20年くらい前の話になりますが、英語の教科書にあった話が誰の何という作品なのか知りたくなりました。
話の内容としては、2人の人物が人間は誰とも交流せずに生きていけるかという事で賭けをし、出来ると言った方の人は密室に何十年も一人で暮らし、その間に色々な外国語を習得したりして・・・といったものだったと思います。
なんだかまた読みたくなったので、ご存知の方は教えてくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

O・ヘンリ短編集の第2集に「20年後」というのがあります。


これじゃないでしょうか?自信はありませんが、なんだかそれっぽい気がしたものですから、御参考までに、と思いまして。
手許には全3巻のうちの1と3はあるのですが、なぜか肝心の2がありませんので内容の確認は出来てません。
中途半端でごめんなさい。
ちなみに、私がもってるのは新潮文庫の「O・ヘンリ短編集」(大久保康雄訳)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
実はその3巻とも所有しておりまして、話の内容は知ってるんです。
幼なじみが20年後に待ち合わせしていて、それぞれが警官と・・・って話ですよね。
うーん、これじゃないんです。ごめんなさい。
誰とも接触せずに生きられると言った方の人物は、隔離された部屋にこもって、毎日読書をしたりして教養を高めていくといったような内容なんです。
また、思いついたらお願いします。
でも、情報を下さって本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/01/09 01:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語は誰にでもできるって幻想じゃないのですか?

質問どおりです。
英語を塾や学校で教えている人は除きますが、英語が得意で最初から学校時代に受けたテストやTOEICなどで高得点を取れていた人はこの質問を見ないでください。それはこれから書く文章が英語が得意な人にとっては分かるはずのない私の体験談であるからです。
学校で教えられたとおり、単語をいっぱい覚えて、文法も覚えて、音読やリスニングもしました。
でも、周りの人と同じように、いやそれ以上に勉強しているのに、塾ではいつも出来が一番悪くて、偏差値は最高で39でした。
英語は誰にでもできるとか言っている人がいますが、なぜそう言い切れるのでしょうか?
http://service.mcafee.com/FAQDocument.aspx?lc=10 …
とあるPCのトラブルで、上記のURLから英語で書かれた文章を読まなくてはいけないのですが、最初の方に書かれている文「McAfee Anti-Theft service prevents unauthorized use by locking your computer. Until the computer is unlocked, it cannot be used. 」からもう読めません。
英語が誰にでもできるのって幻想じゃないのですか?できるとしたらなぜそう言い切れるのでしょうか。
全く英語が苦手な人が、大学入試の英語の偏差値が70以上いって、TOEICで900以上取ってきて、英語の曲の歌詞の意味も分かるようになったという話は聞いたことがないのですが。

質問どおりです。
英語を塾や学校で教えている人は除きますが、英語が得意で最初から学校時代に受けたテストやTOEICなどで高得点を取れていた人はこの質問を見ないでください。それはこれから書く文章が英語が得意な人にとっては分かるはずのない私の体験談であるからです。
学校で教えられたとおり、単語をいっぱい覚えて、文法も覚えて、音読やリスニングもしました。
でも、周りの人と同じように、いやそれ以上に勉強しているのに、塾ではいつも出来が一番悪くて、偏差値は最高で39でした。
英語は誰にでもで...続きを読む

Aベストアンサー

英語が誰にでもできるのかと問われれば、もちろんそんなワケ御座いませんと答える他ないのですが、
コトの本質は、はたして質問者さんはそれでも英語を習得したい、あるいは事情があって上達する必要性を感じていらっしゃるということでしょうか?

そうであれば、ご自身が英語に関して興味を持てる事柄を見出し、狭くても良いのでその事柄だけに集中して理解に努めてみて下さい。たくさん辞書を引いて、解らない点は納得のいくまで質問を繰り返してみて下さい。英語を文脈で理解できた、という実績を積み重ねてみて下さい。『単語をいっぱい覚えて、文法も覚えて、音読やリスニングも』やった経験を、私は無駄だとは思いません。その時はパーツとしてしか認識できなかった事でも、全体像がぼんやりとでも見えてきたら、後から意味を成すことは多々あります。

ところで『英語が得意/苦手な人』を、『言語習得に向き/不向きな人格』と言い換えた上で、私は言語習得に向いている人格を『自分の頭でモノを考え、己の意見を理論的に述べることを当たり前にできていること』と定義します。

その意味で、例えば ANo.5 と ANo.6 の回答者の方たちは学校教育での英語は成績不調だったものの、ある時点で『英語はできた方が人生有利だ』と考え(←ここは推測ですが)、それぞれ自身に合った英語の習得法を自分で模索し努力した結果、成功された典型例かもしれません。それに、共通項として、日本語でもご自身の考えを言語化する事に長けておられますよね。

ヒトは言葉を使って思考します。ですから、まずは母語である日本語で自身の感情を明確に言語化するトレーニングを日常で行うのも有効かと存じます。

末尾に代えて:
Multilingualism is a trained skill, and only the ones who've tried hard enough are entitled to enjoy the privilege of linguistic advantage :))
  より単純に
The harder you try, the luckier you get!

以上、ご健闘お祈りいたします。

英語が誰にでもできるのかと問われれば、もちろんそんなワケ御座いませんと答える他ないのですが、
コトの本質は、はたして質問者さんはそれでも英語を習得したい、あるいは事情があって上達する必要性を感じていらっしゃるということでしょうか?

そうであれば、ご自身が英語に関して興味を持てる事柄を見出し、狭くても良いのでその事柄だけに集中して理解に努めてみて下さい。たくさん辞書を引いて、解らない点は納得のいくまで質問を繰り返してみて下さい。英語を文脈で理解できた、という実績を積み重ねてみ...続きを読む

Q国語の教科書の手品師の話

小学校高学年の国語の教科書に載っていた話のはずです。

少年が主人公で、素敵な手品師の叔父さんがいました。
その叔父さんはある日旅に出てしまいます。
数年後、少年のもとにおじさんからプレゼントが届き、
どこからともなく、手品で消えたウサギがいる場所を見つけたよ、本当の手品を見つけたよ、というおじさんの声が聞こえてきます。
空を見ると、風の透明な手品師がおおぜい空を舞っていた…

こんな感じのあらすじだったと思います。
約10年前の国語の教科書についていました。
誰のなんという作品かおしえてください!

Aベストアンサー

竹下文子「花と手品師」でしょうか。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/bittervalley/tusin/wisdom2/wisdom139.html

参考URL:http://www.iwasakishoten.co.jp/shop/book/4-265-03778-X.html

Q【英語】英語の故事の「Slow and steady wins the race.」は誰の言葉でどう

【英語】英語の故事の「Slow and steady wins the race.」は誰の言葉でどういう意味ですか?

Aベストアンサー

急がば回れ
語源は宗長の歌

Q国語教科書にあった「ボートが沈もうとする話」を探しています。

中学か高校の国語の教科書または参考書で読んだ話を探しています。僕が中高生だったのは平成4~平成10年頃のことです。

題名、著者、掲載本など全く覚えていません。うろ覚えのストーリーだけが手がかりです。

こういう話です。

男は妻を連れて(もしかしたら子どもも)公園の池のボートに乗る。最初は幸せな日常の描写。しかし妻が言う、「このボートだんだん沈んでない?」。男は否定する、「そんなことあるはずないよ」。それでも男の胸には不安が広がり、必死で岸に向かってボートを漕ぐ。

なかなか奇妙な話で、実際「日常の中に潜む狂気」といった解説が付いていたような気もします。ある日思い出すとどうしても気になり、ネット検索、教科書会社への問い合わせ、教科書センターの訪問、当時の同級生・国語の先生への久々の電話などしたのですが、全く手がかりを得られませんでした。

ここが最後の頼みの綱です。皆様どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 多分なのですが、黒井千次さんの小説ではないでしょうか。題名までは思い出せないのですが・・・勘で言ってみると『ボート』とか(笑)
 私も、高校の現代文の教科書で読んだような気がします。もしかしたら国語(1)・(2)だったかも・・・。今、教科書が手元にないので、どこの教科書だったかも分かりません。
 中途半端ですみません。私も、このお話、印象に残っていたので、つい書いてしまいました。間違っていたらごめんなさい。でも、作者さんはあってると思います。

Q未来は今日ほど重要ではないという名言は誰の言葉ですか? 英語にするとどう表現にされているのかも教え

未来は今日ほど重要ではないという名言は誰の言葉ですか?

英語にするとどう表現にされているのかも教えてください。

Aベストアンサー

誰の名言かは知りませんが、英語にすると以下の通りです。
Tomorrow is not as important as today.

Q子供の頃の教科書にあった思い出せない話

子供(小学生くらいだと思いました)の頃に教科書に出てきたお話を思い出せなくずっと気になってます。

内容は、お互いに愛し合う男性と女性が登場し、お互いに貧困な生活をしています。ある日、お互いに
プレゼントをする事になり、女性は自分の大切な髪を切ってそれを売って男性へのプレゼントを買いました。
男性も自分の何か大切な物を売り、女性へのクシを買ったと思いました。
お互いに買ったプレゼントは結局使い物にならない形になりましたが、お互いの相手を思いやる気持ちが
美しく表現されていたお話です。

どなたかご存知でしたら、書籍名、筆者等をご教授の程お願い致します。

Aベストアンサー

 !!!
 教科書で見たのかどうかも覚えていないんですけど(;^_^A、
それはむっちゃ有名な話です!!
 オー・ヘンリー(「最後の一葉」で有名な)の書いた、「賢者の贈り物」です。
 「賢者の贈り物」で検索してみてください。いっぱいでてくるから。

Qすいません。誰か私にかっこいい英語などでいいニックネームを考えてください!全然思いつかないので、あま

すいません。誰か私にかっこいい英語などでいいニックネームを考えてください!全然思いつかないので、あまりパクリなどではないのでお願いします。英語の場合は、意味などもお願いします。ちなみに名前は、カエデです。

Aベストアンサー

mapleメイプル(かえで)
一択でしょう。
かっこよくないですか
なら、
mad maple(マッドメイプル、狂楓)
mad bull(マッドブル、狂雄牛)
mad slaughter(スローター、狂殺戮)

Qチェーホフの「賭け」の結末に関して

30年近く前に、教科書でチェーホフの「賭け」という作品を読んだことを思い出し、最近読み直しました。そしてこの小説の結末が、私が知っているものと少し異なるように思いました。今手元にあるのは、原卓也氏訳の中央公論社のチェーホフ全集(8)を元にしたポプラ社の「諸国物語」です。念のため英訳されているものも見てみましたが、いずれも結末が約束の時間の前に法律家が去っていき、銀行家が彼の手紙を金庫にしまうという結末でした。私の記憶では、もう一ひねりあったような気がするんです。もしかしたら、授業で先生が、最初の結末はこうではなく、こうなっていたんだというのを勘違いして覚えているような気もするのですが、チェーホフの「賭け」の結末について何かご存じの方がいらしたらご教授いただけるとありがたいのですが。

Aベストアンサー

手元にある中央公論社版『チェーホフ全集』で確認したのですが、『かけ』は二章からなっていて、
質問文のなかにもありますように、法律家が去って行き、銀行家が彼の残していった手紙を
金庫にしまうところで終わっていますね。

しかしながら巻末の解題を見てみますと、この作品、1889年に「『おとぎばなし』という題で
発表されたときは三章からなっていたようですが、1901年に出版した全集に収録する際に
作者が大幅に手が加え、ついには第三章をも削除してしまったようです。

解題にも第三章全文は紹介されていませんが、要約が書かれていますので簡単に紹介します。
(腑に落ちないのはこのことかなぁ。)

第二章の終わりから一年後、銀行家は夜会を開きます。客の大半は金持ちで、話が富や財産の
ことになってくると大半のものが富や財産を否定するわけです。ところが、そのなかでひとりが
「健康で、頭のいい人間で金を辞退するものはいない」と言い出す。
そこで銀行家は、かって理想のために大金を蹴った人(法律家のことですね)を知っている
と言って論争になり賭けをすることになる。銀行家が、喜びいさんで、法律家の残していった
手紙がしまってある金庫まできたとき、突然あの法律家が尋ねてくるのです。
そして、書物で知っていたのと違って人生はもっと魅力的だ、大金と言わないまでも少しでも恵んでくれ、
そうでなければ自殺するほかないと言われ、銀行家はそれを了承する。
そして銀行家は、この賭けに負けて破産してしまいます。

教科書で読まれたとのことなので、補足的に第三章の要約が載っていたか、もともとはこんな
話だったんだよ、と先生が説明したのを、記憶されているのではないでしょうか。
なぜ削除したかの理由は分かりませんが、チェーホフという作家は文章を
削り込んでいくので有名ですから、それなりの理由があったのでしょうね。

解決の手助けができたならいいのですが♪

手元にある中央公論社版『チェーホフ全集』で確認したのですが、『かけ』は二章からなっていて、
質問文のなかにもありますように、法律家が去って行き、銀行家が彼の残していった手紙を
金庫にしまうところで終わっていますね。

しかしながら巻末の解題を見てみますと、この作品、1889年に「『おとぎばなし』という題で
発表されたときは三章からなっていたようですが、1901年に出版した全集に収録する際に
作者が大幅に手が加え、ついには第三章をも削除してしまったようです。

解題にも第三章全文は...続きを読む

Q日本で1番初めに通訳した人って誰なんですか? 参考書や塾などが充実している今の時代でも英語を完璧に理

日本で1番初めに通訳した人って誰なんですか?
参考書や塾などが充実している今の時代でも英語を完璧に理解している人は少ないのにそれらが全くない時代に英語を究めるなんて天才ですよね。

Aベストアンサー

質問者は英語と言う狭い範囲だけの話ですか?、

ポルトガルの舟が種子島へ着いたときはどうしたんでしょうね?、

ペリーが浦賀へ着いたときも、
役人が乗る伝馬船へ多少なりとも外国語が理解できる人間が同乗して「アイキャンスピークダッチ(オランダ語です)」と呼びかけたと言う話も有ります、
当時の日本はオランダ語が最先端です、

ペリーの後で実際に訪れた外交団と日本語と英語のやり取りを実際に取り仕切ったのは、
幕府方エゲレス通司のジョン万次郎、

此れがはしりの通訳なんですかね?、

彼はしがない漁師の倅だったようですが、アメリカで保護されてた間に手書きの英和辞書を造ってます、
才能も十分だったのでしょうが、中の一つの言葉が今も記録に残ってるようですね、
「Water」、
我々は必ずウォーターが正しい発音と習います、
しかしながら、彼の辞書では「ワータ」と記載されてます、
彼が耳で聞き及んだ音で書き込まれてます、

英語だからと構えたり萎縮しなければ結構身振り手振りでも通用するのかも知れませんね、

質問者は見た事が無いかも知れませんが、
かつての東京五輪の記録映画のマラソンで外国選手が消耗しきって水を現地語で要求するんですね、手で水を飲む様子を周りへ伝えると沿道の民家の女将さんが茶瓶に水を入れて湯飲みと一緒に持ち出してきて与える場面が有りました、

案外こんな事で意思の疎通は其れまででも有ったのかも知れませんね。

質問者は英語と言う狭い範囲だけの話ですか?、

ポルトガルの舟が種子島へ着いたときはどうしたんでしょうね?、

ペリーが浦賀へ着いたときも、
役人が乗る伝馬船へ多少なりとも外国語が理解できる人間が同乗して「アイキャンスピークダッチ(オランダ語です)」と呼びかけたと言う話も有ります、
当時の日本はオランダ語が最先端です、

ペリーの後で実際に訪れた外交団と日本語と英語のやり取りを実際に取り仕切ったのは、
幕府方エゲレス通司のジョン万次郎、

此れがはしりの通訳なんですかね?、

彼はしが...続きを読む

Q夏目漱石の「二百十日」について。

 突然失礼いたします。

 夏目漱石の「二百十日」は、明治39年10月1日発行の「中央公論」(第21年第10号 秋期大附録号)(反省社)に発表されたものです。

 この作品に関する、当時の批評文や感想などが載った号(「中央公論」でなくとも結構です)などは、ありませんでしょうか?

 夏目漱石の明治39年10月の書簡から、高浜虚子や寺田寅彦、若杉三郎などが批評していることは分かるのですが、その批評文(書簡?)はどこかで読めるのでしょうか?


 不勉強で、大変申し訳ございませんが、もしよろしければ、お教えいただけると本当に嬉しいです。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 こんな資料があります。

『雑誌集成夏目漱石像』平野清介編(日本文豪資料集成 
明治大正昭和新聞研究会発行)。

 明治、大正の雑誌記事のうちで、漱石関係のものを写真版で集めたものです。全20巻。
 研究書なので、お近くの図書館にはまずないと思います。国立情報学研究所のサイトで、大学や大図書館での所蔵を調べ、所蔵を調べてください(この↓サイトです)。お近くの大学図書館にあれば、公共図書館から紹介状をもらえば入館できます。
 書簡のほうは、各人の全集の書簡編がいいと思います。

 漱石は、研究資料が汗牛充棟です。下記のサイトで、「夏目漱石」で調べても、興味ある資料が見つかるかもしれません。こういう細かいことは、本の山をかき分ける覚悟が要ります。楽しいですけどね。

 見つかることを祈ってます。

参考URL:http://webcat.nii.ac.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報