僕が子供の頃、21世紀になれば家族そろって宇宙旅行に出かける、なんて事が当然だと思っていた。
しかし21世紀になったものの現実に宇宙にいった人類は世界でもわずかです。
なぜなんでしょう?人が宇宙に行くために何が必要なのでしょう?
死ぬまでに一度は宇宙に行きたいのです。誰か詳しい人教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

単刀直入に言うと理由は2つあります。


・宇宙にいく手段の制限。
・宇宙にいく唯一の手段であるロケットの値段が馬鹿高いことと低い安全性

まず一つ目の宇宙にいく手段の制限ですが。21世紀のになったばかりの現在宇宙にいくにはロケット以外にありません。スペースシャトルはエンジンはついていますが燃料はあの茶色のタンクの中に入っています。このロケットについてですがなかなか厄介な代物でとにかくエンジン、燃料タンク、電子機器その他いろいろを軽く作って燃料をたくさん乗せることを考えて作られています。よってロケットの重さの80%~90%が燃料の重さだとは聞いたことがあると思います。そして軽く作るために安全率をぎりぎりまで下げて作られています。
ちなみに安全率とは「体重50キロの人用の椅子」に体重100kgの人が座ると壊れたとした場合、この椅子の安全率2.0と言うことになります。しかしこんな馬鹿な椅子はまずありませんように一般の生活にあるものは安全率が大きく作られています。(計算によってではなく生活上の経験によって作られているものもある)ちなみにクレーン車のワイヤーロープは安全率の6.0(1tの釣り下げが可能ならば6tの釣り下げでワイヤーが切断するように計算されて作られている)ぐらいで作られています。ではロケットの安全率はいくつかと言いますと一番強いところで1.5ありません詰まり、軽くするためにぎりぎりまで弱く作ってあるのです。そのためにH‐(2)のエンジン部分の溶接(溶接した場所は例外無く他の場所より弱くなる)は日本(世界)でもトップクラスの腕前の人が行っていたりします。このぐらい軽くしないとロケットは衛星軌道(高度最低でも150Km、速度は地上に対し水平方向に約8km/秒(約マッハ25))に乗りません。
このようとにかく軽く作るためにいい材料と手間をかけてロケットは作られるので高価になります。
例を挙げるとH-(2)A(85億円)、世界でも格安と言われる中国の長征、ロシアのプロトンでも同じ重さの物を打ち上げるのに50億円かかると言われます。つまり値段が馬鹿高いのです。ちなみにスペースシャトルは1回打ち上げるのに約300億円と言われる。
そして人が乗るためには安全でなくてはなりません。人工衛星を打ち上げるロケット(世界のほとんどの)の場合、とにかく軽く作るためぎりぎりまで強度を落としています。世界平均で成功率95%ぐらいです。詰まり20発に1発は失敗(軌道に乗らない)しているのです。スペースシャトルの場合は成功率99.9%を考えて作ってあります。そのため整備や保守点検に多くの人と時間お金をかけるため300億円になります。
そこで世界中で簡単な整備と安いお金で宇宙との間を行ったりきたりできる「スペースプレーン」や「再利用ロケット」を考えられてきましたがいずれも「軽くて強い材料」の技術のところで行き詰まり実現を見ることもなく計画中止になっています。
ゆえに、現在では人間が宇宙に行く手段としてスペースシャトルかロシアのソユーズしかありません。スぺースシャトルは一般の人が乗るのには大変ですがソユーズの場合は約30億円をロシアに払えば国際宇宙ステーションに釣れていってくれます。TBSの秋山さんがミールに行ったときも約25億円をTBSが支払ったと聞いてます。

そんなお金が無いと言う方には現在、宇宙開発事業団の内の有志によって、人工衛星の打ち上げに相乗りできる安い使い捨て宇宙船(再利用すると値が高くなるから)を作ろうと言う「フジプロジェクト」があります。(以下のURL参照)
これでも1人あたり最低でも2億円はかかりますが画期的なシステムです。

結論、飛行機のように宇宙に行くためには今よりも画期的な軽く、強度があり、振動にも超低音、超高温に強い材料必要だと言うことです。

周りの人間にはなぜ宇宙に行く必要があるのかと言う人がいますが、そのようなことを言う人宇宙開発に反対する人と見ていいでしょう。
最も自分の場合は「行きたいことに理由はない」の一言で済ませますけど。

参考URL:http://giken.tksc.nasda.go.jp/Group/sentan/missi …
    • good
    • 0

行く目的地がないからじゃないでしょうか。


たとえば、
「飛行機に乗ること」を目的として飛行機に乗る人はあまりいないと思います。
どこか、目的地があって、そこまでの交通手段として飛行機に乗るのが
普通だと思います。
「宇宙に行く」つまり「ロケットに乗る」というのも同じだと思います。
もし、火星や金星など、他の惑星に行く事が可能で、
行って何か体験できるのであれば、
交通手段としてのロケットは普及すると思います。
「家族そろって宇宙旅行」とおっしゃっていますから、
目的地があって、そこに向かって行く事を想像していたのではないでしょうか。
    • good
    • 0

宇宙関係に投資するお金が国に無いのではないでしょうか。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙船、地球号の乗組員、人類について?

はじめまして

人類は地球上に存在する、特殊な生物です。
莫大な人口増加、食料の不足、それに伴う高度成長と呼ばれる環境破壊など、人類は地球にとっては非常に困った存在になっています。
また、正当な理由を付けて、他の種を絶滅させたり、開発という名前の環境破壊はどしどしやって行き、食料は、自分たちが食べる以上の食料を確保し、何らかの理由を付けて無駄に消費してしまいます。

人類の得意なことは、地球上にいる人類以外の生物を絶滅させる事、支配することが特徴で、共存する事は出来ません。

牛や豚を家畜として、飼育してある時期が来ると食料にします、こういう事は共存とは言いませんね?今は、人類が動物を支配している為、様々なルールを作り、それらしくしているだけで、あくまでも人間のルールで良い悪いが判断されてしまいます。

人間とて自然の一部、生物でしかありませんが、人類だけは、食物連鎖に関わらず、消費だけを行っています。

人類は地球が長い間掛けて作ってきた自然循環型の連鎖を壊して、自分勝手に繁殖していきます。このままでは人類は、地球上の悪しき存在以外ありません。
例えば人食い虎が、森を破壊しますか?人食い鮫が海を破壊するのでしょうか、違います彼らは自然のままに生きているだけですが、人間は自分たちで制御出来ない物に対しては、恐れから、正義の名の元に駆除などを行います。

未来のことが考えられる教育が、今の人類には必要だと思います。
また、今は解決策が見つからない世界であっても、これを劇的に変化させることが、出来る科学の力は、無いのでしょうか。

はじめまして

人類は地球上に存在する、特殊な生物です。
莫大な人口増加、食料の不足、それに伴う高度成長と呼ばれる環境破壊など、人類は地球にとっては非常に困った存在になっています。
また、正当な理由を付けて、他の種を絶滅させたり、開発という名前の環境破壊はどしどしやって行き、食料は、自分たちが食べる以上の食料を確保し、何らかの理由を付けて無駄に消費してしまいます。

人類の得意なことは、地球上にいる人類以外の生物を絶滅させる事、支配することが特徴で、共存する事は出来ません。

牛...続きを読む

Aベストアンサー

地球さんは何か困っているのでしょうか?
まず地球を擬人化するのはやめましょうね。
これを何とかしないと、お話のしようがありません。

地球は大昔は今よりはるかに過酷な環境にあり、また地球(星の寿命)から見た近未来に人類の環境破壊など及びもつかないほどの環境になることもありえます。

結局、環境破壊は地球が困るんじゃなくて、“人類”が困るんです。

まぁそれに環境に適応した生物がそれ以外の生物を駆逐するなんて、自然界でも珍しいことではありませんし…

あと科学は魔法ではありません。
仮に劇的に変化させる魔法のような科学技術があったとして、それを実行し環境を劇的に変える方が人類のエゴだと思いますよ。
(結局は人類のための人類による環境改変でしかない)

>未来のことが考えられる教育が、今の人類には必要だと思います。
これ自体は今に限らず昔でも未来でも、必要なことだと思います。

Q 人類の発祥には宇宙からの飛来物質が関係する・・・と言う説が、読売新聞

 人類の発祥には宇宙からの飛来物質が関係する・・・と言う説が、読売新聞に書いてあったのですが?

 5月の読売だったと思います。人類の起源に関係すると考えられる物質があり、それを調べてみると地球上の存在し得ない物質だったとの記事を見ました。図書館で探してみましたが探せませんでした。知っている方が居られましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20100406-OYT1T00958.htm

4/6の記事にありました。

ただ地球にしろ他の天体にしろ飛来物純度100%だと思いますし
不思議はないかと思います

Q20~21世紀の平和主義者

20~21世紀の、世界的な平和主義者を教えて下さい!!
人から聞いたりして、以下の人をリストアップしました。目標は20人です。

ガンジー
キング牧師
シュバイツアー
マザーテレサ
池田大作
杉原千畝

以上、敬称略

Aベストアンサー

1)音楽家、坂本龍一 非戦という本を出しています。
2)物理学者 アルバート・アインシュタイン
   この人すこし微妙です。戦中はアメリカに原爆
  開発を提案します。ナチスドイツが原爆を開発
  していると考えていたからなんですが、
  ドイツが降伏したあと、アメリカが原爆を
  日本に使用しようとしていることを知り、
  原爆使用中止を訴え、一転して平和を主張します。
  「戦争をなくすのは簡単だ、みんなで兵役を
  拒否すればいい」といった言葉を残しています。
  いわゆる非戦論者の一人です。

3)物理学者 湯川秀樹 
  第二次世界大戦中、日本の戦争を早期に終わらせよ
  うとする秘密会議が日本にあったのですが、
  そのゲストメンバーで、戦後も一環して日本中
  で平和活動を続けました。 
4)音楽家 ジョン・レノン、 オノ・ヨーコ
  ビートルズ解散後、数々の反戦運動に参加
  平和な世界をうたえるイマジンという曲は
  あまりにも有名。

Q何も無い、この宇宙の片隅で・・・人類の未来を考える

麻原彰晃の予言が、それほど外れてもいないように見えたりもする現代日本において、ボーッとしているうちに、いろいろと世間の状況が変わっているようで、野田の首と引き換えに日本国民を見殺しにするべきだ、といった風潮やら、橋下では国政は動かせないのだ、という報道やらが行きかっているようで、正直、このへんがガマンの限界点かな、と思ったり思わなかったり致します。
いつでしたか、うちの近所の横丁で、ボート賭博の親玉、笹川良一の孫を自称する者がクダを巻いていたとき、地元ヤクザがその者に酒を振舞ったり、女を世話したり、といった忙しい中、ほとんど関係ない私が、その者とヤーさんを、ボコボコにした思い出とは別にしても、あんまり嘘は褒められたものではありません。
どなたか、日本に潜む、独自の嘘、偽りを私に、土日の暇な時で結構ですから、ボチボチのペースで教えてやってください。

Aベストアンサー

貴殿は隠れオウム信者のようですね?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q地球人類は、銀河系内の腐った人類を集めて地球に収容し、肉体的にその子孫

地球人類は、銀河系内の腐った人類を集めて地球に収容し、肉体的にその子孫が繁栄したもの、という情報がありますが、皆さんはどう思いますか。

Aベストアンサー

なるほど、地球は銀河系のオーストラリアだったのですか。
流刑地のつもりで送り込んだはいいが、以外と住み心地よくて繁殖しちゃったのが地球人なのですね。

ワタシが聞いた降臨者の話ですと、地球人類は遺伝子操作で作られた実験体が野生化したものだそうですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報