オーストラリアに住む知人にアイスコーヒーの豆を贈ろうと思い、今日キャラバンというお店に買いに行ったのですが、店員に尋ねたところ、アイスコーヒー用(のに限る?)のコーヒー豆を海外へ送る場合は真空パックにしなければ、豆からガスが出て機内で破裂してしまう可能性がある。しかし、真空パックにしたらしたで、風味が薄れてしまうので難しいという話でした。
コーヒー豆については全く知識がなく、「コーヒー豆は海外に送れないのかぁ・・・」と驚いてしまいました。
が、よくよく考えてみると、じゃぁどうやって日本はコーヒー豆を輸入しているんだ?という不思議な気持ちになり、ネットで調べてみましたが、なかなか「コーヒー豆を海外へ発送する際の注意」みたいな事が書かれているサイトがありません。
それはつまり特に注意をする必要がないからではないか?とこれまた不思議な気がしました。また、逆に真空パックにした方が鮮度の持ちが良くなるという話をしているサイトもあり、正直わけが分からなくなりました。
アイスコーヒー豆を海外へ発送する事はやはり難しいのでしょうか?
他のプレゼントなども用意しており、クリスマスに間に合うよう、できれば併せて明日には発送したいと思っています。何卒よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どうやって日本へコーヒー豆を輸入しているのか?


は #2さんのおっしゃるとおり生豆の状態で麻袋
や樽にいれて輸入されています。
生豆の場合は焙煎した豆に比べて保存にシビアになる必要は
ないようです。
焙煎した豆を送ることはできることはできるでしょうが
品質の劣化はどれほど劣化するかわかりませんので
(贈り物とするのならば)あまりお勧めできないと思います。

なお、それならば生豆をオーストラリアへ郵送すると
お考えでしたらこれもおすすめしません。
おそらく検疫で輸入禁止品として処理される可能性が
高いと思います。

参考URL:http://www.daff.gov.au/corporate_docs/publicatio …
    • good
    • 0

コーヒー豆は基本的に鮮度が大事なので、海外輸送の時間や保管状況を考えると真空パックであっても厳しいのでは?現地で焙煎後の新鮮なコーヒー豆を購入されるのがベターではないでしょうか。

日本人向けに日本人が運営するカフェやコーヒーショップはどの国でも大体あります。中国では結構メジャーな珈琲坊さんとかが日本人向けに商売をされたりしていますし、オーストラリアでもきっとそういう本格的で日本人に優しい現地の店があるように思います。一度探してみてはいかがでしょうか??

参考URL:http://www.873.info/
    • good
    • 0

コーヒー豆は、基本的に乾燥した生の状態で取引され、輸入した国で焙煎します。

焙煎してしまうと、その時点から風味は落ち始めます。もしかして、焙煎したものを輸入していると思っていましたか。
私は神保町の倉木コーヒー商会で焙煎したてを挽いて貰いますが、おいしいですよ。

ですから、日本で焙煎したものを海外に送る行為自体が、余り意味がないことだと思いますね。

なお、乾燥状態の豆を海外に発送する場合、農産物ですから、多分、検疫や燻蒸等の手続がいるはずですね(一回すんでりゃいいのかは不明)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/05/28 14:53

 それは、海外でおいしいコーヒーが売っているのに、わざわざ日本からマズイコーヒーを送る必要が無いということですね(^^;



 あっちで買える物送ってもねぇ
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欧米ではアイスコーヒーは飲まないのですか?

アメリカではアイスコーヒーとかアイスティは喫茶店で売っているのですか?欧米ではアイスで飲む習慣はないのですね?
アイスのカフェオレとかはあるのでしょうか。

それならガムシロップもメジャーではないですか?売ってないですか?

ケーキはバタークリームが主ですか?生クリームケーキもあるのですよね。

教えてください。

Aベストアンサー

ピンクの袋の砂糖は「Sweet'n Low(スィート・エンド・ロウ)」のことですね。
アメリカのレストランやカフェに必ずと言って良いほどあります。
カロリーがゼロなんだそうです。
これはアイスコーヒーにもアイスティーにもサッと溶けます。

私もアメリカに着たばかりの頃、レストランで同席した方がアイスティーに躊躇なくこれを入れるのを見て驚きました。

砂糖(sugar)ではなく「sweetner」と呼ばれるようです。
砂糖とは別物なのだと思います。
少量で、甘みは砂糖の何倍もあります。

客が好みで使い分けられるように、いろいろな種類の砂糖やスィートナー(すべて紙の小さい袋に入っている)を合わせてテーブルに置いておくのがレストランでは一般的です。
人気のある Sweet'n Low に合わせて自然派思考の客のために「Natural Sugar」や「Brown Sugar」といった名前の付いた砂糖を置いてるのをよく見かけます。
でもどういった種類の砂糖でも、水で溶けるのが普通と考えられているようです。
日本の砂糖と何が違うのかはわかりません。

ガムシロップも探せばあるという感じです。
普通の砂糖が水で簡単に溶けるのだから、必要と思われないのでしょうね。

ピンクの袋の砂糖は「Sweet'n Low(スィート・エンド・ロウ)」のことですね。
アメリカのレストランやカフェに必ずと言って良いほどあります。
カロリーがゼロなんだそうです。
これはアイスコーヒーにもアイスティーにもサッと溶けます。

私もアメリカに着たばかりの頃、レストランで同席した方がアイスティーに躊躇なくこれを入れるのを見て驚きました。

砂糖(sugar)ではなく「sweetner」と呼ばれるようです。
砂糖とは別物なのだと思います。
少量で、甘みは砂糖の何倍もあります。

客が好み...続きを読む

Q【世界の夏休み】ヨーロッパの夏休みの平均は1ヶ月らしいです。よくよく考えると1ヶ月もみんな休んで

【世界の夏休み】ヨーロッパの夏休みの平均は1ヶ月らしいです。

よくよく考えると1ヶ月もみんな休んでいる間の経済や社会はどうなってるんですか?

どこ行っても休みですか?

それともこの休みは1流企業だけで、中小企業の社員は普通に働いてるとかそんなんですか?

全員休みだとどうやって休みの間、経済を回しているのでしょう?

スウェーデン 25-35日
スペイン 1ヶ月
イタリア 最低32日、最大42日
ドイツ 最低33日、最大37日
オーストリア 35日
フランス 35日
オーストラリア 1ヶ月半

アメリカの夏休みって何日ですか?

Aベストアンサー

そう。。だから、8月にフランスに行っても、お目当てのレストランは大抵休業中で、グルメも大きな目的のひとつの私には意味が無いんですよね。
休みは一斉に取るのではなく、順番にずらして取るから、企業は問題ないみたいですね。
しかも、フランスではこの長期休暇は法律で定められているんですよね。つまり取らないと、法律違反。
道理で、相対的に日本が経済大国になっているわけですね。
でもそんなに休んだら、休みボケになりそうですね。

Q海外発送の仕方

オーストラリアの友人に
初めて誕生日プレゼントを贈りたいと思っています

サングラスを送ります
初めてなのでなにもわからないのですが
サングラスの包装方法と
オーストラリアへの発送方法を
詳しく教えてください

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは

サングラスはケースに入ってますか?
簡単な包装ですと壊れる可能性が高いです。
ケースに入っていても袋でなく、箱に入れ梱包資材を入れた方が
いいと思います。

下記のサイトに詳しく載ってますので、ご参照ください。
オーストラリアだったらサングラス喜んでもらえますよ。


http://www.post.japanpost.jp/int/service/index.html

Q海外への発送

アメリカへビデオテープを1本だけ送りたいのですが、この場合は普通に封筒に入れて、住所を書くだけで大丈夫なのでしょうか?ダンボールでできている封筒に入れて送ろうかな・・と思っているのですが、ビデオテープくらいなら大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

以前送った時は、プチプチに包んで袋(洋服買ったときの袋)に入れて送りました。大丈夫でした。
クッション無しの封筒は大丈夫か分かりませんが。
ダンボールに入れなくても大丈夫だと思いますよ。
「fragile」(壊れ物)と大きく書いておけば安心だと思います。

Q海外に荷物を発送したい。

海外に荷物を発送したく思っております。
で、一番簡単な方法はなんでしょうか?
お分かりの方教えてください。

事務が楽な事が優先です。
多少の出費は仕方ないと考えています。
あと、確実に届けてくれる事も優先順位高です。

Aベストアンサー

全国的に簡単に出せるとして思いつくのは、郵便局のEMSかヤマト運輸の国際宅急便ですかね。
http://www.ems-post.jp/
http://www.kuronekoyamato.co.jp/services/kaigai.html

郵便局はその他の便(船便やSAL便)も扱っていますが、EMSの方が確実感がありますし、実際に船便で紛失事故などがありましたので、それ以来EMSなどを利用してますよ。今のところEMSだと事故はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報