先日交通事故を起こしました。
相手の保険会社が支払ってくれることになりました。
以下、わからないので教えてください。m(__)m
1・同じ日に2科受診した場合、保険計算での実日数は1日?2日?どちら ですか?
2・診察をせずに薬だけをいただいた場合、実日数1日になりますか?
よろしくお願いします。m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

本当は…いけないことなんですが、薬だけの日にちというのは帳簿上は(保険請求上)「受診して薬を出した」勘定になっていますので、診断書や保険書類上は『受診日』扱いになっていることが多いはずです。

保険の計算は医師の診断書が必要なはずですので、とられたときに確認してみて下さい。繰り返しますが、本当は無診察投薬として健康保険では違反とされている行為です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2002/01/12 12:45

 おなじ日に、同一病院の2つの診療科を受診しても、2つの病院を受診しても、1日で計算するはずです。



 診療をしなければ薬は出ませんので、診療をしないで薬だけを取りに行った場合は診療日に処方された薬を、診療日の後日に受け取りに行ったと解されますので、その場合は病院で診療を受けた日に含まれることになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。ありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2002/01/12 12:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q所定労働日数が給与明細で254日となっていた場合、年間の公休日は111

所定労働日数が給与明細で254日となっていた場合、年間の公休日は111日と考えて良いでしょうか?
週休2日と契約では聞いているのですが、月の公休日数を決めているのは従業員で、今月は8日でいいのかな?などとアバウトに決められているところに
明細に年間所定労働日数が254とあり、それで計算されているようなので
年間休日が111日になるように月の休日日数も決めてもらいたいと強く思いました。
連休がとれないし、土日祝日も手当はないし、もちろん夏休み冬休みもなく、ストレスが溜まるので、
従業員一同、一日でも休みを多く欲しいと願っています。

どうか、教えてください。

Aベストアンサー

misachiさん、

>やはり111日とっても良いのですよね?
来月からシフトを組むとき、休みが年間111日になるよう提案してみます。
(ある程度シフト作りに口出しできるので)

名回答です。会社には、(契約上?)年間の休日が111日にする義務があります。

契約書(口頭契約ですか?)や労働条件通知書等が無いのでしょうか?(労働条件の明示が無ければ労働基準法第15条(労働条件の明示)違反です) それが(あいまいになっている)一番の問題点です。

Q失業保険の事でお願いします。2年間で11日以上働いた日が1年あればとな

失業保険の事でお願いします。2年間で11日以上働いた日が1年あればとなっていたのですが、1つの会社を5日で辞め次の会社に20日から働き始めた場合、両方を合計して11日以上働いていれば、この月も1ヶ月に入るのでしょうか?それとも1ヶ月に2ヵ所の場合は片方で11日以上でないとダメなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

【離職日前2年間に、賃金支払基礎日数11日以上の月が12ヵ月以上あること。】としか規定されていません。

従って、1ケ月のうち、A社で5日,B社で6日働いても賃金支払基礎日数は合算で11日になります。
ただし、A社で5日分,B社で6日分の雇用保険を納めていることが前提となります。

Q前項の予告の日数は、一日について平均賃金を支払つた場合においては、その日数を短縮する・・・

労働基準法
第二十条  使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日前にその予告をしなければならない。三十日前に予告をしない使用者は、三十日分以上の平均賃金を支払わなければならない。但し、天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合又は労働者の責に帰すべき事由に基いて解雇する場合においては、この限りでない。
○2  ※前項の予告の日数は、一日について平均賃金を支払つた場合においては、その日数を短縮することができる。
 以上ですが、
 ※前項の予告の日数は、一日について平均賃金を支払つた場合においては、その日数を短縮する・・
 とは物理的に・・どんな場合が想定されますでしょうか・・?
  聞きなれないことは、想像がつきません・・?
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たとえばどうしても25日で辞めてほしいときは5日分の平均賃金以上を支払えば解雇出来るという事です。

QE2ビザ((1)滞在日数 (2)転職の可能性)

米国に留学中の者です。
E2ビザに関して、二つ質問があります。

私の彼は、日本でA社に勤めているのですが、
A社の小会社である米国法人にしばらく長期出張で来ていました。
ビザはE2で、初めて入国したのは2006年2月です。

その彼が、年末に観光でアメリカに来ようとしたところ、
「会社の方針(税金対策)で、183日までしか滞在できない。
滞在日数は既に181日になっているため、
入国できたとしても、2日しか滞在できない」と言われたそうです。
滞在日数が183日を超えると、
多額の税金を支払わなければならないらしいのです。
そこでお教えいただきたいのですが、
この183日には日本に到着した日もカウントされるのでしょうか。

例えば、1月1日にアメリカを出国した場合、
日本に到着するのは1月2日になりますよね、
この到着日「1月2日」も1日としてカウントされるのでしょうか??
カウントされないとしたら、今回来れる可能性があるのですが…。

もうひとつお伺いしたいことは、
この彼が将来、A社を辞めて、今保持しているE2ビザで渡米し、
現地企業に転職することというようなことは可能なのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ助けてください。
どうぞよろしくお願いします!

米国に留学中の者です。
E2ビザに関して、二つ質問があります。

私の彼は、日本でA社に勤めているのですが、
A社の小会社である米国法人にしばらく長期出張で来ていました。
ビザはE2で、初めて入国したのは2006年2月です。

その彼が、年末に観光でアメリカに来ようとしたところ、
「会社の方針(税金対策)で、183日までしか滞在できない。
滞在日数は既に181日になっているため、
入国できたとしても、2日しか滞在できない」と言われたそうです。
滞在日数が183日を超えると、
多額の税金を支払わ...続きを読む

Aベストアンサー

滞在日数に付いては、あくまで米国にいつからいつまで滞在したかなので、米国の1月1日に出国であればその日までになると思います。
日本の出国、入国ベースで計算した場合、
米国から一時的にカナダへ数日移動した場合や、極端ですが帰国時に第三国(日本、米国以外の国)に立ち寄った場合、その期間は米国ビザに何も関係ないからです。

現在保有のE2ビザは、A社の米国子会社以外で働く場合は無効になります。

そのE2ビザは、A社の米国子会社が必要とするため、その会社が申請して取得したものだからです。
(入国だけなら英語が堪能ならば何とでも言えるので出来そうですが)
税金に関しては存じ上げておりませんが、そのビザで入国後何らかの迷惑がA社にかかった場合、損害賠償請求される可能性は否定できないと思います。

仮に、そのビザが有効で入国して他社に就職しても残りの期間は4年ほどですよね。
その後はどうするつもりなのでしょうか?
一緒にいたいという感情が先走っているように感じられますが、落ち着いてじっくり検討した方が宜しいかと思います。

米国での就職を本気でお考えなら、日系の人材紹介会社なるものがありますので、そちらに相談されるのも一つの手かと思います。

滞在日数に付いては、あくまで米国にいつからいつまで滞在したかなので、米国の1月1日に出国であればその日までになると思います。
日本の出国、入国ベースで計算した場合、
米国から一時的にカナダへ数日移動した場合や、極端ですが帰国時に第三国(日本、米国以外の国)に立ち寄った場合、その期間は米国ビザに何も関係ないからです。

現在保有のE2ビザは、A社の米国子会社以外で働く場合は無効になります。

そのE2ビザは、A社の米国子会社が必要とするため、その会社が申請して取得したものだからです...続きを読む

Q賃貸契約(16年10月1日)して商売をしていますが、家主が2度不渡りを出しました。もし倒産した場合、保証金はどうなりますか?

賃貸契約(16年10月1日)して商売をしていますが、家主が2度不渡りを出したそうです。もし倒産した場合、保証金はどうなりますか?ちゃんと家賃は払い続けています。

保証金が戻らない場合、家賃を払い続けていいのかどうか?新しい家主と再契約が必要になったりして、保証金が新たに必要になるのかどうか?不安です。商売を続けたいのでどうか教えて下さい(弁護士を雇う余力はありません)。

Aベストアンサー

1部民法(民事執行法)の改正がありました。
平成15年12月12日公布され、平成16年4月1日から施行です。
施行前までは「短期賃借制度」と云うのがありましたが、新法で、これが廃止されました。
そのために、抵当権設定後に借りた者(賃借した者)は、100%(厳密に云うと極端な例外はありますが)買受人に対抗できなくなりました。
買受人が「居てもいいヨ」と云えばいいですが、そうでなければ、明渡の猶予は6ヶ月だけとなりました。
maydayartさんの場合は「家主が2度不渡りを出したそうです。」と云うことなので、その借りている建物に抵当権の設定があるかどうかわかりませんが、平成16年10月1日以前に抵当権設定登記があれば、任意の話し合いができなければ、明渡を拒むことはできません。
勿論、敷金も保証金も、その買受人に請求できません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報