12月9日の朝日新聞38面の記事に、救命士が気管内挿管をする事は違法とありましたが、では気管内挿管をしなかったために患者さんを見殺しにしてしまい、日本国憲法の基本的人権の尊重に違反したと言う事にはないのでしょうか?
さらに気管内挿管をする為の設備を取り外した、とありましたが、その行為じたい殺人に近いように思えるのですが?どのようにこの問題を捕らえたら良いのでしょうか?・・・・・・・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一応、法律カテなので、その面からのコメントを。



sanokuさんは、救命士による気管内挿管が受けられないことを「日本国憲法の基本的人権の尊重に違反」「生存権の侵害を間接的にあるいは消極的に受けた」と表現なさっています。もし救命士が気管内挿管を行えないことが不合理であることが事実であるなら、この主張自体は直ちに間違っているとは言えません。しかし、何というか、鶏を割くに牛刀を用いるというか、敢えて憲法を持ち出す問題か?、という気がしてしまうのです。凡そ、ある問題の解決のためには、「適切な」法律構成というものがあるのです。

救命士の技術レベルを考えれば、彼らに気管内挿管をさせないことには一定の合理性があるとも言えます。逆に、早期処置の必要性がそのリスクを上回るのであるならば、それは不合理な規則と言えます。また、その必要性も高く、またリスクも無視できないとしたら、救命士教育の方に不適切さがあると言えます。しかし、いづれにせよこれらは純粋に行政マターの問題です。患者の人権自体は自明の前提として、それをもっとも適切に実現するのはどのような方法かという技術的な問題に過ぎません。

とすると、一般的に医療行政の不備を問うのであれば、「不適切な行政」という行政機関の一般義務違反を問えば良いのです。明文の規定がある義務ではありませんが、そのような義務は無いと主張する人はいません。そして、もし具体的に気管内挿管を受けられなかったことにより不利益を受けたのであれば、行政機関の過失として不法行為責任(民法709条)を問えば良いのです。この「過失」は裁判所ではなかなか認められませんが、気管内挿管ができないことの不合理が明白なのであれば十分に成り立つ法律構成であり、少なくとも生存権侵害よりは現実性のある請求です。もし、敢えて生存権侵害を主張しなければいけない場面があるとしたら、例えば医師会が政治力を発揮して気管内挿管に関する権限を独占し、正常な政治過程ではもはや適切な行政が期待できない、というような場面に至ってからでしょう。

ただ、「日常会話として」「比喩として」「『政治的』インパクトを狙って」の発言であれば、まあ憲法違反を言うのも効果があるでしょう。しかし、医療・行政カテならともかく、法律カテとしては以上のような回答になると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に明快なお答え感謝致します。問題のとらえ方というのは、いつも悩まされる所です、多くの分野で知識の構築が必要なようでがナカナカままなりません。不合理ダナーと感じるのですが、何がどのように、どのような立場でそう思えるのか、自分でも解らない時がたまにあります。意識的に医療カテではなく法律カテとして、この問題のとらえ方に付いて質問したつもりだったのですが、どーも違う所に矛先が向いてしまっていたようで、大変申し訳なく思います、ご回答有難うございました。

お礼日時:2001/12/10 20:11

朝日新聞、テレビ朝日の報道には事実誤認と情報の確認ミスがあります。


futukayoiさんが既にあげていますが

『ラリンジャルマスク』この存在をまったく欠いているのです。

応急処置として安全性の問題から考えて気管内挿管は問題があります。極端な話、ソコに散水用のホースしかなくってこれを挿管したのならわかりますが、『救急車輌にラリンジャルマスクを載せておかずに挿管チューブだけが載っていた』…この時点でこの救急隊の救急蘇生に対しての知識の収集不足と日々の点検不足が明らかであり、医療従事者としてどんな言い訳も通用しません。

『気管内挿管は知っていてもラリンジャルマスクは知らなかった…そんなの救命士の資格あるのかいな?』

正直な感想です。

いち医師として。
医者でも挿管に自信のない人間はラリンジャルマスクを選択します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、ということは、そういった指導カリキュラムを作り、指導した医師にも事実誤認がある?と言うことでしょうか、それとも記事自体がむちゃくちゃな取材内容だったと言う事でしょうか?救命士の方の意見も聞きたいですね!ご回答有難うございました。

お礼日時:2001/12/09 15:48

この問題は単純ではありません。


気管内挿管自体にある程度の技術が必要ですし、どう言った状態になったら挿管するべきかという判断など難しい問題です。実際僕も今でこそ挿管に苦を感じる事はありませんがそれは研修医の時代に麻酔科などをまわって100人以上全身麻酔などをかけて気管内挿管をやったからです。実際の救急現場でそのような研修システムが可能であるとは思えませんからどこかの病院で修行させてもらうしか無いと思いますが、そんな余裕のある病院は今の日本には無いでしょう。またそれ位の経験があればジャクソンリースやアンビューバックで換気させたりラリンゲアルマスク(挿管とマスク換気の中間の様な道具で救急救命士でもいれられる)の挿入位で十分に対応できるものです。
また、食道挿管は問題外としても緊張性気胸では呼吸が悪くても挿管して強制換気なんかしたらそのまま死んでしまいますし、クモ膜下出血で呼吸が少し怪しいひとに麻酔剤や鎮静剤の類いを使わずあわてて挿管すればストレスで血圧があがって再出血してそれが原因で死亡してしまう事もあります。そういう判断を救命士に求めて良いのか?また現実に挿管が原因で結果患者さんが死亡しないまでも不利益を被った場合責任は誰が取るのか?救命士に責任が行く場合その責任に見合った研修を受けたり報酬を得ていると言えるのか?など考えるべき問題が山積みです。今の様に必要も無いのに救急車を呼ぶ人が後を立たないようなモラルの欠如した社会で果たして自治体がそこまでのコストやリスクを負ってまで救命士を増やそうと考えるか?という事も問題となるでしょう。
そういった問題をクリアーするにはおそらくマニュアル化されてそれを満たせば挿管して例えそれが原因で患者さんが不利益を被っても罪を問われない制度も必要となります。しかしマニュアルは確率論であって全ての人にはあてはまらないわけですから結果として挿管自体が「殺人に近いような行為」となる人の権利は無視される事となります。
また、延命拒否などの問題も出てくるでしょう。普段延命を拒否する意志を周りの人に伝えていて書面でもきちんとしていても遠くの親戚みたいな人が突如あらわれて十分な医療行為がなされなかったといってトラブルになる事は現場の医療ではまれでありません。現行の制度のまま救命士に挿管させる様にしてしまうと医療現場の第一線の混乱がそのまま救命士の所に行ってしまいます。
そういった諸々の事を考える時、僕としては単純に「気管内挿管を救命士にやらせろ」という意見には賛成しかねることになってしまうのです。
現状としてはマスク換気をもっと上手にできる様トレーニングしたり、ラリンゲアルマスクの練習を良くやった方が効果があると考えています。
それから細かい事ですが基本的人権のなかに「誰でもすぐ気管内挿管を受けることができる権利」というものは含まれていないと思われますがいかがでしょうか?
現場の人間としての個人的な見解でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答大変勉強になりました。10年の教育期間を持つ医師と違い確かに救命士の教育期間は研修を含めて4年程度と少ないように思えますが、新聞の紙面には、「秋田市では91年度から医師らの強力を得て訓練システムが立ち上がった。救命士教育のカリキュラムにこんなくだりがある。「特定行為を中心とした手技と重症患者の呼吸、循環管理」医師以外には禁じられている気管内挿管などの実習のことだ。手術で全身麻酔された患者に医師の指導のもと、挿管を実施していた。訓練を指導していた医師は「現場に医師が居なくても命が救われるシステムが必要だった」と話す。」と書いてありさらに、全国平均の3倍近い救命率上げていたとも書いてあります。
つまり彼らはすでにそれを行い、成果を少なからず上げていたということだと思います。救命士と言う国家資格なのですから、それに見合った学習と法律の整備をしてしかるべきだと思います。・・・細かい事ですが全国平均以下の救命率の県で間に合わず亡くなった方はやはり生存権の侵害を間接的にあるいは消極的に受けたことになるような気がするのですが。

お礼日時:2001/12/09 13:43

sanokuさんの言うことも正論だと思います。


確かに助かる命が、助からない確率が高くなるのですから。
しかし、全て法律の上で生活しているのですから、法律に違反したら犯罪と見なされてしまいます。
今まで失敗なく助かっている人もいるわけですが、もし気管を傷つけてしまい助かる命も助からなかったとなれば、それは殺人の汚名をきせられることになります。
昔、血圧測定も医療行為の一部でしたが、今は家庭用にもありますし、店先にご自由にどうぞなんて言う血圧測定器もあります。
アメリカでは、除細動器(電気ショック)なども一般の人が扱えるようにまでなっています。
そのうち、気管内挿管なども血圧測定みたいに救急隊が扱えるような法律に変わるのではないでしょうか。
そうなって欲しいと望んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり働きかけをしなければ変わって行きませんよね。
しかしほとんどの人が、自分の生活費を何とかする事がやっとで、変えてゆくという事はナカナカままなりません。
多くの友人は1日12時間以上働いているにもかかわらず、みな金銭的に余裕があるようには到底思えません。餓死すると言う事も無いし、レジャーランドも沢山あるし日本は豊かな国だなーとは思うのですが、色々なところに落とし穴やカラクリがあり「百姓は生かさぬよう殺さぬよう」と言う感じで、その実あまり豊かではないと感じることもしばしばです。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/09 12:36

「気管内挿管」は、医療行為にあたります。


医療行為は「医師」のみに許されている作業です。
それ故、「気管内挿管」をしなかったから患者が死亡したとしても、「殺人」行為にはあたりません。
逆に、救急救命士が医療行為をすれば、法律違反になります。
ですから、「気管内挿管をする為の設備を取り外した」こと自体は、法の遵守にあたり何ら非難されるべき行為では在りません。

さて此処からは、私の見解ですが。
日本では「医師会」の既得権益確保の力が強く、患者や医療従事者・福祉関連職従事者の権利や利益が、抑えられていると思います。
それこそ、「生命」よりも。

また、医療行為自体は、昔の触診中心から、機器の操作中心に移っています。
それ故、最新の医療行為を学ぼうとすると、勢い都市部に集中してしまいます。
そのため、都市部以外の「救急救命士」が最新機器の講習を受けようとしても、地域によって水準のばらつきが出るのも、また、事実です。
此処を「医師会」は危惧しています。

ですが、今出来る事をないがしろにするのは果たしてどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり難しい問題のようですね、確かに既得権益の問題は大きい様に思います。ドイツの権威主義的制度を摸倣したせいか、弁護士にしても医師にしてもあまりにも権限が集約しすぎて弊害が色々な所で出ているように思います、各部署のを担当する者も、しかるべき教育を受け、その専門のポジションで責任を持ち働いているはずなのですが、それに見合った待遇や発言権は無い様に思われます。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/09 12:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q救急救命士を目指して

今、救急救命士になる事を目指して、いろいろ調べています。
(1)まず消防官採用試験や救急救命士国家試験には年齢制限はあるのでしょうか?やはり人命に関わるので視力や体力の規定があるのでしょうか?
(2)次に、仮に合格し消防学校に入ったとしたら、どんな訓練がなされるのでしょうか?救命活動の訓練などもあるのでしょうか?
(3)最後に救急隊とは、消防士や救命士を総称した呼び方なのでしょうか?

ついこないだまで、救急救命士と消防士は別だと考えていたので、少々混乱しています。出来れば、現役の方の意見を是非聞きたいです。

Aベストアンサー

現役ではありませんが、関連の仕事をしているものです。

1.消防官(というより、彼らは地方公務員ですので正しくは消防吏員ですね)には、受験に年齢制限があります。どの区分(専門系(東京消防庁のみ)・1~3類(またはA~C))で受験するかにもよりますが、大卒程度の場合でも、多くの自治体では20代後半が上限です。但し、特殊技能(ヘリコプター操縦士や船舶免許保有者など)等を持ち、中途で入る場合には、自治体によって、例外事項があるケースがあります。体力等については、これも自治体によるのですが、体力試験を課すとしても、入隊前に、特段高い身体能力を課しているわけではありません。視力は、確か裸眼0.2以上だったかな?細かいところは忘れました。

ちなみに、救急救命士国家試験には、年齢制限は確かなかったと思います。


2.消防学校乃初任研修では、救急・消防・予防何を希望するにしても、全員共通の教育訓練を受けます。まずは火災現場で消火任務をこなせる「消防士」を育成する、それが大前提です。その上で、各自の適性や希望を配慮して、予防・救急・救助隊員としての配置が成されます。救急隊員になる場合は、別途学校等で200時間程度の教育を受け、救急車に乗務することが出来ます。その上で、更に救急救命士を目指す場合は、部内の選抜試験に合格したうえで、消防学校ではなく、ELSTAという研修所で約1200時間の教育を受け、その後国家試験に合格することで、めでたく救急救命士になれます。


3.救急隊と一般に言う場合は、救急車に乗務する部隊を指しますので、(赤塗の車に乗る)消防士や救助隊員・予防職員等は含まれないと思います。


 尚、おっしゃるとおり、例えばアメリカの多くの自治体では、消防と救急(EMS)は全くの別組織ですし、戦前の日本(除;戦時中)でも、救急は日本赤十字が、消防は警察が担っていました。従って、消防と救急がセットになる、というのは、普遍的なことではありません。

 消防本部・東京消防庁の傘下に救急隊を持つ現在の日本では、救急隊員もまず防火・消火を担う「消防士」たれ、というのが基本方針です。上述したように、救急救命士になるには、少なくとも2つの大きな選抜過程がありますので、消防士になったからと言って必ず救急救命士になるわけではありません。消防吏員採用試験を受験されるにあたっても、その辺を十分踏まえた上で、進路を模索されるといいと思います。

現役ではありませんが、関連の仕事をしているものです。

1.消防官(というより、彼らは地方公務員ですので正しくは消防吏員ですね)には、受験に年齢制限があります。どの区分(専門系(東京消防庁のみ)・1~3類(またはA~C))で受験するかにもよりますが、大卒程度の場合でも、多くの自治体では20代後半が上限です。但し、特殊技能(ヘリコプター操縦士や船舶免許保有者など)等を持ち、中途で入る場合には、自治体によって、例外事項があるケースがあります。体力等については、これも自治体によるのです...続きを読む

Q未遂の殺人後の事故死は、殺人か?事故か?

法律に詳しい方に質問です。
ちょいとお話を作っていて、この犯人にはどういう罪が適用されるのかが知りたいんで教えてください。

犯人が、Aさんを殺意をもって首を絞めました。
それを、B君とC君が目撃してしまいました。
B君とC君はすぐ側の部屋に逃げ込みます…が、そこは袋小路でそれ以上は逃げられません。

B君とC君に、Aさん殺害を見られた犯人は、

1.事件の発覚を遅らせるために、
2.Aさんの死体を隠すために、
3.B君とC君の口を封じるために、

その部屋にAさんの死体を投げ込み、扉を閉めて逃げてしまいました。
B君とC君を殺すつもりはありませんが、逃げる時間を稼ぐつもりだったわけです。
また、部屋に鍵をかけることはしませんでした。
気が動転していたのでしょう。

さて、そこから。
Aさんは実は気を失っていただけで意識を取り戻します。

三人は密室から脱出するために、何を思ったのか部屋の中に火を放ちます。
ドアが燃えちゃえばいいのにーとか、火事で大事になれば誰か来てくれるかもーと思ったのかもしれません。
扉には鍵はかかってませんでしたが、開くかどうかは確認しませんでした。

結果、三人は死んでしまいました。
死因は焼死とか一酸化炭素中毒とかそんなところでしょう。

その数年後、犯人がとっ捕まりました。
ちなみに犯人は、その部屋で三人が死んだのはしってます。
犯人が捕まった後に、三人の死体が見つかりました。

さてさて、この犯人の罪はどんなもんでしょう?
ちょいと思いつくのが…

1.Aさんに対する傷害と殺人未遂
2.B君とC君への監禁

ほかにどんなのが考えられるでしょうか?

法律に詳しい方に質問です。
ちょいとお話を作っていて、この犯人にはどういう罪が適用されるのかが知りたいんで教えてください。

犯人が、Aさんを殺意をもって首を絞めました。
それを、B君とC君が目撃してしまいました。
B君とC君はすぐ側の部屋に逃げ込みます…が、そこは袋小路でそれ以上は逃げられません。

B君とC君に、Aさん殺害を見られた犯人は、

1.事件の発覚を遅らせるために、
2.Aさんの死体を隠すために、
3.B君とC君の口を封じるために、

その部屋にAさんの死体を投げ込み、扉...続きを読む

Aベストアンサー

#1で正解です。
理論的な説明をはしょって結論だけ簡単に言えば、
「殺人の実行行為と死亡の結果との因果関係があるとは言いがたい」ので殺人既遂罪にはならない。
殺人未遂罪と独立して傷害罪と評価すべき事実がない。
鍵もかけずに扉を閉めただけでは、監禁罪の実行行為性を欠く。
というところ。

なお、犯罪の成立と証明の可否は別問題です。犯罪の成立に「立証の問題を持ち出すのは実体法と手続法の区別を理解しておらず法律的には論外としか言い様のない全くの誤り」です。未認知の事件を「犯罪そのものが発生していない」などと言うのは非常識以外の何ものでもありません。犯人が捕まるとか何とかは「犯罪の成立とは全く無関係」です。

……例えば人を殺して海に捨てたが事件は発覚しなかったとして、「だから犯罪が発生していない」なんていうのは噴飯もの。

Q知りたい!救急救命士

質問します。
1、国家試験は難しいのでしょうか。
2、救急救命士としての就職状況はどうなのでしょうか。
3、とても大変な仕事だと思いますが、家族を持った場合でも家族との時間を作れるのでしょうか。
4、給料としては全国平均いくらぐらいなのでしょうか。
5、救急救命士の1日はどんなスケジュールなのでしょうか。また、消防署に属すると思うのですが、どんな労働システムなのでしょうか。

現在、救急救命士である方、又その職業に詳しい方ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

1 国家試験の中では、難しい部類には入らないと思います。
2 地方公務員の消防官に合格しない限り、就職するのには役に立たな い資格です。その消防官の採用についても、救急救命士でも無資格で も、合格するかしないかは全く同じです。
3 救急救命士として働くということは、消防官として働くということ です。
  消防学校に入校し、6ヶ月なり1年なり、採用された自治体により教 育期間は異なりますが、全寮制で消防士としての基礎訓練等を受ける ことになります。
  消防学校を卒業したあとに配属となりますが、救急救命士の資格が あったとしても、必ず救急隊に配属されるとは限りません。日勤業務 もあれば、消防隊になることもあります。
  家族との時間を作れるかとのことですが、時間的には十分作れま  す。
  就業時間は、公務員ですので、キッチリしています。基本的に24時 間勤務か8時間勤務かなので。残業も多少ある場合もありますが、民 間企業とは比べものにならないくらい、残業はありません。
4 給料は、各自治体により異なります。公務員ですので、該当する市 役所のホームページで公開されているか、問い合わせると必ず答えて くれます。
5 救急救命士といっても、必ず救急隊に配属されるわけではありませ んが、救急隊になったとして・・・。
  朝・交代時の申し送りを聞く→救急車の車両点検・積載器材の点  検・昼食・夕食・仮眠→朝・交代申し送り
  このサイクルに出動・訓練・市民指導・書類作成・体力練成・地理 調査などが入ります。
  食事時間や休憩時間など、融通が利く時間は少ないと思います。勤 務中はすごく忙しくはあるけれども、24時間だけのことです。
  非番の日は疲れがかなり残りますが、家族と過ごす「時間」は確保
 されています。この時間を休養に当てるか、家族サービスに当てるか は、人それぞれです。

1 国家試験の中では、難しい部類には入らないと思います。
2 地方公務員の消防官に合格しない限り、就職するのには役に立たな い資格です。その消防官の採用についても、救急救命士でも無資格で も、合格するかしないかは全く同じです。
3 救急救命士として働くということは、消防官として働くということ です。
  消防学校に入校し、6ヶ月なり1年なり、採用された自治体により教 育期間は異なりますが、全寮制で消防士としての基礎訓練等を受ける ことになります。
  消防学校を卒業したあと...続きを読む

Q万引き等の疑いで 間違えて捕らえられた場合は?

万引き等の疑いで間違えて捕らえられた場合は、その後明らかに間違いだった場合は、謝ってもらってそれで終わりなのですか?人前だと、謝っただけではすまない気がしますが…

Aベストアンサー

素人ですが知人の話から。
警察まで行ってる場合は異なるかもしれませんが、お店側にそれ相応の対処を求めた場合、形で返ってくる場合もあるようです。
知人の場合は、その場での対応にて、お店側が周りの目を気にして、取り繕う形だったようです。

ただ規定はありませんので、必ずしもではありませんし、恐喝にあたるような言葉を発すれば、逮捕になります。


今後、万引きに間違えられそうな行動をしないよう、心がけるのがよろしいと思います。

Q救急救命士

高校2年生の女の子なんですけど救急救命士になりたいと思っています。救急救命士になるには生物や数学が必要ですか?今、がんばって勉強しておいた方がいい科目を教えてください。あと、国家試験はどれくらい難しいですか?頭のすごくいい人でしか受かりませんか?何でもいいので詳しく教えていただければとてもうれしいです。

Aベストアンサー

友達が救急救命士をしています。
私も医療系卒ですので、参考までに。

生物や数学は受験科目ある場合が多いので必要です。
もちろん入学してからも必要なので、勉強するに越したことはありません。
国家試験の合格率は80-90%。
医療系の学校は、医師を除く職種は、真面目に学校に通って
それなりにきちんと勉強すれば受かる物が多いです。

頑張ってね。

参考URL:http://www.tokyo-ac.co.jp/med/m8-data43.html

Q基本的人権の尊重が守られていない事件?

今、題名のとおり、基本的人権の尊重(自由権、平等権、社会権などいろいろありますよね)というのが守られていない事件について調べています。そこで
(1)誘拐ってそれに入らないですか?
(2)なるべく最近の事件で基本的人権の尊重というのが
まもられていない事件を教えて下さい。

Aベストアンサー

当然、拉致問題は基本的人権を侵した事件ですから北朝鮮など論外ですが、なぜ拉致家族の方々が司法に訴えなかったか不思議です。多分拉致された事を証明する事が出来ないことがネックだったとは思いますが!!

国は内部的には20年も前に知っていた事ですし、司法は多分独立が保たれていたでしょうから、もし今からでも国を告訴しても微妙な線で勝てるのではないかと考えます。多分国もそれが判っているから最大限の援助を遅ればせながらしている様にみえるのですが?

イラクでの自己責任の人達が外務省の働き等で開放された時、同じ様に扱われないのは当然の事です。

拉致事件では国がその国民の基本的人権を尊重するどころか放棄してきた訳ですから!!!!

Q救急救命士受験のサイト

様様な資格試験の受験生の為のサイトがありますが...
救急救命士国家試験の受験生の為のサイトはないでしょうか。

Aベストアンサー

こちらの参考URLのサイトさんはお薦めです。


※私も救急救命士目指してるんですよw

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1281/

Q憲法尊重擁護義務について

憲法尊重擁護義務を説明する場合、どのようなことを中心にして説明していけばいいでしょうか?

Aベストアンサー

ごく簡単に言えば。
99条で国民を明記していないし、憲法は国家権力を拘束する規範なので国民に尊重義務は無い
とする説と
国民が尊重義務を負うのが当然であって、当然だから敢えて記載しなかったとして、国民にも義務はある
とする説が分かれています。
前者が通説でしょうね。

Q現在高3で救急救命士の専門学校に進学しようと思っています

現在高3で救急救命士の専門学校に進学しようと思っています
そこで二年制の学校にしようか三年制の学校にしようかで悩んでいます。
授業の内容などであまり差がなければ国家試験の受験資格は二年通えば貰えるのて二年制の学校に進学しようと思っているのですが三年制の方がいいのでしょうか??
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 言うまでもなく2年で十分。3年生の場合は余裕を持って学べるとか何とか理由をつけますが、要は学校側の都合で学費を余計にほしいだけ。2年で受験資格が取れるならばそれで十分。余計に学費数十万+を払うのはばかげています。当然公務員試験対策も十分に採ってください。今は大学で救急救命士の資格を取れるところも結構出てきていますので、ライバルは多数。消防士の採用も地域によってはぼちぼち絞られてきているようです。祈合格。

Q憲法尊重擁護義務と改憲

憲法99条では尊重擁護義務が国会議員にも課せられています。

ということは、国会議員が改憲を主張することは許されず、したがって改憲の国会発議は事実上できない。と考えてよいのでしょうか。

学説上ではどうなっているのですか。

Aベストアンサー

憲法学者でこのような説を提唱している方は聞いたことがありません。

たとえ国会議員が改憲を主張したとしても、改憲されるまでは現憲法に従えばよいことですので、何ら憲法擁護義務には反しません。つまり、憲法擁護義務とは、現憲法に従うことを意味します。そして、現憲法には改正条項も存在します。

ただし、改憲を主張するとしても、96条の手続きにのっとって改正の主張をしなければなりません。その他の方法(暴力革命など)で憲法を改正することは憲法が予定していませんので、こうした主張は問題になります。

ちなみに、「日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入」することは公務員の欠格自由とされ(国家公務員法38条5号、地方公務員法16条5号)、このような形で法律によって憲法擁護義務が具体化されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報