時々“v(ボルト)”の前にマイナスが付くことありますがどういう意味ですか?(例:-50mv)

A 回答 (2件)

 基準とする点がどこかという問題だと思います。



 3Vの電池だといわゆる+側から+3Vでていそうですが、
それは-側を電圧が0としているからで
+の端子側を0としてしまえば
-の端子側から-3Vでていることになります。

地面を0mとしたら地面から生えている木のてっぺんは
+の高さをもっています。
でも、富士山の頂上を0mとしたら
その木のてっぺんのたかさは-になります。

よけいわかりにくいかもしれませんが。
    • good
    • 0

どのくらいのレベルの人か、わからないのでどのように説明していいかわからないんですが、


簡単にいえば、電圧が逆になったと思ってください。
乾電池で豆電球をつけたとき、豆電球の2つの端子を考えます。(AとBとします)Aに乾電池の+をつなげて、
BにーをつないだときBを基準にAの電圧をみれば
+となりますが、
乾電池を逆につなぐと-になります。
(BからみるとAの電圧は低くなります)

わからないようでしたら、遠慮なく補足してください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q22ボルトで12V,1.5kwモータを回す。

表題の様な構成で、パネルとモーター(12V,1.5KW)の間にDC-DCコンバータを入れて12Vに落とす必要があると思うのですが、モータには荷重がかかると125アンペアぐらいまで流れると思いますが。

質問の1.このような環境で使用可能なDC-DCコンバータは市場にありますでしょうか。

質問の2.出力元は22v, 130Wほどの太陽光パネルですが、12Vのモータに接続した場合、モーターはどの程度持ちますでしょうか。あるいはパネルに問題が発生しますでしょうか。

質問の3.たとえば太陽光パネルの一部を光に当てないようにすれば出力を12Vすることは可能ですか。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

分野がわかったので12Vとは鉛蓄電池の12Vだということがわかりました。つまり満充電状態で15V近くなるのも想定した設計になっているはずです。
そして鉛蓄電池を22Vで充電することのほうがよっぽど危ないです。
充電の途中とかはいいんです。パネルの電圧が低下しますから。しかし電池の電圧が14.4Vになったら満充電のサイン。それ以上充電を続けると水素ガスが発生するので危険です。
あと過放電は、危なくはないのですがあっという間に電池が死にます。11Vを切ったらすぐモータを止めてください。
常時電圧計をつないでおいてつきっきりで監視するか、しっかりした電圧監視回路を用意するかのどちらかですね。14.4VのほうはDC-DCコンバータにしてしまえば安心か。

単純計算で5時間漂流しながら充電して30分進むみたいな状態ですね。1日じゃ着かなそう。

minn kota batteryで検索するときちんとこれ向けのバッテリーと充電器が出てきますね。こういうのを買うか、こういうのが売っているところに相談するのが確実です。

しかしもはや趣味>アウトドア>フィッシングのカテゴリで聞き直したほうがよさそうな(^_^;;

参考URL:https://www.google.co.jp/search?q=minn+kota+battery

分野がわかったので12Vとは鉛蓄電池の12Vだということがわかりました。つまり満充電状態で15V近くなるのも想定した設計になっているはずです。
そして鉛蓄電池を22Vで充電することのほうがよっぽど危ないです。
充電の途中とかはいいんです。パネルの電圧が低下しますから。しかし電池の電圧が14.4Vになったら満充電のサイン。それ以上充電を続けると水素ガスが発生するので危険です。
あと過放電は、危なくはないのですがあっという間に電池が死にます。11Vを切ったらすぐモータを止めてください。
常時電圧計を...続きを読む

Q交流高圧電界電位9000V+9000V=18000V?

電位治療器でパワーヘルスPH-9000がひょんな事から自宅に2台やってきました
なにやら9000V交流高圧電界を発生させるらしく、
それを利用して治療しようと言う代物らしいのですが。
する事は単純!電源をONにしてマットの上に座るだけなのです
この商品
2つ一緒に使ったら単純に18000Vの磁界・電界が出力されている事になるのでしょうか?

Aベストアンサー

補足の件です。
>>この中に生体をおくと電流が流れるだろうとしかわかりません。
絶縁マットであっても、その上に交流電界の空間があり、その中に生体を置いたとすると、外部には電流は行きませんが、生体の中で渦電流(循環電流)が流れることになります。
電圧(電位)は高くてもマットの上部空間の電界はごく弱いのでしょう。
この電流(危険が無いような微小電流でしょうけれど)の効果を利用するのではないでしょうか。

>・・・でも配線は1本なんですよねぇ・・・?
面によるアンテナのような働きでしょうか。もう1本は、。マットの下面がアースの働きをしているかもしれません
>部品にAVCと表示があれば、100円ラジオですからその部品だけハンダ後手で焼いても良いですよね・・!
残念ながら表示は無いと思いますから、受信機の回路の理解が無いと判らないと思います。
ですが100円でしたら、もともとAVCが無い可能性があります。100円ならだめもとで、やって見る価値がありますね。

Qニカド電池の充電について、1.2V×4=4.8V、1.2V×5=6.0

ニカド電池の充電について、1.2V×4=4.8V、1.2V×5=6.0V,などで、手元にある充電器を使うとまずいでしょうか?
ニカドは1.2V×6=7.2V/700mAhのものを分解して使いたいと思っています。

充電器は、DAIWAのAC-4Aというものなのですが、仕様がINPUT:120VAC 60Hz 15W , OUTPUT:12V DC 360mAと記載があります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ニカド(カドニカ)電池の充電については、次のように行うのが一般的です。

電池容量から、一時間放電電流=Cとした時、充電電流はC/10~C/50の範囲に収めます。
電池電圧は充電開始~満充電で変化します。なので、充電開始では過電流に注意し、満充電では自然放電連流と充電電流が同一となるのが理想的です。
これらを満足できればその「充電器」が利用できますが、それを無視すると非常に危険です。

充電器(AC-DCアダプター)の仕様である出力電圧と出力電流は、その出力電流の時の電圧が「出力電圧」となっているのが一般的で、出力電流が変化すると電圧も変化します。なので、「他の機器には使用しない事」が明記されているはずです。

また、ニカド(カドニカ)電池にはメモリー効果があって、「こまめな充電を繰り返すとすぐ使えなくなる」現象があるため、満充電しても容量(mAh)を使い切れないことが多々あります。

以上がご理解いただけない(このような質問をされる)状況では「手持ちの充電器で電池を充電する」行為は大変危険です。

Q電気はプラスからマイナスに流れるのか? マイナスからプラスに流れるのか?

解る方いらっしゃいますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.necel.com/ja/faq/f_ele.html

QEC50とIC50の違いについて

EC50とIC50の違いについて


私は現在、大学の実験で
癌細胞の増殖抑制実験をしています。

そこで、
IC50を求めたいのですが、
EC50と何が違うのか
いまひとつよく分からないので
質問させていただきました。

あるサイトで調べたところ、
IC50は阻害実験、
EC50は活性実験で用いる、とありました。

IC50は何らかの阻害濃度を求めるときに用いるのだな、
というのは理解できたのですが
EC50は50%効果濃度を求める、
という解説があり、
「効果」とはどのような効果のことを言うのか
というのが疑問になりました。

何か具体的例などありましたら、
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

自信はないですが、
IC50はin vitro でEC50はin vivo のものだったような気がします^^;


人気Q&Aランキング

おすすめ情報