CALLの一部であるNetwork based language teachingは、インターネットを利用した英語の授業とのことですが、それではWeb based learningとは何か教えてください。私が思うには、インターネットを利用する授業といっても、メールやウェブなど多岐にわたるので、その中でもウェブを利用するものをWeb based learningといい、したがってNetwork based language teachingの下位区分ではないかと考えているのですがどうでしょうか。ご存知の方がおられましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Network basedは、Web basedを包括していると考えよいのではないでしょうか。



Webベース、メールベース、IPベースなどもサーバ側のデータベースとのやりとりもあり、そういったDBシステムも含め大きく考えるとNetwork basedと呼んでよいと思います。

ただCALLという呼び方ですが、これは世にでてすでに数年経過しているようですが、ほとんど耳にしません。
のちのち消えそうな名称のような気もします。

もっと歴史のある名称で、WBT(Web Based Training)というものもありますが、これも日本ではWebラーニングとかオンライン・トレーニングなど、呼びやすい名称に変わった感があります。

研究者間ではどう呼んでいるかはわかりませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/05 14:12

一般的概念が上位であり、個別、特殊概念は下位であると考えるのが普通です。

Network based language teachingは、英語に関する授業ですから、Network based teachingの下位に位置します。私は以下のように考えますが、識者のご意見をお聞かせください。

Web based learning
    ↓
Network based teaching
    ↓
Network based language teaching

なお、関連する語を探したところ、以下のような表現があることが分かりました。

There are numerous names for open, flexible and distributed learning activities, including
E-Learning, Web-Based Learning (WBL), Web-Based Instruction (WBI), Web-Based Training (WBT), Internet-Based Training (IBT), Distributed Learning (DL), Advanced Distributed Learning (ADL), Distance Learning, Online Learning (OL), Mobile Learning (or m-Learning) or Nomadic Learning, Remote Learning, Off-site Learning, a-Learning (anytime, anyplace, anywhere learning), etc.

参考URL:http://www.bookstoread.com/framework/

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
ところで私は、Web based learningはインターネットを用いる学習の中でも特にwebを利用する学習のことと思っていたので、そのためWeb based learningはNetwork based language teachingの下位区分だと思っていたのですが、そうでなければ、Network based language teachingとはどのような活動をいうのでしょうか。ご存知でしたら教えてください。

補足日時:2006/02/05 14:05
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「~を訪れる」call onと call at

(人を)ちょっと訪れる場合は call on ~で、 (場所に)立ち寄る場合は call at ~ という言い方をしますけど、なぜ人を訪れる場合、前置詞は on になるのですか?

drop in on ~、drop in at ~ という言い方もそうですけど、場所を訪れる場合は前置詞が at になるのは分かるんですけど、なぜ人を訪れる場合は前置詞が on になるのですか?

Aベストアンサー

onは「接触」という意味が基本です。

inは中
atは点
onは接触
が基本です。

以上は、動きを伴っても同じような違いがあります。

in/into = 中に向かう
at = 一点に向かう
on = 表面(接触)へ向かう

そこで、人との接触の方向に向かうのであれば、onを使います
人を呼んで接触しようとするとき
Come on!と言います。あのonは副詞ですが、そのonと同じような意味を持っているのがcall onのonです。
Come in. 中に入ってきなさい。
Come on. (私の方に接触するために来なさい)→来て、こっちよ
Come on in. 中に入ってきて!(中に入って話をするなど接触をすること)
→このinとonの違いでonの意味が少しわかると思います。

drop in on ... でもcall on ... でも、このonの意味で考えればよろしいと思います。

QI'm okay shit just liven to learn and learning to

I'm okay shit just liven to learn and learning to live
Trying to stay out the way till my time comes
至急日本語にできる方宜しくお願い致します。。

Aベストアンサー

>I'm okay shit just liven to learn and learning to live
大丈夫さ、めっちゃ陽気に学ぶ、学び続けるのさ、生き方を、


>Trying to stay out the way till my time comes
俺の時代が来るまで、隅っこでじっと我慢しながら。

Q「それでは、お願いします」は英語で・・・?

もしかしたら、とても初歩的な英語なのかもしれませんが分かりません(><。)
海外旅行に行き、帰国日の朝
トランクをポーターさんが部屋の入り口に取りに来てくれたりしますが、
そのときに「ありがとう、お願いしますねっ♪」
という雰囲気で一言言いたいのです。
「トランクをお願いします」というようなかしこまったものではなく、
何かをお願いするとき、気軽に、「じゃぁ宜しくね」的な表現があれば、教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『よろしくお願いします』に直接相当する英語の表現というのは、普通の英語では、無いでしょう。
書いておられるような雰囲気、意図を出すなら、むしろ単語や言い回しのレベルではなく、"Thank you"というときにきれいな笑顔を作って礼を言うことだと思います。

日本人は、一般にそういうスマイルの表現をあまりしませんが、外国では、少々演技するくらいに表情で表現するのがコミュニケーションに効果的です。堂々として、かつ、柔らかな笑顔を意図的に作れるといいんです。

QTeaching methods emphasize speaking. (教え方は、話すことを強調

Teaching methods emphasize speaking.
(教え方は、話すことを強調すること)みたいな意味だと思うんですが、文型はSVCだと思ってました。
emphasizeをisに直すと意味が通るので、、、
しかし回答でSVCは間違いだったのです。
訳し方がまずいのでしょうか?
他にも複数個問題があって、一定の点を取らなければ答えが見れないシステムなのですが、考えても答えが分からないのです。
簡単な問題かもしれませんがどなたか分かるかた教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

文の訳は、「教え方は話すことを強調する」ですから、「〜を」に当たるところは目的語です。
それに、emphasize をisに直したら、意味は通じないです。「教え方は話すことです。」になってしまいます。教え方イコール話すことではありませんので、SVCではありません。

Q中学校の授業でハロウィンをテーマにした授業をしたいです。

中学校の授業でハロウィンをテーマにした授業をしたいです。

中学校の英語の教員をしているものです。
ハロウィンが近づき、ハロウィンをテーマにした授業をしたいのですが、
何かアイデアがあったら教えてください。

Aベストアンサー

アメリカのハイスクールに通っていた娘のESLのクラスでは、ハロウィンの由来とか文化についてパワーポイントを使った簡単な説明があって、その後の活動でパンプキン・カービングでジャック・オ・ランタンを作ったり、パンプキン・ペインティングをしたり、アップル・ボビング(大きなバケツやタライにリンゴを沢山浮かべて、手を使わずに口で浮いているリンゴをバケツから移動させるゲーム)をやっていました。
 
ハロウィン・レシピとかも見ていると楽しいし、英語で料理の用語に触れる機会になると思います。
http://www.tasteofhome.com/Recipes/Holiday---Celebration-Recipes/Halloween-Recipes

ハロウィンにまつわるジョークやなぞなぞも面白いと思います。
http://www.corsinet.com/braincandy/jkscary.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報