人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

英語の発音記号について質問です。

ひとつは発音記号というものが英語に限らず
英語やその他の言語の学習に使われるような
標準的なものなのかどうかということです。
そもそもどの標準化組織が作ったのかが全くわかりません。
音符のように世界共通のものなのでしょうか?

もうひとつは発音記号のフォントです。
辞書ソフトには発音記号がついていますが
コピペすると文字化けしていまいます。
自分で入力したい場合にはどのようにすればよいのでしょうか?
現在、WindowsXP pro sp2でIME2003なのですが、
”きごう”で変換候補を出しても発音記号のようなものは
見当たりません。他の変換方法で出てくるのでしょうか?
それとも発音記号フォントをインストールする必要があるのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 ○言語学習のための発音記号にはいろいろなものがあります。

標準的な記法があるかというと、ないというほうが正確でしょうね。
 ですからあの「英語辞書の音声記号」は世界共通とまではいえないですね。

 □IPAは国際「音声記号」です。音声学のために定めているものですから、音声学的に区別すべき個別の音声の特徴を記述するために使います。

 一方言語教育のほうの「発音記号」は、標準的発音や音韻を簡便に示す目的ですので、このふたつは「似た記号同士」ですが性格が違うものです。

 ◆しかし国際音声記号(国音声字母)用のフォントに「発音記号」で使う記号も含まれますので実用的にはIPAを含んだフォントがあればだいたいは足りるでしょう。

MS明朝に含まれるようですし、Lucida Sans Unicodeなども下記からダウンロードできます。

参考URL:http://www.tooyoo.l.u-tokyo.ac.jp/~kmatsum/resou …
    • good
    • 0

>No3(=6)さん


>再現性の保証
なるほど、確かにそれは考えていませんでした。
再現できなくてよいならカナでも表記できますからね。
本を読む限りは全ての音を再現性を持って表記出来るように思いますが実際聞いても耳が付いていきません。ネイティブに確かめてもらう機会もありませんし。
ちなみに私も専門家ではありませんが、合唱部で外国の曲を歌う関係で10言語くらいのIPA表記を見てきて、本で読んだ知識を元に実際に発音もしてみました。実際にその音声を聞くのは曲の中なのであまり正確ではないかもしれませんが。(そもそも参考にした曲を歌っているのがネイティブである保証は無い)

No7さんの言葉を聞いて分かったのですが、「音声記号」と「発音記号」を混同している方が多いように感じます。私の疑問もそこにあって、No3さんも「同じrでも違いがある」ということをおっしゃっているように感じたのでこれを勘違いされているのではと思った次第です。
普通、発音記号ではR字のために「r」以外の記号はあまり使いませんが(1つの言語を表すにはそれで十分)、IPAにはrだけでも7つの記号(※)がありますし、No8さんの言うような言語間での少しの違いを表すために補助記号も多数用意されているので、「音声学上区別すべき発音」とやらは全て区別できるようになっていると感じました。(No4での発言はこの意味で)
もっとも「規格や基準をだされると疑いもせずすぐにひれ伏し」ている面があるのかもしれません。「rが7つもある~!すっげ~!!」などと。

※見た目がr,R由来の文字は以下の7つ。
r
左上の出っ張りが無いr
逆さr
尻尾つきr
尻尾つき逆さr
R
逆さR
詳しくはURLを。wikipediaのIPAの項です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B% …
    • good
    • 0

最初の質問だけにお答えします。



発音記号ですが、ほぼ標準化されてはいますが、同じ発音記号でも言語によって微妙に違います。
例えば eをひっくり返した記号がありますよね。英語だと 曖昧な「ア」に聞こえますが、フランス語だと「ウ」に近くなります。それから‘l'も英語とフランス語では少し違います。それと、rの音ですが、これは言語、いや同じ言語でも地域によって発音がかなり違うんですが、IPAでも表記が統一されていません。
    • good
    • 0

#4さん、どうもです。

指摘されたので、誤解がないように補足だけさせてください。
(単なる指摘批判は、規約違反ですが、わたしも4さんのをそうは捕らえていませんし、その意味ではありません)

わからないと書いていただいたので、わたしのポイントをあげると、繰り返になりますが

>IPAはあくまでも標準化の基準ではあるものの、再現性の保障まではしていないのではないか

の部分です。
ですので、質問者様の

|ひとつは発音記号というものが英語に限らず
|英語やその他の言語の学習に使われるような
|標準的なものなのかどうか

わたしの回答は「標準化の基準はあるが、実際には使われ方はその土地によって同じではない」の部分になります。最後の (|標準的なものなのかどうか) に対する回答です。


IPAを上げる方の多くは、4さんのように

>>人間の口から発せられた音で表記出来ないものはまずありません。

的な断定的とも確固たる自信とも見える書き方をします。
が、自ら複数外国語(3~5でも十分かと思いますが)でその再現性の高さ(第三者が発音してみて)を見聞きした、あるいは確認・実証した的な発言まではない、のがとても疑問です(繰り返しますがわたしは専門家ではなく、一般人の視点での疑問です)。

ないにもかかわらず、ないものはないというのは、一般的な他発言も含めIPAを例としてあげられても、説得力がありませんでしたし、逆に規格や基準をだされると疑いもせずすぐにひれ伏し従いがちな日本人は、すぐに実例や認証例もないのに「そういうもんか」と思ってしまうでしょう。

IPAは再現性の保障や認証をしているのか(実際にそれを使うかどうかは別問題としても使った場合)、専門家にコメントがほしいなといつも思います。
そういう願いもこめた、回答でした。
    • good
    • 0

No4です。

フォントについて書き忘れました。
MS P明朝で大抵の発音記号は出ます。(正確に言うと出ない記号は他のフォントから自動で当てはめる)
あるいはLucida Sans Unicodeというフォントが恐らくwindows標準装備で、大抵のUnicode文字に対応しています。
入力方法は、wordをお持ちでしたら挿入→特殊記号から入れるのが一番手軽。
他の方法は文字コード表(アクセサリの中、またはファイル名を選んで実行からcharmap)から選ぶか、頻繁に使うなら辞書登録。コピペ用に特殊文字の羅列のファイルを作っておくのも効果的です。
さらに頻繁に使うなら
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1279807
のNo3を参照。シェアウェアと書いてありますがフリーの機能限定版で十分です。

文字化けについては、発音記号を扱うソフトの多くが独自フォントを使ってアルファベットの大文字部分などに発音記号を詰め込んでいるからです。
例えばVがΛ、Sが∫というように当てはめられたフォントが使われていたとすると、
∫Λt
と表示してあるものをコピぺすると
SVt
となってしまうわけです。
後から置換すれば何とかなるかもしれません。
    • good
    • 0

発音記号にも色々ありますがIPA(International Phonetic Alphabet)について言えばinternationalの名の通り世界共通です。

組織の名前はIPA(International Phonetic Association)です。
英語だろうが中国語だろうがIPAを使えばおよそ人間の口から発せられた音で表記出来ないものはまずありません。
No3さんの言っていることはよく分かりませんが少なくともIPAには日本語のr音と中国語のr音に対して別の字がありますし、(高低)アクセントも表記できるので四声についても問題ありません。
ただNo3さんもおっしゃっているように、それを使うかどうかは別問題。通常の活字で表示できないIPAは明らかにピンインより使い勝手が悪いですし、日本語で漢字の読みを示そうと思ったらIPAなど使わずともかな表記が可能です。
英語についても、辞書にある発音記号はIPAとはかなり異なります。rや逆e(曖昧母音)を斜体にしたり逆eに鉤をつけるのは正式なIPAではありません。強勢(いわゆるアクセント)に「´」「`」を使うのも英語辞書独自の方式です。
そもそもアメリカで出版される辞書の多くはIPAは使わず
that→dhaet
book→buuk
などの方法で書き表しています。
    • good
    • 1

>ひとつは発音記号というものが英語に限らず


>英語やその他の言語の学習に使われるような
>標準的なものなのかどうか

わたしは専門化ではないのですが、英語圏および中国生活も含めてみると、
「標準化の基準はあるが、実際には使われ方はその土地によって同じではない」
と捉えます。

下記リンクは、過去に中国語の発音でピンインに関する質問に対し、IPAの正確さを指摘する回答になぜか高得点をつけてしまっていますが、実際にはIPAの万国音標文字という標準はさだめられたものの(これは正しい)、それで世界の発音を標準化もしくは再現できるかというとできません。
できるのであれば、発音記号をマスターしてそれを読めれば相手にもっとつたわるはずですが、中国語ではそれだけではとても足りない気がします。

中国語のriは、日本語のriであらわされる発音記号の音とはかなり異なりますし、中国語の場合意識的にまきながらi(イ)を絶妙に含ませないと、音が命の中国人にはつたわらないことがあります。
また中国語はri1  ̄ ri2/ ri3_ ri4\など4声といいますが、音の出だしと消えるまでの高さを変えると意味がまったく異なるなど、とても奥深い発音です。

また日本のシに似た音で、si xiなどで始まる音がありますが、ではIPAのXはどうなのか、でもXは中国語にはつかわれないなど、一概に言えないと思います。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=259464

IPAはあくまでも標準化の基準ではあるものの、再現性の保障まではしていないのではないでしょうか。
つまりIPA側ではスケール(基準)を世界にむけて発信しただけで、あとはこれにそって各国ご自由に使ってくださいとしただけで、世界からの発音記号を検証して認証までした認定制度ではないと思います。


それからこちらは専門ですが、お使いのソフトがもっているフォントがそのソフト専用なのか、あるいはWindowsにももっていけるのかなどで異なります。

差し支えなければ、お使いの辞書ソフトの名前、フォントの名前、あとWindows側で使いたいソフト(Wordなど)を記して、Windowsかソフトウェアのカテゴリで質問されなおすと、詳しい人がレスをつけてくれると思います。
    • good
    • 0

通常使われている発音記号は IPA(International Phonetic Alphabet)とよばれ、The International Phonetic Association という組織が作った世界共通のものです。



別の言語の辞書にも英語辞書と同じ発音記号が使われていますが、英語に無い発音がその言語にある場合は、当然のことながら、英語学習の際にお目にかからなかった発音記号が使われることになります。たしか、日本語の「ら行」の子音にも独自の発音記号があったと思います。

フォントのことはよくわかりませんが、「IPA 発音記号」でインターネット検索すると色々とヒットしますので、そちらも参考にしてください。

参考URL:http://www2.arts.gla.ac.uk/IPA/index.html
    • good
    • 0

音声記号は、音声学の学会、


「国際音声学協会」
が定めたものです。

日本語フォントの中にはおそらく入ってないので、
表示には、Unicodeを使える環境が必要になるはずです。

参考サイト
http://www.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/geng9808.html

国際音声学協会のサイト
http://www.arts.gla.ac.uk/IPA/ipa.html

音声記号について
http://www.phon.ucl.ac.uk/home/wells/ipa-unicode …

↑を見る限り、Unicodeならかなり多くの音声記号が使えるようですね。

これらの記号(国際音声字母)は、何年かごとに改訂されているようです。
最新の音声記号は扱うフォントが存在しない場合があるかもしれません。
(もっとも、英語などメジャーな言語を扱う場合は気にしなくていいでしょう)

私のエディタ(秀丸)に(WinXP。Unicodeを使う設定にして
MSゴシックフォント)貼り付けたら、表示されたので、
フォント自体はPC内部にあるようです。

参考文献『音声学概説』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4469212 …

変換で出す方法はわからないのですが、
Unicode一覧の中には存在します。
また、参考URLの記号をコピー&ペーストするという方法もあると思います。
(エディタはUnicode対応のものが必要になる)

参考URL:http://www.phon.ucl.ac.uk/home/wells/ipa-unicode …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界共通の発音記号はありますか

中国語を自学自習しているものです。ピンインが必ずしも発音を正確に表すものではないことにはじめ戸惑いを覚えました。zi,ci,si, zhi,chi,shi, ji,qi,xi, ,,,の母音の違いを表記できる、国際的に共通の表記法があると聞きました。その国際表記にについて知りたいのです。日本語のri と ピンインの riは全然違いますが、子音も母音も違いますが、その違いも表せるでしょうか。

Aベストアンサー

本題に入る前に,まず「ピンインが必ずしも発音を正確に表すものではない」とのことですが,北京語/普通話の発音を表記するかぎりにおいてはかなり正確です。
少なくとも,英語の発音を表す時に英和辞典に載っている発音記号(だいたいIPAと同じ)程度の正確さは持ち合わせています。
ピンインをみたときに,日本語のローマ字と同じように「zi→ジ(またはズィ)」などと読んではいけない,という意味合いであれば,おっしゃるとおりですね。

さて,国際的に共通の表記法ということであれば,やはり既に出ているようにIPAになろうかと思います。
この回答欄にIPAを書くことはできないので,IPAがどんなものかという全体像は,No.1で紹介されている本家のページをご覧になるか,音声学の本を見るのが早いでしょう。
ピンインとそれに対応するIPAを一応紹介しておきましょう(表記できない文字は*で表した後にことばで説明します)。
まず子音から。
ピンインのz→[ts],c→[ts‘],s→[s] なお有気音を示す記号[‘ ]は,IPAの最新版では上付きの[h]になりましたが,中国語の音声学では以前の記号をよく見かけます。
j→[t*1],q→[t*1‘],x→[*1] ただし*1は[c]の右下をくるりともう1回転させた記号(http://www2.arts.gla.ac.uk/IPA/symbols.html の右上にあるalveolo-palatal fricative)
zh→[t*2],ch→[t*2‘],sh→[*2},r→[*3] ただし*2は[s]の下に,*3は[z]の下に,それぞれフランス語のセディーユのような印をつけた記号(http://www2.arts.gla.ac.uk/IPA/pulmonic.html の中央付近,retroflex fricative=そり舌摩擦音のところにある)
次に母音。
ji, qi, xi, riのiはそのまま[i]です。
zi, ci, siのiは,アルファベットの小文字のfから横線を消して,左右を裏返しにしたような記号で書かれることが多いです。
zhi, chi, shiのiは,∫を左右裏返しにしたような記号で書かれることが多いです。これらの記号も,最新版のIPAには見当たりませんが,中国語音声学ではよく見かけます。

IPAの全体について,そして音声学について,入門的なことから始めて深いところまで学ばれるのであれば,たとえばPeter LadefogedのA Course In Phonetics(竹林滋・牧野武彦共訳『音声学概説』大修館書店)を挙げておきます。
ただ前半は英語を母語とする人向けですので,日本語音声学の本のほうが親しみやすいかもしれません。No.3で紹介されている本をはじめ,いくつか出ています。

文中で出てきた記号表へのリンクをつけておきます。

参考URL:http://www2.arts.gla.ac.uk/IPA/symbols.html,http://www2.arts.gla.ac.uk/IPA/pulmonic.html

本題に入る前に,まず「ピンインが必ずしも発音を正確に表すものではない」とのことですが,北京語/普通話の発音を表記するかぎりにおいてはかなり正確です。
少なくとも,英語の発音を表す時に英和辞典に載っている発音記号(だいたいIPAと同じ)程度の正確さは持ち合わせています。
ピンインをみたときに,日本語のローマ字と同じように「zi→ジ(またはズィ)」などと読んではいけない,という意味合いであれば,おっしゃるとおりですね。

さて,国際的に共通の表記法ということであれば,やはり既に出て...続きを読む

Qワードで発音記号を表すにはどうやるのですか?

辞書に載ってるような、アルファベットではない発音記号をワードで書きたいのですが、どうやったらよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

Wordのバージョン2002以降では、以下の手順で発音記号の入力ができます。

1.ツールバーから「挿入」→「記号と特殊文字」を選択してクリックします。
2.記号と特殊文字ウィンドウが表示されます。ウィンドウ上部にある「フォント」のところで『日本語用フォント』を、「種類」のところで『IPA拡張』を選択すると、発音記号の一覧が表示されるようになります。
3.挿入したい発音記号の文字をクリックした後、右下の挿入ボタンを押せばOKです。

Q英語の習得に発音記号の理解は必要でしょうか?

英語の習得において、発音記号の理解は必要なのでしょうか?

語彙を増やす、ひたすら英語を聴く、声に出す…など様々な学習行為のなかで、発音記号の勉強はどれくらい優先されるべきだと思われますか?

発音を気にせず、まずは会話できるようになることを優先した場合、発音記号の理解は後回しでも良いのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

私は、音声学を大学時代に習ったので、国際音声符号でもない発音符号はある意味否定的です。それは、カタカナ表記よりは優れたとしても、それは、しょせん、そんなに大した違いがないものだと思います。音声の訓練もしてもいず、正確な発音の練習もしないで、本当に、その国の言語の音が作り出せるとは思いません。

本来、音声とは、耳で聞いたものの再現でしかありません。その時、ネイティブに、同じ音声なのか確認することが出来れば申し分がないのですが、なかなか、そうは行きません。したがって、私は、自分の耳で聞こえたものを信じて進むしかありません。ですが、ネイティブと同じようにするというのは、絶対に、私は、限界があると思います。私がフランス語の講座を受けようとして、教授が開口一番、日本人には、フランス人のような発音は無理です、と言われました。そんなものだと思います。ただ、通じるようにはなるはずです。

たとえば、インドや華僑の人々の英語の発音を批判したところで、何にも意味がないと思います。でも、一応、教養のある人となら、お互いに英語で意思の疎通が出来ますね。また、フランス語なまりの英語は、なれないと、なかなか聞き取れません。ドイツ系の英語は、V の発音が、独特のF の発音になります。発音が悪くて、あなたの言っていることは分かりません、というわけにはいかないと思います。

英語ネイティブの会話の中で、純粋に音だけを頼りに聞いていたら、さっぱり聞き取れない時があります。日本語でも、同じだと思います。心の中で意味を把握しながら聞いているから、その音が聞こえるのだろうと思います。言葉自体を覚えるほう先なのでしょう。そうでないと、「ホッタイモイジルナ」の「空耳」になってしまいます。

とはいえ、見本・お手本は大事だと思います。なんとか、ネイティブの音声を聞くように、また近づけるように努めるべきだと思います。今は、インターネットラジオもありますし、音声資料としては豊富だと思います。その上で、自分の脳にある英語と音とを一致付けていきます。

その時に、場合によってはカタカナでも、自分の作った記号でも、発音記号でもよいから、記録付けすればよいと思います。音を思い出すキッカケを作ってあげさえすればよいです。言語学や音声学の専門家になるのではない限り、あまり、こだわる必要性はないと思います。特別に、音声符号の勉強が必要だとは思いません。

同時通訳で有名な方も、カタカナで表記した本を出しています。ただし、カタカナ・ルビではありません。非常にたくみなカタカナ表記でした。

江戸時代の開国前に、外国語にカタカナ・ルビを振るのと、開国後、文明開化で外国人のしゃべるのを聞いたままで表記したものとでは、雲泥の差があります。

どのようなものであれ、音声符号は、あくまでも、聞いた音の再現のためのキッカケであり、聞いたことのない音の文字から、その言語の発音を作り出すことは不可能に近いことだと思っています。出来たとしても、それは、あくまで想像と推測でしかありません。そのために、多量にリスニングして自分の脳の中にある単語と音と一致づけ、音声のネットワークを育てていく作業が必要なのだと思います。

こんばんは。

私は、音声学を大学時代に習ったので、国際音声符号でもない発音符号はある意味否定的です。それは、カタカナ表記よりは優れたとしても、それは、しょせん、そんなに大した違いがないものだと思います。音声の訓練もしてもいず、正確な発音の練習もしないで、本当に、その国の言語の音が作り出せるとは思いません。

本来、音声とは、耳で聞いたものの再現でしかありません。その時、ネイティブに、同じ音声なのか確認することが出来れば申し分がないのですが、なかなか、そうは行きません。し...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む


人気Q&Aランキング