アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

スキーの板が左右にブラブラとブレたり、片足だけ雪にとられて又裂けになりそうになったりします。前傾姿勢も保てず板の後ろ側に体重が乗ってしまって急ブレーキになったり転びそうになったり…どうしてもすぐにバランスを崩してしまいます。
スクールでも指摘されたしもう5年以上練習してるのに上手くなりません。常に斜めに滑っているような感じだと思います。ダメなところが多すぎて手のつけようがありません。
もう私はダメなのでしょうか?
ボードやショートスキーならできますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

傾斜がきつくない、なめらかなゲレンデで練習しましょう。


指導員の、指導の仕方が良くなかったのでしょう。
ターンのやり方ですが、右斜め後ろに落ちている物を拾うようにすると、自然に曲がります(逆方向に曲がるなら左斜め後ろ)。
これで、自信をつけてください。
    • good
    • 1

スクールに入ったことがあるんですね。


ただ、マンツーマンの個人レッスンでない限り、あなた一人に合わせた練習をしてもらえないのが難点です。
次回は、是非、マンツーマンレッスンを受けてください。

さて、私も指導員なのですが、
1番練習してほしいことは、かなり斜度の緩いコースで、真っすぐに滑る練習をします。
怖くないぐらいのスピードしか出ないようなコースで、真っすぐ下に向かって滑って、もちろん、ハの字で滑りますが、それを広げてブレーキもかけます。止まったり、緩めてまた滑り出したりを、何度も練習します。
ターンは二の次でいいです。
まずは、スピードコントロールをしながら、安心して真っすぐ滑る練習が大事です。

ハの字を、緩めたり広げたりする練習をして、姿勢と足の開き方を覚えます。
怖くない斜度でしたら、体が後掲になることもないし、後ろに転ぶこともない。
真っすぐ滑れば、左右にバランスを崩すこともない。

それができていないのに、斜めに滑ろうとしたり、ターンの練習をしようとするのが、間違いです。まずは、真っすぐです。
重要なのは、それを練習できるコースがあるスキー場に行くことです。
リフトに乗って1本、ずっと緩いコースが続いている必要があるので、
調べてそういうスキー場に行くことです。

真っすぐに滑っているうちに、脚力もつくというか、足がスキーで滑ることに慣れ、バランスも姿勢もわかってきます。いろんな練習をするのは、それからです。

今まで、自分のコントロールできない斜度のコースでばかり、練習してきたんですね。
自分よりもできる人と一緒にスクールに入っていたでしょ?
緩いコースで真っすぐの練習をたくさんしてないでしょ。

そういうことです。
頑張ってください。
これからの時期、雪が緩んで滑りやすくなるので、練習のチャンスですよ。
    • good
    • 0

それはね、体重が前のめりになっていないからでしょう。


スキーは前傾姿勢が基本です。
あと、意図的に【ハの字】での滑降になります。(ボーゲンスタイル、そしてブレーキ)
慣れれば、かかとを揃えればスピードが上がります。
左右については、足に掛かる重量バランスが違うと弱い方へ曲がります。
つまり、左右どちらかに曲がるという事は、曲がる方向の逆の足に荷重が掛かっている事になります。
言い替えれば、力の入っている足が軸足になっています。
通常の歩行でもそちらの足がメインの歩き方になっている。
ボードやショートスキーでもバランスが悪いと転倒事故の原因になります、なので、自分の体重移動を含めたバランス感覚を修正して下さい。
スキーでは、蹴り出した足がカーブの外側になります。
右を蹴り出せば左へ曲がる、逆も同じ。
左右を蹴り出せば、ボーゲンスタイルになり、ブレーキングにも使えます。
    • good
    • 0

自分のレベルに合った斜面で練習しましょう。

悪い癖が染み付いてるところはうまい人に指導してもらうしかないです。
ショートスキーはやめたほうがいいです。
ボードは足が固定されていてケガしやすいのでバランス感覚が弱いと難しいかも。
    • good
    • 0

しばらくスノーボードをやってみても良いと思います。


私見ですが、ボード向きの人、スキー向きの人いるように思います。ファンスキー(ショートスキー)はスキーより短く操作しやすいなど簡単な点もありますが、新雪に埋まり易かったりバランス取りにくいなど、スキーより難しい点もあるかと思うので…
ただファンスキーを使った後は普通のスキーが滑り易かったりもするので、練習したいポイント次第ではファンスキーも良いと思います。
向き不向きを見直したい→スノーボード
スキーの練習のための→ファンスキー
かなと思います。
スキーもカービングとか、扱いやすい、にくいなど種類やバランス、上級者用初心者用色々ありますから、レンタルなどで試してみるのも良いと思います。
ご参考までに。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキーのパラレルターンができるようになれば初心者卒業ですか?

スキーのパラレルターンができるようになれば初心者卒業ですか?

Aベストアンサー

指導員をしています。
それは、十分に初心者、初級者を卒業して、中級者の仲間入りです。

そして、中級者というのが、幅広くて、
急斜面をどんどん滑れる人も、パラレルができるようになったぐらいの人も、ショートターンがきれいにできる人も、ひっくるめて中級者と呼びます。

上級者というのは、
まあ例えれば、SAJ1級保持者以上の人を言うかな。

Qミッドスキーはなぜ初心者用に普及しないの?

スキーを始めようとネットで調べてみたのですが、板の長さが120-130cm程度のいわゆる「ミッドスキー」というものが、速度は出ないものの取扱いやターンが普通の板よりも簡単で、楽に滑れるようになるという情報がありました。しかしミッドスキーがそんなに簡単なのなら初心者はそればかりになっているはずですが、実際にはほとんど普及していないようです(一部初心者講習で使われている所もあるようです)。
 初心者用に普及しない何か欠点があるのでしょうか?最初の板として買うのがミッドスキーか普通の板かで迷っています。

Aベストアンサー

そもそも「スキーのだいご味はなにか」ということと「正しい、というか身に着けるべきスキー技術は何か」という点から板の長さを考えるべきだと私は思います。

スキーのだいご味はやはりパラレルで自在に滑れるようになること、ではあると思いますが、カービングスキーが全盛である現在は「もっと自由に滑る」ということがあってもいいと思います。ですからショートスキー(全長が1m未満のもの)も楽しいし、MIDスキーもファンスキーとしてはとても良くできていると思います。

では、スキーでみにつけるべき技術とはなんでしょうか。それは「きちんと体重移動でスキーを回転させること」です。これができないと、いわゆるフリースタイルでもパラレルでも、とにかく上達することがありません。

体重移動でスキーを回転させるようになるには、それなりの長さが必要です。ビッグフット(懐かしいですね)なんかは回転も体重移動も関係なく、足のコツさえ覚えればすぐに滑れるようになりますが、長い板の練習にはならないのです。

カービングスキーができる前は、スキーの長さは慎重×1.2倍とか初心者でも1.15倍ぐらいだったはずです。
今はカービングスキーなので身長-5センチとか初心者だと身長-10センチぐらいでもいいかもしれません。

これらのスキーを使って、板を体重移動で回転させる訓練が必要になるわけです。これをちゃんとやっておかないと、こぶ斜面とかトリックなどのテクニックを身に着けるのが難しくなります。

もちろん、スクールで連収取するためにMIDから入るのは、それはそれでありだと思います。ただし、ストックをきちんと扱えるようになったらやはり150センチ以上の板でちゃんと回転できるようになったほうが、のちのちの上達度が違うでしょう。

そういうデメリットは間違いなくあると思います。

でも、スキーだって好きに滑ればいいのです。midスキーで始めたければ始めればいいと思います。

そもそも「スキーのだいご味はなにか」ということと「正しい、というか身に着けるべきスキー技術は何か」という点から板の長さを考えるべきだと私は思います。

スキーのだいご味はやはりパラレルで自在に滑れるようになること、ではあると思いますが、カービングスキーが全盛である現在は「もっと自由に滑る」ということがあってもいいと思います。ですからショートスキー(全長が1m未満のもの)も楽しいし、MIDスキーもファンスキーとしてはとても良くできていると思います。

では、スキーでみにつけるべき...続きを読む

Q質問です 今日の朝から舞子スキー場に行こうと思っているんですけどサマータイヤでももう大丈夫ですか?

質問です
今日の朝から舞子スキー場に行こうと思っているんですけどサマータイヤでももう大丈夫ですか?

Aベストアンサー

危険。

Qスキー板で迷っています! 50歳を過ぎて20年以上やってなかった スキーを先月再開しました。 身長は

スキー板で迷っています!

50歳を過ぎて20年以上やってなかった
スキーを先月再開しました。
身長は170cm 体重62kgの男性です。


最初は自信が無いため
レンタルで短めの板を履きましたが
ロッカー系なことや私がひさびさと
いうことがありあまり好感触では
ありませんでした。

そこで自分の板を買おうと考えてます。
お店では、やたらオールマウンテンを
勧められます。
昔はレーシングの入門タイプばかり
履いてましたので戸惑いがありますね。
そんなに頻繁に買い替える道具ではありませんが、昔に比べて選択肢がかなり細分化されてますよね?

お店に聞いても十人十色。拉致があきません。また試乗もいく隙がないので投稿しました。

重視したいのは
パラレルレベルでそこそこに飛ばすので
安定感とエッジの食い付きが良いもの
小学校の子供がいるのでボーゲンしても
疲れにくい板(有効エッジが長いもの)
特に迂回コースはバーンが多く、小回りかボーゲンばかりなのでエッジの効きにくい板は嫌ですね。

一応、ここまで絞りました。

ロッカー系
・アトミック ノマド ブラックアイ ti
・ヘッド Raw Instinct 系

キャンバー系
・ヘッド WC rebelシリーズ
・ロシの競技入門系

クルマ好きな方で、クルマで例えて
もらえるとわかりやすいです。

ちなみにクルマはスバルが長く
レガシィ(ターボ系)はパワー、トルク
ユーティリティ、デザインとバランスが取れてます。

オールラウンドの板を4WDと称する方もいますが、いまはどんなクルマにも4WDが存在するのでクルマ(メーカー)の特性が重要な気がします。

とくに来年のヘッドはグラフィンを
積極採用して非常に魅力的に感じており
まだ待つべきかも悩んでます。

スキー板で迷っています!

50歳を過ぎて20年以上やってなかった
スキーを先月再開しました。
身長は170cm 体重62kgの男性です。


最初は自信が無いため
レンタルで短めの板を履きましたが
ロッカー系なことや私がひさびさと
いうことがありあまり好感触では
ありませんでした。

そこで自分の板を買おうと考えてます。
お店では、やたらオールマウンテンを
勧められます。
昔はレーシングの入門タイプばかり
履いてましたので戸惑いがありますね。
そんなに頻繁に買い替える道具ではありませんが、昔に比べて選...続きを読む

Aベストアンサー

2です。

>>すみませんがSタイプのスキーがいまひとつ理解しておりません。ヘッドでは基礎板でなくレーシングになるのでしょうか?

ヨーロッパ発のスキーの大まかなカテゴライズです。
多分ドイツ工業品の規格かと思います。
S>スポーツ
A>オールラウンド
L>レジャー

だったかと思います。なので、その意味からするとレーシングスキーはSで、デモ系はAになるのでしょうが、中の構造で分けているのか判りませんが、日本にやってくるとほとんどSに別けられますね。
私は簡単に
L>初心、初級用
A>中級用
S>上級用程度に見ています。

ロシはこの表示使っていないかも。同様にヘッドなんかも表示してないかな。
この頃はサイドカーブの表示のところに数字と一緒に書いて有る気がしますが。

Q私はアルペンの大回転のレースに何度か出ており、その種目のためにかなり重みのあるサロモンのスキーの板と

私はアルペンの大回転のレースに何度か出ており、その種目のためにかなり重みのあるサロモンのスキーの板とブーツをもっています。

フリースキーをするには適していないのはわかっていますが、重みがあるとフリースキーの技は難しかったりしますか?

Aベストアンサー

重い板でも別にフリーランはできますし、どんなコースでも滑ることはできます。
ただ、
本格的に「フリースキー」として楽しむには、やはり軽くてテールが反っている板が、安全かと思いますよ。
フリースキーは、その字の通り、自由にいろんな所を滑ったり、飛んだり回ったりとアクションも入れたりしますので、GS用の重い板では、ちょっと厳しいですね。
まあ、腕次第で、できなくはありませんが。

あなたも、それなりのレベルだと思いますので、
その板で、キッカーをジャンプしたり、壁を登ったり、急な方向転換、そして下ったり。
ジャンプの着地で後ろ向きに降りて、そのまま滑ったり。

そういうのを、想像してみることができると思います。
きっと、やりにくいだろうな、重くて操作しにくいだろうな、後ろ向きには着地は無理だな、と思われませんか?

ということで、
ジャンプ、着地、跳ねたり回ったり、登ったり下りたりというアクションを考えると、
軽くてテール側も使えるような板が適している、というわけです。
ご理解いただけますか。

Qなぜドイツ人選手はノルディック複合にすごく強いんですか?

日本人選手である渡部暁斗も強いことはわかっているんですが、
1位になるのはたいがいドイツ人選手です。
その理由を教えてください

Aベストアンサー

「ノルディック」という言葉はそもそも北欧を意味します。
つまり競技自体がヨーロッパ北部の山岳地帯のスキーをベースにしているわけです。
伝統的に強い国は、ノルウェー、フィンランド、ドイツ、オーストリアであたり。
要は本場(またはその近接エリア)が強いってことです。
もちろんその中でも浮き沈みはあり、ドイツも今ほど強くない時期だってありました。
その辺は練習環境もそうですけど、選手によるところが大きいでしょうね。

突然変異で出現する天才は別として、普通は強い選手が出てくると、
一緒に競ってるライバルも強くなっていくので、チーム全体が底上げされることになります。
今のドイツがそんな感じでしょうね。
そもそもドイツ自体が組織的な育成を得意とする国でもありますし。(サッカーなんか顕著ですよね)

Qスノボ 10~20年くらいやってる方に質問です。

バインディングと靴について教えてください。

数年ぶりにスノボに行ってきました。
驚いたのが道具の進歩で、私はずっとクリッカーを使ってきました。脱着が容易でかつがっつり雪をつかめるので愛用してきました。
しかし昨日行ったら、普通のバインディングと靴のセットであたかも昔のハードブーツのように雪をつかんで走ってるし、リフト降りてからも立ったまま装着してる姿も見るし、リフトに乗る時もクリッカーの僕の前に滑り込んできて、ちゃちゃっとツータッチでバインディングを外してそのまま乗っていってました。

これならクリッカーにこだわる必要全くないじゃん。正直古くて壊れるんじゃないかとひやひやしながら使うより新しいの買おうと思いました。ちなみに他人の心配無用です。道具の手入れと整備はしてる上に万一でもなんとかなるコースとスピードで走っています。

脱着はもう年なので、簡単でなくてもよいですが、普通のセットで雪面をがっつりつかめるのなら特殊なセットより、一般的な使いまわし、修理をしやすいという点で変更しようと思いますが、どう思われますか?

ちな、僕ががっつりやってた頃はスノボブーツは普通のブーツに毛が生えた程度のふにゃふにゃで、バインディングもよいメーカーはそこそこだけど、アルペンが取り扱い始めたのはもっすごく酷かったような時代です。クリッカーは対アイスバーンでものすごくよかったですね。

バインディングと靴について教えてください。

数年ぶりにスノボに行ってきました。
驚いたのが道具の進歩で、私はずっとクリッカーを使ってきました。脱着が容易でかつがっつり雪をつかめるので愛用してきました。
しかし昨日行ったら、普通のバインディングと靴のセットであたかも昔のハードブーツのように雪をつかんで走ってるし、リフト降りてからも立ったまま装着してる姿も見るし、リフトに乗る時もクリッカーの僕の前に滑り込んできて、ちゃちゃっとツータッチでバインディングを外してそのまま乗って...続きを読む

Aベストアンサー

スノボ歴28年です。
あなたの言うような、昔昔にアルペンが取り扱い始めたころの、ブーツやバインディングは、まるでおもちゃのような作りでしたね。靴も山靴のようでした。それでも、ガンガン滑って上達に向かっていました。なんとかPOPって言いました。

私もステップインは使っていました。
キスマーク、バートン、SNAP-X、VANS、いろいろ使いましたが、K2のクリッカーは選びませんでした。あの貧弱な爪の部分で操作することを考えたら、ハードな滑りに耐えられ無さそうでした。バートンは、雪がかんだら、はまらない。キスマークはすぐにガタがでる。SNAP-Xは優秀です。4点でブーツとバインが固定。でも、ブーツの劣化が早かった。最後まで使っていたのがVANSのSWITCHですね。今でも持っています。

でも、ステップインは、いずれ劣化でブーツの靴底が外れます。壊れてしまうので、いつか寿命が来ますね。それに、やっぱり板への接点が弱いので、レベルの高い滑りや、きっちりしたカービング、グラトリには、無理が出ます。

さて、今時のストラップのバインは、外すのはすごく早いです。
若者は、ほんとに2タッチでさくっと外します。
私もFLUXを使いますが、早いですよ。そういう仕組みになっています。

もう一つ、今でもステップインを作っているのは、
YONEXのアキュブレイドだけです。それなりの性能を維持しているので、生き残っているのだと思いますが、プロが使ってはいません。でも、好きならありだと思います。
レベルの高い滑りを求めないのでしたら、ありです。

お勧めは、やっぱりFLUXかなあ。国産だしね。

あ、一応、指導員をしています。

スノボ歴28年です。
あなたの言うような、昔昔にアルペンが取り扱い始めたころの、ブーツやバインディングは、まるでおもちゃのような作りでしたね。靴も山靴のようでした。それでも、ガンガン滑って上達に向かっていました。なんとかPOPって言いました。

私もステップインは使っていました。
キスマーク、バートン、SNAP-X、VANS、いろいろ使いましたが、K2のクリッカーは選びませんでした。あの貧弱な爪の部分で操作することを考えたら、ハードな滑りに耐えられ無さそうでした。バートンは、...続きを読む

Qスキーウェアのお手入れ

夫のスキーウェアは、ドライクリーニングのマークがついています。

でも、襟元などは水洗いした方が気持ちよいように思います。
ドライクリーニングでは襟や袖の黒ずみも落ちません。

皆様、水で手洗いしてらっしゃいますか?

私のウエアは手洗いマークがついていて、手洗いしています。

Aベストアンサー

スキーウエアは1シーズン着たら、クリーニングです。
クリーニングに出さなくても、次の年気になりませんが、襟のところとか、袖口にカビが生えている場合が有るので、使い終わったらクリーニングです。
高いです。行く立場によって3着を使いまわしているのと、まるっきりフリーの時の自分のウエアと有りますので、4着、クリーニング、1万円越します。
パンツの肩紐が脱着式だと別料金なので、外して、ウエアのフードも脱着式だと外してクリーニングに出しますが、秋になったら保管しておいたフードが無いとか、始まります。

それぞれのウエアに別売りのキャップも有りますが、帽子は水で手洗いです。クリーニングでも縮む場合が有るので、水で手洗いが一番原形をとどめているようです。
私、頭がデカイので、LLかXOで無いと、すっぽりかぶれないので、縮むのは困ります。
そのくせ帽子に選手のサインをもらったりしますが、手洗いすると何がかいて有るのか判らなくなります。
実際は頭に被っていて、汗で字が滲むんですが、洗って滲んだ事にしています。

Qスノボで立てないのは?

昨シーズン彼女とスノボに行ったのですが、彼女はコケたらそのあと立てなかったのですが、こんなもんでしたっけ?
僕もがっつり滑る気はなくて初めての彼女にずっと付きっきりでした。彼女がこけたりするとそこから起き上がれずずっと手を引っ張ったりして起こしてあげてました。場所は六甲山なので傾斜がゆるいせいかな?彼女は身長153㌢で体重は知りませんが、ぽっちゃりはしてますがお腹が出てると言うほどデブでもありません。
今から思えば、仮にデブだとしても起き上がるくらいはできるような気がしますが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

スノボの指導員です。
慣れた人はすんなりと立てるものですが、初心者がなかなか立てないことは、良くあります。それなりに、コツや力の入れ具合があります。

まず、どんなに緩い斜面でも、
斜面に向かって後ろ向き(山側に向かって)から立ち上がるように伝えます。
理由は、立ち上がる際にスノボが動かないようにしないと、ボードがつるつる動いては立てません。つま先でボードのエッジを雪面に押さえながら、立つようにしないといけません。ですから、必ず斜面に向かって、上向きに立つように伝えます。

でも、お尻からコケて、下向きになってしまっても、何とかゴロンとひっくり返って、上向きにさせます。
そうすれば、つま先と膝を使って立ち上がることができるでしょう。

もう一つ。
これは、指導員だからこそのアドバイス。
立ち上がる前に、バインディングのストラップをゆるゆるに緩めてあげます。
そうすると、足首がよく曲がるので、一層立ち上がりやすくなります。
立てたら、しめてあげればいいのですから。

大丈夫です。
これで、上手く立ち上がれますよ。
あとは、滑る練習あるのみ。
ちなみに、あなたが教えるよりも、スクールに入れる方が5倍早く上達します。

スノボの指導員です。
慣れた人はすんなりと立てるものですが、初心者がなかなか立てないことは、良くあります。それなりに、コツや力の入れ具合があります。

まず、どんなに緩い斜面でも、
斜面に向かって後ろ向き(山側に向かって)から立ち上がるように伝えます。
理由は、立ち上がる際にスノボが動かないようにしないと、ボードがつるつる動いては立てません。つま先でボードのエッジを雪面に押さえながら、立つようにしないといけません。ですから、必ず斜面に向かって、上向きに立つように伝えます。

でも...続きを読む

Q昨日、長野の治部坂高原でショートスキーでスケートの様にクルクル回ったり、ジャンプ台でエアーを決めたり

昨日、長野の治部坂高原でショートスキーでスケートの様にクルクル回ったり、ジャンプ台でエアーを決めたり、モーグルや急斜面を滑っている人が居たんですけど、あの板は何処のメーカーの板か判る人は居ますか?急斜 面はまだしもショートで瘤面を滑るのは異常ですよね?

Aベストアンサー

普通の板では、そんなにはクルクル回れませんね。
そういう目的用に作られてないので。
板は短ければ、短いほど、簡単に回るし、
今は、「ロッカー」というタイプの板もありますので、それだと回りやすい構造です。
なんにしても、真似てやってみたいのでしたら、
メーカーはどこでもいいので、90cmぐらいのショートスキーを探してみればよいでしょう。
メーカーはどこでもいいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報