電気工事で通信線に使われる「TZ-AEケーブル」とは、どのようなケーブルなのでしょうか。積算資料、積算物価にはAE線は載っていますが「TZ-AEケーブル」はありません。価格を知りたいのですがご存じの方、教えてください。

A 回答 (1件)

はじめまして!通信設計屋です。


たぶんPG・TZ-AEケーブルのことだと思うのですが・・・
ペアシールドケーブルですよ。
他のケーブル会社さんが作ってるかは、知りませんが、
インターワイヤード株式会社 さん(旧、斉藤コード)さんで作ってます。
価格は・・・
以前、電話したときは、見積となります。と言われちゃいました。

参考URL:http://www.interwired.co.jp/electricwire/product …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2001/12/18 15:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資料の<1-1-1>などの付け方を教えてください。

会議などの冊子に資料を添付し、本文のところに<表1-1-1>のような
表記をしなくてはいけないのですが、その付け方のルールがイマイチ
わかりません。大学時代に卒業論文を書きましたが、あまり厳しくなかった
こともあり、<1-1-1>といっても最初のと真ん中最後の1の意味することすら
さっぱりわかりません。その解説や付け方のルールなど教えてください。
できれば、その付け方がわかるサイトも教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

特にルールはありません。
資料のボリュームによって付け方を変えれば良いと思います。
一般の資料(報告書などの文書)では、「第1部」「第1章」「第1節」・・・のように段落ちしていくのが普通ですね。
この場合に、3桁の資料番号とする場合は「節」を無視することになり、<表1-1-?>のようになります。2桁で示せば「章」「節」を無視して<表1-?>のようになります。

いずれにしろ、本文中の「表1-1-? 参照」などの記載と対になっていれば問題ありませんが、添付資料数が多い場合には、3桁程度の表記としたほうが、資料の挿入、削除の時に番号の付け替え手間が省けます。

Q漸近線の方程式がy=2x+5,y=-2x-3で、点(-1,1)を通る双曲線の方程式を求めよ。 という

漸近線の方程式がy=2x+5,y=-2x-3で、点(-1,1)を通る双曲線の方程式を求めよ。
という問題で、下線部がなぜこうなるのかを教えてください。

Aベストアンサー

双曲線は
・基本式 x²/a² - y²/b² = 1
・頂点:(±a, 0)
・焦点:(±√(a²+b²), 0)
・漸近線:y=±(b/a)x

「漸近線の方程式がy=2x+5,y=-2x-3で、点(-1,1)を通る双曲線の方程式を求めよ」が問題なのだから、

漸近線をx方向に2、y方向に-1ずらして基本形の漸近線、通る点を一旦ずらしている。
そうして基本式を求めて、それをx方向に-2、y方向に1ずらせば元の問いの答えとなる。

元の漸近線の方程式y=2x+5,y=-2x-3をx方向に2、y方向に-1ずらすと
(y+1)=2(x-2)+5 ⇒ y=2x
(y+1)=-2(x-2)-3⇒ y=-2x

になるでしょう?

Qy=-4cosθ-2√2sin(θ-π/4) -4cosθ-2√2(1/√2sinθ-1/√

y=-4cosθ-2√2sin(θ-π/4)
-4cosθ-2√2(1/√2sinθ-1/√2cosθ)

についての質問です。
なぜ、-1/√2cosθになるのでしょうか?
1√2cosθでは計算があいません。質問内容が分かりにくいと思いますが、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加法定理より、sin(Π/4)=cos(Π/4)=1/√2、sin(θ-Π/4)=sinθcos(Π/4)-cosθsin(Π/4)=sinθ/√2-cosθ/√2となります。

Q一次資料と二次資料

図書館における一次資料と二次資料のついて、
一次資料・・・一般的な書籍・論文
二次資料・・・書誌、索引、抄録、文献目録など一次資料を得るために必要な資料
と、概要だけは分かったのですが具体的な例がどうにも浮かびません。
この二種類の資料について分かりやすい具体的例を教えてください。

Aベストアンサー

「分かりやすい具体的例」とのことですが,たとえばこんな例で分かりますか?

書誌・文献目録の例:『星の本の本』(地人書館)
索引:『雑誌記事索引』(国立国会図書館)
抄録:『科学技術文献速報』(JST=科学技術振興機構)

これでももしピンと来ないとすれば,今までそういった2次資料を目にしたことがないからだろうと思います。
まずは,図書館のレファレンス資料コーナーに行って,これらに該当する実物を実際に手にとってパラパラとめくってみてください。分からなかったら司書さんに聞いてください。
大学図書館ならどれも必ずあるはずですし,公共図書館でもそれなりに大きいところ(市立の中央館クラス以上)ならあると思います。
雑誌記事索引は,95年以降はオンライン版やCD-ROM版になってしまっていますが,2次資料だなあということを実感するのであれば,冊子体を見た方がいいと思います。

なお,索引というのは本のおしまいに付いている索引ではなく,「いろいろな本の内容を探すための本」です。
(まあ,巻末索引も「その本の内容を探すための道具」ですので,索引には違いありませんが,「2次資料」としての索引は,他の「1次資料」を探す道具ということになります。)

「分かりやすい具体的例」とのことですが,たとえばこんな例で分かりますか?

書誌・文献目録の例:『星の本の本』(地人書館)
索引:『雑誌記事索引』(国立国会図書館)
抄録:『科学技術文献速報』(JST=科学技術振興機構)

これでももしピンと来ないとすれば,今までそういった2次資料を目にしたことがないからだろうと思います。
まずは,図書館のレファレンス資料コーナーに行って,これらに該当する実物を実際に手にとってパラパラとめくってみてください。分からなかったら司書さんに聞いてく...続きを読む

Q漢検6級の熟語構成の問題を探していますGoogleに載っているもので、載っていたら紹介してくださいm

漢検6級の熟語構成の問題を探していますGoogleに載っているもので、載っていたら紹介してくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

http://kankenmondai.com/6kyu/kousei-01.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報