小学生の工作で霧箱を作らせて放射線(α線)を見てもらおうと思っているのですが適当な線源が見つからず困っております。
伝え聞いたところでガソリンランタンのマントルピースがトリウム(?)を良く含んでいるらしいのでコールマンのマントルピースを買ってきて試したのですがうまく観察できませんでした。
改良されて放射線を出さないタイプになってしまったのかな?と思っております。
仕事柄,プロ用(?)の線源ならばいくらでもあるのですが...
身近に手に入るものでよく放射線を出すものをご存知でしたらご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

コールマンのマントルは非放射性だそうです。

(参考URL)
私が霧箱実験を行った時はユニフレーム社の物を用いました。
キャンピングガスのものでも大丈夫だと聞いたことがあります。

身近なものなら大気中のラドンが一番手に入りやすいのではないでしょうか?
締め切った部屋で掃除機の吸込口にろ紙を付け1時間ほど吸引させておけば、大気中のラドンが吸着し、小学生にもわかりやすい身近な試料となります。
小学校なら黒板消しのクリーナーにろ紙を置いて吸引させてもいいと思います。

参考URL:http://radiology.dokkyomed.ac.jp/RCDHP/coffee/ou …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>コールマンのマントルは非放射性だそうです。
そうだったんですね。事前の情報収集不足でした。

今日PRIMUSとUNIFLAMEのものを買ってきて試してみたらどちらもしっかりα線が観察できました。これで一安心です。

>身近なものなら大気中のラドンが一番手に入りやすいのではないでしょうか?

そうですね。時間が許せばこれも試してみたいと思います。
ところで、「締め切った部屋」で掃除機や黒板ふきクリーナを作動させるのはどうしてですか?建物から出てきたラドンを集めるため?

お礼日時:2002/01/08 17:23

イオン化式の煙感知器の仕組みですが、一種の電離箱です。

α線源で空気を電離させ電極に電圧をかけて電離電流を流します。煙が入ると電離電流が変化するので(理由は忘れました。なぜでしょうか?)これを検出するようです。数μCi程度のAm241を使っています。廃棄の際は一応線源は回収するようですが…。

(マントルからのα線が観察できるんですね。驚きでした。霧箱の実験、いつかやろうと思いつつやっていません。簡単にできますかね?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

掟破りの逆補足要求にわざわざお答えいただきありがとうございます。
普通の空気よりも煙のほうがよりたくさん電離するんでしょうかね。

なお、α線の観察ですが,正しく工作すればかなり確実に観察できる手ごたえを感じました。#1の回答の参考URLは良い参考になると思います。

他の皆様のご回答も含め,大変参考になりました。ありがとうございました。本当は回答くださった全員に20ポイント差し上げたい気分です。

お礼日時:2002/01/09 01:11

もう10年ぐらい前かもしれませんが、秋葉原のジャンク屋に家庭用の煙感知器が確か2000円ほどで売っていたので買ったことがあります。

1μCiのAm241が入っていました。

教材用としても放射線源は売っているようです。ちょっと古いですが、'89~'90年度版の内田洋行のカタログにはRa226(0.1μCi以下)、Am241(0.5μCi以下)、Pm147(0.5μCi以下)の実験用密封放射線源がそれぞれ10,000円で載っています。Ra226が入ったラドンソースは10,500円で載っています。学校教材屋に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

以上は身近に手に入るものとは言い難いかも…?

(知らない人のために念のため説明しておくと、100μCi(3.7MBq)以下の密封線源は法規制は無しで、1μCi程度のα線源は自然放射線に比べて微弱な線量で安全上問題ありません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。でもちょっと単価が高くて使えそうにないです。何人かで使うので密閉線源をぶち開けて小分けにして使うわけにもいかないですしねぇ...

煙感知器にも線源が入っているんですか。どういう原理で煙を探知するのかもしご存知でしたらお教えください。私には仕組みが想像できないです。

お礼日時:2002/01/08 17:12

日本化学会の化学と教育誌で確認してほしいのですが.


理科教育のせんげんとしては.化学肥料の燐酸石灰に含まれているラドンを活性炭で吸着してあつめ使用しているようです。
分量などは忘れました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/08 16:59

参考URLにありますが、ラドンはいかがでしょうか。


私も仕事柄RIは使用しますが(I-125、H-3など)、個人でそんなに簡単に入手できるものなのでしょうか?

参考URL:http://nutec.tokai.jaeri.go.jp/CTZBK/CCKM.htm

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
ラドンリッチな気体を吹き込む方法ですね。試してみたいと思います。

>個人でそんなに簡単に入手できるものなのでしょうか?

あ、えーと、勤務先の研究所にあるものです。これは持ち出してばらして解放線源にしたりできないので他のものを探しております。

補足日時:2002/01/07 22:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガスランプ用マントル(放射線)の安全性について

最近、キャンプで使うガスランプ(キャンプテンスタグ製)に放射線物質が含まれていることをネットで知りました。具体的には、ガスランプの発光帯を作るためのマントルに放射線物質トリウムが含まれているらしいことを知りました。
#発光帯は、布製のマントルをガスバーバーで燃やして灰状に固まったものです。
#発光帯は衝撃で壊れるための、予備のマントルをストックしています。

マントルはこんなものです
http://penpalboshu.blogspot.jp/2012/02/blog-post_27.html

ガスランプの発光帯は、マントルを燃やして灰状に固まったものですが当然、放射線物質トリウムが残存していると思います
現在、同メーカーのランプとマントル(予備) を所有しているので人体への影響を考えると心配です。
いっそ処分すればすっきりするのですが、キャンプ行く際には必要なので、マントルの放射線の
安全性を確認しておこうと思い質問させていただきました
初歩的な質問ですが、疑問点についてアドバイスいただければ助かります。

参考値;
少しググったところγ線は2マイクロシーベルト、β線は18マイクロシ-ベルトあるようです
http://www.youtube.com/watch?v=ocX8AQmIiAw

★以下質問になります
現在、ランプ本体とマントル(予備)は、屋外の物置に保管しています。
内部被爆は誤って口などへ入れないように注意することだと思いますが、屋外の物置に保管している状態で”外部被爆”の可能性はありますか? 
外部被爆の可能があるとしたらどのような場合ですか?
現在の保管方法(屋外の物置内)は安全ですか?


以下ガスランプ、マントルからの放射線被爆の可能性についての考えです。
実際キャンプへ行くと、ガスランプを点灯したり、移動させたり、持ち運んだりする際、当然、ガスランプの放射線にあたれば被爆する。また普段、物置内に保管中に被爆の可能性があるとすれば、物置から他のものを出し入れ時に被爆するかと思います。
これ以外、たとえば、屋内の人体へ影響するようなことが有れば教えてください。


あと年間被爆量は次のような計算でよいのでしょうか
上記のガイガーカウンタでγ線が2マイクロシーベルトであった場合、同放射線物質を、常時、肌に付けていたと仮定して場合、1年間の被爆量は2x24(1日)x365=17520マイクロシーベルト=17.5ミリシーベト となる。(ガイガーカウンタの単位不明なので1時間としています)

補足;
私はガイガーカウンタを所有しておりません。ガイガーカウンタの数値はネットからの情報を参考値として引用しています。


以上です

最近、キャンプで使うガスランプ(キャンプテンスタグ製)に放射線物質が含まれていることをネットで知りました。具体的には、ガスランプの発光帯を作るためのマントルに放射線物質トリウムが含まれているらしいことを知りました。
#発光帯は、布製のマントルをガスバーバーで燃やして灰状に固まったものです。
#発光帯は衝撃で壊れるための、予備のマントルをストックしています。

マントルはこんなものです
http://penpalboshu.blogspot.jp/2012/02/blog-post_27.html

ガスランプの発光帯は、マントルを燃や...続きを読む

Aベストアンサー

放射線施設に勤務している者です。

ご質問のマントルは、放射線を出すものとして自分の勤務しているような施設では結構有名で、一般向けに公開実験や実習をする際に放射線源としてよく使用していますし、他の施設でも同様に使用されていると聞いております。
ちなみに霧箱のサンプルとして使うと、結構なα線が飛んでいるのが観察できます。

確かに書いてあるほどのガンマ線を出しますし、それがホームセンターなどで結構扱われていますので、知らずにびっくりされる方が多いですね。

-----------以下回答内容--------------------------------------------------------

まずは記載してある内容について、1点のみ気になりましたので、書かせていただきます。

ブログ、動画ともにで使用されている測定器での測定値についてですが、β線で測定した際に表示がμSv/hになっています。これについて、少し書かせていただきます。

β線の実効線量、等価線量への換算に用いる換算係数はありますが、実はβ線はγ線と異なり、核種によりそのエネルギー最大値が決まり、実際には連続スペクトルをとりますので、核種ごとの換算係数には大きな違いがあります。
そのため、通常はcpsやcpm(cpsは1秒当たり、cpmは1分あたり何本の放射線が測定器の検出器部分に入ったかという意味です)の表示が一般的でして、ブログや動画の検出器でも、本来の用途でない使用方法をとっており、その数値についてはかなり高めに(おそらくは1桁ひょっとしたら2桁)数値が表示されていると思われます。
ちょっと探してみたのですが、参考URLは動画のTERRA-Pの仕様などについて書かれています。
このページの右下を見ていただきたいのですが、β線測定モードでは「汚染の有無を確かめることができる」と書かれているのをご確認ください。
数値については大きく出てますが、放射線が出ているかの確認のためにしか使えないということです。
実際には、マントルからβ線も結構な量出ていますが、換算したところで18μSv/hというような数値にはなりません。
機器の仕様について、正しく理解して使用することも非常に大切とわかっていただければと思います。

さて、ご質問についてですが、まずは外部被ばくについて

保管方法は全く問題ないと思います。
通常の生活空間より高くなるところができることは確かですが、ごく狭い範囲に限定されるため、日常的に被ばくし、人体影響のあるほど多くの量の放射線を浴びるということは考えなくていいかと思います。

ブログや動画を見せていただきましたが、測っている距離がかなりサンプルと近いことは分かっていただけると思います。
放射線による被ばくを考える際に重要となるのは時間・距離・遮へいです。
件のマントルは多く見積もって1~2cm程度の距離でご記載の数値になっていることはご理解いただけるかと思います。

では、物置内で例えばマントルから50cmの距離で作業された場合を考えてみましょう。
マントルからの距離が少なく見積もっても2cmから50cmで25倍になっています。
空気による遮へいは安全側を取り、ないと考えてみますと、線量は距離の2乗に反比例しますので、その場で受けるγ線は

2(μSv/h)*1*1/25*25=0.0032(μSv/h)

お住まいの地域での放射線量が分かりませんが、おそらくは0.07~0.13μSv/hの範囲だと思いますので、その数値は小さいものだと理解していただけるかと思います。
距離が離れれば線量はもっと小さくなります。
もちろん、線源となるマントルの数が多ければこの数値は上がりますが、保管状況を考えますと、物置の外まで影響があるような量を所持してらっしゃるとは考えにくいですよね。

また、キャンプなどの際の影響ですが、マントルは確か3枚入ったパッケージで売られてたかと思います。
マントルの枚数(一度に使うのは1枚かと…ランプが2個なら2枚ですが)、ランプからの距離を考えても影響・問題はないと考えていただいて大丈夫ですよ。

年間の被ばく量についての計算ですが、計算はご記載のとおりです。

---------------以上回答内容-------------------------------------------

長文となりまして申し訳ないですが、参考となりましたら幸いです。
不足等があれば追記いたしますので言ってください。

参考URL:http://image.itmedia.co.jp/l/im/bizid/articles/1107/01/l_st_gcg03.jpg

放射線施設に勤務している者です。

ご質問のマントルは、放射線を出すものとして自分の勤務しているような施設では結構有名で、一般向けに公開実験や実習をする際に放射線源としてよく使用していますし、他の施設でも同様に使用されていると聞いております。
ちなみに霧箱のサンプルとして使うと、結構なα線が飛んでいるのが観察できます。

確かに書いてあるほどのガンマ線を出しますし、それがホームセンターなどで結構扱われていますので、知らずにびっくりされる方が多いですね。

-----------以下回答内容--...続きを読む

Q御影石からは放射線がバンバン出るが・・

御影石(花崗岩)からは放射線がバンバン出ているそうですね。
ですが、建材としてありふれた材料でもありますね。
大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

建材として数千年使われていますが、
大丈夫じゃなかったら、どうなっているのでしょう?

大丈夫?と不安になる前に、大丈夫じゃない状況がどんなものかをまず想像すべきです。

QX線のKαって何を意味するのでしょう?

タイトルのまんまですが、XRD、XPSなどで使われる特性X線のCu-Kα線、Mg-Kα線のKαってなにを意味するものなのでしょうか?
ちょっと気になった程度のことなので、ご覧のとおり困り度は1ですが、回答もきっとそんなに長くならないんじゃないかと思うのでだれか暇な人教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょっとうろ覚えなんですが。。。

X線は、フィラメント(主にタングステン(W)が用いられている)から電子を取り出し(加熱で)、それをX線を発生するターゲット(アルミニウム(Al)やマグネシウム(Mg)や銅(Cu))などに電子を衝突させて発生させます。
ターゲットとなる材料の電子軌道はそのエネルギ-準位がとびとびでかつ元素によって特有の値を持ちます。電子衝突によって飛び出した電子が仮にK殻の電子であったとします。K殻は他の殻(LやM)に比べて低いエネルギーにあるので、L殻やM殻の電子は安定した状態を保とうと、K殻へ落ち込みます。このとき(K殻のエネルギー)-(L殻のエネルギー)に相当するエネルギーがあまるので、これがX線となりこのエネルギーをもつX線が発生します。

そこで、potemkineさんの質問にあるとおり、Kαとかの命名法ですが、Kに相当するものは電子が衝突して飛び出した殻を示し、αは飛び出した殻に対していくつ外側の殻から電子が飛び出したのかを示すもので、1つ上からならα、2つ上ならβ。3つ上ならγといったようにあらわします。
例えば、K殻の電子が飛び出し、そこをM殻が埋めた場合(2つ上の準位)はKβ、L殻の電子が飛び出しそこをM殻が埋めた場合はLα
ちなみに下からK殻、L殻、M殻、N殻の順番です。

エネルギーや半値幅(エネルギーの広がり)の面から一般に用いられてるX線は、AlKα、CuKα、MgKαなどです。

ちょっとうろ覚えなんですが。。。

X線は、フィラメント(主にタングステン(W)が用いられている)から電子を取り出し(加熱で)、それをX線を発生するターゲット(アルミニウム(Al)やマグネシウム(Mg)や銅(Cu))などに電子を衝突させて発生させます。
ターゲットとなる材料の電子軌道はそのエネルギ-準位がとびとびでかつ元素によって特有の値を持ちます。電子衝突によって飛び出した電子が仮にK殻の電子であったとします。K殻は他の殻(LやM)に比べて低いエネルギーにあるので、L殻や...続きを読む

Qエタノールの揮発性について

エタノールを冷却用に用いています。エタノールを水と混合させて薄めると揮発性にどのような変化があるのでしょうか?無水エタノールが最も揮発しやすく、濃度が低くなるにつれて揮発性は低くなるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水の濃度が高まると、そのぶんエタノールの揮発性は低くなるはずです。
ラウールの法則というものをご存知でしょうか?
たしか、熱力学のだったとおもいますが、うろ覚えのため、詳細は本を読んでいただけるとわかると思います。
あとは、理科年表で水とエタノールの蒸気圧を調べればいいと思います。
ただし、冷却用であれば、高温部の温度を考慮しなければなりません。
その温度に近い蒸気圧を調べて計算して下さい。
蒸発するかしないかがわかります。

補足お願いいたします。
できる限り答えますので(^^;

Q25分13秒05 を 1513秒 と表示させたい

数百件分を秒換算しなくてはなりません。
良い方法はありますか?

Aベストアンサー

#3です。
解決、おめでとうございます。

ええと、FIND("分",A1) は
「"分"という文字はA1のセルの文字列の何文字目にあるか」
ということを意味します。

VALUEは、文字列を数値に変換するための処理で、全角で入力していた場合に、数値として計算可能にするための変換です。実際には、Excelでは全角の数値でも普通に計算してくれるので、あまり意味はないのですが、つい、いつもの癖で入れてしまいました。

「LEFT(A1,B1-1)」はA1のセルの文字列の左から(B1-1)文字分を取り出すという意味で、
「MID(A1,B1+1,C1-B1-1)」はA1のセルの文字列の左から(B1+1)文字目から、(C1-B1-1)文字分だけ取り出すという意味です。

Q拡散霧箱について

霧箱を作ってみようと思っている者です。
拡散霧箱について少し調べてみたのですが、「エタノール+ドライアイス」や「エチレングリコール+ヒーター」など、手軽に作るには少し難しい温度帯の霧箱の作り方の情報しか手に入りませんでした。
-20℃くらいの冷却で霧を作る事の出来る薬品は無いでしょうか? 部活でやってみようと思っていますので、大抵の薬品なら使う事が出来ます。

どなたか教えていただけないでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

あまりに気になったので、
今つくってみました。

-20℃でも、見れました。

ですが、見れる領域がかなりせまくなります。
安定しているのは1cmから5mm程度の厚さしかありませんでした。

寒剤が大量にあるなら、エタノールを加熱して、大量の蒸気を供給すれば少し増しになるかもしれません。
容量が小さい場合は小さな容器でみるといいかもしれません。

Q共産圏では「書記」がなぜ一番偉いんですか?

ブッシュ大統領が初めて金正日総書記に「ミスター」の敬称を付けて呼んだという記事を読んで、小学生の頃思った疑問をふと思い出したので質問します。

当時、共産圏では共産党の一党独裁で、党の方が国家より上の組織であり、「共産党書記長」が国家元首だと塾で教えてくれました。例えば当時のソ連で言えば、ブレジネフ「共産党書記長」の方がポドゴルヌイ「最高幹部会(議会に相当)議長」より偉い、という風に。

でも、「最高幹部会」なんて名前からしたら一番上の組織のような感じがしましたし、小学校の学級会で言うと議長の方が書記より偉いのになあ、書記なんて黒板にみんなの発言をまとめて書く人じゃん、などと思っていました。

あと、東西冷戦期の東欧の国家(チェコかポーランド?)では、呼称が「第一書記」とかでもとにかく「書記」が国家元首だったことも思い出しました。

もっとも同じ共産圏でも、中国では「国家主席」(但し文革で劉少奇の失脚以降暫く空位)、キューバや旧東独は「議長」(ベトナムは忘れました)が元首で、一概に「書記」=「元首」とは言い切れないのかもしれませんが。

北朝鮮は、金日成は「国家主席」でしたが、金正日は「総書記」のままで、黒板にみんなの発言をまとめて書く人達の中で一番上の人が国家元首ってのも変ですね。

共産党(北朝鮮の場合朝鮮労働党)って、そんなに黒板にみんなの発言をまとめて書く人が大事なんですか?

ブッシュ大統領が初めて金正日総書記に「ミスター」の敬称を付けて呼んだという記事を読んで、小学生の頃思った疑問をふと思い出したので質問します。

当時、共産圏では共産党の一党独裁で、党の方が国家より上の組織であり、「共産党書記長」が国家元首だと塾で教えてくれました。例えば当時のソ連で言えば、ブレジネフ「共産党書記長」の方がポドゴルヌイ「最高幹部会(議会に相当)議長」より偉い、という風に。

でも、「最高幹部会」なんて名前からしたら一番上の組織のような感じがしましたし、小学校...続きを読む

Aベストアンサー

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

政党や労働組合の書記局の責任者を指す。

書記局は、日常的な党務を処理する機関であり、党の過去をよく知る書記長は、党の未来も予測できると考えられた。「書記長」という名前は社会主義・共産主義政党、社会民主主義政党に主に用いられることが多い。


>>そんなに黒板にみんなの発言をまとめて書く人が大事なんですか?
古代エジプトにも書記というのがいて、非常に偉い地位です。書記の像が作られていまでもルーブルやカイロに残っているくらい。
みんなが「カラスは黒い」て発言しても、書記が「カラスは白い」て書いてしまったら、カラスは白くなければいけないのです。そのくらい書記という地位は偉いのです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B8%E8%A8%98%E9%95%B7

Q銀行口座番号は何桁でしょうか??

銀行口座番号の振込み先が4桁のところに振込む必要があるのですが、
普通銀行口座番号って7桁ですよね。合ってるのでしょうか??

銀行口座番号って口座の種類(たとえば外貨口座や当座預金など)
によって変わるのでしょうか?

ご存知の方ご教示ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

現状、銀行などの金融機関の口座番号は新規で作った場合7桁となります。ちょっと前に作った口座ですと2桁~6桁なんていう場合もあります。その場合は、口座番号の前に「0」をつけてあげてください。

また口座番号は預金種別によって判断できるようになっています。多くの金融機関で当座預金は8から始まる7桁、などというようになっています。

参考まで。

Qラドン温泉など放射能泉での被爆量はどれくらいでしょうか

日本では、温泉と言うと健康に良さそうで、ラドン泉やラジウム泉などの放射能泉も人気があるようです。しかし、考えてみれば、放射能泉に入るということは、わざわざ被爆(放射線を浴びること)しに行くようなものではないのかと思ってしまいます。被爆量が増えれば増えるほど、発ガンのリスクは高くなりますので、被爆は蓄積すると考えられています。人は、生きているだけで、自然界や自分の体内の放射性元素からの放射線で自然に被爆しているわけですが、放射能泉による被爆は、これらの被爆量と比べるとどの程度なのか、放射能泉にあまり入りすぎると発ガンのリスクが高まるとか、そういったことはないのでしょうか。
私は実は、医療関係者なのですが、だれに聞いても知らないと言うので、ここで聞いてみました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

温泉にもよるのでしょうが、こちらの温泉では被曝線量の記載がありますね。
http://kadoyasan.com/radium-world.html
温泉で、0.3~0.5μSv/時間 だそうです。

電離放射線障害防止規則では、3か月で1.3mSvを超える場合は管理区域に指定することになっていますが、この基準では1時間に0.6μSv程度ですので、この温泉の被曝量は管理区域に指定される限度ぎりぎりの被曝量ですね(温泉に毎日浸かっているわけでもないですし、温泉に電離則が適用されるわけではないと思いますが)。

この程度の線量であれば、短期的には全く問題はありませんし、長期間の影響も無視できると思います。自然放射性の被曝線量は年間で2.4mSv程度ですので、温泉にたまに入る程度では、自然放射線に比べて無視できる線量と思います。

むしろ、温泉入浴によりストレスが解消され疲れが取れれば、発がんリスクも減ると思います(レントゲン撮影の発がんリスク増加と病気の発見の効果の関係と同じですね)。

見方を変えると、人類が文明を築くまでに進化したのは、温泉などの自然放射線等によるDNAの損傷で起きる突然変異(と自然淘汰)のおかげなので、自然放射線をそうそう毛嫌いするのもどうかと、個人的には考えています。

温泉にもよるのでしょうが、こちらの温泉では被曝線量の記載がありますね。
http://kadoyasan.com/radium-world.html
温泉で、0.3~0.5μSv/時間 だそうです。

電離放射線障害防止規則では、3か月で1.3mSvを超える場合は管理区域に指定することになっていますが、この基準では1時間に0.6μSv程度ですので、この温泉の被曝量は管理区域に指定される限度ぎりぎりの被曝量ですね(温泉に毎日浸かっているわけでもないですし、温泉に電離則が適用されるわけではないと思いますが)。

この程度の線量であれば、短期的...続きを読む

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む


人気Q&Aランキング