アインシュタインより素晴らしい業績を上げた物理学者を教えてください
何をしたのでしょうか?
難しいことは分からないので易しく業績を紹介してください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

まず下記の投稿の訂正をさせてください。


当りでしょうか?→辺りでしょうか?

相対性理論はほぼアインシュタインの独力によって演繹的に作られました。
一方、量子力学は実験結果と上手く合うように、多数の科学者によって帰納的に理論を構築されました。よって主な学者を挙げ、「etc=その他大勢」としました。確かにシュレディンガーやボーアも大きく貢献しましたね。

ボルツマン
エントロピーの概念を“熱力学第二法則(マクロな立場)”ではなく、“分子運動論(ミクロな立場)”から確立した人です。当時は原子の存在自体を疑っている学者が多かったので、なかなか受け入れられなかったそうです。

プランク
『量子』という言葉を始めて使った人。黒体輻射の問題に取り組んでいた時、エネルギーが連続的ではなく離散的に変化する事を発見しました。ここから量子論の口火が切られたわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強になりました
どうもありがとうございました

お礼日時:2002/01/26 03:20

現代物理学を研究する上で、根幹をなす分野は大きく分けて5つあります。

その分野を確立または大きく貢献した学者は偉大だと言っていいかなと思います。時代が前になれば、それだけ後世に貢献する機会が多くなるので偉大度は高くなりますね。でも、アインシュタインと同格と言えてもそれ以上を選ぶのは難しいですね。

力学…ニュートン
電磁気学…マクスウェル
統計力学…ボルツマン
量子力学…ハイゼンベルク、プランク、ディラック、etc
相対性理論…アインシュタイン

当りでしょうか?

この回答への補足

アインシュタインと論争したボーアやシュレディンガーははずれますか?
ボルツマンやパランクは定数で有名ですが業績は知りません
教えていただいたら幸いです
よろしくお願いします

補足日時:2002/01/25 08:17
    • good
    • 0

アルキメデスっていやあ、「てこ」の原理やら凹面鏡やら。

これがなければ、動力装置もニュートン望遠鏡も出来ないわけです。
あの時代(印刷物もない時代)にそれだけのことをやったわけだから、まあ、えらい、と思う次第です。

この回答への補足

訂正します
乳トンではなくニュートンでした
どうもおさがわせしました

補足日時:2002/01/21 05:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

乳トン望遠鏡というのは初めて聞きました
どんな望遠鏡でしょう
反射望遠鏡のはしりですか?
興味有るので教えてください
サイトが有ればそれもお願いします

お礼日時:2002/01/20 12:33

ノイマンは軍事研究も行っていたようですが、量子力学の仕事とは別個だと思います。


量子力学におけるノイマンの仕事は、数学的な基礎付けを行い数学者にも受け入れられる形に再構成したことでしょう。
有名な著作に「量子力学の数学的基礎」があります。

さて、「アインシュタインより素晴らしい業績を上げた物理学者」ですが、
時代や分野の別があるので単純比較は難しく選択に困るのですが、
R.P.ファインマンではどうでしょう。
量子電気力学の仕事で朝永振一郎、J.S.シュヴィンガーと共にノーベル賞を受賞しています。
またチャレンジャー号爆発事故の原因究明調査の仕事もしています。

この回答への補足

ファインマン物理という大きいシリーズものを図書館で見かけたことがありました
そばを通っただけだったのですがそのときは物理学にそんなに大きな本で説明しなければならないだけの内容があるのかなと不思議に思ったのを覚えています
だからファインマンは名前だけは知っていましたが単なる教育者だと思っていました
業績もすごいのですね
簡単に何をやったか教えていただければありがたいのですが

補足日時:2002/01/20 04:03
    • good
    • 0

そうですねフォン・ノイマンは数学者に分類されるべきかも知れませんね。


私にとって物理学者のほとんどは、計算ばかりしている印象が強いので物理学者として彼を捉えています。マンハッタン計画では量子力学を実績として残しています。
彼がコンピューターに最も影響を与えたことは、2進法の導入ではないでしょうか?
それによりパスカルやバベッジが考えていた歯車式の計算機から一気に発想が飛躍し、デジタルという概念が生まれたわけですから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kokirikoさんは技術者を高く評価されていますね
やはり役に立つ学問でないと意味がないということですね
私も役に立たない学問は道楽だと考えているので大いに共感します
ただ役に立たないと思われていてガロア体がディジタルの符号伝送において
世界標準になっていますからなかなか判断も難しい面がありますね
ノイマンは有名だけれどボーアのように物理の本にあまり出てこないのはどうしてなんでしょうね?

お礼日時:2002/01/20 02:14

ジェイムズ・クラーク・マクスウェル (1831-1879)



アインシュタインと比較できるわけではないでしょうが、これほどの天才はそんなにはいないのでは。

参考URL:http://www.kanazawa-it.ac.jp/dawn/186501.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マッススウェルよりファラディを評価する人もいますね
ファラディが恵まれた家に生まれて数学の基礎ができていたらマックスウェルをこえてたかもしれませんね?
マックスウェルとアインシュタインとの比較は難しいのですか?

お礼日時:2002/01/20 01:59

アインシュタインよりと云われても、研究テーマが異なるのだから比較しようが無いですね。


あえて言うならノイマンでしょう。彼がいなければコンピューターは無かったでしょうから。ちなみに彼もマンハッタン計画に参加しています。
あとはニュートンやテスラとか、フレミング、ワットなどが時代に影響を与えた人たちでしょうか?

この回答への補足

ノイマン型コンピュータのことは知っていますが
ノイマンについてはあまり知りません
彼は数学者なのですかそれとも物理学者なのでしょうか
どちらにしてもどういった業績が有るのでしょうか?
ノイマンは良く聞くけど業績は何なんだろうとかねがね思っていました
この質問数学物理に関係なく彼のことが知りたいのです
教えてくださいお願いします

補足日時:2002/01/19 09:25
    • good
    • 0

やっぱり、アルキメデスじゃないですか。



私のようなしろうとでも、アルキメデスの原理ぐらいは理解できるけれど、アインシュタインの理論は理解の限界を超えている・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アルキメデスといえは浮力の原理ですね
物理ではそれだけで良く知らないけど数学の方が有名なのではないでしょうか?
浮力以外に何かありましたっけ?
有ったら教えてください

お礼日時:2002/01/19 09:24

どのような業績をもって素晴らしいとするかによるのですが、



産業界に与えた影響で言うとディーゼル機関を開発したディーゼル(Rudolf Diesel)、発明王と呼ばれたエジソン(Thomas Alva Edison)、磁石式電話機を発明したベル(Alexander Graham B.)、ダイナマイトを発明し、ノーベル賞を創設したノーベル(Alfred Bernhard Nobel)等の方がよほど素晴らしい業績をあげたといえるのではないでしょうか?

アインシュタインというとまずでてくるのがマンハッタン計画ですしね。本人にはそのような意思はなかったと思いますが。

この回答への補足

あまり深い意図はありません
独断と偏見で選んでいただければありがたいのですが
物理学の構成にしめる範囲が広いとか
ターニングポイントになったとか
その後の研究を加速したとか
教育的に貢献したとか
人それぞれポイントの置き方が違うと思いますので
よろしくお願いします

補足日時:2002/01/19 05:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単刀直入に言うと宇宙科学で必要な知識で物理学が有ります。しかし、物理学

単刀直入に言うと宇宙科学で必要な知識で物理学が有ります。しかし、物理学の中にも力学とか熱力学とか有りますよね。その、力学といっても色々とあるじゃないですか。その中で宇宙科学で使うと言うか必要法則を教えて欲しいのです。

Aベストアンサー

何が聞きたいのか良くは分からないが・・・、
例えば、天体の運動・形状・構造などを取り扱うものに天体力学とかがあるけど・・・。

Q私は中堅大学一年の物理学科に通っています。力学と物理学が全くできません

私は中堅大学一年の物理学科に通っています。力学と物理学が全くできません。
力学と物理学が理解できるオススメの参考書があれば教えて下さい。

また、力学や物理学は必死に勉強しても解ける感じがしません。勉強すれば物理学の問題は理解できますか?

Aベストアンサー

化学系では、こういうものができなくても、
量子化学(量子力学の化学への応用)
物理化学(熱力学、統計力学などの化学への応用)
が何とかなってしまうですが、
物理学科ということなので、基礎理論を
理解していないとまずいとおもいます。
理論物理の研究室に入るのかもしれないし、

手元にあった、力学の本でいいものが
あったので紹介いたします。

物理入門コース 力学 岩波書店

ちなみに、岩波の理工系の数学
入門コース 微分積分も優れた
本です。(高校数学が分かれば
理解できる)

力学で出てくる、ラグランジェ方程式とか
ハミルトン方程式は、何に使うのか理解
出来ていますか。

ラグランジェ方程式は、古典力学
(今勉強しているものです)
ハミルトン方程式は量子力学に
使います。

>勉強すれば物理学の問題は理解できますか?
ある程度高度な理論(高等数学など)は
天才でもない限り、普通の勉強では理解
出来ません。凡人には、理解できないので
単位認定がかえって甘いような気がします。

大学もそれは、分かっていると思うので、
単位を取るための勉強をしてください。
繰り返しますが、基礎理論だけでいいです。

化学系では、こういうものができなくても、
量子化学(量子力学の化学への応用)
物理化学(熱力学、統計力学などの化学への応用)
が何とかなってしまうですが、
物理学科ということなので、基礎理論を
理解していないとまずいとおもいます。
理論物理の研究室に入るのかもしれないし、

手元にあった、力学の本でいいものが
あったので紹介いたします。

物理入門コース 力学 岩波書店

ちなみに、岩波の理工系の数学
入門コース 微分積分も優れた
本です。(高校数学が分かれば
理解できる)

力学で出てく...続きを読む

Q【物理学の難しい話】二酸化炭素が増えて地球は温暖化に進み地球温暖化が問題となっているが、 物理学では

【物理学の難しい話】二酸化炭素が増えて地球は温暖化に進み地球温暖化が問題となっているが、

物理学では物質には比重があると教える。

水の比重を1としたときに二酸化炭素の比重は水と比べて1.6で水よりも重たく二酸化炭素は水より下に沈む。

地球には海があり海水が広がっている。

海水の比重は幾らなんでしょう?

海水より二酸化炭素の方が比重が重いと二酸化炭素は海水の下に落ちていくはず。

でも地表に二酸化炭素が残っており、二酸化炭素は地表に増え続けているという。

ということは海の海水の二酸化炭素の吸収が飽和している状態ってことなんでしょうか?

それとも海の海水は二酸化炭素より比重が重くて、二酸化炭素を海水が吸収しているのは錯覚だったということになります。

海が二酸化炭素より比重が重くて二酸化炭素を吸収していないとすると今後も地表に二酸化炭素は積もり積もっていくわけで悲惨ですが、

海の海水が水と同じく二酸化炭素より比重が軽くて、海の海水に二酸化炭素が重くて沈んでいっているのにも関わらず飽和して地表に二酸化炭素が増え続けているのとでは意味が違ってきます。

どちらなんでしょうか?

【物理学の難しい話】二酸化炭素が増えて地球は温暖化に進み地球温暖化が問題となっているが、

物理学では物質には比重があると教える。

水の比重を1としたときに二酸化炭素の比重は水と比べて1.6で水よりも重たく二酸化炭素は水より下に沈む。

地球には海があり海水が広がっている。

海水の比重は幾らなんでしょう?

海水より二酸化炭素の方が比重が重いと二酸化炭素は海水の下に落ちていくはず。

でも地表に二酸化炭素が残っており、二酸化炭素は地表に増え続けているという。

ということは海の海水の二...続きを読む

Aベストアンサー

君の考え方には密度の要素が抜けてるべさ

Q19世紀の物理学と20世紀の物理学の違い

19世紀の物理学と20世紀の物理学の違いはなんですか?教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。
19世紀まではニュートン力学に代表される、「マクロ的な対称性」の解明だったと思います。
ようは力学による自然の節理の解明ですね。
19世紀末にはからは原子構造などが徐々に解き明かされ、20世紀の物理学は専ら「ミクロの世界に於ける対称性」が研究されました。
整然たる対称性追求の結果、アインシュタインの相対性理論や、ハイゼンベルグの不確定性原理など「あ!」と驚くような理論が誕生しましたよね。
ちなみに、21世紀はカオス理論、複雑系科学による「マクロ的な非対象性」が課題になると思います。

Q今大学3年生で物理を学んでいる者です。将来は宇宙物理学を専攻したくて、

今大学3年生で物理を学んでいる者です。将来は宇宙物理学を専攻したくて、具体的にはまだわからないですが、アインシュタインの一般相対性理論やその宇宙への応用か宇宙の始まり辺りをやりたいと思っています。修士まで行くことは決めてあります。博士はまだわかりません。


ですが、正直今かなりまいっています。
自分はあまり頭が良くなくやはりこの辺りだと東大や京大のかなり頭が良い人が集まると聞いて、自分ごときがうまくやっていけるかかなり不安です。
夢を叶える確信が全く持てません。

自分は物理の概念を把握したり、イメージすることや、とことん考えてアイディアを出すことは得意なんですが、数学の式変形がすごく苦手で、後口下手なのでディスカッションとかも苦労しそうです。


しかも、やることが多く、色々不安もあって焦って昔と比べて物理の勉強があまり進まなくなって来ています


高校の時はニュートン力学のF=maの式で今は加速度は位置の2階微分ではないですが、こんな単純な式から全て導けることにむしょうに感動して、電磁気も面白く、大学1、2年でも講義は大変面白く、力学や物理数学、電磁気、線形代数、熱力学など講義の中で知識をどんどん吸収していって、講義にすごく感動したのですが、2年の冬休みに1日中苦手な数学を一気に勉強した反動か春休みぐらいから勉学への情熱が薄れてきてしまいました。

自分はここまでが限界なのかなぁとどうしても自信が持てず、ネガティブに考えてしまいます。


そこで質問なんですが、何かアドバイスして下さいませんか?
皆さんは気分が落ち込んだ時やモチベーションが下がった時どうしていますか?
あと、大学生までに最低どのくらいの数学をマスターすればよろしいでしょうか?
やっぱりどんどん先へ先へと勉強を自分で進ませないと間に合わないのでしょうか?
目安として、1日何時間ぐらい勉強すればよろしいでしょうか?
大学院では上記の宇宙の分野ではどこら辺がよろしいでしょうか?

今大学3年生で物理を学んでいる者です。将来は宇宙物理学を専攻したくて、具体的にはまだわからないですが、アインシュタインの一般相対性理論やその宇宙への応用か宇宙の始まり辺りをやりたいと思っています。修士まで行くことは決めてあります。博士はまだわかりません。


ですが、正直今かなりまいっています。
自分はあまり頭が良くなくやはりこの辺りだと東大や京大のかなり頭が良い人が集まると聞いて、自分ごときがうまくやっていけるかかなり不安です。
夢を叶える確信が全く持てません。

自分は物理の...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に「物理頭」はあるんじゃないかと思います。
私は東大出で院卒理博ですが、電磁気学が高校のときからまるでダメ、統計力学なんかサッパリサッパリ♪。
なので、数学に苦手意識があるのはつらいですね。
今だと超ひも理論の第三世代くらいだと思いますが、完全に数学の世界ですから。
まず、ひもから離れて、他にどんな「先端」があるのか、Physical Review Letters何か読んでみたらどうでしょう。
応用の方は日本では応用物理学会が物理学会の一桁以上大きいので(二桁かも)会誌を良く読んでみることをお薦めします。
修士までと言わず、先は余り気にせず面白いことに集中できるかどうか、天性の集中力、想像力、創造力を試してみたら良いと思います。
もしかしたら不思議な「穴」に当たるかも知れないので、応用も厭わずに今は浅く広く情報を集めなさい。
理論って別に世界創造の理論だけが理論じゃないですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報