今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

 雑誌のフリーソフトをインストールしようとして、注意書きに「VB6ランタイムをインストールして下さい」とあったのでその雑誌についていたVB6ランタイムをインストールしようとしたところ、途中で「~がコピーできません」と出てしまい、「~を削除します」となって、インストール前に戻ってしまいます。
 このソフトがおかしいのかなと思い、Vecterなどでダウンロードしたもので再度行ってみたのですが同じでした。一応常駐ソフトと思われるものは外しても行ってみたのですが、やはりダメです。家には2台PCがあるので、もう一台のほうでも試してみたのですが、こちらも同じです。
 OSはWinMeで、2台共通の常駐ソフトはEasyCDCreator4とOffice2000だけです。
何か特別なインストール方法じゃないと、VB6はダメなんでしょうか?とてもそうとは思えないんですが、このために使えないソフトがいっぱいあって、困っています。どうか、この状態にピンとこられた方、よろしくご指導ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私が使用しているOSはWin2kですがMeは2kの後に出たOSですし


もしかしたら参考になるかもしれませんので書いておきます。

私もWin2kを再インストールしたときなどVB6のランタイムだけ同じ状況になります。
これはいろいろ試してみたところWindowsのテンポラリフォルダのパスが原因のようです。
詳しい条件は不明ですがどうやら
全角文字がパスに含まれているとコピーに失敗するようなのです。
Win2kのテンポラリフォルダはデフォルトでは確か
「Document and Settings\ユーザー名\Temp\」となっているので
日本語のユーザー名を使っている私は失敗してしまったというわけです。

私が取った解決法は、コントロールパネル>システム>詳細>環境変数
を開き、TEMPとTMPを両方とも半角文字だけの具体的なフォルダに変更しました。

WinMEとのことですので細かい方法は違うかもしれませんが、
試してみてはいかがでしょうか?


あと、最終手段としてVB6のランタイムを直接コピーするという方法もあります。
らるちーなどの解凍用のソフトでは
物によってはEXEを解凍することもできるので、
解凍した中のDLLをWindows\System\にコピーすれば完成です。
ただこの方法は経験がないとある程度危険を伴いますので
不安ならやらないほうがいいかもしれません。
参考には一応らるちーのサイトを書いておきます。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
ユーザー名は半角英数を使っていたので、これにはあたらなかったのですが、
このようなからくりもあるのだと勉強になりました。

ちなみにVBのインストールは、VB同梱のフリーソフト(欲しいランタイムを含んでいるだけで、必要が無いソフトなんですが)をインストールすることで、解決しました。
このソフトをインストールした後は、そのソフトに含まれていなかったモジュールも、別のランタイムセットのインストールが可能になって無事に行えました。
結局、何が原因かは分からなかったのですが、とりあえずはインストールできたので、一段落としようと思います。

あと直接コピーの方法なんですが、これもコピー禁止のダイアログが出てしまって、出来なかったんですよ。DLLなりOCXを使用しているソフトを調べたりもしたんですがWindowsでは使用していなっかたので、あれ?という感じでした。

何はともあれ、どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/08 20:57

こんにちは。



OSがWinMeで、EasyCDCreator4があるということはメーカー製でプリインストールソフトの
多いパソコンですよね。
多分VB6は最初からパソコンに入っていると思うのですが。
(なかったらごめんなさいね)

そのVB6が必要だというゲーム、まず起動してみたらどうでしょうか。

VBやその他DLLなどのファイルがパソコンに入っているかとか、バージョン
まで一覧で表示してくれる「CLWindows」というソフトがあるのですが
このソフトで調べてみることもできますが。
解凍してすぐ使えますしレジストリにも書き込まないのでアンインストールも
フォルダごと削除すればいいですから。

参考URL:http://www.zdnet.co.jp/download/pc/tools/clwindo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
教えていただいたCLWindowsで調べてみたら一部はインストールされていて、一部は無いといった状況でした。拡張子を変更して直接コピーの方法を取ってみたんですが、これもコピー禁止のダイアログが出てしまって、出来なかったんですよ。DLLなりOCXを使用しているソフトを調べたりもしたんですがWindowsでは使用していなっかたので、あれ?という感じでした。

ちなみにVBのインストールは、VB同梱のフリーソフト(欲しいランタイムを含んでいるだけで、必要が無いソフトなんですが)をインストールすることで、解決しました。
このソフトをインストールした後は、そのソフトに含まれていなかったモジュールも、別のランタイムセットのインストールが可能になって無事に行えました。
結局、何が原因かは分からなかったのですが、とりあえずはインストールできたので、一段落としようと思います。

何はともあれ、どうもありがとうございました。
CLWindows、便利ですね。

お礼日時:2002/01/08 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWindows7にvb6をインストールしようとすると、「このプログラム

Windows7にvb6をインストールしようとすると、「このプログラムには既知の互換性の問題があります」と表示されます。
【オンラインで解決策の有無を確認する】ボタンがあるので、それを押すと「Visual Studioの解決策が見つかりません」のメッセージが表示されます。
このプログラム互換性アシスタント画面には、【プログラムを実行する】ボタンもあるので、メッセージ表示を無視してインストールを実行してしまっていいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

インストールして大丈夫です。

私がインストールした時は最初失敗しましたが、かまわず再インストールしたらインストールできました。

ほぼ正常に働いています。

日本語入力の時にちょっと挙動不審な時がありますが、その時は別なテキストエディタでそちらに日本語入力し、コピペしています。

VB6はSP6がありますから、SP6もインストールしてください。

また、Windows Update で、「設定の変更」で「推奨される更新プログラム」と「Windows Update」にチェックを入れ、「更新プログラムの確認」を実行してみてください。

表示された一覧の中にVB6関係があったら(あったかどうか覚えていませんが)インストールしておいた方がいいでしょう。

なお、Windows7 はVB6のランタイムライブラリーは標準でインストールされています。

QVB6.0ランタイムインストール先は?

VB6.0ランタイムファイル(V6S6R133.exe)を、
インストールしたいのですが、
インストール先が分かりません。

今は、デスクトップ上に保存しています。
そのままダブルクリックで展開すると、
デスクトップ上の作成済みフォルダ(例:「仕事用一時保管ファイル用」)にインストール
されますが、
System等のフォルダを指定しなくても、大丈夫なのでしょうか?

又、VB2003.NETがインストール済みなのですが、
大丈夫でしょうか?

詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

No2です。

>もし展開する際のインストール先と言うのなら、
>適当なフォルダで良いですよ。
適当なフォルダを作成して、
その中に入れたら良いです。

setup.exe
Setup.Lst
v6s6.CAB
readme.txt

が出来ますから、
setup.exe をクリック。

その後上記の4つのファイルを削除(フォルダと一緒でも)。

QForm_Load と Form_Activate のタイミング

あるデータ入力アプリを作っています。
親フォーム(Form0)で番号を決め、子フォーム(Form1,Form2,Form3,Form4) でデータ入力し、それぞれの子フォームを出るとき(Unload Me) に、変数にsaveしています。それを親フォーム(Form0)で登録を選択したとき、入力データをチェックしてDBに格納しています。
すでにDB格納済のデータの場合、親フォームでDBから変数に読み込み、子フォームのForm_Loadで展開しています。
そこで困っているのは、親と子のフォームを行き来するときにデータの表示で前のが残っていたり、消えてしまったりします。
Form_LoadとForm_Activateを通過するタイミングが、ちゃんと理解できていないためコードの記述位置が不適切なのだと思います。

Form_Load と Form_Activate の実行タイミングについて、お教えください。

Aベストアンサー

Form_Loadは、フォームがロードされたときです。
ロードされる条件は、
1.フォームがスタートアップに指定されているとき、アプリが実行された直後。
2.Show メソッドが呼ばれたとき
3.Loadメソッドが呼ばれたとき
4.フォームに貼り付けられたコントロールのプロパティが参照されたとき
5.フォームに貼り付けられたコントロールのメソッドが呼ばれたとき
です。

ただし、一度ロードされると、Unloadされるまで呼ばれません。


Form_Activateは、フォームがアクティブになったとき、つまり、キャプション(ウィンドウのタイトルバー)の色が変わったときです。

QVB6のアプリケーションの配布

VB6でアプリケーションを作成したのですが、他のマシンに配布する場合に実行形式(EXE)だけだと、DLLやOCXなどの有無やバージョンの違いで動作しないのですが、Setup.exeなどダブルクリックするだけで、インストールできるようにしたいですが、方法がわかりません。
VBのランタイムは、このSetup.exeより先にインストールしないと、Setup.exe自体でインストールが中断されるのでしょうか?

あと、.NETですがVB6のようにDLLやOCXの有無・バージョン違いなど気にせず簡単に配布できるのがメリットの一つと解釈しても良いのでしょうか?

このように配布・インストール関連で詳しい書籍などご存知でしたら教えてください。
インストーラソフトというものは言葉聞いたことがあるのですが、
.NET使うならば、あまり必要ないのでしょうか?これもお勧めのインストーラソフトがあるのでしたらご教授下さい。

Aベストアンサー

殆どのVB製フリーソフトでは別途ランタイムをインストールしてくださいで済ましているようですが。
どうしても組み込みたいということでしたら、インストーラーの作成時に組み込みましょう。殆どの人はそれで問題がおきる(低バージョンのDLLでの上書きとか)ことが予想されるため、ユーザー任せにしているわけで。
>Setup.exe自体でインストールが中断
そのインストーラー自体が特定のDLLやOCXに依存して作っているのなら先に必要となりますが、殆どのケースでは必要ないように作られるかと思います。どうやって作ったのか次第です。

.NETの場合は、これらのVB時代の反省を生かして所謂ランタイム的なものを.NetFrameWorkとしてマイクロソフトが一元管理しています。そのため.NdetFrameWorkのバージョンが1.1なり2.0を入れておいて下さいとするだけで(またそのインストールがWindowsUPDATEから可能)特に作成者側が気を回す必要はなくなりました。

VB時代も含めてのインストーラーの参考URL
http://dobon.net/vb/installer/index.html

殆どのVB製フリーソフトでは別途ランタイムをインストールしてくださいで済ましているようですが。
どうしても組み込みたいということでしたら、インストーラーの作成時に組み込みましょう。殆どの人はそれで問題がおきる(低バージョンのDLLでの上書きとか)ことが予想されるため、ユーザー任せにしているわけで。
>Setup.exe自体でインストールが中断
そのインストーラー自体が特定のDLLやOCXに依存して作っているのなら先に必要となりますが、殆どのケースでは必要ないように作られるかと思います。どうやっ...続きを読む

QVisual Basic 6.0 SP6 インストール手順

Visual Basic 6.0 SP6が、どうしてもインストールに失敗します。

まず、Vs6sp6B.exeをダウンロードして、それを実行したら
ファイルを保存する場所を指定されるので適当に指定しました。
そうしたら、そのフォルダ内にexeファイルが2個ありますが、
 ・acmsetup.exe
 ・setupsp6.exe
のどちらを実行したらいいのでしょうか?

まあ、どっちにしろ、「セットアップは正常に終了しませんでした」と表示して
終わるんですが・・・・

本当に急いでいるので、わかる人がいたら教えてください

Aベストアンサー

VB6.0がインストールされているんですよね
VB6.0本体が無ければサービスパックはインストール出来ないと思います
VB6.0本体がインストール済みの場合はSetupsp6.exeを実行すればいいはずですよ

acmsetup.exeは再インストールや修復時に使用されるものだったような気がします

QVBをアンインストールするには?

VBをアンインストールするにはどれを削除すればいいでしょうか?

プログラムと追加には
・Microsoft Visual Basic 2008 Express Edition SP1-日本語
・Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable
・Microsoft Windows SDK for Visual Studio 2008 SP1 Express Tools for.NET Framework -jpn
・Microsoft Windows SDK for Visual Studio 2008 SP1 Express Tools for Win32

があります。

C++なのにアイコンがVBなので
これを全部アンインストールすればいいですか?

よろしくお願いします。
(当方vistaです。)

Aベストアンサー

MSDNに
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms246604.aspx
という項目があって,そこのリンク
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=102508
の文書に
2.2.2.4. Visual Studio 2008 を手動アンインストールする
という項目があります。

原則は上記の文書に沿って削除していくことになります。
文書自体はVisual StudioのProfessional Editionsで完全にインストールした場合のものなので,
Express Editionsでは存在しなかったり,Express Editionなどの文字列を追加して読み替える必要もあります。
それから,.NET Framework系は残していてもいいでしょう (Vistaだと.NET Framework 2.0/3.0はおそらく削除できません)。

なお,
> ・Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable
は,別のソフトが使っているのだと思います。
ので,削除することはお勧めできません。

MSDNに
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms246604.aspx
という項目があって,そこのリンク
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=102508
の文書に
2.2.2.4. Visual Studio 2008 を手動アンインストールする
という項目があります。

原則は上記の文書に沿って削除していくことになります。
文書自体はVisual StudioのProfessional Editionsで完全にインストールした場合のものなので,
Express Editionsでは存在しなかったり,Express Editionなどの文字列を追加して読み替える必要もありま...続きを読む

QVB6.0 ラベルが文字化け

VB6.0で作ったexeファイル実行するとラベルが文字化けするのですがなぜでしょうか。キャプションやコマンドボタンは問題ないのですが。
環境は
OS:Windows XP Pro. SP3
VB:6.0 Pro.

Aベストアンサー

同じ質問を投稿しては拙いでしょう。。

と、まあ、それは置いといて、
下記VBレスキュー(花ちゃん)Q&Aに
原因究明には至っていないようですが、
Characterセットでの苦肉の回避策が載ってます。
覗いてみたらどうでしょう。

http://hanatyan.sakura.ne.jp/logbbs1/wforum.cgi?no=3760&reno=no&oya=3760&mode=msgview


それから、老婆心ながら一言。
質問する前に、先ずネット検索してみることをお勧めします。
今回の場合は、「Label 文字化け」などをキーにしてググッる、
さすれば自力解決できることもあるでしょう。
以上です。

QVB6.0を使用しています

VB6.0を使用しています
VC6.0でdefファイルで宣言してDLLを作成し
VBのEXEよりDLLをCALLしています。
VBではDLLの関数をDeclareで宣言しています。
問題なのは
ちょっと前まで問題なく動いたDLLですが
新規にDLL関数を追加したら
EXEではちゃんと呼び出して処理を行なってくれておりますが
VBのデバッグ起動で呼び出すと、その新規のDLLの関数がありませんと
メッセージを通知して止まってしまいます、
EXEでは動くのにデバッグ起動ではだめなんでしょうか??不思議です
もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

System32に無いので、やはりカレントを探しています。
EXEになっている方は同じフォルダ内にあるDLLを使って
いると思われますが、デバッグ中のカレントは規定では
VB自体が起動した所なので、探す場所が違っていると
考えられます。試しに、CurDirをメッセージボックスで
表示するコードを入れてみるとハッキリします。
そこで、DLLの関数を使用する前にカレントを自分の
プロジェクトのフォルダ(ここには最新DLLを置く)に
移動しておきます。これでDLLを探す場所を変更できます。

本当はDLLの定義をClassモジュールで定義し、ここを
通して間接的に呼び出す方が、より好ましいのです。
標準モジュールですと、DLLはプロセス空間にロードされる
ため、一度でも実行(ロード)されるとリフレッシュでき
ませんが、Classモジュールで定義すると、インスタンスを
作り直す(一度、Nothingをセットしてから再度、Newを行う)
ことで、DLLをリフレシュできます。特にWinSockのように、
障害で内部データが壊れると、リフレッシュしない限り復旧
しない作り(内部データを保持する)のDLLでは尚更です。

System32に無いので、やはりカレントを探しています。
EXEになっている方は同じフォルダ内にあるDLLを使って
いると思われますが、デバッグ中のカレントは規定では
VB自体が起動した所なので、探す場所が違っていると
考えられます。試しに、CurDirをメッセージボックスで
表示するコードを入れてみるとハッキリします。
そこで、DLLの関数を使用する前にカレントを自分の
プロジェクトのフォルダ(ここには最新DLLを置く)に
移動しておきます。これでDLLを探す場所を変更できます。

本当はDLLの定義をClassモジ...続きを読む

QExcelとOracleの連携について

お世話になります。

Excelで[データ]-[外部データの取り込み]-[データの取り込み]-[新しいソース]
-「ODBC DSN」-「接続するODBCデータソース」-「OracleDNS」
-「Oracle ODBCドライバ接続」ではOracleに接続する事は出来、データも
Excel上に表示する事が出来ました。

しかし、下記HPの
http://www.atmarkit.co.jp/fdb/rensai/excel2oracle02/excel2oracle02_2.html
サンプルコードを元にVBAコードを作成したのですが、
'データベース接続処理がうまくいっていない様で、

Err_Han:
' エラー処理
MsgBox (Err.Description)

で、「ORA-12154:TNS: 指定された接続識別子を解決できませんでした」
と言うエラーになってしまいます。

VBAにてADOの参照設定とかしていないのですが原因はそれでしょうか。

どなたかご親切な方、ご教示くださいます様、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.2です。

>Excelで[データ]-[外部データの取り込み]-[データの取り込み]-[新しいソース]
>-「ODBC DSN」-「接続するODBCデータソース」-「OracleDNS」
>-「Oracle ODBCドライバ接続」ではOracleに接続する事は出来、データも
>Excel上に表示する事が出来ました。
なのだから、DSNはあるのですよね。すみません。

実を言うと、私は通常ADO+OLE DBを使っているのでODBCに関しては良くわかりません。
・・・申し訳ありません

ADO+OLE DB は特にソフトをインストールなどは必要ありません。
(「ADOの参照設定とかしていないのですが」とありますが、そのエラーならばActiveX Data Objects に参照設定されていると思います。それ以外の設定は特にありません)
こちらの方が(oo4oよりは劣るにしても)パフォーマンスが多少良いとのことですし、一度試されてはいかがでしょうか。

QVB6の開発環境確認

Visual Basic関係の開発環境についてよく解っていません。
初心者です。
教えてください。

VB6で開発されたプログラムというところまでは判っているのですが、どの.NETFRAMEWORKのバージョンで開発されたかの確認をしたい場合、どのファイルを開くか、参照をすればいいでしょうか?
ちなみにソリューションファイルがありません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Visual Basic 6.0 は、 .Net の Visual Basic .Net とは別系統のプラットフォームです。
Visual Basic 6.0 は .Net 環境以前の開発プラットフォームです。つまり、i386 アーキテクチャの CPU に対応したネイティブアプリケーション開発環境です。
VB の歴史を簡単にまとめると

1991年 VB 1.0 初出荷
1992年 Windows 3.1 初出荷
1998年 VB 6.0 初出荷(Visual Studio 6.0)
2002年 Visual Basic .Net 出荷( .Net Framework 1.0 )
2005年 VB 6.0 メインストリームサポート終了
2008年 VB 6.0 延長サポート終了

と、まあ、VB 6.0 は 16 ビット OS の Windows 3.0 時代から(正確には、 MS-DOS の Basic 時代を引き継いでいる)の歴史を引き継いだ開発環境です。
この歴史も VB 6.0 でようやく終わりました。 VB 6.0 の開発者は .Net Framework の Visual Basic .Net に引き継がれ、すべてが万事うまく・・・いっていたら良かったのですが・・・。
VB 6.0 と Visual Basic .Net は言語仕様は配慮されていました。
それだけでした。既存のコードはまったく互換性が無く、行き場を失ったコードが停滞しています。
既存のコードを Visual Basic .Net で再開発するなんてことをお気楽にできるはずがなかったのです。

まあ、 NEC の PC98シリーズや DOS のアプリケーションや COBOL が生き残っているのと同じ状況です。 i386 (x86) アーキテクチャの CPU も当分、絶滅するようなことはないでしょう。( .Net Framework は 脱 i386 アーキテクチャ、Go RISC アーキテクチャのための布石でもあるのでしょう)

さて、本題ですが、要するに、「VB 6.0 のアプリケーションの再開発や保守を依頼されたが、 Visual Basic 20XX で開けないんですけど・・・」という状況ですよね。(たぶん)
VB 6.0 の保守を行うには、 Visual Basic 6.0 を使います。(1998年製のソフトウェアです)

開発環境は Windows XP か Windows 2000, Windows Me, Windows 98 SE あたりがサポートされる OS のはずです。
最新の Windows 8, Windows 7, Windows Vista では不具合が出る可能性があります。
Windows Vista 以降は *.hlp ファイル(古いヘルプファイル)などがサポートされていないようですので Windows XP 以前をおすすめします。(追加のインストールやレジストリ設定の変更、互換モードの利用などが必要になるかもしれません。)

幸いにも、下記のMSDN からダウンロードできるようです。

>日本語版 Visual Basic 6.0 提供再開に関するご案内
>現在、日本語版 Visual Basic 6.0 は MSDN サブスクライバ ダウンロード サイトよりご利用いただけます。
>更新日: 2010 年 4 月 13 日
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/dd179306.aspx

最新の開発環境は無料で提供しても(Express)、古い開発環境は有料な感じなのはしゃくぜんとしませんが、まあマーケティング的に仕方ないですね。

Visual Basic 6.0 は、 .Net の Visual Basic .Net とは別系統のプラットフォームです。
Visual Basic 6.0 は .Net 環境以前の開発プラットフォームです。つまり、i386 アーキテクチャの CPU に対応したネイティブアプリケーション開発環境です。
VB の歴史を簡単にまとめると

1991年 VB 1.0 初出荷
1992年 Windows 3.1 初出荷
1998年 VB 6.0 初出荷(Visual Studio 6.0)
2002年 Visual Basic .Net 出荷( .Net Framework 1.0 )
2005年 VB 6.0 メインストリームサポート終了
2008年 VB 6.0 延長サポート終了

と...続きを読む


人気Q&Aランキング