『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

東京の真ん中の喫茶店で、フロアのアルバイトをしています。

質問1 海外の日本ガイドブックに載ってる店なので、ガイドブックを持った外国の方がよくいらっしゃるのですが、よく8人や10人の団体にも関わらず、コーヒー1杯しか頼まないお客様がいらっしゃいます。
(つまり、8人なのに一人前の注文だけで、という意味です。)
「当店では、お一人様一品のご注文をいただいております」という内容の事を、失礼にならないように伝えたいのですが、どのような英語になりますか?
なお、必ず!という強い意味ではなく、「できれば~」くらいのニュアンスで構いません。
(実際、それでも注文しない!というお客様に対してはそれ以上要求しないマニュアルになっています。)

質問2 先日来た中国人のお客様に、モンブランの写真を指差して「これは何か?」と聞かれたので、「This is モンブラン・・・It's マロン cake.」と答えたのですが、通じませんでした。
とりあえず、その他のケーキの説明や接客英会話は全て通じていたので、発音の問題や、彼らの英語力の問題ではないと思うのですが、マロンでは通じないのでしょうか?
中国には、モンブランてないんでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

This is モンブラン・・という言い方をしているようなので、これはもうそのようなシンプルな英語でいきましょう。


たぶん長い文章にしても、通じないような気が(文面から)します。
そして、中国人に対しては強くでいきましょう。彼らは交渉して勝ったが勝ちの世界の人です。

質問1 
まず来客それぞれにオーダーしてほしい場合

Please order individually. めいめい(皆さん1人1人)注文してください。

といいながら、ゆびでわざと1人1人指していってください(接客の場合、手のひらをを上にして相手を指しますよね)。
で、1人目のオーダーが終わったら、次の人を指して

Your order please. ご注文は?

とさりげなく聞いてみてください。しないようだったら、Please と指さして、何度も戦うのです。強気の中国人とは戦う覚悟が必要です(笑)(中国滞在経験から)
彼らはサービス感覚が低い国からきているので、日本人みたいにいやな顔はすぐにはしませんので、すぐに引く必要はありません。


質問2 
台湾や香港は別ですが、中国大陸には高級ホテルと北京を除いて、カフェはあってもデザート自体が置いてあるのがまれです。
マクドナルドやケンタッキー、日本のセブンイレブンなど外資系のチェーン店にはありますが、地元のお店には、メニューにはデザートが載っていますが、オーダーしても「飲み物はあるが、デザートはない。飲み物をオーダーしろ」といわれることが、しょっちゅうでした。
これは、メニューはインターネットや写真集から画像を複写してきれいにつくっているのですが、食材(デザート)はないのです。
ましてやモンブランのように、栗をきれいに皮をむき、シロップにつけて、ケーキの上に光ってのっているなんて、彼らには神業です。

中国客と韓国客が多いなら、1人1品のオーダーの依頼も含め、簡単なメニューを中国語韓国語でつくっておくといいかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>This is モンブラン・・という言い方をしているようなので、これはもうそのようなシンプルな英語でいきましょう。

最初は、できるだけ細かく(と言っても私の稚拙な英語力ですが^^;)説明してたんですけど、どうもそんな説明を聞いているのではないらしく、そもそもケーキだという事実すら外見だけではわからなかったようでした 笑
でも、jayoosanさんのご説明で、中国のデザート事情がわかったのでちょっと納得です。
”モンブラン”は世界共通ではないんですね^^;

>Please order individually.

大変、わかりやすいフレーズをありがとうございます。
今までは、「Please order all member.」と言って理解してもらえてたんですけど、もう少し接客っぽいフレーズが存在しないかと思いまして・・・

でも今後はindividuallyにします◎

丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/30 02:17

中国人相手なら、長い文章を日本人的な発音で言うと余計にわかってもらえないと思うので、


"(minimum) one order per person, please." でよいのではないでしょうか。
栗は英語でchestnut(チェスナット)です。
marron(マロン)はフランス語です。ちなみにmont blanc(モンブラン)もフランス語で「白い山」という意味です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>marron(マロン)はフランス語です。
>ちなみにmont blanc(モンブラン)もフランス語で「白い山」という意味です。

うわー 笑
そうですよね、フランス語ですよね 笑
いやぁ、これでもフランス語の授業とってた事あるのにお恥ずかしい・・・。
なんかもう、マロン=栗でした 恥

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/30 02:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自然な接客英語を知りたい!PLEASE HELP ME!

こんにちは。
私は最近レストランでアルバイトを始めたのですが、予想以上に外国のお客様が多いのです。
せめて基本の接客用語だけでも英語で話せたらと思うのですが、
挙げてみると意外にもたくさんあることに気付きました(汗)
辞書で調べたような言葉は「自然な」英語ではないと思うので、
自力ではどうしようもありません・・・

どうか、お詳しい方、お力を貸してください!!!

以下の流れを部分的にでもいいので自然な英訳をお願いします。
ちなみに、あまりかしこまらない感じの元気いっぱいな雰囲気のお店です。

「ようこそいらっしゃいませ!」
 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
「何名様ですか?」
「禁煙席でよろしいですか?」
「少々お待ちください」
「お待たせいたしました」
「こちらへどうぞ」
「こちらがメニューでございます」
「ご注文はお決まりですか?」
「失礼致します」(テーブルへ近寄る時と離れる時に主に使います)
「かしこまりました」
「お足元にお気をつけください」
「こちら○○でございます」
「どうぞ」(お料理をお出しする時)
「デザートはいかがですか?」
「お飲み物のご追加はいかがですか?」
「お皿が熱くなっておりますのでお気をつけください」
「どうぞごゆっくりお楽しみください」
「○○でよろしいですか?」
「お済みのお皿をおさげ致します」
「コーヒーのおかわりはいかがですか?」
「トイレは地下にございます」
「恐れ入ります」
「どうもありがとうございました」
「申し訳ありません」
「またのお越しをお待ちしております」
「お気をつけて(お帰りください)」

・・・以上です。
あともう一つ、何かして差し上げて「ありがとう」と言われた時の受け答えがあれば教えてください。
お料理をお出しした時に「ありがとう」と言われて「どういたしまして」というのはおかしいように、
you are welcomeは違うんだろうなぁと思っているのですが・・・。
つまり、当然のサービスに対しての「ありがとう」に対する受け答えを知りたいのです。

どうかどうか、宜しくお願いします!

こんにちは。
私は最近レストランでアルバイトを始めたのですが、予想以上に外国のお客様が多いのです。
せめて基本の接客用語だけでも英語で話せたらと思うのですが、
挙げてみると意外にもたくさんあることに気付きました(汗)
辞書で調べたような言葉は「自然な」英語ではないと思うので、
自力ではどうしようもありません・・・

どうか、お詳しい方、お力を貸してください!!!

以下の流れを部分的にでもいいので自然な英訳をお願いします。
ちなみに、あまりかしこまらない感じの元気いっぱい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

私の夫や友は日本のレストランに行くたびに、従業員サービスの素晴らしさにいつも驚き感動していますが、下の方も仰るように、余程の高級店でない限りは基本的に接客はカジュアルです。
言葉/文化の違いによりますので、ご質問の一部にあるような日本的な表現をそのまま訳して使うような事が出来ない/不自然なものもあります。

◆「ようこそいらっしゃいませ!」 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
“Hello. / Good morning, afternoon, evening. / How are you?”
レストランでお客様を迎えるときに「Welcome!」「Welcome to ○○」といった表現は通常使われません。

◆「何名様ですか?」
“How many?”
きちんとした一文ならば、“How many are there in your party?” なんてなりますが、通常は“How many? / How many are there?” です。

◆「禁煙席でよろしいですか?」
Would you like smoking or non-smoking? / Do you prefer smoking or non-smoking?
単純に“Smoking or non-smoking?” だけももちろん問題ないです。

>「少々お待ちください」
“Just one moment, please.”

◆「お待たせいたしました」
“Thank you for waiting.” と訳すことが出来ますが、例えば日本のレストランでのように、料理をサーブするときに必ず言われるような「お待たせいたしました!」として、これを使うのは不自然です。
込み合った状況で、入り口でテーブルが空くのをかなり長時間待っているお客様に対して
“Thank you for waiting. Your table’s ready.”といった形で使うのはありでしょう。
料理をサーブするときに使う日本語での「お待たせいたしました」は、英語では “Here you go.”(どうぞ)や、“Green salad.” などと料理の名前を言う、といった言い回しが一般的です。
※Here you go. (Here you areとも言えます)は何かを差し出すとき、渡すときなどに使われる表現です。

◆「こちらへどうぞ」
This way, please. / テーブルへ案内するときなど “Follow me, please.”


◆「こちらがメニューでございます」
Here’s your menu.
もしくは、上記のようにHere you go / Here you are. としてメニューを差し出す、というのもありです。

◆「ご注文はお決まりですか?」
“Are you ready to order?”
Are you~が一般的ですが、“May I take your order now?” などもあります。

◆「失礼致します」(テーブルへ近寄る時と離れる時に主に使います)
英語ではテーブルへ近寄る時や離れる時に何かを言うことはありません。
注文をとり終わってテーブルを離れる前であれば、“Thank you.” といいますが、ご質問の「失礼いたします」のニュアンスではなく、単純にオーダーをもらったことに対する礼です。

◆「かしこまりました」
“Certainly. / Sure.”
“Certainly” は丁寧で一番無難な表現ですが、文頭でも触れたように、こちらのレストランでの接客対応は基本的にカジュアルです。 “Sure” の一言でも失礼では全くないですし、バーや気さくなダイナーなどでのかなりカジュアルな表現ですが、“You got it.” なんて表現も良く使われます。

◆「お足元にお気をつけください」
“Please watch your step.”

◆「こちら○○でございます」
“This is ○○ restaurant.”
電話での対応などでしょうか?
“Good evening, this is ○○ restaurant.”などと通常言います。この後に“May I help you?”などを付けたり、です。

◆「どうぞ」(お料理をお出しする時)
上の通り、“Here you go. / Here you are.” もしくは“This is your green salad.”などの料理名を言うことでも表現できます。

◆「デザートはいかがですか?」
◆「お飲み物のご追加はいかがですか?」
“Would you like some desert?”
“Would you like another glass / Bottle?”
“glass of white wine / bottle of Asahi” などとすればなお丁寧です。
“Would you like something to drink? / How would you like your steak?” などなど・・・ “Would you like~”はサービス業では非常によく使われる表現です。

◆「お皿が熱くなっておりますのでお気をつけください」
“Please be careful with the plate. It’s very hot.”

◆「どうぞごゆっくりお楽しみください」
“Enjoy your dinner. ”
“Enjoy.”一言でもありますし、Enjoy your ○○. といった感じでサーブしたお料理名と共に言われることもあります。

◆「○○でよろしいですか?」
ごめんなさい、これの意味(何に対してよろしいかのシチュエーション)が解りません。

◆「お済みのお皿をおさげ致します」
“May I / Shall I take these dishes? ”
こちらはお済ですか? といった感じでは、“Are you finished (with this)?” などという感じで確認することも出来ます。

◆「コーヒーのおかわりはいかがですか?」
“Would you like some more (coffee)? / Would you like another cup of coffee?
Would you like a refill?”

◆「トイレは地下にございます」
“The bathroom is down stairs.”
すぐ下でなく、地下2階などであれば、上記に“B2F.” などと付け加えればよいかと思います。

◆「恐れ入ります」
ごめんなさい、これの意味も何に対してなのかのシチュエーションが解りませんのでお答えできませんが、日本での「恐れ入ります」といった類の概念は、こちらではあまりないように思います。
状況に合わせて、“Excuse me. / Excuse me, but...” “Thank you, sir./ Ma’am.” などは考えれないこともないですが。

◆「どうもありがとうございました」
“Thank you very much.”

◆「申し訳ありません」
オーダーミスなどのこちらの過失に対するお詫びは、“I’m (so / very) sorry.
穴があったら入りたい感じの大恐縮なミスであれば、 I’m terribly sorry.”などで、語尾に“sir./ Ma’am.”をつけるとさらにかしこまった丁寧なニュアンスになるかと思います。

◆「またのお越しをお待ちしております」
◆「お気をつけて(お帰りください)」
Thank you. / Good-bye. / Good night.
「いらっしゃいませ!」 と同じように、上記2つ共に、“Looking forward to seeing you again!”“Please come back soon!” みたいなことは通常言いません^^。
ディナー時であれば、“Thank you. You have a good night. Bye.” といった表現が普通で、基本的には“Thank you.” と“Good bye.”“Good night.” などの使い分けでオッケーです。

最後のありがとうに対する「どういたしまして」ですが、“You're welcome.”でもおかしくないですし、“No problem.”なども使われます。

ご参考になれば幸いです♪

こんにちは。

私の夫や友は日本のレストランに行くたびに、従業員サービスの素晴らしさにいつも驚き感動していますが、下の方も仰るように、余程の高級店でない限りは基本的に接客はカジュアルです。
言葉/文化の違いによりますので、ご質問の一部にあるような日本的な表現をそのまま訳して使うような事が出来ない/不自然なものもあります。

◆「ようこそいらっしゃいませ!」 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
“Hello. / Good morning, afternoon, evening...続きを読む

Qファミレスの1人1オーダー制って常識ですか?

先日、あるファミレスに入ったら「1人1オーダー」と言われました。
相方だけが小腹が減っていて、私は全く食欲なくて注文するつもりが無かったんです。
近所の他社(3店舗)のファミレスでは、1人1オーダーしなくても、そんなこと言われたことなかったので驚きました。
でも、ネットでいろいろ検索してみると、"最近のファミレスは「1人1オーダー制」が当たり前"みたいな書き込みを見かけます。
ファミレスの「1人1オーダー制」は常識なのでしょうか?!

あと、念のため
関東圏内で「1人1オーダー制」のファミレスを教えて下さい!
(常識だとすると殆どのファミレスがあてはまるのでしょうが^^;)

もしかしたら、近所のファミレスは常連客(店員さんも家族全員の顔覚えてくれてます^^)だから見逃してくれているのかも???

ちなみに、「1人1オーダー」のファミレスの方いわく。
『ご飲食が目的で店舗をご利用していただく皆様のために、駐車場をご用意し、空調設備などの快適な空間を準備、提供しております。
お客様がご飲食のためにご来店していただくことを想定しておりますので、飲食目的ではない方のご利用、ご来店はお断りしております』
との事でした。
相方はちゃんと飲食目的があって、私が飲食目的ではなかったのですが。この場合、私だけ入店お断りって事?!渋々オーダーしましたが…

私としては、"1人客"と"2人客だけど1人だけオーダー"も変わらない気がするのですが。

先日、あるファミレスに入ったら「1人1オーダー」と言われました。
相方だけが小腹が減っていて、私は全く食欲なくて注文するつもりが無かったんです。
近所の他社(3店舗)のファミレスでは、1人1オーダーしなくても、そんなこと言われたことなかったので驚きました。
でも、ネットでいろいろ検索してみると、"最近のファミレスは「1人1オーダー制」が当たり前"みたいな書き込みを見かけます。
ファミレスの「1人1オーダー制」は常識なのでしょうか?!

あと、念のため
関東圏内で「1人1オーダー制」のファ...続きを読む

Aベストアンサー

>私としては、"1人客"と"2人客だけど1人だけオーダー"も変わらない気がするのですが。

10人で入って1人だけ注文されてはお店も困ります

昔のヤクザはそんな方法で営業妨害などをしていました

で、最低の基準が「1人1オーダー」なのでしょう

Q英語で「当店のおススメ!」はなんと言いますか?

ケーキ屋とパン屋さんのブラックボードに書きたいのですが、英語で「当店のおススメ!」というキャッチコピーは一般的になんというのでしょうか?お手数ですが教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

ケーキ屋とパン屋さんはBakeryです。

従って、

「当店のおススメ!」は“Our Bakery Specials”となりま。

そしてその下に、品名と値段を入れます。

もしレストランとなら "House specials" となります。ケーキ屋とパン屋さんにも、使えないことははないでしょう。

Q英語のメニュー表記

「前菜三種盛り」を英語表記にする場合、どのような感じになりますか!?詳しいかたお願いします!!!

Aベストアンサー

補足拝見しました。
私は特に飲食業に精通しているわけではなく、思い付くままに記したものです。
ただ全くの当てずっぽうではなく、何十年か前にフレンチレストランでこれに類した表記を見た覚えがあります。

three appetizers (that are) assorted 
(the) assorted three appetizers

この何れかの表記であったことは間違いなく、ニュアンスの差としては、

三種前菜盛合わせ
盛合わせ三種前菜

程度の微妙なものですが、英語表記としては下が標準的であり、上は多少気取った雰囲気を醸し出すものです。

また蛇足ですが前菜には、
本場フランスのオードブルという表現もあり、英語表記は、
hors d'oeuvre
これを用いた場合には、
assorted three hors d'oeuvres
となります。

http://eow.alc.co.jp/search?q=hors+d%27oeuvre

Qレジにおける会話の英訳について

とあるお店で働いているのですが、外人のお客さんが、
結構来ます。回りに英語できる人がいないので、
どなたか、よろしくお願い致します。

1.お会計の合計、2900円になります。
2.3000円お預かりいたします。
3.100円のお返しです。

1.お会計の合計、2900円になります。
2.カードお預かりいたします。
3.カードお返しいたします。

これらのうまい英語表現が分かりません。
できたら、フォーマルな表現を教えて欲しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカ在住の者です・・直訳ではないですが、現実的な英語です。

1.Your total will be 2900 yen.
2. こちらでは、XX円預かりますとは、言う習慣がありませんが、しいて言えば
I will get the change from 3000-yen.
3000円より、お返しをお持ちします。

3.Your change will be 100 yen, Thank you.

1. 同上
2.I will debit you from this Card.
このカードに請求させていただきます。
3.Here is your card, thank you.

で、いかがでしょうか、

Qハンバーガーはハンバーガー。ではハンバーグは?

ハンバーグはドイツの都市の名前だと言われました。
では日本で言うハンバーグは英語で何というでしょうか?
hamburg steak でしょうか。

Aベストアンサー

Hamburger steakという言い回しは辞書にも載っているのであるのだとは思いますが、アメリカでよく耳にする表現ではないですね。

ドイツ料理店やギリシャ料理店なんかではGerman steakとかHamburger steakと言う表現を目にするかもしれません

普通一般のダイナーやレストランでそういうメニューがあるかなあと考えると、質問者さんがお書きのSalisbury steak が一番近いのではないでしょうか。Hamburgerのバン抜きと注文することも出来ますね。ただ微妙に違いますが。

日本でのハンバーグステーキには必ずといっていいほどつなぎが入っています。卵とかパン粉とかたまねぎのみじん切りとか。アメリカでHamburgerと言ったらつなぎが入っていることはめったにありません。塩コショウと多少のスパイスで味付けされたひき肉パティを指すわけですから。

Salisbury steak はひき肉につなぎが入っているものです。ですのでこれが一番近いかと思います。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q鯛(たい)の一番適切な英語は?

鯛のお頭、鯛の煮付け、鯛の刺身など、日本の鯛を英語では何といいますか?
SEA BREAMは適切ではないと、アメリカ人に
言われました。鯛はTAI FISHでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です.

red snapperが無難だと言うのは、その名前になれているからなんですね. つまり、red snapperはどこにでも撃っているからなんです. 赤っぽいいろをしているので真鯛に似ているので、すし屋でも、これを使っているんですね.

でもこれは、バラブエダイといって、ブエダイ類の魚なんですね. それに対照したものがSea Breamといわれるさかなで、Breamと言う淡水の鯛の一種なんです.

日本で言う鯛をSea Breamといい、赤い真鯛をRed Sea Breamといいます。確か、黒鯛はそのまま、Black Sea Breamと言っているはずです.

Sea Breamと言って適切でないと言ったのは、色が違うからか、その人自身が Breamしかしらないか、Red Sea Breamという種類を知らなかったんじゃないかと思います.

これで良いですか?

Qテイクアウトできます。

日本のお店で黒板に、「お持ち帰りいただけます」と書いています。コーヒーをお持ち帰りできる意味です。
英語でも書きたいと思いましたが、なんと書けばよいのかわかりません。 to go? take out? take away? 
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

take outは通じません。


You can take away.
でしょうか。

または、
You can take away coffee, tea and cakes.
のようにテイクアウトのメニューが限定の場合は、それらを書くのがいいかもしれません。

Q飲食店で満席の時の言い方

飲食店に外国の方がいらっしゃった時に満席でお断りしないといけない時、英語では何と言ったら良いのでしょうか?

日本語では「あいにく満席です。またのお越しをお待ちしております。」というのが決まり文句ですが、
自分なりに考えてみました。

英語で「It is no vacancy unluckily. I am waiting for next coming.」と言われて、
ネイティブの方は違和感なく理解できますか?

お店なので“I”ではなく“WE”が主語の方が良いでしょうか?

また、おしゃれな言い方などありましたら、併せてお教え下さい。
お願い致します。

Aベストアンサー

All the tables are taken. Please come again.
上が私がレストランで使ってた文。
で、相手の帰り際に
Have a nice day!

一見、空いてる席があるときは、
All the tables are already booked. Please come again.

質問者様の文は、日本人にはわかりやすい感覚ですが、ネイティブの人には違和感があると思います。でも、通じますよ。

変に上手く話すと、向うは容赦なくガンガン英語で話してきますよ。


人気Q&Aランキング