よく仏領インドシナと蘭領東インドを混同してしまうのですが、「インドシナ」=「インドシナ半島」で「東インド」=「インドネシア」という関係ですよね。そこで、混同しないように「インドシナ」と「インドネシア」の名前の由来をお聞きしたいのですが。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Indoは辞書によるとIndos(ギリシア語のインド)が接頭語になった形だそうです。


インドシナはIndo+china。文字通りインドと中国です。(両国の間の地域ということだと思います。)英語読みだとインドチャイナですが、フランス領だった名残で、フランス風に呼ぶのでしょう。

インドネシアは、Indo+nesia。-nesia(発音はニージャに近いです)は、ポリネシア、ミクロネシアにあるように、島々の意味(ギリシア語Nesosより)。実際、インドネシアには約1万7000もの島があるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

lazysusanさんお返事どうもありがとうございます。インドと中国の間の地域だから「インドシナ」だったんですね。わかりやすいです。いままでずっと両者の違いを混乱していたのですが、こうやって投稿してみて本当に良かったと思っております。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/12 06:53

確認したわけではありませんが



●インドネシア(indonesia):インド地方の島々の国
ind:インド。昔のヨーロッパ人にとってアドリア海(或いはインダス川)より東はすべてインド
o:単語を接続するときに使う。ex.グレコ・ロマン文化(grec‐o‐roman)。
nes:ギリシア語"nesos(島)"。ex.ミクロネシア
ia:ラテン語の地名語尾。ex.アジア

●インドシナ(indosina):インドと中国の間の国
ind:インド。
o:単語を接続するときに使う。ex.アングロ・サクソン(angl(e)‐o‐saxson)。
sin:中国。秦。支那。
ia:ラテン語の地名語尾。ex.イタリア
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sukemasaさんお返事どうもありがとうございます。インドネシアとインドシナのそれぞれの「ネシア」と「シナ」の違いがよく分かりました。これでもう迷うことはないようです。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/12 06:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜインドネシアは高速鉄道計画に「中国案」を歓迎したのか?

「東京、29日 ロイター」
菅官房長官は29日、インドネシア高速鉄道計画に関し、同日午前、ソフィアン国家開発企画庁長官と会談したことを明らかにした。会談では、インドネシア側から「中国案を歓迎することになったとの説明があった」ことも表明した。

 同日午後の記者会見で語った。菅氏は、同事業計画をめぐり「実現可能な最良の提案をしたと確信している」としたうえ、「日本の提案が選ばれなかったのは極めて残念。『中国案歓迎』は遺憾」と述べた。

★なぜ、インドネシアは、日本の技術をパクったうえ事故ると土に埋めて隠蔽を図ったような、中国製高速鉄道計画案を歓迎したのでしょうか?
ご意見ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本国は、安全性・好条件の融資。
中国は、事業の全額融資、政府の債務保証は求めない?採算を度外視した売り込み。
これでは日本は勝てない。(もっとも採算を度外視ししてまでも取る必要はないと思いますが)
インドネシアは、安全性は度外視し、実利を取ったのでしょう。
しかし、ジャカルタからバンドン間の地形をみてください。山・崖そして、川が多く難工事になるでしょう。(難工事、中国の手に負えるでしょうか?)

また、融資の事ですが、ミャンマー・カンボジアをみてください揉めているではないですか。中国のやり方、契約はたいして関係ない、一方的に利子を上げたり、全額返済を求めたり、また、これを政治に利用する。

インドネシアは、大変なところと契約をしましたね?後で泣きを見るかも・・?
工事が伸びに~~伸びたり、そして、インドネシアに莫大な借金が残るかも?
また、完成しても新幹線の大事故にならなければいいのですが・・・?
中国の時のようにすぐさま埋めてしまうかも・・・?

Q東インド会社の名前の由来 何故東インド?

先日、東インド会社の東インドとは「インドの東」という意味ではなく……というようなことを
聞いたのですが、肝心の本来の意味が思い出せません。
今すぐ知る必要があるというわけでもないのですが気になって仕方ありません。
どなたか教えてください。

ちなみにその時にとったメモでは
西インド諸島⇔東インド(インドの東という意味ではない)
とあったのですが、ここまで書いてあってもさっぱり思い出せません。

Aベストアンサー

大航海時代以前、ヨーロッパ人が憧れたインディアス(インド)とは、現在の南、東南、東アジア全域を含む地域を指しました。当然、アメリカ大陸は知られていませんでした。

15世紀末にコロンブスが新大陸に到達した時、そこをインディアスと勘違いし、16世紀になってヨーロッパ人による探検がすすんで、未知の大陸と判明しました。アメリゴ・ヴェスプッチの名前が付けられたのは有名な話ですね。

そのような事情から、本来のインディアスと新大陸を区別する必要が生じました。その結果、南、東南、東アジア全域は東インド、新大陸が西インドと呼び慣わされることになりました。

英・蘭・仏の東インド会社、蘭・仏の西インド会社の活動範囲は、喜望峰とマゼラン海峡が境目になります。つまり、喜望峰の西側(アフリカ大陸西岸含む)から新大陸の西岸は西インド。新大陸東岸から喜望峰東側(アフリカ大陸東岸を含む)までが東インドと名付けられました。

Qインドネシアの、中国高速鉄道はうまくいくか

>高速鉄道が「見切り発車」=中国、許可なしで起工式―インドネシア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160121-00000099-jij-asia
>現時点でも区間内のトンネルや橋のデータ不足で運輸省の建設許可が下りておらず、予定通りに事業が進むかは不透明だ。

将来、どうなるのでしよう

Aベストアンサー

ちょっと見づらいですが、ご容赦を♪^^
(拡大鏡をご用意してください)

本当に、中国の将来は・・・・?受注できなくなってしまうかも・・・?

Qフランスは仏領インドシナをどう植民地化したか?

フランスはどのような方法でこの地域を植民地化したのですか?歴史の勉強で習いませんでしたので今更興味を持っています。

Aベストアンサー

こんなサイトにも載っています。最終的に植民地化したのは、1887年です。
 日本だって、危なかったのです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%A0%98%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B7%E3%83%8A

Qインドネシアの高速鉄道について

現在、英国で日立の高速列車が導入されていますが、雇用創生のために工場は英国にあります。
当初の車両は日本国内生産であとの多くは英国製となるということです。

将来性のある計画でないとインドネシアも契約しないでしょうから、ADBでインドネシアの発展のために同じようにお互いwinwinな方式でやれないものなのでしょうか?

列車運行のノウハウも必要ですし気候の違いで中国製では無理な気がします。
http://www.hitachi.co.jp/products/innovation/tec …

(企業のやることなんで、政府がどうのという指摘は不要です。ライバルが中国なので。。)

インドネシア高速鉄道 日本案採用せず
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150929/k10010251971000.html

Aベストアンサー

日立ブランドでも英国製、それで高品質鉄道網のある欧州に打って出るのが英国の戦略。
日立はその戦略に沿った営業展開をして採用されたと思います。
ですが、
インドネシアはそういうのを希望しているのでしょうか?

ドイツカナダそして日本から技術を盗用した中国製高速列車ですが
元がそれなりの高性能列車ですから家電とPC作れるくらいの技術があれば
まともな列車を「新規開発」できるでしょう。
制御系だけ自前にして足回りとかの重要部分はそのままパクればいいだけですからね。
さらに
土木技術ではそれなりの技術を中国も持っているので鉄路建設も日本並にできると思います。

それでも日本の新幹線のほうが総合性能でははるかに上。
システムとしてね。
ですが、そこまでの超高性能超高品質をインドネシアは求めているのですかね?
300Km近い速度の列車をほとんど時間的誤差なく高頻度で走らせる必要があるのは日本だけ。
世界ではそんなオーバクオリティは求めていません。

T700系を採用した台湾もシステムとしては日欧混合。
もともとドイツフランス連合の列車を採用するつもりだったのが
たまたま発生した地震の影響で「地震に強い」と思われる新幹線列車に変更したのは
質問者さんもご存じのはず。

「自分の国で使ってよかったからおまえも買えよ」と言われても
必要ないものは買わないのが当然の結論。
「その国の将来」を考えたら新幹線システムのようなものを自前で作れるほうがいいけど
どこに照準を当てて機材を購入するかは、お客さんが決める事です。
今回は見誤った。

営業の基本であるお客様目線が、日本には無かっただけだと思いますよ。

インドネシアさん、そもそも高速ではなく中速とか言い出していませんか?
「そんなに高品質なのは必要ない」って語っていると思いますよ。

資金繰りの話も今回は影響しているようですが
質問者さん意図にあわせ割愛しました。

日立ブランドでも英国製、それで高品質鉄道網のある欧州に打って出るのが英国の戦略。
日立はその戦略に沿った営業展開をして採用されたと思います。
ですが、
インドネシアはそういうのを希望しているのでしょうか?

ドイツカナダそして日本から技術を盗用した中国製高速列車ですが
元がそれなりの高性能列車ですから家電とPC作れるくらいの技術があれば
まともな列車を「新規開発」できるでしょう。
制御系だけ自前にして足回りとかの重要部分はそのままパクればいいだけですからね。
さらに
土木技術ではそ...続きを読む

Q今、東・南シナ海、インドシナ半島は学校でなんと教えていますか?

「支那」という言葉は差別用語であるということで、おそらく親中の外務省の圧力でしょうが、最近はあまり「支那、シナ」という言葉が使われなくなっています。 一部過激な親中派の人たちは、「東・南中国海、インドチャイナ半島」などと呼んでいるようですが、あまりしっくり来ませんし、佐野稔の「支那そばや」も健在です。 実際学校教育ではどのように教えているのでしょうか? 学齢児・教師等が身近に居ないのでお聞きするものです。

Aベストアンサー

中学三年生ですが普通に東シナ海、やインドシナ半島と習っていますよ。

Qインドネシアの高速鉄道建設は?

2年で完成、と豪語して政府保証もいらない、ということで中国に決まったはずですが、、、。

その後、インドネシア政府の保証を要請して、着工ができない?とのニュースまで聞きました。

その後、どうなっているのでしょうか?

インドネシアのニュースに詳しい人、お願いします。

Aベストアンサー

高速鉄道の計画自体は、キャンセルにはなって居らず、来週着工される見通しとの記事が、昨日のじゃかるた新聞に出ていました。

>高速鉄道 来週着工へ リニ国営企業相が言及 (08/06) 有料
 1月に起工式を開き、その後計画が順調に進まないジャカルタ~バンドン間の高速鉄道の建設事業について、リニ・スマルノ国営企業相が4日、ブディ・カルヤ・スマディ運輸相らと協議し、記者団に高速鉄道の建設事業を来週中には着工できる見通しを示した。
http://www.jakartashimbun.com/free/g/1/

一方で、インドネシア・ジャワ横断鉄道を日本に建設要請すると言う記事が日経新聞に出ていました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H7G_V20C16A5MM0000/
記事詳細は以下のブログから読めます。
http://ameblo.jp/hagure1945/entry-12164098622.html

ブログ記事にも載ってますが、建設費だけかかってたいした経済効果も無い超高速鉄道は中国にただで作らせて、経済戦略上重要で遅れの許されない基幹路線は日本に依頼する・・と最初から考えていたのであれば、インドネシアもなかなか隅には置けない国です。

高速鉄道の計画自体は、キャンセルにはなって居らず、来週着工される見通しとの記事が、昨日のじゃかるた新聞に出ていました。

>高速鉄道 来週着工へ リニ国営企業相が言及 (08/06) 有料
 1月に起工式を開き、その後計画が順調に進まないジャカルタ~バンドン間の高速鉄道の建設事業について、リニ・スマルノ国営企業相が4日、ブディ・カルヤ・スマディ運輸相らと協議し、記者団に高速鉄道の建設事業を来週中には着工できる見通しを示した。
http://www.jakartashimbun.com/free/g/1/

一方で、インドネシ...続きを読む

Q源氏は「白」、平家は「赤」の由来。

Netでは、次のような理由を見つけましたが、詳しい説明がないので、すっきりしません。
これらの理由は正しいのでしょうか。
1.源氏の「白」は、源氏が「新羅系」であり、その新羅は「白旗」の国であると
『書紀』に記述されている。
2.平家が「赤」旗を掲げたのは、「赤」が官軍を意味するから。

1 について言えば「新羅は白旗の国である」という意味が解りません。
当時すでに、「白旗」が「降参」を意味するということは、知られていたと思いますが…。
2 の「赤は官軍を意味する」ということであれば、当時、そのように認識されていたのでしょうか。
つまり、過去、何かの戦で、官軍側が赤旗を使ったという事実があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

壬申の乱で勝利した大海人皇子(後の天武天皇)が、戦いの時に赤旗を使用していました。

これは、五行思想の火徳を自称した中国の漢の高祖、劉邦にならって、自らが創業帝王である正義の軍である事を主張したのだろうと言われています。

「Netでは」というのが、どのようなサイトの事かがわからないので確認できませんが、官軍とは天皇の軍という事ですから、「赤は官軍を意味する」というのは、その事ではないかと思います。
ちなみに、壬申の乱の時、相手の大友皇子(弘文天皇)側は、金の旗を使用してました。

おそらくは、この赤に対抗するための、源氏の白だったと思いますが、白にも、清廉潔白の意味があり、軍神である八幡菩薩の色という事だったので、赤に対抗する色としては、ベストな色だったと思います。

ちなみに、「白旗が降参を意味する」という観念は、その頃(源平の頃)の日本にはありません。

幕末にペリーが黒船でやって来た時(2回目の時)、もし交渉が決裂すれば、攻撃も辞さないという意味の手紙に白旗が添えてあり、「降伏するなら、この旗を掲げよ」みたいな説明があって、日本人は初めて、「白旗が降参を意味する」事を知りました。

壬申の乱で勝利した大海人皇子(後の天武天皇)が、戦いの時に赤旗を使用していました。

これは、五行思想の火徳を自称した中国の漢の高祖、劉邦にならって、自らが創業帝王である正義の軍である事を主張したのだろうと言われています。

「Netでは」というのが、どのようなサイトの事かがわからないので確認できませんが、官軍とは天皇の軍という事ですから、「赤は官軍を意味する」というのは、その事ではないかと思います。
ちなみに、壬申の乱の時、相手の大友皇子(弘文天皇)側は、金の旗を使用してました...続きを読む

Q中国が、イランに高速鉄道の支援!!??

"中国が、イランに高速鉄道の支援"とありました。〔はぁー??〕と言う感じなんですが、ただでさえ国内は滅茶苦茶、インドネシアの高速鉄道さえ、今後どうなるか?判らないとの状況の中国が、イランにも高速鉄道での支援に乗り出していると言うのは、AIIBで、かなりの金額が集まった、または、目途がつく自信の表れなんでしょうか??まさか、こんな国へ、日本は"ODA"などと言う使途不明金を、未だに出しているのではないでしょうか??韓国を押さえたとしても、こっちの蛇口が開きっ放しでは、日本国民は、何の為に働いているのかさえ、判りません。実際、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

これは、一帯一路構想に基づくものです。

「一帯」とは、中国から中央アジアさらには西アジアにつながる
地域で「シルクロード経済ベルト」とも呼ばれています。
「一路」は中国から南シナ海、インド洋、アラビア海を経て
地中海に至る海上交通ルートのことで、「海上のシルクロード」
あるいは「真珠の首飾り」とも呼ばれています。

つまり、中国は海と陸から、ユーラシア大陸を席巻し
大中華圏を構築しようとしているのです。

イランの鉄道も、その一環です。
尖閣も、南沙諸島問題も、AIIBも、すべてその一環です。


危機感を抱いた米国はTPPで、中国を包囲しようと
していますが、欧州は目先の利益に惑わされて、協力的
です。



”まさか、こんな国へ、日本は"ODA"などと言う使途不明金を、未だに出しているのではないでしょうか??韓国を押さえたとしても、こっちの蛇口が開きっ放しでは、日本国民は、何の為に働いているのかさえ、判りません。実際、どうなんでしょうか?”
     ↑
そういう低い次元の問題ではありません。

日本はAIIBに参加せず、米国と安保です。
日米VS中国 という図式です。

一番怖いのは、米国が中国と手を組むことです。
そんなバカな、と思うかも知れませんが、あり得ます。

ベトナム戦争に苦戦した米国は、中国の援助をヤメさせるため
国連から台湾を追い出し、その後釜に中国を据えました。
それまでは台湾が常任理事国だったのです。

今、米国ではチャイナメリカ、という造語があります。
米国と中国の密接な関係を表したものですが、日本と組むより
中国と組んだ方が、米国の利益になるのでは、という風潮も
出ています。

そうならないように、そうなった場合に備えて、日本は
工作、準備しておくべきなのです。

これは、一帯一路構想に基づくものです。

「一帯」とは、中国から中央アジアさらには西アジアにつながる
地域で「シルクロード経済ベルト」とも呼ばれています。
「一路」は中国から南シナ海、インド洋、アラビア海を経て
地中海に至る海上交通ルートのことで、「海上のシルクロード」
あるいは「真珠の首飾り」とも呼ばれています。

つまり、中国は海と陸から、ユーラシア大陸を席巻し
大中華圏を構築しようとしているのです。

イランの鉄道も、その一環です。
尖閣も、南沙諸島問題も、AIIBも、すべてそ...続きを読む

Q「湾岸問題」と、対テロ戦争の焦点である「東アジア・東南アジア問題」

趣味で読んでいる「対テロ戦争」とイスラム世界
(板垣雄三編 岩波新書)
の記述に関する質問をします。

■質問箇所の要約
「パレスチナ問題」の難渋により、「湾岸問題」が設定された。
これは、2つの焦点を持つ中東構造の楕円構造化、つまりイラン・イスラエル枢軸の構造化であった。
しかしこれは、イラン・イスラム革命で破壊された。
その対策として、イラク政権、アフガンのイスラム戦士の育成・強化が図られたが、前者が湾岸戦争、後者がイスラム運動ネットワークの脅威のグローバル化をもたらした。
また、湾岸戦争でソ連崩壊し、中央アジアが中東と連結し「中央アジア問題」が起こった。
「対テロ戦争」の焦点は、今後国際紛争の深刻な第四焦点になるに違いない「東アジア・東南アジア問題」への東漸をみてとれる。


■質問
「イラン・イスラエル枢軸」とは、具体的にどのようなアメリカの外交行動によって形作られたのですか?

「東アジア・東南アジア問題」の具体例とは何ですか?アメリカはこの地域に対して、何を憂慮しているのですか?

お願いします。

Aベストアンサー

この問題はかなり複雑な経緯があります。
まずアメリカの戦略は、イランの王制をテコいれし近代的親米の国家としイスラエルと共にイザという場合の米軍基地化する下地を作ることでした。

所がイラン・イスラム革命を引き起こし王制が倒れてアメリカの戦略は破綻してしまいました。
しかもアメリカのもっとも恐れる原爆を持つに至りました。
それを阻止する為イラクのフセインを扇動してイランイラク戦争を仕掛けたのですが、イランの健闘で失敗に終わりました。

この付近に基地を持ちたいアメリカはイラクがクエートに侵攻したのを好機とみて湾岸戦争でイラクの半ばを勢力圏下に納めました。
しかしそれ以上の勢力拡大は国際世論からみて無理と判断したのです。
本格的な戦争の準備が不足していたのです。

この反イスラム戦略が9・11テロを呼び世界的な反テロの空気を招いたので好機到来とイラクへ侵攻したわけです。

これに先立ちロシアのアフガンでの失敗でアフガンの親米化の可能性をみて対テロを口実にアフガン介入を図りましたがこれはまだ成功していません。

中近東、中央アジアに基地候補を作る戦略はソ連の崩壊でその必要性が薄くなりましたから、次の目標が東アジア、東南アジアと成ったのです。
しかも東南アジアには石油資源があります。
しかも最大のイスラム国家であるインドネシアが存在します。
そしていまや国力を付けつつある中国が存在するのです。
アメリカが日本、台湾を重視するのはこの為です。

この問題はかなり複雑な経緯があります。
まずアメリカの戦略は、イランの王制をテコいれし近代的親米の国家としイスラエルと共にイザという場合の米軍基地化する下地を作ることでした。

所がイラン・イスラム革命を引き起こし王制が倒れてアメリカの戦略は破綻してしまいました。
しかもアメリカのもっとも恐れる原爆を持つに至りました。
それを阻止する為イラクのフセインを扇動してイランイラク戦争を仕掛けたのですが、イランの健闘で失敗に終わりました。

この付近に基地を持ちたいアメリカはイラ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報