「群猫」という名のショートショートor短編探してます。
5、6年前に文庫本で読んだのですが、もう一度読みたいと思い、心当たりをしらみつぶしに探しているのですが、どうも見つかりません。
誰のどの本に収録されているかご存知の方、いらっしゃいましたらよろしくお願いします。
なお、タイトルを誤って覚えている可能性もあるので、参考までにあらすじも書いておきます。

都市の地下に忘れ去られた下水道管で、どこからか迷い込んだ猫達と同じく迷い込んだ”バクー”がいる。
猫達は、その特殊な空間の中で独自の進化を遂げ、超能力を持つに至りテレパシーで会話をする。
”バクー”は猫達を食べ、主人公の妻も殺された。
そして猫達は復讐に燃え、”バクー”と死闘を繰り広げる…というお話でした。
ちなみに猫(主人公)の名前はミュウ(ムウ?)でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

多分、筒井康隆氏の短編集『東海道戦争』に収録されている「群猫」がそうなんじゃないかな? と思います。



『東海道戦争』は、講談社文庫や中公文庫で出ているようですよ。

参考URL:http://www.plaza.across.or.jp/~temksg3/catbungak …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお。一応確認してみますが、たぶんこれで合ってると思います。
あの頃は筒井康隆氏と村上春樹氏と星新一氏の本を読み漁っていた時期だったので、本屋で各氏の本をしらみつぶしに立ち読み(!)したつもりだったのですが、どうやら穴があったようですね。(^^;
ありがとうございます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星新一さんのショートショート

星新一さんのショートショートで、凄く昔に読んで面白かったモノがあり、
また読みたいと思うのですが、その話のタイトルと収録している本を知ってる方
がおりましたら是非教えてください!!!

内容は・・・
ある架空の星での出来事で、ミツバチがストーリーに絡んでいて(なんか働いていたような・・・)
最後に、やはり大どんでん返しがある
っていう感じのショートショートだったと思います。

非常に断片的で不確かな記憶ですが、気になって夜も眠れません(笑)。
これじゃないの?っていうのを思いついた方、是非宜しくお願いします!!!!

Aベストアンサー

「繁栄の花」も蜂っぽいのが出てきましたよね。
ミツバチではないですけど;;
収録されている本のタイトルは忘れました、ごめんなさい;;

QSFショートショートに詳しい人

宇宙最強で銀河に敵無しといわれた戦士達がとある惑星で手強い怪物と戦い、半死半生で倒したと思ったら、その怪物は子供で、さらに巨大な親怪物の足音が聞こえてきて絶望のまま終わる、というショートショートがあったかと思うのですが、誰の何という作品かご存知ですか?
記憶では誰かが「星新一だね」と言っていたのですが、本屋で星新一作品を立ち読みしても該当するような話はありませんでした。

Aベストアンサー

梶尾真治 宇宙船「仰天(ヴイークリ)」号の冒険
ショートショートというより、短編で、同名の短編集がハヤカワ文庫から出ています。

Q小学校高学年向け ショートショートの作者

20年前くらいに読んだのですが、男性作家の名前を教えて下さい。
小学校高学年くらい向けのショートショートです。
結末がどんでん返しのあるものが多く、印象深い本でした。
作品の何個かを覚えているのですが、

(1)未来の話で、子供が「手が切れた」というとお母さんが「替えの指を買ってあるでしょ」と言い、指をつけかえる話。
(2)子供が両親に反抗し、「僕なんて生んでくれなくてよかったのに」と言うと、誰かが子供を連れ去ってしまう。両親が「生んで悪いことをしたわ」という話。
(3)子供が赤い半てんを着て町を歩くバイトを意味もわからずやる。後日それを頼んだ人が伝説通りに町に火をつける話

こんな内容です。ちなみに星新一さんではありません。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
星新一さんじゃ無いのですか・・・?
(2)の話で似たようなのが星新一さんの
未来イソップという本の「少年と両親」にありました。
健康に育つ少年→両親にわがまま→臓器ブローカーに連れ去られる
という流れでした。
でも、星新一さんじゃ無いんですよね。
参考にならず、すみませんでした。

Q日本でNo.2のショートショート作家は誰でしょうか

日本でNo.1のショートショート作家は、たぶん星新一さんだと思います。
もしそうなら、日本でNo.2のショートショート作家は誰でしょうか?

ウィキペディアの「ショートショート」の項目には作家名がたくさん書いてありすぎて、誰がNo.2か分かりません。

Aベストアンサー

どうも今晩は!

やはり、阿刀田 高(あとうだ たかし)氏でしょう。
『冷蔵庫より愛をこめて』
『ナポレオン狂』

因みに、私の好みは筒井康隆氏ですね。
『あるいは酒でいっぱいの海』
『笑うな』
『天狗の落し文』

また、いろいろな人の作品が読みたいなら、講談社文庫から「ショートショートの広場」
(阿刀田高編)が出ています。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E5%BA%83%E5%A0%B419-%E9%98%BF%E5%88%80%E7%94%B0-%E9%AB%98/dp/4062757214/ref=pd_sim_b_2_img/250-4316676-6323458

ご参考まで

Q星新一さんのショートショートのタイトルを教えてください!

星新一さんの作品のタイトルが思い出せなくて困っています。
ストーリーもうろ覚えなんですが、もしどなたかお分かりでしたら教えてください! よろしくお願いします。

覚えているストーリー
1.主人公は山小屋か何かにいる
2.金庫のようなものがあって、その金庫がその山小屋のメタファーになっている
3.最後、悪い人が来て、主人公は金庫の中に大事な何かを、いれて鍵を捨てる。安心するが実は自分が小屋から出られなくなる。。

みたいな話なんですが。
もしどなたかお分かりでしたら教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

短編集『ノックの音が』に『人形』という作品でしょうか?
ストーリーは以下のようなものです。

・命を狙われる身となって山小屋に隠れ住んでいた男が、
 怪しげな行商人から呪いの藁人形を買う。
・その呪いは効果絶大かつ精密で、人形の足を針で突けば、
 その人形に髪を埋められた人物も足の全く同じ場所に
 痛みを感じてしまう程。
・この人形に自分の髪を埋め、人形の安全を確保すれば
 自分も不死身になれるのではないか、と考えた男は、
 その人形を金庫の中に入れて厳重に鍵をかけ、その鍵も壊して、
 決して人形を金庫から出せないようにしてしまう。
・結局自分も出られなくなる。

以前(ずいぶん前)に世にも奇妙な物語で映像化されたようですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報