フランス語の"r"の発音って特殊ですよね。
”h”系の音に近い場合がありますけど、
発音のコツとかあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、papuaさんも仰るように下の前歯の裏に舌先を当てます。

その状態のまま、舌を、口の天井(のやや奥)にぎりぎり付くか付かないかのところまで持ち上げてみてください。
ちょうど、舌が山になったような感じでしょうか。
そのまま、のどの奥から息を吐きます。(本当にただ吐くだけでいいです)
これが一応基本になります。

あとは、rに続く母音の音につなげてみてください。
Regardez!(見て!)のように、単語(文)の冒頭にrが来る場合、慣れないうちは苦しいかもしれませんね。最初のうちは、どこにr音が来て、そのあとに続く発音はどんなか、ある程度意識していると良いかもしれません。

とにかく、最低限下前歯の裏に(軽く)舌先が付いていることが条件です。前歯の裏から舌先が外れてしまうと、英語のr音だと言われたりします。

ちなみに、知人のフランス人によれば、r音はフランス人でも発音するときは他の音より多少意識して発音するそうです。やはり特殊な発音だという意識はあるようですね。(戦前はもう少し違う発音だったという話も聞いたことがあります)
フランス人でもこの音は特別なんだ(あくまで、他の音に比べれば、ということですが)と思えば、案外気楽に発音できるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フランス人でも意識しないわけじゃない
と聞くと、確かに少し気が楽になります。
発音に特殊な感じがするし、難しいだけに、
間違ってないだろうか、とか、すごく気に
なっしまいます。なるべく舌の位置にも注意
して頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/15 12:14

 ずばり、「のどの奥に魚の骨がひっかかった時の感じ」です。

舌を下の前歯の裏に軽く当て、のどの奥から「はーっ」とやると、のどの奥がかすれたような、ふるえるような音が出ると思います。で、出したい音がroの音だったら、そのじょうたいでoの音をだせばOK。ではやってみましょう、rose。はい、よくできました(^<^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「のどの奥に魚の骨がひっかかった時」
ってのも。(笑)なるほど。最初にrの
発音を聞いたとき、日本語では先ず聞き
慣れないものだったので、混乱してしま
いました。他の発音の場合はそうでもな
いのに。
頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/15 12:05

ウガイの音を真似る感じが一番いいのですが、或いは、イビキのマネをしたときの喉の奥の感じですネ。


フランス語は小さな声で語ると綺麗な言葉ですが、大声だとrの音が結構エグイところがありますネ。
rの音をドイツ式に巻き舌に発音するとフランス語じゃなくなってしまいますヨ。十分通じると思いますが‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「イビキのマネ」というのも実用的。(笑)
舌の位置などに気をつけて発音すべきなの
でしょうが、難しくて苦手です。。。。
頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/15 11:59

私の記憶が間違いでなかったら、


「のどちんこ(ごめんなさい。他に言い方を知らないので)をふるわせる」
だったと思うのですが、コツとしては、上を向いてうがいの真似をしてみてください。「ガラガラガラ…」というやつです。
慣れてくれば、正面を向いていてもできるようになると思います。

全然違う発音のことでしたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その発音のことです。「うがいの真似」
というのはわかりやすい例えで、
実用的ですね。(笑)
頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/15 11:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語のrとフランス語のr

ドイツ語のrとフランス語のrの発音の違いを教えてください。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 僕はドイツ語とフランス語をネイティブの先生「にも」ならったことがあり、その効き目がない事を残念(あまり残念でもないのですが)に思っている者です。
「r」音は、標準ドイツ語ではフランス語と同じく「うがい音(有声口蓋摩擦音)」である。これは、喉の奥をガラガラと鳴らせる音で、日本人は出すのに苦労をする傾向がある。南ドイツでは巻き舌で「r」音を表すが、あまりやりすぎると「バイエルンの片田舎のおっさん」扱いを受けるので注意。と下記にあります。
 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E8%AA%9E
 下記では「口蓋垂摩擦音」となっていますが、独仏場所は同じという点では一致しています。
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/937315.html
 ドイツ語のr
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1032578215
 http://taweb.aichi-u.ac.jp/doitsugo/files/konsonant.html
 フランス語のr
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/18992.html

 まあ色々ご意見があるようですが、僕の単純な表現だと、フランスは「かする」音、ドイツ語はパタパタと「はためかす音」、場所は同じ、だと思います。発音記号はRの大文字を上下逆にひっくりかえした文字を使います。語頭、語中など、単語の中の場所でも違うので一概に相違を述べると長くなり、僕の力の及ぶところではありません。
 もとはと言えば、フランスの粋な発音をドイツが真似た訳ですから場所は似ている、と同時に色々な方言の訛りもあるので、別に神経質になる事は無いと思います。

 僕はドイツ語とフランス語をネイティブの先生「にも」ならったことがあり、その効き目がない事を残念(あまり残念でもないのですが)に思っている者です。
「r」音は、標準ドイツ語ではフランス語と同じく「うがい音(有声口蓋摩擦音)」である。これは、喉の奥をガラガラと鳴らせる音で、日本人は出すのに苦労をする傾向がある。南ドイツでは巻き舌で「r」音を表すが、あまりやりすぎると「バイエルンの片田舎のおっさん」扱いを受けるので注意。と下記にあります。
 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%8...続きを読む


人気Q&Aランキング