『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

今度5歳の子供とスキーに行きます。子供は初めてのスキーで、一日目はスクールに入れ、二日目は親子で一緒に滑ろうと思っています。そういうときに、子供に着けて(トライスキーではなく)、親が後ろから一緒に滑ることができるハーネス?のようなものがあると聞いたことがあるのですが、商品名は何というのでしょうか?また、どこで購入することができますか?教えていただけると助かります。購入時、使用時にに注意することなどありましたら、是非アドバイス下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#2さんのアルペンの商品は、「スノービー ジュニアグライドサポーター」と言う名前です。

まあ、アルペンへ行って「子供につける紐のような...」と説明すればわかると思いますが。
価格は5000円ぐらいしたと思います。うちは傷物を格安で購入しました。白馬47の林間コースで4才の子に使い、長い距離でしたが、かなり上手に滑りました。(ポイントは親がコントロールしているんですけど)
スピードも抑えられ、こけずに滑れるので本人も自信がついたようです。
回りでボード初心者がこけている中をすいすいすべるのですから。紐の引きようで左右のターンもできます。(ローテーション気味ですが)
<注意点>
・リフトなどに乗るときは、紐を外さないと引っかかってしまう危険があります。
・長い紐を使いますので、混雑したゲレンデでは使用を控えた方が良いと思います。
・あまりこれに頼ると自分でブレーキをかけることや正しいターンの仕方が学べないように思います。
今は紐無しで特訓中です。
そういえば、家族でスキーをやっているHPでウエストバックに紐をつけてやっているのを見た覚えがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。アルペンでスノービー ジュニアグライドサポーターを購入しました。同じ商品でも色々な呼び名があるのですね。使用上の注意もいただき、参考になります。商品は購入しましたが、なるべく早く紐なしで、特訓できるようにしたいと思います。

お礼日時:2006/01/18 00:48

コンケストのコーチベルトの事ですね!


こちらのサイトで確認できますよ!
http://www.conquest-ev.com/
左側のメニューのコンケストアクセサリーを選ぶとコーチベルトが出てきますが、欠品中のようですね。

コンケストではないようですが、同じようなベルトを見つけましたのでこちらにも問い合わせてみるといいですよ。
http://www.kodomoski.com/nski/sonota.htm

ちなみに、神田のスポーツ用品店街のヴィクトリア等に足を運べばコンケストの物もあるかもしれませんよ。
http://www.sports-kanda.com/kameitenlist.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。商品イメージがはっきり掴めました。まさにこのタイプです。参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/01/18 00:45

たまにスキー場で見かけますね。

商品名は分かりませんがアルペンにおいてあるのは見ましたよ。友人が一昨年、小学校1年生の子供に教えるのに使用していましたが、やはり『手綱さばき』が大変なようです。でも一日目にスクールに入れるのであれば、子供もなんとか滑る事が出来ると思うので、滑り過ぎで(子供はスピードが早いので)人にぶつかったりするのを防いだりする為にもいいかもしれませんね。後は、右左の引っぱる強さを加減して曲がる練習かな?子供もそうですが、親も練習が必要になりそうです。頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速お店に行ってみたいと思います。でも、ご指摘頂いたとおり、商品を扱えるようになるのが一苦労かもしれません。よく検討してみたいと思います。

お礼日時:2006/01/16 00:44

回答ではないのですが、


私がスキーを始めたとき(2歳)は紐を体につけられて犬の散歩状態でしたが十分滑ることが出来ました。
リュックを背負わされ、(中身はタオルとか軽いもの)リュックに紐をかけていました。
リュックは腰も固定できるタイプのもが脱げなくてよかったです。
親は「凧揚げ気分で紐を操った」といっていました・・・

始めは親の又の間に入れてもらって支えてもらいながら滑っていましたが、慣れてくると犬の散歩状態にされていました。


私の場合は20年以上前なので使うモノ自体がなかったのでこういう方法で訓練されたのですが、
すぐに必要なくなると思うので、こういうやり方もいいかも??
と思いました。

いい商品があるといいですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。親の腕前が大したこと無いので、どうしても道具に頼りがちです。。。

お礼日時:2006/01/16 00:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供のスキー練習をサポートするためのベルトについて

6歳年長の子供がおります。

毎年、年末年始に雪の多いところへの帰省をしており、去年あたりから子供もスキーを練習し始めました。
最初はスクールで教えてもらい、その後は主人がサポートしながら緩い斜面で練習していました。

その際、「スノービー ジュニアグライドサポーター」と言うものを購入していたので使うつもりでしたが、私の不注意でベルト(子供と大人をつなぐ部分)をなくしてしまい、単なるベストになってしまいました。

とっさにソリのロープを外してつなげたりしていたのですが、持ちにくかったり、長さも良くなかったりで結局使えず、主人が背後から子供を抱えるようにして教えていました。
ずっと低い姿勢でいたので主人もかなり腰にきたようです。
私はスキーは詳しくないので良くわかりませんが、抱えてだと子供も寄りかかってしまったりしがちなので、少し斜面のところでベルトで距離を置いてサポートしてやれば、教えやすそうだったと言っていました。

何年も使うものでもないと思うので買いなおすのもどうかと思い、今年はベルトとして使いやすい幅と長さのもので代用品を作ろうと思っているのですが、長さがどのくらいがいいのかわかりません。
強度などの問題も出てくるかと思うので、長さを調節するような事は避けて、決まった長さで単純なものにしようと思っています。
お持ちの方がいらっしゃいましたら、実際のベルトの長さ、または、どのくらいの長さが使いやすいなど、教えていただけないでしょうか。

また、一本で輪の状態で使えばいいのかと思っていましたが、二本にした方が使いやすいなどあるのでしょうか?
その他、お気づきの点がありましたらよろしくお願いいたします。

6歳年長の子供がおります。

毎年、年末年始に雪の多いところへの帰省をしており、去年あたりから子供もスキーを練習し始めました。
最初はスクールで教えてもらい、その後は主人がサポートしながら緩い斜面で練習していました。

その際、「スノービー ジュニアグライドサポーター」と言うものを購入していたので使うつもりでしたが、私の不注意でベルト(子供と大人をつなぐ部分)をなくしてしまい、単なるベストになってしまいました。

とっさにソリのロープを外してつなげたりしていたのですが、持ちにくか...続きを読む

Aベストアンサー

うちはコンケストの「コーチベルト」という製品で、メインのベルトは2.25m×2本でした。途中でクロスしてあります。
他に子供用ベルト、大人用ベルトという構成です。
http://item.rakuten.co.jp/fst/980766/

単なる紐だと絡まります。太い「タイダウンベルト」なら、リフトに乗り降りするたびに外して収納、また取り出すのが簡単です。

これ以上短いと子供がコケた時に避けられなくなるし、長いと絡まります。

ただ、運動音痴で物凄く慎重な子でさえ、使ったのは3歳の時だけ。
年少でトライスキーのみになり、年中でそれも外して普通のプルークボーゲンになりました。

下の子は運動神経が普通ですが、年中の時には既にトライスキーもコーチベルトもなしで普通にプルークボーゲンしてました。

年長で既にスキー経験があるなら、よっぽどの理由がない限り不要だと思います。
それで暴走するならまたスクールへ入れたほうが良いでしょう。

Qスキーウェアとスノボウェアって違うの?

今度、初めてスノボをするのですが、スキーウェアとスノボウェアはやっぱり違うのでしょうか?
どのように違うか教えてください。
また、スキーウェアでスノボをすることは無理でしょうか?
知っている方いましたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、ボードウェアには
このガードがついていないものもあります。ということ。
このようなことがあげられますが、スキーウェアーでボードができないことはありません。防水スプレーを尻のあたりを防水加工しておきましょう。
しかし、ウェアーより手袋の方が大きな違いがあります。
ボードのウェアーは、二重構造(中にフリースの手袋)のものが多いです。
(金具を閉めたり、靴紐を縛ったりしやすくするため)
あと、ボードの手袋は手の甲や手首と言ったところにプレートが入っているものもあります。あと生地が皮製品ではなくビニール製品になります。
(これは、スキーと違い、ボードは雪面に手をついてすべるため、手首の保護や手袋の湿りを減らすためです)
ですので、スキーウェアーでボードをするときは、中にパットをはめて
手袋はボード用を使用したほうが良いとおもわれます。

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、...続きを読む

Q小1の子ども・身長125cmではスキー板は120cm?130cm?

子どもにスキーを購入したいと思っています。
いろいろ調べたのですが、「成長するので身長より少し長くても良い」「身長と同じくらいでよい」「マイナス5~10cmくらい」と意見も様々で、どうしたらよいか悩んでいます。
今まで聴いた話では120cmか130cm位になるのかな、と思うのですが…
子どもは
・小学1年生(身長125cm・体重25kgくらい)
・幼稚園年中&年長の2シーズン・10回くらいのスキー経験
・プルーク・プルークボーゲン程度の技術
・学校でスキー授業有り(雪山を登ったり、初級程度の滑りを練習します)
です。
スキー板はカービングスキーになると思います。
今年と来年くらい使える長さについて教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

難しい所ですね。

短い板は回りやすい、長い板は回りにくいというのが一般的な特徴です。
ターンは短い方がしやすい訳ですね。
しかし、ある程度スピードが出せるようになると、短い板は回りやすい訳ですから、ちょっとしたことですぐに板が回ってしまい、ばたつきやすい、すなわち安定しないと言うことになります。

一方、板の長さは一定ですが、お子さんの身長は伸びていきます。

すなわち、スキーになれてスピードが出せるようになってくると、身長も伸びているわけですから、相対的に板は短くなって高速安定性に欠けてしまいます。

そんな感じですので、スキー板の価格と経済力の関係からご判断されるといいと思いますが、大きめの服と違って、長めの板はターンのしづらさから上手く滑れず、ヘタをすると子供さんのスキー嫌いを招いてしまうかもしれません。

子供さんの成長度合いと潜在的運動能力にもよりますが、来年を来シーズン(2009-2010)とすれば、長めの方がいいかもしれません。
本気で取り組ませたい(別に選手を目指す必要はありませんが)なら、今年は120cmの板にして、来シーズンは身長・体重と技量にあわせて買い換えた方がよろしいでしょう。
体重が増えれば、同じ板でも「しなる」度合いが増えると言う点もポイントです。

スキーが自分で制御不能になった場合、本人のみならず、ケースによっては他人を巻き込んだ不幸な事態になりうることを十分ご認識のうえで、やはり子供さんをお連れになってお店に行かれて、店員さんなどのアドバイスを複数いただいて決めるとよろしいでしょう。
レンタルスキーは経済的ではありますが、レンタル屋さんによって係員のスキルも異なってしまうという危険な面があるという点も考慮していただくとよろしいでしょう。スキーをやったこともない店員さんが適当に貸し出していることもないとは言えません。事故で骨折などすると、事後処理の問題もありますが、一番には子供さんがかわいそうですので。

難しい所ですね。

短い板は回りやすい、長い板は回りにくいというのが一般的な特徴です。
ターンは短い方がしやすい訳ですね。
しかし、ある程度スピードが出せるようになると、短い板は回りやすい訳ですから、ちょっとしたことですぐに板が回ってしまい、ばたつきやすい、すなわち安定しないと言うことになります。

一方、板の長さは一定ですが、お子さんの身長は伸びていきます。

すなわち、スキーになれてスピードが出せるようになってくると、身長も伸びているわけですから、相対的に板は短くなっ...続きを読む

Qスキー補助具(トライスキー)を外すタイミングは?

先々週、うちの4歳6ヶ月の子どもにスキーデビューさせました。
以前より、スキー教室のインストラクターが「トライスキー」という
スキーの先端に取り付け、板が交差したり、広がりすぎずボーゲンが
簡単にできる用具を使っているのを見て、今回のスキーデビューの際に
使用しました。おかげで、半日でそこそこ楽しく滑れるようになりました。
 しかし最後の方で、トライスキーを外してみるとやはり板が交差して
うまく滑れないようです。

 今週末も一緒にスキーに行く予定ですが、トライスキーを取り外す
タイミングはどうしたらよいでしょうか?
 ・トライスキーで有る程度滑れるなら、早めに外して体で覚えさせる?
 ・左右へのターンが思い通りできる様になるまでは装着しておく?
 ・今週末は(2回目のスキー)トライスキーをはめたり外したりしながら、自分で滑れるように、猛特訓?

 幼児にトライスキー使ったことの有る方、アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

smile_Joyさん、今晩は。
参照URLでは、
「練習ゲレンデを安定して滑れるようになるまで使用する」
らしいですね。
「トライスキーで有る程度滑れるなら、早めに外して体で覚えさせる」
のに賛成です。
私の経験では、ある程度滑れれば、次はコーチベルト(100均製で代用可)が絶大な威力を発揮します。
ただし親にかなりの技量と体力を要し、また短い板を要求します。
スピード感の養いや斜面への恐怖感がなくなります。
ご検討ください。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/skis/tryski2.htm#try_when

Qスノボ用のソフトブーツではけるスキー

スノボ用のソフトブーツ用のビンディング?が付いた、スキーボード(ショート
スキー?1m程度のスキー)の購入を検討しています。

当方のスキーのレベルは、ボーゲンで初~中級と書かれているコースを何
滑れる「一応スキー出来ますけど・・・」レベルです。

その程度のレベルでも、上記の様な板に安全に乗る事は出来ますか??

1シーズンに回数としては2回程度、3~4日ほどスキーをします。

「中級だけど、これは難しいかも」など、若干自分で不安に思うコースも果敢
にチャレンジするとか、一日リスト券を買って何度も滑りたいという事でなく、
小学生の子供がスキーをするので、念のためゲレンデに付いていく程度の
使用目的になります。

スキーを履いていない時間も多いので、それだけの為に重いスキーブーツ
でスキー場内を移動するのも苦痛ですし、スノボのソフトブーツではける短
い板を購入すればどうなかなと考えました。

この程度のレベル、この程度の使用目的で、タイトルにあるようなスキーを
履くのは、無謀でしょうか??

ストックももちろん無しですよね?

技術的な違いや、乗った時の感覚など、普通のスキーとの差を教えて頂け
れば、大変助かります。大きな違いはあるのでしょうか?。

またその違いは乗っているうちに慣れるというものですか?

質問が沢山になりましたが、宜しくお願いします。

スノボ用のソフトブーツ用のビンディング?が付いた、スキーボード(ショート
スキー?1m程度のスキー)の購入を検討しています。

当方のスキーのレベルは、ボーゲンで初~中級と書かれているコースを何
滑れる「一応スキー出来ますけど・・・」レベルです。

その程度のレベルでも、上記の様な板に安全に乗る事は出来ますか??

1シーズンに回数としては2回程度、3~4日ほどスキーをします。

「中級だけど、これは難しいかも」など、若干自分で不安に思うコースも果敢
にチャレンジするとか、一日リスト...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
質問に有りましたような、スキーボードが売っているんですね。
5年くらい前に、
サロモン製のそういうスキーボードを見たことはありましたが、
販売されているとは知りませんでした。

さて、
まずは、スキーとスキーボードの違いですが、
圧倒的に、スキーボードの方が簡単で、楽です。
スキーボード(通称ショートスキーというのかな?)で急斜面を降りたり、
小回りをしている人や、
その場でクルクル回る人も
結構いますが、
誰でもできます。簡単です。

一応、スキーできます、のレベルの人が履いても
楽に滑れますし、すぐに慣れます。
あとは、そのタイプのバインディングで、ブーツがどれくらいしっかりと固定されるかが
気になります。ある程度、ぐらつかずに固定されなければ、不安定だと思いますよ。
まず、それを確認するべきです。

それと、バインディングの幅がありますから、
足をぴったりと閉じてすべれないと思います。
やや、開脚で滑ることになるでしょうね。
まあ、それは慣れると思います。

スキーボードは乗ったときの感覚は、短くて安定性が無さそうに感じます。
慣れると、けっこう飛ばしたり、無理にターンしても、
意外に安定感あるぞ、と思います。
それでも、超高速で飛ばせるようなものではありません。
ですから、
スキーボードのレベルとしたら、スキーよりも格段下です。
スキーの方が難しいのです。

ですから、子どもさんのスキーのつきあい程度でしたら、
それを購入されればよろしいかと思います。
でも、スノボで一緒に滑れば、いいのではないでしょうか、とも
思います。
私も子どももどちらもできるので、
子どもがどちらをやっていても、私は好きな方で滑ります。

こんばんは。
質問に有りましたような、スキーボードが売っているんですね。
5年くらい前に、
サロモン製のそういうスキーボードを見たことはありましたが、
販売されているとは知りませんでした。

さて、
まずは、スキーとスキーボードの違いですが、
圧倒的に、スキーボードの方が簡単で、楽です。
スキーボード(通称ショートスキーというのかな?)で急斜面を降りたり、
小回りをしている人や、
その場でクルクル回る人も
結構いますが、
誰でもできます。簡単です。

一応、スキーできます、のレベルの人が...続きを読む

Q高速道路でスキーキャリアが全部とれました!

先日、夜中、4:30頃、スノーボードの板を4枚、4枚積みのキャリア(車の屋根に取り付けるガルウィング状のもの)に取り付けて走行中、
80km/hも出していない状態で、キャリアごと、全部がふっ飛びました。
その日の前々日くらいに購入したもので、ちゃんと説明書どおりに取り付け、板を止めるところの鍵もしっかりとかけました。
4枚の乗せ方は2枚ずつ裏向きに合わせ、それを2点で挟み込むタイプ一般的なタイプです。
幸い、夜中の片側一車線の高速道路であったため、車も少なく、事故にはいたらなかったのですが、一台車がとおり、板が1枚ひかれました。(タイヤの跡がありました(T_T))
拾いに行くと、一番遠くに落ちていた(最初に外れたもの)のが、ボード1枚(ひかれた分です)と、鍵を閉めたのに片方の挟むところが開いた状態の前方のキャリア。手前には、3枚の板がついたまんまの後ろ側のキャリアがありました。
これから推測するには、走行中、前のキャリアの片方の挟むところが外れ、上に置かれたボードは先端が上向きに反っているので、もろに風の影響を受け、後ろ側に反り返って外れ、その反り返りで後ろ側のキャリアも外れたと思われます。
キャリアを止めていた車のボディーはえぐれていました。
もちろん板はボロボロ。。。
その後、7人乗りの車に6人で板5枚を無理矢理車に突っ込んで移動しました。
この場合、PL法とか消費者センターとかでなんとかできるものでしょうか?
板も車もキャリアーも、また、僕らの精神的なダメージは計り知れないものでした。
積載物の落下での事故は良く耳にしていましたので。。。
なにか、良い方法、アドバイス等をお願いします。
現在は、キャリアをメーカーに預け、不具合確認をしてもらってる状態です。

先日、夜中、4:30頃、スノーボードの板を4枚、4枚積みのキャリア(車の屋根に取り付けるガルウィング状のもの)に取り付けて走行中、
80km/hも出していない状態で、キャリアごと、全部がふっ飛びました。
その日の前々日くらいに購入したもので、ちゃんと説明書どおりに取り付け、板を止めるところの鍵もしっかりとかけました。
4枚の乗せ方は2枚ずつ裏向きに合わせ、それを2点で挟み込むタイプ一般的なタイプです。
幸い、夜中の片側一車線の高速道路であったため、車も少なく、事故にはいたらなかっ...続きを読む

Aベストアンサー

えーと、お気持ちは良くわかります。当時は私も憤りましたが、・・・。
一般の常識と法律家の判断(裁判所の判断)が、へだったっている事は意外に多いんだなぁ、としかお答えできません。
 当時のお話ではあくまで請求する側が請求の根拠となる証拠を提示しなければならないとの事で、(つまりメーカーはbaliusさんの取り付けが正しくなかったということを証明しなくてもいいということらしいです)。・・・。ちなみに説明書の件ですが、その説明書にしたがっての事故が多いという事(多分この場合は他の製品に比べて事故率が高いとか明らかにわかりづらい不適当な説明書であることが客観的に証明されることがやはり必要なきがします)がわからないとつらいと思います。
 私自身は法律に詳しくもなく当時の交渉や相談の結果をお話しているのですが、法律も裁判所の対応もメーカーの対応も当時と同じとは限りませんのであくまで当時の話として下の回答をさせていただきました。(当時はPL法なかったです)
 私自身はスキー保険にてお金を支払ってもらいました。(車はノーダメージでしたが)保険屋さんに年式とモデル名を伝えたところ、先方さんで計算した上でお金を支払ってもらいましたが、購入を安くしていたことから、キャリア分(どっからも補償は受けられなかった)+α位の入金がありました。
 また、事故後勉強した結果、スキーの運搬にはシステムキャリア+ルーフボックスの組み合わせにしました、やはり板にも良いし安全面もレベルが違いますから・・・。
 どのような物にも欠陥や事故はあると思うんですが、現実としてはお金で安全性を買うしかないんでしょうねぇ。まぁお金かけてもだめなときはだめなんでしょうが・・・。
 とにかく事故の証拠になるもの(事故現場の写真や回収したキャリアのパーツ)をあちこち持ち込んでみるしかないとは思います。
 ちなみに消費者センターのお世話になったこともありますが(他の製品で役に立ってもらったことがある)、多分今回のケースのような場合同じ商品による事故の発生率が高くない限り目立った成果を(消費者センター)得ることは難しいような気がします。
 

えーと、お気持ちは良くわかります。当時は私も憤りましたが、・・・。
一般の常識と法律家の判断(裁判所の判断)が、へだったっている事は意外に多いんだなぁ、としかお答えできません。
 当時のお話ではあくまで請求する側が請求の根拠となる証拠を提示しなければならないとの事で、(つまりメーカーはbaliusさんの取り付けが正しくなかったということを証明しなくてもいいということらしいです)。・・・。ちなみに説明書の件ですが、その説明書にしたがっての事故が多いという事(多分この場合は他の製品...続きを読む

Q子供のリフトの乗降方法

5歳の子供をスキーに連れて行こうと思っています。
昨シーズン、ヘルパー?(板のトップつないどくやつ)を使って、何とかすべるるようになりました。
今年はリフト(ダブルやトリプルなど、一緒に乗れるもの)に乗せてやりたいのですが、正しい(安全な)乗せ方、降り方が判りません。
どなたか、教えていただけますでしょうか?
(親は一応2級持ってます)

Aベストアンサー

☆乗る時
子供さんをリフト係が立っている方へ(右にいたら右へ、左にいたら左へ)待機させて下さい。
前に乗っていく人を見て座面の高さを判断、もし大人にちょうどいい高さ(膝に裏にちょうど座面があたる)なら、5歳の子なら抱き抱えて乗せてあげる必要があります。
大人の膝~ふくらはぎの間位ならお子さんの腰のあたりを押さえて深く腰かけられるようにしてあげます。
心配だったら乗る前にリフトマンに「乗せて下さい」とお願いしておけば安心ですよ(言わなくても大丈夫ですが、頼んでおけば快くやってもらえます)
リフトマンは自分がいるリフトの雪面の高さを一番良く把握していますから、お子さんの身長・レベル・親御さんのレベルなどを瞬時に見て、減速・座面を押し下げる・抱きかかえて乗せるなどの判断をします。
その時に子供が自分の側にいた方がやりやすいんですよ。

☆降りる時
降車位置の看板とプレートの少し手前で、「あそこで降りるよ」と声をかけます。
降車位置で「はい降りて」と声をかけます。
場合によっては、ほんの少しだけぴょんと飛び降りるような高さのリフトもありますので、「はい、ぴょん!」と言ってもいいですね。
その時、お子さんの腰を軽く押してあげます。
子供が降りたと同時に自分も降り、子供が真っ直ぐ降りて滑っていけるように子供の腰のあたりに手を待機させ、サポートしてあげます。
これも心配だったら、乗り場のリフトマンに「降り場でもよろしくお願いします」と言っておけば、乗り場の係員が降り場へ事前に電話し(搬器番号とお客さんの特徴)、しっかりサポートしてもらえます。
これも頼まなくても大丈夫なんですが、頼んでおけば完璧ですね。

リフトマンは小さい子供や初心者には細心の注意を払っていますので、あとは親御さんがお子さんにリフトの乗り降り(通常の)をしっかり教えてあげるだけです。
キッズスクールなどでも上記の乗り降りサポートをやっていますので、もし見る機会があったら参考にすると良いですね。

全体で言うと、お子さんより親御さんが先にリフトに乗ったり降りてしまったりしないように・・・。

安全に楽しみましょう!(^_^)

☆乗る時
子供さんをリフト係が立っている方へ(右にいたら右へ、左にいたら左へ)待機させて下さい。
前に乗っていく人を見て座面の高さを判断、もし大人にちょうどいい高さ(膝に裏にちょうど座面があたる)なら、5歳の子なら抱き抱えて乗せてあげる必要があります。
大人の膝~ふくらはぎの間位ならお子さんの腰のあたりを押さえて深く腰かけられるようにしてあげます。
心配だったら乗る前にリフトマンに「乗せて下さい」とお願いしておけば安心ですよ(言わなくても大丈夫ですが、頼んでおけば快くやって...続きを読む

Qリーシュコード付けないボーダー

何故スノボする人でリーシュコード付けない人がいるんでしょうか?

先週ボードに行きましたが滑っていたら裏から、大きな声で危ないからドケ!!の声が聞こえたので止まって裏を振り返ると板だけが早いスピードで流れてきました。余りにも大きな声だったので彼女はビックリして転んでしまいエッジがブーツに当たりブーツが切れてしまいました。幸いブーツだけ切れただけで、お互い怪我は無しで良かったのですが、相手は何で板止めてくれないんだ。ボケ!と言われたのですが、カチンときましたね。相手も彼女つきでした。
なんか、うちらが悪いような感じで怒鳴られたのですが、最終的にはブーツ代を彼女が相手に請求してもらいましたが、リーシュコードは付けて欲しいものです。

平日でしたのでゲレンデが空いていたのですが週末でしたら、被害が増えたと思います。
これって、うちらも多少は悪いんでしょうか?
板を止めようとするとエッジで怪我をする可能性があるのでできません。

尚、自分達はリーシュコードもちろん付けてます。

Aベストアンサー

怪我が無くて何よりでしたね、ブーツ代ももらえたようでよかったですね。
しかし、なんてヒドイ相手でしょう。読んでて頭にきますね。

リューシュをつけない理由はおそらく存在を知らないか
知っていても初級者のほとんどが「自分は大丈夫」と思っている事でしょう。


自分は年に何度か流れる板を見ます、流してしまうのはほぼ初級者です。
初級者は板の扱いに慣れてないので押さえてるつもりでも離れてしまったり・・・
リューシュコードを手に持って板を引っ張る「犬の散歩」なるダメ行為も
やってるのはだいたい初級者です。

上級者の方でしてない方も多いですけど、板の扱いや
流さない工夫、下に書くポイントなどを知っていて
上級者で板を流したという話は聞いた事がありません。

リフトから見つけた場合はどうしようもない(大声を出すくらい?)のですが、
自分の場合、滑っているときに見つけたら追いかけて止めます。

流れた板は運がよければコース脇などで跳ねて止まりますけど、
運が悪ければかなりの加速をしたあげくにゲレンデ下部、
一般的には休憩してる人や家族連れがいたりすることが多い場所に突っ込みます。

ブーツが切れたとのことなのでお分かりと思いますが、
エッジは刃物ですし板だけ流れた場合は思わぬところでバウンドしたりします。
人の直前でバウンドして顔に・・・なんてこともない話ではないです。

ただ、追いかけると書きましたけど人が乗ってない板はかなりスピードが出ますし
突然跳ね上がったりして危険なので近づかないほうが無難です。
ご自分の身の安全を最優先してください、
その上で声などで下にいる人に注意を呼びかけるといいと思います。

もし追いかける場合は同じスピードで横からそっと近づき拾い上げます。
間違っても下で待ち受けてはいけません(←これで一度怪我しました)
また、コース変化でいたがバウンドする事があるので十分気をつけて。


質問者さんはリューシュコードを必ずするとのことなので安心ですが、
この質問を他の見た方にも安全なリューシュコードの付け方を知っていただけたらと思います。

1.まずは体を谷側にし、山側を向いて板が滑らないように裏向きに置きます。

  なぜ山側を向くかというと万が一手を滑らして板を落としても
  体側に流れようとするので止める事ができます。
  谷側を向いているとその時点で手の届かないところに流れてしまいます。
  また、板を裏向きに置くのは同じく滑らないようにソールを上にして
  ビンディングを下に向けるのですが、その際にひっくり返りやすい向き
  (一般的にはトゥー側かな)を山側にするとさらに安心です。
  逆だと突風などで谷側にひっくり返り流れる事があります。

2.リューシュコードを軸足に装着します。

  リューシュコードは板を裏にしたまま付けれる長さがあったほうがいいです。
  よく短いリューシュコードもありますけど、
  あれではビンディングに足を入れてからじゃないと付けられないので
  それまでに流してしまう危険があります。

3.山側を向いたまま軸足を装着

  よく初心者の方は座り込んで両足を着けていますけど、
  軸足だけなら立ったままでも意外と簡単です。
  逆に両足を座って着けると必然的に谷側を向くことになると思うので
  板から手を離してしまった場合など危険です。

あとはスケーティングで移動するなり、谷側に向きなおして後ろ足をつけるなり
して滑り出せばOKです。

最近リフト降り場の先で横一列で座り込んでる人や、
両足着けて移動しようとしている人の前に座り込んでしまう人など、
周りへの配慮が足りない方をよく見かけるので
その辺にも気を使えるとかっこいいスノーボーダーだと思います。


スノーボードの世界においてこういったマナーをどう伝えていくか・・・
重要な課題だと思います。

怪我が無くて何よりでしたね、ブーツ代ももらえたようでよかったですね。
しかし、なんてヒドイ相手でしょう。読んでて頭にきますね。

リューシュをつけない理由はおそらく存在を知らないか
知っていても初級者のほとんどが「自分は大丈夫」と思っている事でしょう。


自分は年に何度か流れる板を見ます、流してしまうのはほぼ初級者です。
初級者は板の扱いに慣れてないので押さえてるつもりでも離れてしまったり・・・
リューシュコードを手に持って板を引っ張る「犬の散歩」なるダメ行為も
やって...続きを読む

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

QBURTONのLTRボードのような初心者でも滑りやすい板を探しています

今シーズンからのスノボ初心者です。
今までレンタルで滑っていたのですが、そろそろ自分の板を買おうと思っています。
レンタルしてる中でBURTONのLTRボードが本当に滑りやすくて良いなと思い、買おうとしたのですが一般的に売られているのではないとのことで買うことができませんでした。
そこで、BURTONのLTRボードのように曲がるきっかけが作りやすくて逆エッジになりにくい板を探しています。
まだまだ初心者なので先の見えない目標ですが、カービングターンがキレイにできるようになったらなと思っています。
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単に言えば、ロッカータイプの板を選べばいいと思いますが、
きれいにカービングターンしたいのであれば、
キャンバーがお勧めなのですが。

探してみたら、こんなHPありましたよ。
http://majilucky.com/zatsudan/yomoyama242.html
「LTRレッスン後のおすすめスノボ」ですって。


人気Q&Aランキング