近年、大気中の二酸化炭素増加に伴い、酸性雨などの問題が起こり、土壌の酸性化が進んでいると聞きます。また、土壌の酸性化が進むにつれ、土壌中の金属類が可溶化し、日本各地で植物体中の金属濃度が上昇しているという話も聞きます。しかし、そういうことに触れた文献がなかなか見つかりません。
 そこでお願いです。「近年、土壌の酸性化に伴い、植物体中の金属濃度が上昇している」ということを書いている文献をどなたか教えて下さい。

A 回答 (5件)

>正式名を教


Science of the Total Environment.(Amsterdam)
国会図書館 多分Z53-S447
ISSN 0048-9697
学生さんならば. AA00836666 と図書館で言えばわかると思います。

手で書き移したのでうつし間違いがあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かります。これから探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 10:38

>思い出したら教えて下さい。


探すのに苦労しました。
Sci.Total.Environ.67(2-3);101-115,1987(Dec).
Sci.Total.Environ.153(3);237-245,1994(Aug 22).
Sci.Total.Environ.145(1-2):81-102.1994(May 2).
なんてどうですか。内容は.土壌からの溶出が増えて.動物の重金属濃度が増えるという感じの内容です。
(和訳していないので.植物との関連は不明)。

この回答への補足

基本的なことで恐縮なのですが、Sci.Total.Environ.(雑誌ですよね?)の正式名を教えていただけないでしょうか?ネットでこの文献を置いてある大学を探してるのですが、うまくいきません。

補足日時:2002/01/27 02:37
    • good
    • 0

こんばんは


二酸化炭素の濃度の上昇は酸性雨の問題とは異なります。酸性雨は二酸化硫黄や二酸化窒素などの酸性ガス成分によるものです。ともかく、これらの酸性ガス成分による酸性雨や酸性霧により植物自体が影響を受けますし、土壌が影響を受けることにより植物が間接的な影響を受けます。これらの影響は分けて考える必要があります。土壌は酸性化すると、植物にとって有害なアルミニウムが溶出し植物の生育に著しい影響を与え、場合により枯死します。金属類の溶出はそれよりも低いpHの領域で起こると考えられるので、常識的に考えると、金属類の濃度上昇と土壌の酸性化とは大きな影響はないものと考えられます。
植物は重金属をクエン酸などの有機酸塩の様な形で取り込むと聞いたことがあります。従って酸性度よりは、土壌中に含まれている金属類の濃度がむしろ影響があり、経年的に見れば土壌中の金属濃度は、植物体が吸収しやすい元素は施肥がなければ減少を続ける事になりますし、吸収しない元素は変化が少ない事になります。
植物の種類によっても異なるものと思いますが、金属類言い変えればミネラルは生物(植物を含めて)にとっては必要な元素も多くあります。
以上酸性雨と植物体の金属濃度が上昇している事を関連づけることは難しいことですし、このような事例を証明することは困難ではないかと思います。
    • good
    • 0

土壌の酸性かを亜硫酸ガス等光化学スモッグ原因ぶしつに限ると.見た覚えがありますが.さて.何に書いてあったのかまでは.覚えていません。

酸性雨に関しての報告です。
それから.中国地区での石炭消費増加(日本国内では亜硫酸ガス汚染による酸性雨になる)に伴う.こうしゃ中の砒素濃度の増加と植物の砒素濃度増加についての話しは.盛岡か東北の人の報告を読んだ木がしますが.植物内部の濃度か.植物付着濃度かは.記憶にありません。

つまり.酸性雨の内容を二酸化炭素の内容に摩り替えられたと仮定した場合の.各種公害汚染に伴う.土壌の酸性かと重金属汚染の増加についての報告だけ読んだ気がします。

この回答への補足

気になりますねー。どこの文献なのか。思い出したら教えて下さい。
それから、私は「土壌の酸性化」の原因を二酸化炭素に絞ってるような書き方をしてしまいましたが、別に二酸化炭素にはこだわっていませんです。はい。

補足日時:2001/12/10 03:36
    • good
    • 0

人工的な処理を行って実験的に確かめたという文献ではいけませんか?


それに、手に入るとは限らないかもしれませんが。

Kallenbach Robert L [a]. McGraw Robert L. Beuselinck Paul R.
Soil pH effects on growth and mineral concentration of birdsfoot trefoil.
Canadian Journal of Plant Science. 76(2). 1996. 263-267.

のアブストラクトに
「茎と葉の中のAlとZnの濃度はpH5.0の時に最も高く、pHが上がるのに従って減少した。」
とありました。
本文を読んだわけではないし、これだけしか確かめていないので、詳細は分かりません。
他にもこの様な論文があるかもしれませんが、申し訳ございませんが、ここまでにさせて頂きます。

もし、ネットかそれに類するもので論文検索が出来る環境にあるなら、
キーワードの工夫をされてみてはいかがでしょう。
私が調べたときに使ったキーワードは、
「plant、acidic、soil、mineral、increase」(これらの and検索)
でした。

あとは、大変そうですが参考URLのサイトから論文を探すとか・・・?

参考URL:http://wwwsoc.nii.ac.jp/jssspn/kaishi/fkaishi.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肥料による土壌の酸性化について

茶園などの土壌を酸性化するために肥料として、硫安(硫酸アンモニウム)をまくといわれています。なぜ、硫安なのでしょうか? そして、硫酸がなぜ酸性化させる(H+を増やす)役割をしているのか教えてください。

Aベストアンサー

 はじめまして、
 質問の件ですが、茶園に硫安を用いる点ですが、主に芽だし肥、夏肥として使用しており、土壌を酸性化するために使用することは稀です。(茶園の土壌PHが極端に高いときに使用することがあります。)
 これは、この施肥の目的は施肥後、速やかに分解しすぐに茶の木に吸収されるからです。(他に硝安を使用したりします)
 茶園の土壌PHが低いのは硫安や施用後酸性化しやすい肥料を多用していたり、また茶の木が酸性土壌に強いからです。(実際年1回くらい苦土石灰等用いPHの矯正をおこないます)
 硫安が施用後土壌を酸性化させることについては前の方の述べているとおりだと思います。

Q土壌の酸性化には、なぜ陽イオンの流出が必須条件なのですか?

土壌の酸性化について質問させて頂きたいです。

土壌にHNO3が添加されると、H+とNO3-に分かれます。
ここで、H+は、土壌において陽イオン交換がおこり、
H+が土壌に吸着され、Ca2+やK+などのイオンが放出される、
という現象がおきると思います。

ここで、「土壌の酸性化が起きるタイミング」について伺いたいのです。
・土壌にH+が添加された時点では、酸性化がおきない。
・NO3-がCa2+やK+などの陽イオンと一緒に流出するときに、はじめて酸性化がおこる。
そう聞いたのですが、なぜそうなるのか理解できません。
土壌にH+が添加された時に「酸性化」がおきる、と思っていたのですが。
なぜ陽イオンの流出が酸性化の必須条件なのか、伺いたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ということなのでしょうか?
ちょっと違います。Ca粘土と考えると
MO-Ca + 2H → MO-H + Ca
とカルシウム粘土からカルシウムが放出されます。MOは巨大分子ですので、空洞部分からCaが放出され、代わりにH+が入りこむことになります。
放出された Ca2+ と水との化学平衡が
Ca + H2O → CaOH + H → CaOH2 + H
とHが放出されますが、このHは、MO内部又はMO近傍での反応ですから、すぐにMOと反応して外部に出てきません。
骨格が珪酸ですから SiO2 で示される組成式でありながら、格子表面(空洞部分の面)は
Si-OH
の形で、OH部分に吸着又ははいいし、Si-OH2 の形状になりますので。
濃度は、CaにしてもHにしても数ppm程度であり、珪酸の反応可能OH部分はこれ以上あります。
空洞部分から出てくるときには、カルシウムは CaOHやCaOH2 の形になります。
粘土の緩衝能力です。

Q酸性土壌のほうれん草

お世話様です。ほうれん草を趣味で栽培していますが、「酸性土壌だからかもしれない。」といわれました。それでは、どうすれば酸性土壌を克服出来ますか?ご教示下さい。

Aベストアンサー

日本の土壌は酸性土壌がかなり多いそうですね。私の畑ももれなく酸性です。

そこで年1回、「有機(カキがら)石灰」をまいています。
即効性はないですが種や苗に優しいので使いやすいと思います。

そこの土壌にあった量を自分で計算して入れる必要があります。
酸度計で計って量を出すのが簡単かと思います。が私は野菜の状況を見ながら3年くらいかけて量を出しました。
ちなみに1反当り40~60Kg程度入れています。
当方の近辺では1袋20Kgで600円弱で売っています。

Q土壌を酸性にする方法

鉢植えで果樹を育てたいので土のpHを調べてみたのですが
pHは7程度でした。育てたい果樹の適正pHは5.5~6程度
なので土をpHを下げたいのですが、どうすれば良いのか分かりません。

土は自分で配合したもので、赤玉土28L、バークたい肥20L、
市販の培養土20L、くん炭4L、パーライト3L、軽石小粒2L
を混ぜ合わせ計77Lあります。(苦土石灰は入れようと思ったのですが、
pHが高すぎたので、入れていません)
栽培する果樹が過湿を嫌い、栽培地も日光が不足しているので、
通気性と排水性を重視しようと思いました。
配合した土は数時間後にカップに少量を取り、土と水を1対2の割合で
混ぜ合わせ24時間後にアースチェック液で調べました。
時間がたったにも関わらず土が水面に浮いていて水が澄んでいなかったのですがそのまま調べました。

鉢植えで使用するものなので、できればあまり土を増やしたくないのですが。

Aベストアンサー

普通は硫黄華(粉末の硫黄)を混ぜます。
硫黄が次第に酸化されて硫酸イオンになって、土が次第に酸性化します。
硫黄の量は、土の種類によって違いますので、実験で確かめることになります。実験に時間がかかり過ぎるようであれば、もし条件的に可能ならばですが、希硫酸で実験して、換算で必要量を求めることも出来ます。

Q酸性とアルカリ性土壌による影響の違い

アジサイの花は酸性だと青みがかり、アルカリ性だと赤みがかって咲きますが、植物の花だけではなく葉や茎など他の組織には土壌により違った影響が出るのでしょうか?
日本は酸性土壌ですが大部分を占めていますが、アルカリ性の土壌で育てた植物の方が葉や茎などの緑色がとても濃いように思われますが、これは栄養の影響なんでしょうか?

Aベストアンサー

土壌微生物は酸に傾きすぎると活動が鈍くなるので、
植物は吸収できる養分が減って葉色が薄くなります。

葉色は主に葉に蓄えている養分量で変化し、
養分が多いと葉緑素を集めるので濃くなっていきます。

カエデの事を調べてみてください。
養分による色の変化の違いを学べますよ。

葉色は他に日光の影響も強く、植物によって欲しい光の波長が違います。
他の影響もあるということで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報