はやし立てるときに使う
ヒュー、ヒューはどこの文化の言葉ですか?
どこからどのような経緯で日本に伝わってきたのか詳しく教えてください。

A 回答 (3件)

口笛がどこで生まれどのように伝来したかは分からないと思います。

口笛はおそらくどの民族でもコミュニケーションの補助手段として持っていたはずです。或いは神との交信、或いは悪魔を避けるために吹いていたかも知れません。私は子供のころ夜に口笛を吹くものではないとよく叱られました。外国では人を口笛で呼ぶことに抵抗感を持たない人々がいますが、日本人は嫌う人が多いと思います。

スペイン領カナリア諸島のある民族は口笛語を持っていたことが知られています。現在ではごく一部の人がその技法を受け継いでいるそうです。山間部で遠くの人と口笛で連絡を取り合うことが出来たそうです(たとえば外国人が3人やってきたという風に)

スペインや中南米では人をはやし立てたり、侮辱したり、女性の気を引いたり、いろいろな場面で口笛を吹き、民俗音楽にも一部取り入れられています。異民族の交流が激しい地域では、ある習慣がどこで生まれたかを探るのは至難の技です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
口笛語というのは勉強になりました。

お礼日時:2001/12/14 01:09

ヒュー、ヒューというのは【指笛】の擬態語だと思いますが冷やかしではなくて「催促を促す意味」を持っています。




指笛自体は古いもので昔から合図などとして世界的に使われていたと思いますが、身近な現象としては日本でも戦前から


芸能関係者の間には「ヒュッ、ヒュ~」はあったと思いますが特に戦後、進駐軍が持ち込んでから一般化したものかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/14 01:09

どこの文化かは分かりませんが、口笛で冷やかす時の音を口語化したものだと思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qphilips hueについてご存知の方、ランプはいくつまで接続可能なのか、教えていただけないでしょ

philips hueについてご存知の方、ランプはいくつまで接続可能なのか、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

下記URLが参考になるかと。

http://www.apple.com/shop/question/answers/readonly/how-many-bulbs-can-be-paired-with-one-bridge/QX7DK2CFTX474KCDX

Qませてる という言葉って、プラスな言葉なのですか?マイナスな言葉なのですか? よく、小学生などに

ませてる
という言葉って、プラスな言葉なのですか?マイナスな言葉なのですか?

よく、小学生などに、
「君はませてるね」
とかで使われるけど、

マセガキだね

とかも。良い言葉なのか悪い言葉なのかわかりません

Aベストアンサー

マイナスな言葉ではないですか。

「ちょっとしたからかい」みたいにも使われます。
たとえば母親が「も~ウチの娘最近ませちゃって~。昔はボケ~っとしてたのに~w」みたいな。

でも総合的には?マイナス側の言葉です。

Q計算結果がものすごく多いんですが。。。

今、画像処理のプログラムを作成中です。
それで、このような計算式がありまして、
Hue = (b-g) * (pai/3)
Hueの計算結果がたくさんあって、数にして311,040個。
(Hueの単位は度で、0°~360°までです。)
それで、その結果を配列にいれたいんです。
どうやって配列を作ればいいのか分かりません。
どなたか分かる方、詳しく教えて下さい!!

Aベストアンサー

>大いに疑問です。
大丈夫みたいですよ。

Option Explicit
Option Base 0

Private Sub Command1_Click()
Dim x(311040) As Double
Dim idx As Long

For idx = 0 To 311040
x(idx) = idx + 1
Next idx

Debug.Print x(0) + x(311040)
MsgBox x(0) + x(311040)
End Sub

Debug.Print と MsgBox は、デバッグ環境、exeにコンパイルしたもの、両方で確認したという意味です。
#ちなみに、最適化もなかなかのもんです。

>Basicの配列のメモリーへの実装方法
 詳しく知らないのですが、VBの変数はすべて格納領域へのポインタのようです。Variant型なんてのは、相当複雑なことをやっているようです。
 インテル系CPUは、80386(だったか)あたりから、ディスクリプタテーブルを採用しているので、大容量のメモリ領域を擬似的に連続領域のように扱えるコンパイラを作成できます。恐らくVBもそうなのでしょう。

>隔世の感あり。
 たしかに、おっしゃるとおりです。
DISK-BAISCのランダムアクセスファイルで8インチFDにPUT,GETしたり、2kBの中にBASICインタプリタを詰め込んでいたTINY-BASICのころは、まるで石器時代の幻ようです。

>メモリーがふんだんに使えるようになると
 先日もショップで高校生が「ハードディスクは、30GBじゃたりない」と話していて、ハリ倒してやろうかと思いました。

若者がベテランに「Cの構造体って、C++のクラスみたいなもんですか?」と質問したっていう笑えないジョークもあるくらいで・・・

#かくいう私は、すでに老兵です。

>大いに疑問です。
大丈夫みたいですよ。

Option Explicit
Option Base 0

Private Sub Command1_Click()
Dim x(311040) As Double
Dim idx As Long

For idx = 0 To 311040
x(idx) = idx + 1
Next idx

Debug.Print x(0) + x(311040)
MsgBox x(0) + x(311040)
End Sub

Debug.Print と MsgBox は、デバッグ環境、exeにコンパイルしたもの、両方で確認したという意味です。
#ちなみに、最適化もなかなかのもんです。

>Basicの配列のメモ...続きを読む

Qオタク文化て本当に世界に誇れるんでしょうか?最近、どうもオタク文化に懐

オタク文化て本当に世界に誇れるんでしょうか?最近、どうもオタク文化に懐疑的なんです。

そう思ったのは、一昔前から現在にかけて多くのマンガ、アニメ、ゲームのキャラが、いかにも、「どうぞ、男性向けのエロ同人や女性向けのBL同人のネタにしてください」といわんばかりで、その上、版権側のほとんどは、未だに黙認状態にしているし、私には、嘗められてるように思えてきます。

さらにネットでは、そのような内容の同人作品が海外にも流出しているらしく、情けなく感じます。

いくら流行のアニメや漫画、ゲームが賑わってても、国内・海外のオタクイベントでのコスプレ写真など、明るく賑やかに見える記事を見ても、嫌でも疑心暗鬼になります。

私以外の人でも、同じような思いをしてる人ていますか?

Aベストアンサー

>オタク文化て本当に世界に誇れるんでしょうか?最近、どうもオタク文化に懐疑的なんです。

質問文から、いわゆる 同人文化(2次創作) のみについての質問と解釈します。

私自身は、只の趣味の一ジャンルであり、誇るとか卑下するとかという感覚とは、無縁のものだと思っています。
そもそも日本全体で考えても、誇っていませんし、今後もそうでしょう。
元々オタク文化は日本国内だけのもので、作る方も買う方も、海外進出とか考えていませんでした。
自分たちが楽しむ為にやっていたもので、彼等自身「文化」という認識もなく、「誇れる」などとも思ってはいませんでした。
しかし文化というものの意味を考えれば、公権力の支援もなく、好きなものを楽しむことで、いつの間にかここまでなったわけで、むしろ理想的な発展形態といえるかもしれません。
海外への流出は、日本に来てオタク化した外国人が、母国に持ち込んだ結果のもので、日本としては、何の操作も工作活動もしていないので、責任はありません。


>私には、嘗められてるように思えてきます。

違うと思います。
オリジナル側が、トータルで話題・知名度等で、利益に貢献するから、容認しているだけのことです。
質の高い2次創作は、オリジナルにも良い影響を与えもします。
このような共存関係は日本だけです。外国には、利益を目的としない同人文化自体が存在しなかったので、パクリ商品への規制のみ重視された為、外国マンガの2次創作は存在しません。


嘗められているのは、むしろそれ以外の一般ユーザーだと思います。

>、「どうぞ、男性向けのエロ同人や女性向けのBL同人のネタにしてください」といわんばかりで、

この部分は、全面的ではありませんが同意します。
これはオリジナルを提供する側が、安易に、売れるパターンさえ抑えておけば、結果として「質」をないがしろにしても、消費者は付いてくると思っている、ということになります。
需要に応えることは必要ですが、本来オリジナルの提供側は、客の想像力を超えた創作物を提供し、それで収益を得ることを目的とし、それはプライドにも関わっていたはずです。
創造性・オリジナリティ、それらを捨てたらクリエイターは職人以下です。
(職人を軽蔑しているのではありません。職人はまず注文に応えるのを優先にしますから)
↑の事を続ければ、負の連鎖で質が落ち続け、市場は2次創作のネタにもならない、クズばかりとなり
文化として衰退・消滅していく怖れがあります。
一方で、この混沌が新しい「何か」の母体となり続けているのも確かです。
どちらにしても、受け手の質が大きく影響すると思いますが。

>オタク文化て本当に世界に誇れるんでしょうか?最近、どうもオタク文化に懐疑的なんです。

質問文から、いわゆる 同人文化(2次創作) のみについての質問と解釈します。

私自身は、只の趣味の一ジャンルであり、誇るとか卑下するとかという感覚とは、無縁のものだと思っています。
そもそも日本全体で考えても、誇っていませんし、今後もそうでしょう。
元々オタク文化は日本国内だけのもので、作る方も買う方も、海外進出とか考えていませんでした。
自分たちが楽しむ為にやっていたもので、彼等自身「文...続きを読む

Q以下の文の意味はわかるのですが、主語はonceでしょうか。

以下の文の意味はわかるのですが、主語はonceでしょうか。
Once has to be trained for years to become a proper bullfighter.
Hue Lofting The Voyages of Doctor Dolittle Signet Classic 2000 p.126 l.16

Aベストアンサー

意味を考えてみると,One ~だな,とわかりましたが,念のため検索してみると,The Voyages of Doctor Dolittle が Google のブック検索にひっかかりました。
すると,やはり One ~で間違いなく,直前の文が
You would be killed at once.
だということがわかりました。

once と one という点に加え,直前の文が once で終わっていることも誤植の原因だと思われます。

Q『パリピ』て最近の言葉ですか? 周りの友達はよく『パリピ』という言葉をつかっていて、私はこの言葉を聞

『パリピ』て最近の言葉ですか?
周りの友達はよく『パリピ』という言葉をつかっていて、私はこの言葉を聞く度にえ、時代遅れじゃないの?と思ってしまいます。
こんなことを思う私が時代遅れなのでしょうか?

Aベストアンサー

パーティーピープルの略としての「パリピ」は2015年ギャル流行語大賞になった言葉です。
https://nanapi.com/ja/124599

いまでも若い人たちで好んで使う人がいますから、その人たちにとっては決して時代遅れの言葉ではないのでしょう。
無理して使う必要はありませんが、使っている人たちがそれで意思疎通ができているならそれはそれでいいと考えてあげましょう。

Q「MapReduce処理」の仕組みは?

CookPad開発者のブログ(
http://techlife.cookpad.com/2009/09/16/cookpad-hadoop-introduction/)に”MapReduce”という用語が登場していますが、Wikipediaでの解説を閲覧しましても内容を理解し難かったものですから、MapReduceの意味を入門者向けに説明しているページが有れば紹介して頂けますでしょうか?

もし無ければ、その意味の説明でも構いませんから、宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

純粋に仕組みだけを考えると、理解が難しいので
Map&Reduceの利用例/応用例を考えるのが良いでしょう。

利用する側にとって、Map&ReduceのキモはReduce処理です。
Reduceは、Map&Reduce処理の目的/結果として、どのようなデータが欲しいのか?
大方針を決める部分です。

例1:月別売上金額【Reduce処理】
 年月,売上金額
でデータを集計(Reduce)したい。

例2;アクセスカウンター【Reduce処理】
 URL,アクセス回数
でデータを集計(Reduce)したい。

Reduce処理の具体的な内容は、「単純化されたデータを集計する」です。

次に、
Map処理は膨大な量のデータから、不要部分を切り取って、
結果の集計(Reduce処理)に必要なデータだけを取出す部分です。

例1:月別売上金額【Map処理】
 POSレジのデータ(伝票番号,年月日,年齢区分,品名,売上金額)の各行から、
 Reduceの集計に必要な情報(年月日⇒年月に変換、売上金額)を取り出す。

例2:アクセスカウンター【Map処理】
 アクセスログ(年月日時間,アクセス元IP,サーバ名,URL,HTTPメソッド,HTTPレスポンスコード,転送バイト数,....)の各行から、
 Reduceの集計に必要な情報(URL,アクセス回数=1)を取り出す。
 「アクセス回数=1」とするのは、アクセスログ1行がアクセス回数1回に対応するため。

Map処理の具体的な内容は、「膨大/複雑なデータを、Reduceに必要な単純化されたデータに加工する」です。


まとめると、例1、2のMap&Reduce処理はこうなります。

例1:月別売上金額【Map&Reduce処理】
 POSレジのデータ各行からMap処理で、
  年月、売上金額
 を取り出す。
 Reduce処理で、年月毎に売上金額を集計する。

例2:アクセスカウンター【Map&Reduce処理】
 アクセスログの各行からMap処理で、
  URL,アクセス回数=1
 を取り出す。
 Reduce処理で、URL別にアクセス回数を集計する。

純粋に仕組みだけを考えると、理解が難しいので
Map&Reduceの利用例/応用例を考えるのが良いでしょう。

利用する側にとって、Map&ReduceのキモはReduce処理です。
Reduceは、Map&Reduce処理の目的/結果として、どのようなデータが欲しいのか?
大方針を決める部分です。

例1:月別売上金額【Reduce処理】
 年月,売上金額
でデータを集計(Reduce)したい。

例2;アクセスカウンター【Reduce処理】
 URL,アクセス回数
でデータを集計(Reduce)したい。

Reduce処理の具体的な内容は、「単純化されたデータ...続きを読む

Q守るべき日本の文化とは?

日本の文化を守ると言っても、
歌舞伎や茶道や日本料理を守れと言う人がいる一方で、
現代では、万葉仮名やちょんまげや土偶や埴輪を守れと言う人はいないわけですが、
日本の文化を守れと言う人はどのような基準で
守るべき文化と守らなくていい文化を選別しているのでしょうか?

Aベストアンサー

一つ目は、
「世界(主に欧米ですが)の流れに合う」かが基準だと思います。例えば、「男尊女卑」などは「人権擁護」という世界の流れに反するので守らなくてもいいというより、捨てる去る方がいいのではないでしょうか。

二つ目には、
「利便性」。万葉仮名やちょんまげや土偶や埴輪といったものは、現代の生活に不必要であり、不便なので、自然になくなります。画数の多い漢字なども同様の理由で淘汰されていますよね。現実の生活から消えても、過去にそのような文化があったという事実は、残さなければならないので、古い文化の一端として博物館等に展示されています。

三つ目には、
「独自性」。各国との文化交流が頻繁に行われ、影響を受け合うことが繰り返されると、皆似たような国、都市になる恐れがあります。ですから、日本独自のもの、他国から原型は輸入されたが日本が手を加え自国の文化となったものは非常に貴重だと思います。ゆえに、歌舞伎や茶道や日本料理は大切にされるのではないでしょうか。

あくまでの「一般人」の勘ですが。ご参考までに。

「日本の文化を守れという人たち」にも、「芸術的」「商業的」「政治的」それぞれの立場から声が上がっているので、基準はバラバラだと思います。

一つ目は、
「世界(主に欧米ですが)の流れに合う」かが基準だと思います。例えば、「男尊女卑」などは「人権擁護」という世界の流れに反するので守らなくてもいいというより、捨てる去る方がいいのではないでしょうか。

二つ目には、
「利便性」。万葉仮名やちょんまげや土偶や埴輪といったものは、現代の生活に不必要であり、不便なので、自然になくなります。画数の多い漢字なども同様の理由で淘汰されていますよね。現実の生活から消えても、過去にそのような文化があったという事実は、残さなければな...続きを読む

Q中間色と彩度

中間色=Hueと彩度とはどう違うのでしょうか?

中間色とは純色に灰色を加えた色と理解していますが、彩度を落とすこととどう違うのかが理解できません・・・。

Aベストアンサー

中間色とは純色に灰色を混ぜた・・・で考え方はあっていると思います。
しかし、色味の載った状態にも明るさ(灰色度合い)があります。

三角形でイメージするとわかりやすいです。

まず、上から下に向けて線があり、右側に頂点を持つ三角形をイメージしてください。
上から下の直線は、グレーグラデーションです。
上が白で、下が黒です。色味はまったくありません。いわゆる明度ですね。

次に右の頂点が純色です。彩度が最高の状態です。

右側の頂点にある純色に、左のグレーグラデーションを少しずつ混ぜていくと、色がにごっていきます。
これが、彩度を落した色の状態です。

三角形の上の辺は、白を混ぜていくことになります。
この中間あたり(純色と白が同じぐらい混ざった状態)がいわゆるパステルカラーです。
色味は載っているが明るく、でも少しにごった色です。

何か、彩度と、明度と色のグラデーションがわかりやすい、いい絵(三角のグラデーションマップ)がネットに転がっていないか探してみたのですが、見つかりませんでした。

こんな、説明で申し訳ありません。

わかってもらえるとありがたいが・・・

中間色とは純色に灰色を混ぜた・・・で考え方はあっていると思います。
しかし、色味の載った状態にも明るさ(灰色度合い)があります。

三角形でイメージするとわかりやすいです。

まず、上から下に向けて線があり、右側に頂点を持つ三角形をイメージしてください。
上から下の直線は、グレーグラデーションです。
上が白で、下が黒です。色味はまったくありません。いわゆる明度ですね。

次に右の頂点が純色です。彩度が最高の状態です。

右側の頂点にある純色に、左のグレーグラデーションを少しずつ混ぜて...続きを読む

Q海外で人気の日本の文化を調べたい

世界各国で人気のある日本文化を調べたいのですが、おすすめのサイト等はありますでしょうか?
映画、ゲーム、アニメ、格闘技等なんでもです。

Aベストアンサー

Facebookで展開されている「Tokyo Otaku Mode」は、かなり盛り上がっています。主に、キャラクターの紹介等が中心ですが、いいね数が簡単ではありますが興味の指標にしたりすることはできます。

参考URL:https://www.facebook.com/tokyootakumode


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報