お城に関する書物を読んでいると、天守閣とはお城の一部で城主の部屋というような書き方をしているものがありました。これは正しいのでしょうか?
サイト等で調べてみると、天守閣とは領内の中で一番主要な建物と記されているところもあり、少し混乱しています。どなたか分かりやすく教えてて頂けないでしょうか?
できればお城についても、どこまでをお城と言って良いのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No4の回答で誤解を招く所がありましたので補足します。



江戸城では最初天守閣を備えていましたが落雷などで度々焼失し、再建に莫大な費用を要するので後には再建されなくなりました。
平和な時代なので必要も無くなったためです。

代わりに将軍の居住用の御殿や政治の処理の御殿を建造したわけで、男子禁制の大奥なども付属していました。  将軍の嫡子は西の丸に居住したので「西の丸様」とよばれました。
戦国期の城は戦争の為のものですから、防御を厳重にするためいくつもの櫓や防壁を張り巡らせ主な櫓を本丸、その周辺に二の丸、三の丸などの櫓を建築したのです。
その場合、二の丸には城主の親族(親や息子)を住まわせ守将とすることが多くみられました。

いずれにしても時代の要求により建物の用途も変化したのです。  城の範囲も時代により変化しています。
    • good
    • 6

信長の安土城だけが「天主」で、他の城は「天守」です。

    • good
    • 3

最初に天守閣を築いたのは安土城が有名でこの場合は君主の居住所も兼ねた構造で能舞台なども備えたものでした。


勿論それ以前に天守閣に近い観測所兼司令所のような構造をもつ城は信貴山城(松永弾正が築城)などがありましたが本格的なものは安土城が始めてと思います。 その流れをくむ大阪城は居住用の役目もしましたが江戸時代になると居住用として使用される事はなくなりました。
その後は天守閣は居住用でなく、武器弾薬や食料の貯蔵庫として用いられるようになり、戦時の展望台兼司令所のような構造の堅固な作りで最後の守備所の役割を重視したものに移行しました。  この為天守閣内に井戸など給水の設備を備えている城が多いです。

景観上城の中心部に当たりますが普段は無人で守備兵が巡回するだけです。
領主や家族の居住は通常二の丸などに設けられるのが普通でした。
時代の流れで用途や構造も変化したのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!そういうことですか。
あれ、新たな疑問ができてしまった。
>領主や家族の居住は通常二の丸などに設けられるのが普通でした。
二の丸は居住用に設けられているのですか?本丸は何用??三の丸は???
※自分である程度調べて別途、質問したほうが良さそうですね。
ss79さんぐらい知識があると、お城の見方も変わるんでしょうね。私も勉強します。回答有難うございました。

お礼日時:2005/12/14 20:07

私も天守閣について興味がありましたので、以前このサイトで質問した事があります。



http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1381100

その中で回答がありましたように、戦争に備えて堅牢な物見所や指揮所、あるいは武器・食料の保存場所としての役目があったようです。

従って、普段、天守閣の内部で生活する事はなかったと思われます。  お読みになった書物に城主の部屋というような書き方があった、という事ですが、これは誤りでしょうね。

また戦争のための施設ですから、江戸時代に入ってから建設された城には、仙台城のように天守閣が存在しないのが普通のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同じ質問があったんですね。検索したつもりだったのですが...。
良い回答が沢山届いていますね。勉強になりました。
これも、同じ質問をしていたSea-Breezeさんが、私の質問を見つけてくれたおかげです。有難うございます。

お礼日時:2005/12/14 20:24

そうですね、「天守」は「殿主」とも書かれたりする様に、城主の居る場所でもありました。



しかし本来は「一番主要な建物」の事です。
普段我々が「お城」と言って思い浮かぶのはほぼ全て天守閣です。
物見やぐらとしての意味合い(領土を見渡せる)と城主の居住区としての意味合いの両方があります。
権威の象徴みたいなものですね。

戦国時代~江戸時代の間にも意味合いは変化して行きます。平和な世の中になるにつれ、城は要塞ではなく政庁になって行きましたから、天守閣はより象徴となって行き、同時に二の丸、三の丸を増築して居住の場ではなくなって行った訳です。
(エレベーターの無い時代にいちいち上り下がりしたくないでしょう?)

つまり初期に於いては城主の居住区も兼ねていたが、後期の頃にはすでに象徴と化していた、と言う事です。

城の範囲ですが、本来の要塞としての城は様々な形状がありますから一概には言えない部分があります。
分かりやすく言えば外堀まで、という事になるのですが、この内堀外堀がある構造も中期以降の話であって、いわゆる山城のような自然を利用した要塞の場合は線引きが難しい。
街中に作られた平城でも、城下町の外にさらに塀と堀をめぐらせたりしていると判断が難しくなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

外堀→内堀→物見やぐらや城主の居住する場すべてをひっくるめて’城’という事ですよね。
分かり易い回答、有難うございます。

お礼日時:2005/12/14 20:53

以前、大阪城内で働いておりました。


あくまで大阪城に関してのみ言わせて頂きます。
大阪城で天守閣といえば、

>領内の中で一番主要な建物と記されているところ
です。
つまり、よくTVで映ったりするあのグリーンの屋根のお城ですね。
なので、他のお城の天守閣も後者の方を指すのではと思います。

>できればお城についても、どこまでをお城と言って良いのか教えてください
これは分かりません・・・すいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに大阪城の入り口が’天守閣入り口’となっていますね。私は展望できるところが天守閣にあたると思っていました。
それから以前、大阪城へ行ったとき、場内の方に親切にして頂きました。回答を含めてお礼します。ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/14 19:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古い書物の保存について、教えてください。 自宅に家系図らしき古い書物があります。 原本では無いら

古い書物の保存について、教えてください。

自宅に家系図らしき古い書物があります。

原本では無いらしく、昭和30年代に書き写した物のようです。
ちょうどパンフレットみたいなで、20ページほどの本です。


そこで質問なのですが、これを新しくしたいとか考えておりました(あまりお金をかけないで)

どんな方法がありますでしょうか?

Aベストアンサー

ばらしてスキャン、電子保存とか。
面倒なら、そういうサービスを使う。

http://www.ostrich-scan.com/%E3%81%94%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%96%99%E9%87%91/

Q姥捨て山に捨てられた老婆の知恵によって救われた城主?の話

以下の話の出典元をご存知の方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

年老いた老母を姥捨て山に捨てに行ったものの、不憫で捨てられずに連れ帰り、
自宅で密かに生活させていた若者。
そんなある日何かやっかいなことが村で起こり、
何か妙案はないかと探していた城主?に、若者が老母の知恵を授ける。
その妙案で村は救われ、褒美をと申し出る城主に、
若者は「実は老母です」と告白する。すると城主は、
「そんな素晴らしい知恵を備えた老人を捨てるなどということは財産の損失である」
というようなことを言い、以後、老人を姥捨て山に捨てよというおふれを撤回した・・・

この話の出典元と正確なストーリーをご存知の方、
実際に何処かのHPなどに書かれているのをご存知の方が
いらっしゃいましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

正確な出典は不明ですが、『信濃の民話』です。(長野県で『姥捨山』と言えば、この話です。そういう地名もあります。)

『こころの会 信濃の民話 姥捨山』
http://www.kokoronokai.co.jp/life/life_02_05.html

参考URL:http://www.kokoronokai.co.jp/life/life_02_05.html

Q韓国語の書物

韓国で出版されている書物の購入を考えています。数年前、韓国のオンラインショップで2冊購入したんですが、国際入金の手数料がバカ高でした。本代と送料よりも高いんです。

そこで、アマゾンコムや紀伊国屋オンラインなどで検索したんですが、見つかりません。

ネットで購入できるサイトを教えて下さい。
実店舗なら兵庫県か大阪市でお願いいたします。

Aベストアンサー

ホームページを持っているお店でもオンライン決済などをできるお店は私もまだよく知りません。
大阪市ならば鶴橋にあるソウル書林をお勧めします。
ソウル書林 06-6772-0675
電話で問い合わせてみてください。たいていのものなら対応してくださいます。親切ですよ。通販もできます。

ネット注文ならば次の二つをお勧めします。
http://www.komabook.co.jp/komashorinmain.htm
一般書の扱いが多いです。
http://www.takahata-shoten.com/index2.html
人文の専門書に強いです。

値段はどこもそう変わりませんでした。

Q世の中を考えさせられる漫画または書物を教えて下さい

世の中、不思議と無意識にある異状の考え方を上手く文で表現している社会を考えさせられる漫画もしくは書物を教えて下さい。
または甘くない世の中で正直すぎるが故にモラトリアムに苦悩する人の自己啓発になるような本を教えて下さい。
どうかお願いします。

Aベストアンサー

つきなみですが、漫画では、

諸星大二郎氏の短編集
『不安の立像』『失楽園』『子どもの王国』
『天崩れ落ちる日』『彼方より』
『私家版鳥類図譜』『私家版魚類図譜』等々

星野之宣氏の短編集
『MIDWAY歴史編自選短編集』
『MIDWAY宇宙編編自選短編集』
『はるかなる朝』


書籍なら、

山崎豊子著『二つの祖国』

熊谷達也著『邂逅の森』

かわりどころで、

Paolo Mazzarino著『つっこみ力』

Q聖書ヨブ記か

次の言葉の出典を知りたくて調べたところ、1、2、3、4は「ヨブ記」だと分かりましたが、4、5、6は分かりませんでした。出典をお教えください。よろしくお願いします。
1、それ人の世に在るは、絶えざる戦闘に在るがごとくならずや。またその日々は、傭人との日々のごとくならずや。……
2、我臥せばすなわち言う、何時いつ我起きいでんかと。起きぬれば夕を待ちかねつ。夜まで苦しき思いに満てり。……
3、わが牀は我を慰め、休息はわが愁いを和らげんと、我思いおる時に、汝は夢をもて我を驚かし、異象をもて我を懼れしめたまう。……
4、何時まで汝我を容したまわざるや。息をする間だに与えたまわざるや。我罪を犯したるか。我汝に何をなしたるか、おお人を護らせたまう者よ。……
5、すべては同じきに帰す。神は善と悪とを共に苦しめたまう。……
6、よしや我彼が御手に殺さるるとも、我はなお、彼に希みをかけざるを得ざるなり。

Aベストアンサー

「文語訳旧約聖書」から引用します。

「5」に関係があると思われるのは,ヨブ記9章22節です。
 「皆同一なり 故に我は言ふ神は完全者と惡者とを等しく滅したまふと」

「6」は,ヨブ記13章15節ではないかと思われます。
 「彼われを殺すとも我は彼に依賴まん 唯われは吾道を彼の前に明かにせんとす」


 ヨブ記のいわんとするところは,まことに興味深いですよね。

以上です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報