといえても、外見にヒビが入ったり、剥がれが来たり外見もあります。

メーカーが進める10年後との手入れというのは、60年(たとえば)持たせるための理想的処置です。

外壁や屋根の塗装が不十分であると、水などが浸透しやすい、太陽光による材質母体の劣化が早いなど、劣化を早めることになります。
最初に言ったように立地条件などにもよるのですが、10年とか15年目の手入れをせずに20年まで来てしまった場合、22年目で外壁や屋根がはがれおちるなんてことになりかねません。
メーカーはそうならないように、やや早めの手入れを勧めているわけです。

例として、10年、10年で塗装、30年目で外壁や屋根材の吹き替え、というのが標準的かと思います。
最初の塗装を15年目でも構いません。その場合、25年目で吹き替えの必要が出てくるかもしれないというイメージです。

15年塗装が絶対に要らないなんて材質は私は聞いたことがないです。

塗装のみを例として書きましたが、シーリング剤、防水加工など10年ぐらいで点検する必要があります。

さらに私が知っている事情としては、材質に当たり外れというのがあるので、6年目ぐらいから、材質の痛みやたわみの変化、シール部の痛みなどを目を光らせておき、早めにメーカーに相談(保証のうちなら好ましい)するのがよいと思います。

60年住めるようにするのは、最初に建てた業者だけでは無理で、ユーザーの手入れやチェックも必要ということです。

煉瓦は、それによりより強くなったり、飽きずに住めることの勧めでしょう。不要なら不要といえばよいです。

補修が必要かどうかは、ほかの業者に一度見て見積もりしてもらえば、妥当な処置かどうかわかります。

他の業者だと材質が合わないのではなく、立てたセキスイが理想と思う材料や工法で補修してもらえるか積水は不安ということでしょう。

まず、選ぶ建材と立地条件により劣化は多少異なります。
それが平均的だとしても、60年手入れなく持つ家(建材)なんてありません。
もつということも、倒れずに住めるという点ではもつといえても、外見にヒビが入ったり、剥がれが来たり外見もあります。

メーカーが進める10年後との手入れというのは、60年(たとえば)持たせるための理想的処置です。

外壁や屋根の塗装が不十分であると、水などが浸透しやすい、太陽光による材質母体の劣化が早いなど、劣化を早めることになります。
最初に言ったように立地条...続きを読む

Qヘーベルの基礎

ヘーベルハウスで家を建てますが、基礎工事はベタ基礎ではなく土が見えている普通の基礎とのことでした。ベタ基礎の方が強いような気がしますし、ムカデなどの虫もあがってこないような気がします。なんかヘーベル板以外は時代遅れのような気がして大丈夫と思っております。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、布基礎よりもべた基礎のほうが丈夫です。
しかし経済的には布基礎のほうが安上がりです。
地盤がしっかりしていれば布基礎でも問題ありません。
べた基礎を採用するのは田んぼのあととか、埋め立て地とか
軟弱地盤の場合は不等沈下が起きないようにべた基礎にします。
床下の土が見えていることに対する不安なら、一面にモルタルを
塗れば解決します。
どうしてもべた基礎にしたいのなら施主の意向で主張すれば
いいだけのことですが、建築確認申請が出しなおしになるのと
価格がアップします。

Qダイワハウスの相場は?

結婚4年目、
夫婦共働きで子×1
(行くx2は2人目も)
新築のためにダイワハウスの支店に話を聞きに行きました。
土地代抜きで、支店は、
「相場3千万円弱から」
と言いました。
身近な人達は、土地代抜きで
「2千万あればいい家が建てられる。」
と言っています。

ダイワハウスで、敷地70建坪40で土地代抜き2千万の家ってどんなでしょう。
私達夫婦は、外観が標準的で強度に問題が無ければ、内装に大してこだわりはなく、安く済ませたいと考えています。

ご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

ダイワに限らず、セキスイもミサワも坪70万は下らない。ヘーベルや住友林業などは価格帯が100万ぐらいです。ダイワはセキスイやミサワと競争すると価格で負けるので、宅地開発による優良土地で客を取り込もうとしているのです。だから、土地は良いものであったと思います。
前にも回答したように、土地が気に入ればそれが一番なのです。建物に多少の違いがあっても、ハウスメーカーの建物はどれも一流です。経済的な余裕があれば、後悔するようなものではありません。

建物の原価について、以前に別の質問で回答したことがありました。
近所に住んでいる若い大工が建てた家のことです。
住友林業以上の仕様で延床面積約40坪の家が1100万円で建てたと言っていました。ただし、これは特殊条件で設計は自分で、職人工賃はすべて友達工賃(彼らの手取り単価)でしてもらったそうです。材料費も仕入れ原価。自分の大工工賃の100から200を足しても1300。坪33。私もこの大工に見積りをさせるとさすがに33にはならないが、それでも40は切れる。
建物価格には地盤改良工事と下水・ガス工事は含まれていません。200程度でしょうか。それらを入れると1500が原価です。

身近な人が言っている2000は妥当な価格です。

ダイワに限らず、セキスイもミサワも坪70万は下らない。ヘーベルや住友林業などは価格帯が100万ぐらいです。ダイワはセキスイやミサワと競争すると価格で負けるので、宅地開発による優良土地で客を取り込もうとしているのです。だから、土地は良いものであったと思います。
前にも回答したように、土地が気に入ればそれが一番なのです。建物に多少の違いがあっても、ハウスメーカーの建物はどれも一流です。経済的な余裕があれば、後悔するようなものではありません。

建物の原価について、以前に別の質問で回答...続きを読む

Q外壁の耐久性について

TホームとSハイムで見積もりを出してもらってますが、Sハイムでは磁器タイルでずっとメンテナンス不要との売り込みで、他社の物は10~20年で塗り替えが必要になりメンテナンス費用が高いとのこと。
Tホームの外壁も高耐久外壁塗料でメンテナンスも必要ないといいます。
どちらも同じような物なのでしょうか?
最近Tホームで建てた方、どんな説明がありましたか?
Sハイムはタイル外壁と見学会の値引きをよく売り込みますがいいのかしら?
ハイムさんやTホームさんの良い所、駄目だた所など教えてください。

Aベストアンサー

ハイムのタイル外壁は下地がシンセライトといって、普通の外壁のうえにタイルを張る感じです。タイルを張るといっても、数十枚のタイルを工場でパネル生産してそれを張ります。ですので目地の施工レベルが低いなどの心配はないと思います。メンテナンスはパネルのつなぎ目のコーキングとガスケットを30年に一回交換だったと思います。
ガスケットはユニット間の隙間を作るもので、地震のときなどに機能するようです。
ハイムはイベントを企画しますが、ハイムで建てたいという事が前提であればこれに乗るのは良いと思いますよ。私もそうしました。ただし、営業マンによっては普通は250万くらいだけど今回は200万で総タイルです~みたいなこといいます。私のときもそうでした。よくよく調べてみると150万くらいだった!値引きしてもらいました。
私のキャンペーンは本体部分のみで坪単価が安いというプランだったので、その他オプションはだいぶ上乗せされていたようです。タイルなど金額の張るものは近くの展示場を回り、たくさんの営業マンに聞き込み大体の通常相場を調べて交渉しました。キャンセルを盾にオプションもだいぶ安くなりました。
結果安くなりましたが不信感と労力は覚悟が必要です。
ハイムの場合は工場生産なので値下げによって質が落ちることは考えにくいので、ガンガン交渉したほうがいいと思います。

トヨタは私も最終まで悩みましたが(シンセカータ)、担当営業マンが商品知識に乏しく、また、会社としてもまだ実績が少ないので部材のバージョン変更などが多いように感じました。立てた後、新バージョンが標準では悔しいだろうと感じましたね。

ハイムのタイル外壁は下地がシンセライトといって、普通の外壁のうえにタイルを張る感じです。タイルを張るといっても、数十枚のタイルを工場でパネル生産してそれを張ります。ですので目地の施工レベルが低いなどの心配はないと思います。メンテナンスはパネルのつなぎ目のコーキングとガスケットを30年に一回交換だったと思います。
ガスケットはユニット間の隙間を作るもので、地震のときなどに機能するようです。
ハイムはイベントを企画しますが、ハイムで建てたいという事が前提であればこれに乗るのは...続きを読む

Qこれからの住宅は木造か鉄骨どっちが良いか

今年の春に90坪の土地を購入して5年後を目途に新築を計画しています。まだHMにしようか、地元の工務店にしようか決まっていませんが、まずは建物の工法から決めていきたいと思っています。今は建築技術も向上しているとは思いますが、これからの住宅は木造住宅が良いのか、鉄骨住宅あるいはコンクリート住宅が良いのかどれが良いと思いますか?

Aベストアンサー

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土質で3トン、砂質で5トン以上、それ以下の地盤に建てるときは地盤改良をしても木造の方が無難です。

また RC は結露の問題があります。コンクリートは建てて数年は湿気を吐き出します。
それに、湿気を外部に全く逃がしません。計画換気をしっかり考えないと健康上も良くありません。
RC 構造では、壁内結露のことを考えると外断熱が良いと思います。
内断熱にすると、断熱材とコンクリートの間に結露でカビが生える原因になります。
ただ外断熱の場合は断熱材を厚くしずらいので冷寒地には向かないと思います。
とは言え、硬質ウレタンの50mm程度を施工すれば、IV地域以南では全く問題ないでしょう。

また RC と言えども寿命があります。
コンクリートの水セメント比と、鉄筋のかぶり厚で40-100年程度で駄目になります。
大抵は 21-24N/m2 で、かぶり厚4cm程度なので 50-60年程度でしょうか。
耐用年数的には、木造でもキチンと作れば(作ってないところも多いですが)、
この程度か、それ以上の耐用年数になりますので、極端に長いわけでもないです。
しかも、RC の場合は、耐用年数が過ぎた後は資材を再利用できないので、
長いスパンでは廃棄のことも考えないといけないでしょう。

軽量鉄骨は、木造と比べると、上物が重いだけではなく荷重が柱に集中する構造です。
また、多くの軽量鉄骨の構造(一部違いますが)では、
地震の際の命綱として、フレームにブレースを入れています。
地震が起きたらブレースが確実に歪むので、歪みを治さずに放っておくと、
気がつかずに地震に弱い構造になっている可能性もあります。
制震のダンパーを入れているところもありますが、機械構造の劣化や寿命を考えると、
家の根幹を機械構造に任せるのは個人的に好きではありません。
建てた瞬間ではなく、長期の安全性を考えると、単純で頑丈なモノが一番安心できます。
それを考えると、僕は鉄骨ならラーメン構造が好きです。

鉄骨の場合も充填断熱にすると、
断熱材を厚くしても鉄骨が熱橋になって断熱効率を落とします。
外断熱にした場合も、あまり厚い断熱材を使えないので、
どちらの場合も高断熱には向かないと思います。
とは言え、これも多少の光熱費を犠牲にして、全館床暖房などにすれば快適に過ごせると思います。
また、鉄骨は火災の時には、一気に溶けて崩れるので、火災に対しては木造よりも弱いです。
しかし、どんな構造でも火災の時は窓から火が入るから、構造の強弱はさほど重要でないかな。

次に木造ですが、3階建以上だと RC か軽量鉄骨の方が良いと思いますが、
2階建までならキチンと考えて設計すれば、そこそこ耐震性は高く作れます。
木造は比較的軽く、鉄骨と比べると柱の一部でなく、土台全体に荷重が分散するので、
ベタ基礎にし易く、比較的弱い地盤でも対応可能というのも利点です。

木造は大きく分けると、在来軸組と2×4があります。
どちらの場合も、断熱性能や、家の寿命などは、施工の丁寧さや、部材の使い方でピンキリです。
例えば、建材は湿気に強い弱い、シロアリに強い弱いなどの特徴があり、
適切でない部材を使っているメーカーは意外と多いです。
また、施工の精度で性能も変わります。

昔は在来軸組と2×4の一番の違いは、耐震性と言われていましたが、
最近では在来でも構造面材を使うところが増えてきて、
耐震性という意味では構造よりも、間取りや設計に依存するようになってきました。
最近の構造での在来軸組と2×4の一番の違いは、
2×4の方が職人の技術によって出来上がりが左右されづらいことだと思います。
(これはプレハブにも言えることですね。)
一方、在来は職人の腕に左右されやすい反面、
間取りや将来のリフォームなどの自由度が高いです。

このように、どのような工法でも、一長一短はあります。
建てる地域、土地の状態、何階建かによっても、良い構造は変わってきます。
どんな場合でも、この構造が良いと言えるような構造は無いと思います。
また、同じ工法に分類される構造でも、建材、施工方法で全く性能は変わります。
更に、家は車などの工業製品と違って、一件たりとも同じ建て方ではありません。
いろいろな条件を考えて、最適と思える工法、工務店、メーカーなどを探して、
納得いく家を建てて下さい。

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土...続きを読む

Qセキスイハイムかトヨタホームか大和ハウスで新築

セキスイハイムかトヨタホームか大和ハウスで新築予定です。
まだ何処で建てるかは決定しておりません。

もし上記のメーカーで建築された事ある方の意見が聞ければと思い投稿しました。
私の場合、三社とも営業マンの対応は問題ありません。

実際に建てられた方、住まわれてる方、何かトラブルがあった方の意見が聴きたいです。
どんな事でも構いません。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

無料の保証期間中は問題ないです。その後はかなり態度が変わってくるかもしれないです。どこかは敵をつくってしまうので絶対に言えません。個人情報なんてIPアドレスですぐにばれますから・・。ただ一番言いたいのは、少しでも気になる事が発生したらすぐにやめることです。違約金が何十万発生してもです。よほどのお金持ちでない限りローンの残金よりも土地と建て物の下落が思った以上に早いです。これからのことは知りませんが・・。
営業マンは契約するまでと、工事が始まってからとではほとんどの場合担当が変わります。正確には図面が出来上がるまでです。もっと詳しく言うと、営業の人は美形が多く、工事担当ははっきりいってがっかりするタイプです。しかも家が完成しても一度も見にきませんよ。ですから営業マンの態度なんてあまり参考にならないと思います。営業マン本人から聞いた話ですが、ノルマが達成できない場合、体育会系のノリでどなられるし、かなりキツイペナルティーがあると言ってました。ですから態度が良いのはあたりまえです。
ただ実際に家が傾いた場合にはきちんと保証できる大手の方が安心とは思います。質問と関係ないですが地盤の調査は自分でやっておいたほうが安心です。

無料の保証期間中は問題ないです。その後はかなり態度が変わってくるかもしれないです。どこかは敵をつくってしまうので絶対に言えません。個人情報なんてIPアドレスですぐにばれますから・・。ただ一番言いたいのは、少しでも気になる事が発生したらすぐにやめることです。違約金が何十万発生してもです。よほどのお金持ちでない限りローンの残金よりも土地と建て物の下落が思った以上に早いです。これからのことは知りませんが・・。
営業マンは契約するまでと、工事が始まってからとではほとんどの場合担当が変...続きを読む

Qトヨタホームってどうですか??

今、新築で家を建築予定です。

いろいろハウスメーカーは回りましたが、トヨタホームが今いいなぁと思っています。
そこでみなさんに聞きたいのですが・・・

トヨタホームでの悪いうわさや、実際家を建てたり、建てる段階で何か嫌な思いをされた方いますか?
ぜひご意見を聞かせてください!
営業の方からいろいろ聞きましたが、いいところしか分からなくて・・・。

また実際に家を建ててよかった!というポイントもある方はぜひ教えてください!


宜しくお願いします!!!

Aベストアンサー

トヨタホームで建てたわけでもなく、うわさもわかりませんので、参考程度に。

家だけではないと思いますが、このような全国で展開しているメーカーなどは、メーカーそのものよりもその支店や営業所レベルで変わってくると思います。もちろん、メーカーそのものの問題もあると思いますが・・・

特に家の場合は、ハウスメーカーや場所により下請けの大工さんが変わるため、営業マンの質とその下請け業者間でのトラブルが多いです。

私はトヨタホームで建てたわけではありませんが、営業マンや工務の方はは良く話を聞いてくれたり良く動いてくれて、おおむね満足しましたが、別の営業所では色々問題もあるようですし、必ずしも一流メーカーだからとか、大きな有名メーカーだから大丈夫とも言えません。

まだ決められていないのでしょうから、まずは営業マンが口だけでなく良く動いてくれるとか、自分達の質問や話の内容を良く理解してくれ、説明もしっかりしているかなど、質を見極める努力が必要かと思います。(まぁ、これが一番難しいかもしれませんが・・・)

口コミのURLを添付しますので、参考にして下さい。

あくまでも参考程度に。

参考URL:http://www.nandemo-best10.com/

トヨタホームで建てたわけでもなく、うわさもわかりませんので、参考程度に。

家だけではないと思いますが、このような全国で展開しているメーカーなどは、メーカーそのものよりもその支店や営業所レベルで変わってくると思います。もちろん、メーカーそのものの問題もあると思いますが・・・

特に家の場合は、ハウスメーカーや場所により下請けの大工さんが変わるため、営業マンの質とその下請け業者間でのトラブルが多いです。

私はトヨタホームで建てたわけではありませんが、営業マンや工務の方はは良く話...続きを読む


人気Q&Aランキング