現状
CPU:セレロン500
メモリ:256
グラッフィックボード:ATI Rage128 pro
でイラストレーター9とVectorKPTを使うようになりました。
3D系の処理をするととても遅くて困っています。
CPUもしくはグラッフィックボードのどちらかが原因だと思うのですが、どちらをアップグレードしたら良いでしょうか?
助言をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

#7のKirishimaです。



> ここで購入を考えていますが、このショップはどのようなところなのですか?

トップページから店舗案内を見ていただくと多少はわかるかもしれませんが、
秋葉原にあるPCパーツショップです。

バルク品のビデオカードの在庫が豊富なので私はよくここで買い物をします。(ビデオカードとか)
PC本体としては購入したことはありませんので、
サポートがどうかはちょっとわかりません。ごめんなさい。

参考URL:http://www.clevery.co.jp/top/fshop.htm
    • good
    • 0

世代的にも全体的にパワー不足なので、新しいPCがいいと思うのですが、


多少コストパフォーマンスが悪くても絶対的な金額を少なくしたい、
とおっしゃるのであれば、
対応しているのであればCPUですね。
(対応を調べずに買うと、CPU→マザーボード→メモリ……と芋蔓式にお金が出ていくことでしょう)

でも、10万円くらいで見違えるような性能のPCを新しく買えませんか?

参考URL:http://www.clevery.co.jp/rodeo/rpc_pen4.htm

この回答への補足

回答有難うございます。
ここで購入を考えていますが、このショップはどのようなところなのですか?
あまり、聞いた事の無い通販なので少し不安で、今一歩注文できずにいます。
Kirishimaさんはここで、パソコンを購入した事はありますか?
サポートなどは大丈夫でしょうか?
もし、ご存知でしたらお願いします。

補足日時:2001/12/09 19:41
    • good
    • 0

確かにセルロン500でイラストレーター9はきついですね。

レイヤー数枚でもかなり重いでしょう。
RAGE128PROも3Dではちょっと非力すぎます。
(でもイラストレータの3D処理って・・・DIMENSIONとか
使ってらっしゃるのかな?)

スペック的に十分動くと感じられるようになるのはP(3)850位が境界ではないでしょうか。
(経験者は語る・・・)
グラフィックボードは速ければ速い方が良いですが。
・・しかし・・・・・
マザーボードで許容するCPUもマザーボードメーカーのHPでチェックした方が良いですね。
意外にマザーボードでCPUが乗らない事がよくありますよ。グラフィックボードも相性があります。それで・・・
そのチェックで上記スペックを満たさないのであれば新規購入した方が却って安く付く場合があります。
最近はメモリの多く乗るマザーボードが多く出てますし。メモリもその倍くらいは最低でも欲しいですね・・・
(今256Mのメモリも安いですから)
    • good
    • 0

私ならと言うことであれば・・・


8500はまだ高いので7500かなぁ
CPUはPentiumIII933位でメモリを目一杯
一応これも5万円以内で収まるはず

上を言うときりがないしね(笑)

グラフィックボードにしてもCPUにしてもご自分のPCで使えることを確認してくださいね。
    • good
    • 0

σ(・・*)も両方に一票です…


どちらか片方で劇的に改善するとは思えません。
どうして遅いのか原因を突き止める事も必要かと思います。
使い方にも因りますしね。
ハードウェアだけでは望むパワーを得られない事も多いのでn(_ _)n
    • good
    • 0

全体的に速度を向上したいなら、CPUです。


グラフィック性能だけ向上したいならアクセラレータですね。
最近のグラフィックアクセラレータなら、RADEON8500が2万円~3万(一応これがアクセラレータ市場世界最速です)あたりで買えますから、それを導入するだけでかなりの3Dパフォーマンスの向上があるはずですが・・・今度はCPUが重荷になります。

やはり両方を均等にのばした方がいいでしょう。
CPUはPen3やセレロンの800MHz~ですね。
これに、GeForce2や同MXかRADEONか同7500程度のビデオボードをつけるのが良いですよ。
どちらか一方を最大に上げるよりは良いですよ。

さらに、メインメモリはMAXまで増設しましょう。

たとえば、RADEON8500(AGP)とセレロン800なら5万ぐらいあればお釣りが来るかな?
    • good
    • 0

僕も両方に一票。

。□\(__ )

せめて800Mhzクラス程度のCPUとGefoce2MXぐらいは無いと快適にはならないかと思います。

メモリは512MBは欲しいところでしょうね。
    • good
    • 0

両方・・・


あえてどちらが先かと言えばグラフィックボード。
ついでにメモリも足りません。

OSはWindows2000かXPがお薦め。

この回答への補足

もし買うとしたらどんなものが良いでしょうか?
参考になるものがあれば教えてください。

補足日時:2001/12/06 19:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセレロンの二次キャッシュ128kとは?

セレロンがペンティアムの廉価版ということもわかるのですが、具体的に説明しろと言われると、説明できないこと気がつきました。

そこで過去ログを検索してみたところ、
何気に答えられている方の言葉の意味がわからなかったので、下記に載せさせていただきます。

>Pen3には512KBのL2キャッシュがあります。(セレロンは256KBか128KBとなる)また、SpeedStepと呼ばれるバッテリモード時とACアダプター使用時で周波数と電圧をダイナミックに変化させ省エネ化させる機能があります。

>セレロン<celeron>(coppermine-128K)
いわゆるPentium3のバリュー向けタイプです。
価格が安くリーズナブルで性能も高いのが特徴
Pen3との違いは
FSB・66/100MHz
2次キャッシュ・128KB
のみ


とあるのですが、この2次キャッシュとは何なのでしょうか?多いとどういった場合に利点があるのでしょうか。具体的なケースを教えてくださると助かります。
FSB66とか、100とかいうのは非常に遅くないですか?(ペン3のときのものなので、今のペン4の廉価版ならもうちょっといいと思いますが・)

宜しくお願いします。

セレロンがペンティアムの廉価版ということもわかるのですが、具体的に説明しろと言われると、説明できないこと気がつきました。

そこで過去ログを検索してみたところ、
何気に答えられている方の言葉の意味がわからなかったので、下記に載せさせていただきます。

>Pen3には512KBのL2キャッシュがあります。(セレロンは256KBか128KBとなる)また、SpeedStepと呼ばれるバッテリモード時とACアダプター使用時で周波数と電圧をダイナミックに変化させ省エネ化させる機能があります。...続きを読む

Aベストアンサー

Q/この2次キャッシュとは何なのでしょうか?

A/Level2 Cache Memoryが2次キャッシュ(セカンドキャッシュ)のことですね。略してL2キャッシュ(もしくはL2)という場合もある。

基本的にメモリアクセス速度のロスを隠蔽するのが目的に搭載したのがCPUに搭載されているキャッシュの原点です。最初は、i486で8KBの一次キャッシュを搭載したことが始まり。二次キャッシュは、その後に登場したものです。

CPUに搭載されるキャッシュはSRAM(スタティック・ランダム・アクセス・メモリ)と呼ばれるメモリで、通常のメモリ(後述のDRAM)に比べ10倍以上の速度があるが、製造が難しく、大容量化が困難という欠点があるのです。
そのため、我々が目にするメインメモリには使えないのです。

メインメモリにはDRAM(ダイナミック・・・)を使います。こちらは大容量化が容易ですが、速度は遅い。


ここからが本題です。

CPUは年々周波数が向上しています。昨年にはとうとう3,06GHzという周波数で動作するPentium4まで登場しました。しかし、そのCPUにデータを送る回路(FSB,フロントサイドバス,及びメモリバス)は、現在最高でも533MHzとなり、まもなく800MHzが登場するかなという状況。これが、Pentium3やPentium3互換の1,4GHzまでのceleronで言えば、CPUは最大1,4GHzですが、CPUまでの回路は100MHzか133MHzとなり、実に14倍も速度に差がある。

これが何を意味するか分かりますかね?
100MHzの周波数では、1億回のデータの転送ができます。データを送る際に使う単位データ容量は64bitですから64bit=8Byteとなり、800MBを一秒間に送ることができるのが、100MHzです。

単純に計算すると、CPUの中はその14倍の速度があるとすると、800MB×14=11,2GB(11200MB)ものデータが一度に扱える計算。となると、CPUの周波数がいくら上がっても、FSBの速度がある程度ないと、それに見合った速度が出ないということになりますよね。

分かりますかね?

どんなに、車を作る工場の製造ラインが優れていて一時間に150台作れる工場でも、材料が1時間に50台分しか来なければ、50台しか作れないのと同じことです。

キャッシュの役割は、そのFSBとCPU内部のクロック周波数(内部クロック)とのギャップを埋める、いわゆる隠蔽を目的としたものです。

上に記載した車の工場に、もし部品を保存しておく場所があれば、材料が余っている限り、150台のフル生産が可能です。キャッシュはそれと同じで、データを一次保管する装置なのです。(緩衝装置という)

具体的に言うと、2次キャッシュは、CPUの内部クロックと同じ速度で動作します。容量は1次キャッシュの数倍あり、メモリの1/100前後以下となります。コンピュータの場合は、常に全く異なる命令が来るとは限りませんから、よく使う命令から順番に、ファーストキャッシュ(一次キャッシュ)、セカンドキャッシュ、メモリ、ハードディスク上の仮想メモリ、ハードディスクなどの補助記憶の順でデータを配置します。

特にCPU上に実装されているキャッシュは、メモリの10倍以上高速なデータ転送が出来るため、何度も繰り返し同等の処理を行うオフィス処理などでは、同じプロセッサでは倍の2次キャッシュ容量差があるだけで5~10%の速度差が生じます。


Q/FSB66とか、100とかいうのは非常に遅くないですか?

A/まだ、もう少しご自身で勉強されてから、この辺りは知った方が良いかもしれませんね。

FSBの高いPentium4は同じ周波数のPentium3より実質ALU(整数演算)速度は遅いですからね。

Pentium4は演算処理ミスに対してのリスクが高いため、その分を、FSBと高い周波数で補っています。
しかし、Pentium3は、FSBが低くとも処理のミスは比較的少なかったため、クロック当たりの処理能力が高いのです。また、Pentium3のP6Familyは、1,4GHzを最後に開発を終了していますから、FSBをわざわざあげる必要は無かった。逆に、あげると、Pentium4への移行が遅れることになり、インテルに取っては逆効果です。

対して、Pentium4はP6Familyとは別に開発されてきた、NetBurstをベースとしており、これから使われていく技術です。その結果、Pentium4が高いFSB(最大800MHz以上)を出し、Pentium3は100MHz前後となるのです。それだけで、別に非常に遅いわけではない。Pentium3にとっては、十分なFSBです。

Q/この2次キャッシュとは何なのでしょうか?

A/Level2 Cache Memoryが2次キャッシュ(セカンドキャッシュ)のことですね。略してL2キャッシュ(もしくはL2)という場合もある。

基本的にメモリアクセス速度のロスを隠蔽するのが目的に搭載したのがCPUに搭載されているキャッシュの原点です。最初は、i486で8KBの一次キャッシュを搭載したことが始まり。二次キャッシュは、その後に登場したものです。

CPUに搭載されるキャッシュはSRAM(スタティック・ランダム・アクセス・メモリ)と呼ばれるメモ...続きを読む

Qメモリ128と256

こんばんは 現在128のメモリを使ってます それでとなりに256のメモリを
増設したら何かかわりますか? それとも128単体256単体のいずれかがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ハングアップしやすくなることもあります。
わたしのマシンはWin98に786M(unbuffered 256Mx3)ですが、かなり不安定です。

>それとも128単体256単体のいずれかがいいのでしょうか?
単体か複数枚のどちらがいいかといわれれば、単体でしょうね。
1枚だと問題はなくとも、2枚にしたら不安定になった。というのはよくある話です。

ためしに2枚さして、挙動がおかしかったら1枚に戻すのがいいかもしれませんね。

Qメモリ128 256 512Mの違いについて

DELLのPCを買おうと思っているのですが、メモリの選択によって値段がけっこう変わってきますが、128を選んであとで自分で増設したほうが安いのでしょうか?
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

最終的には予算と使い道との相談になろうかと思いますが、OSが98系の場合は、128で十分(それ以上あっても無駄)ですし、NT系やXPの場合は256は最低でも欲しいところです。

しかし、用途がテキスト処理とかメールとかだけであればとりあえず128を購入して、不足を感じるようだったら量販店のメモリを追加すれば良いのではないでしょうか。多分、純正よりもそちらの方が安上がりでしょう。

Q256Mのメモリーが128Mで認識される?

 かなり古いHPのディスクトップマシンなのですが、OSは98SEで、メモリーを交換して256Mを積んでいました。(仕様では最大512M)
 先日、ショップで、バルクの256Mのメモリーを見つけて購入し、追加して挿したら合計で384Mと認識されました。(256M*2で512Mとなるはずですよね)元から挿してあるメモリーを外すと128M(256M*1です)で認識されますし、他のマシンでは、認識されないので、ショップに持っていってテストしてもらったところ異常なしとのことでした。(バルク品なのでこれ以上の保証は出来ないということですが、それは納得の上で購入しているので)
 ショップの方の話では、認識されないマザーボードはあるということですが、こういうことってあるのでしょうか?
 関係ないと思いますが、元々載せていたのは、メルコの製品で、PC100ですが、今回のバルクは、PC133です。他に回答いただくために情報が必要ならば、マシンが手元にないので、時間はかかりますが、できるだけ調べます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

購入したメモリは片面実装タイプでしょうか?
古いマザーの場合、片面実装の256MBでは
半分の128MBしか認識しないことが多いです。
両面実装の場合は128MBitのチップが16枚、
片面実装の場合は256MBitのチップが8枚ですが、
古いタイプのマザーボードは、チップ1枚あたりで
128MBitまでしか認識しないようです。

Q以前のセレロンと今のセレロン

2年ほど前のセレロンと今のセレロンはまったく同じものですか?それとも性能に違いがあるのですか?

Aベストアンサー

2年たてば、CPUは大きな変革をとげています。

■2年ほど前
メンドシノCeleron…旧
カッパマインCeleron…新

■現在
テュアラティンCeleron…旧
ウィラメットCeleron…新

それぞれ、コア・ピンの規格・性能などに大小さまざまな違いがあります。基本的に新しい方がクロックが高いですが、キャッシュの関係で鱈の高クロックと藁の低クロックは性能が逆転することもあります。

また、本当に2年前の製品には現行Celeronは載せられません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報