最新閲覧日:

DOS(PC-DOS)のアプリケーションを作成中ですが、CRTの省電力モードをプログラムで検知、解除する方法が分かりません。
通常キーボードやマウスの操作で解除されますが、都合上、キーボードとマウスは接続しない環境での使用を想定しています。(しかしDMPSモードは必要としています)
(知るところでは、ビデオ信号の Hsync,Vsync信号を入り切りして画面表示を消しているようですが)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

いかにして「操作者さまが画面を見たいと御所望である」を伝えるか、が問題だったのですね。



カードリーダなどでキーボードのケーブルに割り込みで接続する機器があります。
キーボードは無しにして、カードを通せば「入力」が発生させられるかも?

> しかし CRTの寿命等を考慮してBIOSは省電力モードをイネーブルにしたいのです。

手っ取り早いのは「ディスプレイの電源を切る」しか無いのでは?
    • good
    • 0

CRTの省電力モードの解除は「BIOS設定」ではないですか?



電源投入時にメモリチェックしているタイミングで、「Press Del」的な
メッセージが出ていると思います。

PC-DOSだろうがWindowsだろうが、この時点では立ち上がってませんから
画面指示に従って「PowerManagement」的な項目を探して見てください。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
私の質問の説明が不適切でした。
私はDOSのアプリケーションを開発中です(C言語にて)ターゲットのシステムではキーボード、マウスを接続しません。しかし CRTの寿命等を考慮してBIOSは省電力モードをイネーブルにしたいのです。そこで問題が発生します。
この開発中のアプリケーションが稼働中にDMPSモード(画面が消える)となったときどのようにして復帰(表示)させるか?
この対処としてアプリケーションのプログラム自信で画面が非表示か表示か確認できないかどうかまた、画面の再表示をキーボード、マウス等の割り込み以外で行うことが果たしてできるのかどうか? と言った内容の質問です。

補足日時:2001/12/08 13:59
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ