歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

初歩的な質問になるかもしれませんが、許してください。ゴダードというロケットの父が反対論者に言われたことのひとつに、「大気のあるところではロケットの噴射のいわば台の役割として空気がある。だから飛べる。しかし宇宙空間では空気がなく、台がない。だから加速できない」のような趣旨のことを言われたようです。

私も素朴に知りたいです。船の上でふーっと息を吹いたら作用・反作用の法則で逆方向に船が進む。でもそれは空気という台を息が押しているからでは?とすると真空でどうやって加速できるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

まず第一に「反対論者が間違え」ています。

そして、質問者さんも「同じ間違え」をしています。それは「ロケットの噴射が空気を押すから、ロケットが前に進める」という間違えです。

そうではありません。ロケットでは「ロケットエンジン自体がロケットの噴射を押しています」。あなたの言う「台」はロケットの噴射なのです。ペットボトルロケットでは「水(ただ、水は圧縮できないので圧力を保持するために空気を使いますが)」、その他水素と酸素の混合、ケロシン、酸化アルミニウムなどなど。こういうものを「ものすごいスピードで後方に噴射する」から、ロケットがその反作用で前に進めるのです。船の上で進めるのは「息という台を口で押している」から。大気を息で押しているからではないのです。

ロケットが噴射している以上、ほかが真空だろうが無かろうが関係ないのはそういう理由からです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

皆さん、ありがとう!
真空中でも、酸素プラス燃料を燃やして、それが質量をもったガスを作る。それがロケット本体にぶつかる。質量をもったものがぶつかってくるのでそこで作用反作用の法則から、反発力が生まれる。やっとわかりました。

お礼日時:2006/01/21 17:43

「真空中でも、酸素プラス燃料を燃やして、それが質量をもったガスを作る。

それがロケット本体にぶつかる。質量をもったものがぶつかってくるのでそこで作用反作用の法則から、反発力が生まれる。」

違います。
貴方のコメントを言い換えれば、「宇宙船の後方で爆発した爆弾の爆圧で吹っ飛んでる」って事になっちゃいます。
そうではありません。


宇宙空間で野球ボールを投げたら?
投手の質量を100、ボールの質量が1だとします。
投げたボールの速度が100のとき、投手は1の速度で後ろに動きます。

もっともっと大量のボールを、もっと速い速度でドンドン投げ続ければ、投手はどんどん加速できる。
1秒間に1000個とか、10000個とか、とんでもない勢いでボールを投げ続ければ、投手は相当なスピードで後ろにブッ飛びます。

これがロケット。燃焼ガスを後ろに噴出することの反作用で前進します。燃焼ガスの質量は宇宙船よりずっと小さいけれど、噴出量と噴出速度を上げれば重いロケットでも動かせます。
    • good
    • 1

作用と反作用についてご理解が無いようですので補足します。



エンジンがガスを噴射する、これが作用。噴射した反作用でロケットが推進する。

ガスがエンジンを押す、これが作用。反作用でガスがエンジンから出て行く。

「作用反作用の法則」という「呪文のような覚え方」をされているので、言葉がぐちゃぐちゃになっています。作用と反作用という別のことを一緒にしないようにしましょう。
    • good
    • 1

>質量をもったガス…がロケット本体にぶつかる…のでそこで作用反作用の法則から、反発力が生まれる。


ちょっと気にかかる書き方ですね。反作用を理解していないように感じます。

作用反作用の法則とは、「物体Aが物体Bに力をかけて押すと、物体Aは物体Bから反対向きに力を受ける」という法則です。
ここで物体Aをロケット、物体Bを噴射ガスとすれば、噴射ガスから力を受けてロケットが動くという説明になります。ガスがぶつかるのではありません。

こういう考え方も出来ます。
エンジン内でガスの圧力が高まる。ガスはエンジン内壁にぶつかり、力を及ぼす。
ただこの場合、ガスが主体なのでこれは反作用でなく作用です。
    • good
    • 2

大きなカン違いしているね。


真空中で、貴方の謂う「台としての空気」は
ロケット本体がその役をしているの。つまり
空気の有無は関係ないの。

貴方が船上で息をふーーーっと。息は貴方の
口から後方に出るだけでなく、貴方自身を、
船の前方へ押してるの。これが船を前進させ
る。空気があるからでは無い。

燃焼ガスの運動エネルギーの内、半分が後方
へ噴射され宇宙空間に消えるが、残り半分は
前方に噴射されて居て、これがロケットを押
してるの。

後ろだけに噴射してると思ってるから間違え
るんだよ。

これを格好良く「作用・反作用の法則」って
謂うの。
    • good
    • 2

物理の用語を使って説明すると、空気や水の抵抗が無い宇宙空間ではロケットやその噴射剤に対して運動量保存則が成立するからです。


運動量とは
(質量)×(速度)
で表される量のことで、最初にロケットが存在する位置を基準点とした場合、成立する式は(非常に大雑把ですが)
ロケットの最初の質量:M
ロケットの最初の速さ:V
加速後のロケットの速度:V+dV
噴射された推進剤の質量:m
推進剤の速さ:v`
として
MV=(V+dV)×(M-m)-m×v`
となり、最初の運動量(MV)は変化しないので、推進剤の運動量(m×v`)が大きくなればそれに応じて推進剤を噴射したロケットの運動量{(V+dV)×(M-m)}が大きくなることが分かります。M-mがMに比べて大きくなることが無ければロケットの速度は増加する、つまり加速できるわけです。
    • good
    • 0

副島隆彦先生と同じような勘違いですね。



真空中でも、質量に速度を与えて後方に放出すればちゃんと進みます。それが噴射ガスになるわけですが、真空ケースの中でも観察できます。
    • good
    • 0

推進剤の噴射による、作用・反作用によって進みます。



>船の上でふーっと息を吹いたら作用・反作用の法則で逆方向に船が進む。
これは、吹いた息の分の質量に比例した反作用が働くからで、大気があることとは一致しません。
ですから、たとえばペットボトルロケットなどは、空気を圧縮するよりも水を圧縮して飛ばすほうが遠くまで飛びます。

参考URL:http://spaceinfo.jaxa.jp/note/rocket/j/roc01_j.h …
    • good
    • 0

噴射ガスによる反動。

この回答への補足

「燃料が燃焼するときに発生する大量のガスが地面に向かって吹き出して、その反作用でロケットを飛ばす。」

これは小中学生向けに書かれたロケットの説明ですが、これは間違いでしょうか?

補足日時:2006/01/21 15:38
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペースシャトルはなぜ宇宙空間ですすむの?

真空状態の宇宙空間でスペースシャトルや衛星等が動く事ができるのはなぜですか?
そもそもジェットエンジンは何の力を利用して推進力を得ているのですか?空気抵抗でしょうか?
そうすると空気抵抗のない宇宙空間では何の力で推進力を得ているのでしょうか?
どなたかお分かりになる方、教えてください。

Aベストアンサー

まず、物体に力が働かない場合には、慣性で一応速度が維持されますので、何の力がなくても「動く」こと自体は可能です。

地球を周回する人工衛星は、軌道に乗せるときに与えられた速度で動き続けます。特に力は必要ありません。地球による引力の影響で、地球の周りを回ります。

ご質問の趣旨は、推進力(加速)に関することと理解して回答しますと、ジェットの噴射による反作用が推進力です。

1)シャトルが燃料を噴射する(これを作用とする)と、噴射の方向とは逆方向に推進する力が生じます(これが、上記の作用に対する反作用)。
2)仮に、宇宙空間で、人が何か物を投げると、物を投げた方向とは逆方向に人を推進する力が生じます。

3)スケートリンクでは、スケート靴と氷との間の抵抗がゼロとして、人がリンクの壁を手で押すと、その反作用で押した方向とは逆方向に人を推進する力が生じます。

上記の1)~3)はどれも同じ原理です。

推進力を得るために空気抵抗は必要ないということです。

Qなぜロケットは宇宙で進むの?

なぜロケットが宇宙空間で進む事が出来るのか不思議に思い、いろいろ検索をし、見てみますとだいたいが燃料を燃やし発生したガスを噴射しその反作用で進むという事らしいです。
しかし、何も存在しない宇宙の真空空間で何かを噴射しても何に作用するのでしょうか?空気に代わる何かが存在すればその何かに作用し、その反作用で進む事は理解できます。しかし、宇宙空間には何も存在しないしないのでしょ?なぜ進む事が出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単なモデルです。

コの字型の容器(左方向の口が開いた容器)をイメージしてください。
この容器の中でロケット燃料を爆発させます。

ロケット燃料は四方八方に―――簡単のため上下左右に―――飛んで行きます。

↑の方向に飛んでいったガスは容器の内壁にぶつかり、ロケットを上方向に押します。
それと同じ分だけ↓方向に飛んでいくガスもあり、同じ力で下方向に押されるので、差し引きがゼロになって、上下方向に移動する事はありません。

→方向に飛んでいったガスは容器の内壁にぶつかり、ロケットを右方向に押します。
一方、←方向に飛んでいったガスは(容器の内壁がないので)、そのまま宇宙空間に飛び去っていきます。(従って、容器は左方向には押されません)

つまり、右方向には押されるけど、左方向には押されないんですね。
結果として、ロケットは右方向に飛んで行く事になります。

※上の考え方では空気が出てくる余地はありませんよね。だから空気の有無は関係ありません。



ちなみに、#11さんの補足にあるペットボトルロケットについてですが、地表にある時と同じ勢いで飛んでいくことでしょう。
ペットボトルロケットの場合も、原理的には上と似たようなものですね。ペットボトルロケットは「ペットボトル内の空気に押されて」飛んで行きます。

簡単なモデルです。

コの字型の容器(左方向の口が開いた容器)をイメージしてください。
この容器の中でロケット燃料を爆発させます。

ロケット燃料は四方八方に―――簡単のため上下左右に―――飛んで行きます。

↑の方向に飛んでいったガスは容器の内壁にぶつかり、ロケットを上方向に押します。
それと同じ分だけ↓方向に飛んでいくガスもあり、同じ力で下方向に押されるので、差し引きがゼロになって、上下方向に移動する事はありません。

→方向に飛んでいったガスは容器の内壁にぶつかり、ロケットを右...続きを読む

Qロケットはなぜ飛ぶ?

飛行機やロケットが飛ぶ(進む、前進するの意味)のは、エンジンで燃料を燃やして噴射し、その反作用で飛ぶものと理解しています。

空気中に噴射するならその反作用で飛ぶというのはわかりますが、空気も何も存在しない宇宙空間に噴射してなぜロケットが飛ぶのでしょう?

何も存在しないから、反作用も生じないように思うのですが?

Aベストアンサー

ちょっと文章で説明しにくいので

http://www.nal.go.jp/krc/jpn/about/index.htm

参考URL:http://www.nal.go.jp/krc/jpn/about/index.htm

Qロケットはゆっくり飛び上がる?

今回のスペースシャトルにせよ、アポロロケットにせよ(古いな)、発射直後はとてもゆっくり浮かび上がっているように見えます。
自動車でも飛行機でも、静止した状態から動き出すときは、ゆっくり動きだし次第に加速していくので、ロケットも上昇しながら加速していくというのは分かります。
ですが、あれだけ大きなモノがスローモーションのように浮かびあがる様は何度見ても不思議に思えます。もっと急がないと倒れちゃう、と心配になったり。
スペースシャトルの発射直後の速度はどれくらいなんでしょうか?
ゆっくり見えるのは離れているからなのかしら?

また弾丸のような物体が、ゼロから最高速度までほとんど瞬時に加速するのとロケットの発射では条件が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

弾丸は発射して銃口から出たときが速度の最高点で、弾丸そのものは再加速されないので減速する一方です。
ですから瞬間に加速しないといかんわけですね。
ロケットやジェット機などは垂直に上昇する場合、自重を相殺する推力を得てから加速していくのでゆっくりなんじゃないでしょうか。

Q宇宙空間での限界スピードは???

地球だと空気や重力があるから、エンジンを切ったら自然と止まりますが、宇宙だと無重力で更に障害となる空気がないから、ずっとエンジンを燃やし続けたら、限りなくスピードが上がっていくのでしょうか?

もしそうなら、いずれ光速に届きそうなイメージがあるのですが…。専門知識にまったく乏しい素人の疑問です。愚問かもしれませんが、ご解答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

簡潔明瞭に言うと熱=エネルギー=質量≒重さです(重量というのは地球上1G下での重さ、質量というのは物質そのものの重さ、ので重くなると考えても間違いではないです。正確には質量が大きくなる)
熱やエネルギーも質量を持っていて(というか=です)たとえば加速すると何トンの衝撃というように運動するエネルギーと質量は密接な関係です。(多少語弊のある説明ですが)
ちなみに宇宙は慣性の法則的に1のエネルギーを与えれば1の運動をする、つまり時速1000kmで飛んでたら時速1000kmのまま飛び続けるということ。よってどんなにエンジンを燃やし続けてもそれで2000kmになったりましてや光速になったりはしません。また、#2さんの回答にもある通り今の科学技術では光の速さにいたるエネルギー(推力)は出せません。
詰る所、光速でのロケットの状態は理論でしか存在せず一概にこうなるとは言えないと思います。(人によっては時間が止まるとか逆行するとかめちゃくちゃです)

Q宇宙空間で、一定速度で動くのと、加速しているとき、重力は?

宇宙空間で、宇宙船が(1)動いていないとき、(2)一定速度で動いているとき、(3)加速しているとき、では、船室の中で無重力状態なのか、そうではないのか、それぞれ教えてください。

Aベストアンサー

話を簡単にする為に他の天体の重力などの影響は無視し、ロケットエンジンの音や振動も無視できるとして。つまり思考実験です。

(1)動いていないとき・・・宇宙船本体に対して人間は何の力も受けません、中でフワフワ浮いている状態ですね。

(2)一定速度で動いているとき・・・慣性運動、つまり惰性で動いている場合は宇宙船と人間が全く同じ状態で動いているのですから相対速度はゼロ、つまり何も感じません。つまり(1)の状態と全く区別は付かず又必ずしも等速直線運動でなくてもかまいません。つまり前提とは少し異なりますが近辺に天体があってその重力によって軌道が曲げられても人間には(1)と区別が付きません。実際地球周回軌道のスペースシャトル内ではその状況が起きています。

(3)加速しているとき・・・加速度の世界では人間は重力場に居るような状態になります。と言うか重力場そのものでcliomaxiさんの言う『等価原理』ですね。その世界では人間は宇宙船の後方に押し付けられその壁を床として認識し、その上を普通に歩けます。ちょうど地球上に居るのと全く同じ状態で原理的に天体の重力との区別はできません。
手に持ったサイフを離せば普通に床に(壁に)落ちます。

以上私が乗った時の体験をお話しました(笑

話を簡単にする為に他の天体の重力などの影響は無視し、ロケットエンジンの音や振動も無視できるとして。つまり思考実験です。

(1)動いていないとき・・・宇宙船本体に対して人間は何の力も受けません、中でフワフワ浮いている状態ですね。

(2)一定速度で動いているとき・・・慣性運動、つまり惰性で動いている場合は宇宙船と人間が全く同じ状態で動いているのですから相対速度はゼロ、つまり何も感じません。つまり(1)の状態と全く区別は付かず又必ずしも等速直線運動でなくてもかまいません。つ...続きを読む

Qヨウ素液とは?

こんにちわ!私は学校の自由研究に、ヨウ素液を使っていろんな物にたらして、でんぷんを調べる実験をやろうと思います。そこで私は、「ヨウ素液はなにか?」という事を書こうと思います。だけど私もあんまりヨウ素液とはどんなものか知りません・・・。だれか教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

ヨウ素液とはデンプンなどに反応して青紫になる液体のことです
実験だとジャガイモを使ったやつがいいかもしれません

Q「賜る」と「承る」の違い

辞書を調べても同じような意味のような気がするのですが、「賜る(たまわる)」と「承る(うけたまわる)」の違いって何ですか???

Aベストアンサー

違いを明確にするならば

賜る→「もらう」の謙譲語
承る→「聞く」の謙譲語

と思えばいいと思います。
なので、品物をもらう場合は
「賜る」と言いますが、「承る」とは言いませんね。
でも意見や助言などをもらう(聞く)場合は
どちらも可能ってことです。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Qペットボトルロケットに水を入れる訳は?

昔からの素朴な疑問なんですが、
なぜペットボトルロケットに水を入れる必要があるのでしょうか?
水を入れなければその分、圧縮空気を入れられますから、エネルギーを
を沢山もたせる事ができますよね。
一度に沢山空気が出ないように水を入れているならノズルを絞れば
済む気がするのですが、
なぜ水を入れるのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

厳密な話は別として、空気の圧縮エネルギーをバネのエネルギーとすれば直感的に分かりやすいでしょう。

□□>をロケットとして、○を圧縮した空気とします。空気のみでは

発射前:         ○∧∧∧∧□□>

発射後: ←←←←←○/\/\/\/\□□> →

という感じで、本体に対して質量の小さい空気は大きく加速されますが、重いロケットはあまり加速されません。ほとんどがノズルから排出される空気の運動エネルギーへと変換されてしまい損をします。ノズルを絞っても同じだけ空気は加速されてしまいます。

一方、水などを使ってノズルから排出されるものの質量を大きくすると

発射前: ●∧∧∧∧□□>

発射後:←●/\/\/\/\□□> →→→→

のような感じで、軽いロケット本体の方が大きく加速されます。

圧縮空気のエネルギーはトータルでは変りませんが、ロケット本体の運動エネルギーに変るのか、ノズルから排出される空気(+水)の運動エネルギーに変るのかは、それぞれの質量で決まります。特別なことがない限り軽い方がより加速されます。

ペットボトルロケットを飛ばすには、エネルギー源としての圧縮空気と、質量の大きい噴射物が必要となりますが、身近で手に入りやすいものでは水となります。水が少ないと空気ばかりが加速されダメだし、水が多すぎると圧縮空気が足りなくなってエネルギー不足で飛びません。どこかにいいところがあります。

この議論を進めていくと、(発射前の質量/発射後の質量)を大きくすればロケットの速度が大きくなることになりますが、これがまさにロケット推進の特徴になります。

厳密な話は別として、空気の圧縮エネルギーをバネのエネルギーとすれば直感的に分かりやすいでしょう。

□□>をロケットとして、○を圧縮した空気とします。空気のみでは

発射前:         ○∧∧∧∧□□>

発射後: ←←←←←○/\/\/\/\□□> →

という感じで、本体に対して質量の小さい空気は大きく加速されますが、重いロケットはあまり加速されません。ほとんどがノズルから排出される空気の運動エネルギーへと変換されてしまい損をします。ノズルを絞っても同じだけ空気は加速されてしまいま...続きを読む


人気Q&Aランキング