先ほど、データの受け渡しについて質問しました。
さっそく試してみたのですが、うまく受け渡せないのです。
受け渡したいデータは2つあり、共にテキストボックスなのですが、「disabled」で入力不可にしてあります。
それが原因なのでしょうか??しかし、入力不可は仕様なので変えられないんです。
何か良い方法がありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

スタイルシートとは、HTMLの見た目を指定する仕掛けで、スタイルシートに対応


しているブラウザーであれば、どれでみても同じに見えるようにするものです。
指定する方法は幾つかありますが、一番分かり易いのが、タグに
「 style="・・・・" 」というのを記述する方法で、下の補足で示されている A.asp
のソースでいうと

<input name=nen maxlength=4 style="HEIGHT: 20px; TEXT-ALIGN: right; WIDTH: 25px" value ="<%=nendo%>" disabled >

の、 style="HEIGHT: 20px; TEXT-ALIGN: right; WIDTH: 25px" がそうです。

で、色を変えるには例えば、

「 style="background-color: #CCCCCC;" 」

を指定するとそのタグの有効範囲の背景色がグレーになり、

「 style="color: #CCCCCC;" 」

を指定するとそのタグの有効範囲の文字色がグレーになります。

詳しくは、スタイルシートの辞典のような書籍をご参照された方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よくわかりました。
さっそく使用してみました。
本当に助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2000/12/15 10:07

mishidaさんの書かれたようにSession変数を使う方法もありましたね。

サイトの中で参照される頻度の高いものはSession変数に入れてもよいと思います。

以下あくまでテキストボックスで渡す場合です。
> ちなみに、「hidden」でもう一つ同じ値を持たせたテキストボックスを用意し、
> そっちを受け渡すことはできました。
ということは、
<input type="hidden" name=nen2 maxlength=4 style="HEIGHT: 20px; TEXT-ALIGN: right; WIDTH: 25px" value ="<%=nendo%>">
と入れて
Request.Form("nen2")
といった感じで受け取ったわけですね。
とすると、試しにテキストボックスの「disable」をはずしてみてください。単に私が知らなかっただけで、「disable」属性が悪いのかも知れません。
あとはざっと見た限り、どこが悪いか分からないです。
私の方では現状テストできる環境がないので、何とも言えませんが。
がんばってやってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんどもご親切にありがとうございました。
やはり「disable」が原因だったようです。
外してみたら、上手くいきました。

おかげで、なんとか値を受け渡す事ができました。
本当に助かりました。

お礼日時:2000/12/14 16:13

横槍を入れるようで心苦しいですが、「disabled」 にすると送信されないと思います。


送信するデータを入力不可とするには、「readonly」にすればいいと思います(グレー表示に
なりませんが、必要でしたら、スタイルシートでグレー表示にすればいいと思います)。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
「readonly」というものがあるなんて、知りませんでした。勉強になりました。
ところで、スタイルシートとはなんですか??
よく耳にするんですが、何のことなのかよく知りません。
スタイルシートでグレー表示にする方法があるのでしたら、ぜひ教えていただきたいです。

補足日時:2000/12/14 16:16
    • good
    • 0

 #2は、前の質問向けに書きました。

すみません。atsuotaさんに異存はありません。
 ただし、入力不可とするのであれば、#2でもいいのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
Sessionオブジェクトは、使った事がないので使い方がよくわからないんです。
でも、そういう方法もあるということがわかって、勉強になりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2000/12/14 16:16

 こんにちわ。


 以下のx1.asp、x2.aspのようにSessionオブジェクトを使うと、ページ間の値の受け渡しが簡単です。
 Session("x")=" "のように、Sessionオブジェクトに値を格納します。
 また、たとえば、Session("abc")とすると、Session("abc")も利用できるようになります。簡単に変数を追加できます。
 どちらも、IISの実行権のあるディレクトリに格納してください。

//file : x1.asp
<HTML>
<BODY>
<%
Session("x") = "100"
%>
100をセット<BR>
<a href="x2.asp">受け渡し先</a>
</BODY>
</HTML>

//file : x2.asp
<HTML>
<BODY>
値は<%= Session("x") %>
</BODY>
</HTML>
    • good
    • 0

先ほどの回答に2種類の方法がありましたが、marmi1516さんはどちらの方法を選ばれましたか。


「disabled」は多分関係ないと思います。

また、できれば該当フォームの部分と、受け渡される側の表示部分のソースの概略を書いてみてくれませんか。

この回答への補足

えっと、教えていただいた方法のうち、二つ目の方を使いました。
****「A.asp」の画面******************************
<table>
<tr>
<form action="B.asp" method="post" id=aaa name=aaa>
<td>
<input type="submit" value="送信" name=btn>
</td>
<td>
<input name=nen maxlength=4 style="HEIGHT: 20px; TEXT-ALIGN: right; WIDTH: 25px" value ="<%=nendo%>" disabled >
</td>
</form>
****「B.asp」の画面*******************************
<% nendo = Request.form("nen") %>
平成<%=nendo%>年度
**************************************************

という感じで作成したのですが・・・・
ちなみに、「hidden」でもう一つ同じ値を持たせたテキストボックスを用意し、そっちを受け渡すことはできました。

補足日時:2000/12/14 09:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ