プリアンプ・メインアンプ・チューナー・カセットデッキ・CDプレーヤー・アナログプレーヤー・スピーカーの構成で音楽を聴いています。グラフィックイコライザを,イコライザ本来の機能を利用しないで,グラフィックを見て楽しむために接続したいと思っています。
 通常の接続をすると,当然のことながらイコライザの回路を経由して(細かいことを言えば)音が変わってしまいます。そうならない接続方法があれば知りたいのですが,あるでしょうか?
 あるいは,グライコに『イコライザーON/OFF』というスイッチが付いているので,これをOFFにしておけば,(通常の接続方法でも)イコライザ回路を通らない接続と同様の音が出ているのでしょうか?
 以上,よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>『音声信号も経由させない方が良い』というのは~



「グラフィック・イコライザー(以後:EQ)の出力を利用しない」
(ディスプレイとしてだけで、EQの機能を使用しないのですから、これで良いですよね。)

と言う意味で記載しました。

必要な機材以外、接続しないのがベストですが、
一般の使用環境では気にならないでしょう。

プリアンプの使用していない出力を利用して、EQに接続。
しかし、イコライザーは入力(ディスプレィ表示の為)はするが、
プリアンプへの出力の接続は要らない。

EQのスイッチで「OFF」にしていても、回路を切り替える為の
リレーかスイッチを音声信号は通過して、EQの LINE OUT から出力されますよね。
ですから、厳密に言えばEQを通過する事により、音質が変わります。
(気にならなければ、普通の配線で良いと思いますが。)


そんなに難しい配線でもありませんから、
いろいろな接続を試し、試聴されるのが良いと思います。


わかりにくい文で済みません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『プリアンプの使用していない出力を利用して、EQに接続。しかし、イコライザーは入力(ディスプレィ表示の為)はするが、プリアンプへの出力の接続は要らない。』
これで,疑問点が全て解消されました。助かりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2002/01/19 17:14

プリアンプとグラフィックイコライザーの機種がわかりませんが、


プリアンプの「TAPE2 REC OUT」等、使用していない LONE OUT を利用。

イコライザーのスイッチ「OFF」時の音質劣化ですが、
これはイコライザーのグレードにも拠ります。

基本的には、イコライザー機能を使用しないのであれば、
音声信号も経由させない方が良いでしょう。

この回答への補足

早速の回答,ありがとうございます。
 追加の質問というか確認なんですが,『音声信号も経由させない方が良い』というのは,『使用していないLINE OUTを利用』することか,『グライコを接続しないのが良い』ということか,どちらになるでしょうか(多分,後者の方だと私は理解したのですが・・・・・・)。

補足日時:2002/01/19 14:07
    • good
    • 0

 あるいは,グライコに『イコライザーON/OFF』というスイッチが付いているので,これをOFFにしておけば,(通常の接続方法でも)イコライザ回路を通らない接続と同様の音が出ているのでしょうか?



 その方法が、一番簡単ですね。

通常の接続をすると,当然のことながら、を経由して(細かいことを言えば)音が変わってしまいます。そうならない接続方法があれば知りたいのですが,あるでしょうか?

 あとは、アンプのテープ(2)の端子につなげるやり方もあります。アンプのテープ(2)だと、アンプに入ってくるソースが、全て、イコライザの回路にながせます。また、イコライザを使いたくなれば、アンプのテープ(2)を、選択すれば全てのソースの音も変えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答,ありがとうございます。
 アンプのテープ(2)を利用すれば,アンプに入ってくるソースが,全てイコライザ回路に流せるのは知りませんでした。テープデッキ(カセットデッキ)だけが影響を受けると思ってました(^^;)
早速試してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/19 14:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwindows media playerのイコライザーについて

windows media playerで音楽を聞くとき、イコライザーを調整して聞いているのですが、聞く曲によっイコライザーを変えたいので、いちいち曲ごとに変更するのがめんどくさくて困っています。曲ごとにイコライザーの設定を保存はできないのでしょうか?
 また、曲をMP3playerなどに取り込む時ってmedia playerで変えた設定って意味なくなってしまうんですよね?
 曲のイコライザーを変えて、それをMP3playerなどに取り込む時も同じ設定で聞くことって可能ですか?
教えてください!

Aベストアンサー

#1です。
波形エディタというのは、元のデータ(waveやmp3)自体をエディットするアプリケーションです。
フリーソフトで代表的なものに、SoundEngineというものがあります。
http://www.cycleof5th.com/

グラフィックイコライザーの他にもリバーブやコーラスをはじめとした各種エフェクトやボリューム調節機能などが付いています。

プレイヤーのイコライザーと異なる点は、ファイルのデータ自体を変更するので、不可逆な変化になってしまうということです。
ですので、もしこの方法を利用するのであれば、元となったファイルは取っておいて、変更後のファイルは別に保存した方が良いと思います。

CDごとにばらつきのあるボリュームの調節などにも有用です。

参考になれば幸いです。

Q15年ぐらい前のウーファー・DSP・グラフィックイコライザー付コンポ

その昔(今から15年ほど前だと思いますが)一時期、ケンウッドやパイオニア・パナソニック(だったと思います)から、現在ではありえないサイズのミニコンポというより、ステレオという感じのステレオ・コンポのシリーズがありました。
CD・カセット・ラジオチューナー・DSP(たぶんDSPのはしりだったと思います)グラフィックイコライザー(好みで数種類のパターン表示が選べたり、イコライザー自体も細かく調整できるはず)等の機能・スピーカーもかなりでかい。それにスーパーウーファー(別売り)というモデルが幾つか発売されていて、当時、中学生か高校生だった僕はかなり憧れたものです。
最近、ネットオークションや、中古屋さんで探せばあるようなので探してみたいのですが、商品名が分らないので、ご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

ソニーでは「リバティー(LIBERTY」「ピクシー(Pixy)」
ケンウッドは「ロキシー(ROXY)」
パイオニアは「セルフィー(SELFIE)」「プライベート(Private)」
オンキョーは「ラディアン(Radian)」「エッセイ(ESSAY )」「インテック(INTEC)」
それからパナソニックでも同じように~シリーズはあったと言う記憶はあるのですが、名称を思い出せません。ちなみに私は15年程前(高校1年の時)にソニーのリバティーで、当時20万円程のものを買ってもらい、愛用していました。現在は使用しておりませんが、自宅にあります。今でも使用に関しては問題はありません。(一度CDのピックアップは交換しています)かなり迫力のある音を出すので、結構良い機種だと思いますし、細かく残響音の設定まで可能です。CDでは100枚までタイトルを記憶し、またその一枚ごとに好みの効果音(グラフィックイコライザーの設定や残響音の設定)までもメモリーに記憶しておくことが出来ました。アンプは100W+100Wの合計200Wでした。

Qイコライザー

エフェクターであるイコライザーについて知りたいんですけど、
イコライザーって各周波数別に音の強弱を調節する機械ですよね。
そこまではわかるのですが、周波数の意味がわからないんです。100やら200やら1.6kやら何がなんだかわからないんで(>_<)困ってるんで、
よかったら教えてください。

Aベストアンサー

うまいこと説明できているとよいですが...
的外れだったらごめんなさい。

以下、ちょっと長くなりますが、周波数について
詳しく説明してみました。

◆音の原理と周波数について

まず
音は空気の振動ということは良くご存知と思います。

自分の胸の前で手を広げて手の甲を上にし、
上下に揺らして「振動」をイメージして
みてください。

上下に1回だけ揺すると元の位置へ戻ります。
これを滑らかに1秒間に1回繰り返すと1Hzに
なります。これが「Hz」(ヘルツ)という単位です。
なんてことはないですね。

今度は、同じように手のひらを上下に動かしながら
腕を左から右に(左手の人は右から左に)移動させると
空中に波が描けると思います。
これが、音波の「波」の原理です。

今度はこの「波」を「音」にしてみることを考えて見ます。
音は1秒間に進む距離が決まっていて、1秒間に
約340メートル進みます。
この長さのことを「波長」と言い、
1Hzの音波の波長は340メートルです。
...時速に換算すると1224Kmです。
速いですよね~。

可聴音で最も低い限界の20Hzでは波長が17メートルです。
これは340メートル進むうち、17メートル毎に1回だけ
振動するということを指します。

でも1Hzや20Hzでは人間の耳にはちょいと厳しいので
よく聞こえる音を選んで見ましょう。

ピアノ鍵盤で真ん中にある「ラ」の音ですが
この音は約440Hzです。
これは1秒間に440回振動していることになります。
440Hzの波長は340メートル÷440Hz=約77センチです。

つまり、
あなたが1秒間に440回、手を上下に揺すりながら時速1224Kmで走る、
そして、これは77センチ毎に1回だけ揺するという計算になりますが、
これを実現したなら、
手の先が風を切る音でピアノの「ラ」の音が出るという訳です。

しかし、こういう原理を毎回説明するのは難しいため、
この原理を発見した、ドイツの物理学者の
ハインリヒ・ルードリッヒ・ヘルツ(1857~1894)さんの
名前にちなんで1Hz(ヘルツ)とか440Hzと呼ぶように
なったのです。

◆ 「周波数」ですが、

単純に言えば、Hz(ヘルツ)を原理的に日本語に訳したものだと
思ってください。

ただし、Hzも周波数もいわば「振動」の単位です。
英語ではFrequency(フリクェンシィ)といいます。
音だけの単位という訳ではありません。

何故「周波数」と呼ぶのかといいますと、
これは、数学のsinθ(サインシータ)からきています。
シータ(θ)は角度を指していて1周が360度ですね。

 ・sinθ×半径

で真円が書けますが、これが周波数の「周」です。

今度は、X軸を角度として0から360へ変化させ、
Y軸=sinθ×半径とすると、正弦波(サイン波)の図が書けます。
これが「周波数」の「波」です。

上下に振幅する波の形に、誰も見たことが無い「音波」を連想することから
「波」→「周」→「周波」と呼び、この波の回数を周波数と言うわけです。


◆イコライザーの100kHzや200KHz,16KHzは、これらの
振動を指しています。音の速度は一定しているわけですから、
周波数が低くなる(数字が小さくなる)と低音になり、
周波数が高くなる(数字が大きくなる)と高音になります。
人間の耳に聞こえる音(可聴音)は20Hz~20000Hz(20KHz)といわれます。

ちょっと判りにくいかもしれませんが、
町に出てみて、高圧線や変電所から聞こえてくるブーンという音は、
北海道・東北・関東地方等なら50Hz、近畿・関西地方なら60Hzの音です。

私の場合、自分に聞こえる最低の音は40Hzぐらいです。
重低音といわれるのは44Hz~48Hzぐらいです。
ボォーというとても低い音です。ソースに何も無いときにステレオの
ボリュームをめいっぱいに上げるとサーっとわずかに音がすると思いますが
これが可聴音の上限の音で11KHzぐらいです。

イコライザアンプは、ほとんどメーカーで200Hz単位で数字が振られていると思います。
これは1つのレンジが左右200Hzの帯域をカバーします。
つまり、400Hzのスライドバーは300Hzぐらいから500Hzぐらいまでをカバーして、
その帯域の周波数の音の振幅を調整します。
400Hz帯といえば「ラ」の音、救急車のサイレンの音、若い女性の声などの音域です。

うまいこと説明できているとよいですが...
的外れだったらごめんなさい。

以下、ちょっと長くなりますが、周波数について
詳しく説明してみました。

◆音の原理と周波数について

まず
音は空気の振動ということは良くご存知と思います。

自分の胸の前で手を広げて手の甲を上にし、
上下に揺らして「振動」をイメージして
みてください。

上下に1回だけ揺すると元の位置へ戻ります。
これを滑らかに1秒間に1回繰り返すと1Hzに
なります。これが「Hz」(ヘルツ)という単位です。
な...続きを読む

Q電源タップと電源ケーブル等,,,,,,,,,

この度ピュアオーディオをはじめたいと思いアンプ、スピーカーと揃え、
今はそれにふさわしい電源ケーブルと電源タップ等を購入しようと考えてます。
自分なりに色々調べたのですが、調べれば調べるほど何を買っていいのか分からなくり困り果てています。
初めて買うものですので今後の基準になるように色付けの無くバランスの取れた物を購入したいと考えてます。
あるサイトでベルデン製のシールド重鉄タップ六個口というのを見つけ、説明文を読めば読むほど欲しくなったのですが、
それを買おうかなと考えていると、他のサイトではそのタップを批判するような声(そちらのタップの理論を真っ向から否定する)も見つかりました。
自分で色々買ってみれば良い話なのですが、そこまでするお金の余裕もありませんし、
かといってスピーカーやアンプなどと違い店頭視聴なども難しく思います。
どなたか詳しい方、おすすめの電源タップ、電源ケーブルなどあればアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

V8iにMusic Goddessですか。本当にマイナーですね(失礼)。

くだんのサイトに関しては、(思っているところが一致しているなら)以下のQ&Aが参考になると思います。
http://okwave.jp/qa3518011.html

>> 一度オーディオテクニカの電源ケーブル(型番はわすれました)定価2万円くらいの電源ケーブルを買ったのですが自分の理想の音と逆にかけ離れてしまい次の日に売りました。 //

そういうことなら、テクニカは肌に合わないかも知れません。Music Goddessは聴いたことがありませんが(LeisureシリーズやMoonは聴いたことがありますが)、V8iは日本でいえばハイエンドクラスの製品ですから(ご存じかも知れませんが、米国の某メーカーのOEM製品で、そちらは実に7,000USD=80万JPYもします)、ケーブルもこだわるべきでしょう。

ただ、メーカー製品の安い電源ケーブルは、たいていろくなものがありません。ハイクラスのアンプなどでは、特にそれが明らかになります。2万円のケーブルで比較的マシなのはPS Audio XPD Mk2(http://www.kanjitsu.com/ps_audio/xpd18mk2.php)あたりだと思いますが、やはりイマイチな感は拭えません(付属の電線よりは良いところもある、というくらいでしょうか。他に、SAECのものが気になっていますが、私は自作しているので聴いたことがありません)。タップに関しては、2万円前後だとテクニカのものくらいしかないのではないかと思います。完実電気扱いのBELDENのタップ(http://www.kanjitsu.com/belden/ps1850.php)もありますが、正直、う~ん...という感じです。

スピーカーケーブルとラインケーブルは替えた方が良いかも知れません。カナレは、安くて信頼できるケーブルですが、あくまで「現場用」です。踏んでも切れない、安いといったことが最優先で、音質面で絶対的に優位とは思いません。どうせなら、ケーブルも超マイナーなものにしても良いのではないでしょうか。たとえば、SINE(http://www.sineworld.com/)やXindak(http://www.xindak.com/english/)など。SINEはいちばん安いラインケーブル(Junior)を持っていますが、コストパフォーマンスは良いと思います。

>> オーディオグレードという物はそんなにあてにならないものでしょうか、、、 //

たとえば、電源関係でいえば、Wattagateなどはオーディオグレードを自称していますが、信頼できる音だと思います。他にも、オーディオグレードを名乗る製品は多数ありますが、信頼できるものもたくさんあります。ただ、基本的には売る側の好みの音を商品化しているわけですから、それなりに癖はあると思って良いでしょう。その意味で、汎用品の方が無難であるとはいえます。他方、自分の好みにはまれば、得難い良さがあるでしょう。

ところで、アンプにしろスピーカーにしろ、「どこそこのメーカーの音」というものがあります。つまり、「売る側の好みの音を商品化している」ということです。

ひるがえって、1つのメーカーで「いろいろな音」を売っているとすれば、それは「メーカーの思う良い音」を売っているのではなくて、単に「音が変わるのが面白い=ただのお遊び」というだけの話です。そのような製品を使って最高の満足が得られるとは思えません。

ということで、「下手に癖のついているものより汎用品の方が良い場合もある」、「ポリシーのないメーカーのオーディオグレードは当てにならない」という2つの意味で、「オーディオグレードにこだわらない方が良い」という結論になります。

V8iにMusic Goddessですか。本当にマイナーですね(失礼)。

くだんのサイトに関しては、(思っているところが一致しているなら)以下のQ&Aが参考になると思います。
http://okwave.jp/qa3518011.html

>> 一度オーディオテクニカの電源ケーブル(型番はわすれました)定価2万円くらいの電源ケーブルを買ったのですが自分の理想の音と逆にかけ離れてしまい次の日に売りました。 //

そういうことなら、テクニカは肌に合わないかも知れません。Music Goddessは聴いたことがありませんが(Leisureシリーズ...続きを読む

QWinampのイコライザー

こんにちは。
先日、Winampを手に入れて音楽を聴いているのですが
イコライザーの意味がまったくわかりません。
どなたか教えていただけないでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

ここのページに、W I N A M P E Q U A L I Z E Rの画像があります。
http://www.winamp.com/download/overview.jhtml;$sessionid$F51JO4H4MWVWTTN241HRC0A#main

スライドバーの下に60~16Kとありますが、これらは周波数帯域のことです。
60が最低音、16Kが最高音となっています。
イコライザーの画面左上でイコライザーをONにすればスライドバーを上下に動かして音質を変化させれます。

Q「イコライザーON/OFFスイッチ」の場所。

中古でAIWAの「PX-E860」なるプレイヤーを買いました。このプレーヤーは、PHONO端子のないミニコンポに接続してLPやEPレコードが聴ける、「フォノイコライザー」を内蔵しているそうです。
外部入力端子さえあれば、ラジカセやテレビにも接続可能で、「イコライザーON/OFFスイッチ」つきだそうなんですが、そのスイッチらしきものが見つからないのです。
この手のプレーヤにはいったいどこにそのようなスイッチのありかがあるのでしょうか?
ちなみに説明書はありません・・・。

Aベストアンサー

なんか、ややこしい場所に有るみたいですね。

ターンテーブルのシートを外すと、テーブルに小窓が開いていて、テーブルを回すと小窓の下にスライドスイッチがあるみたいです。

所有者の方の紹介WEBが見つかりましたので、貼っておきます。
真ん中よりちょっと下あたりです。

参考URL:http://www.flatearth.jp/old/essay03-02.htm

Qイコライザーの設置位置

新しくイコライザーを買いまして(^ω^)

今、僕は 

iPod⇒イコライザー⇒システムコンポ⇒プリメインアンプ⇒スピーカー
というぐあいに設置していますが
低音が効いてる音楽をかけると「バシバシ」「ブリブリ」っというアンプの電源を入れたままスピーカーケーブルを抜く時にするような音がするときがあります。

イコライザーを付けるまではそんなことありませんでした。

イコライザーで低音の摘みを上げていますがそれが原因なのでしょうか?

また、イコライザーの設置位置はそこであているのか?

すみませんが回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

色々と心配になる使い方です。

こういったイコライザーは通常グラフィックイコライザーのことをいいますが
レコード再生時に繋ぐフォノイコライザーなのか?
まさかと思いますが楽器演奏に使うエフェクターの類なのか?
つまり用途の違う機器を繋いで間違った使い方をしていないか?

システムコンポとプリメインアンプをどのように繋いでいるのか?
システムコンポのSP出力からプリメインのライン入力に繋いでたりしてませんよね?

問題外なのは
「アンプの電源を入れたままスピーカーケーブルを抜く時にするような音がするときがあります。」
こんなことをしていては機器がいつ壊れてもおかしくないです。
RCAケーブル、SPケーブルの抜き差しは電源を切ってから行うのが鉄則です。
取り扱い説明書にも記載されています。

楽器演奏の機材を使っていないかと疑うのは
オーディオマニア(オーオタでもかまわないけど)は「低音の摘みを上げ」とは言わないのです。
違うジャンルの人が使う言葉と思えるからです。

上記の心配事、問題点がすべてクリアだったとして
グラフィックイコライザーの繋ぎ方、設置位置ですが
プリメインアンプの機種が不明なので回答しにくいです。
プリメインアンプにテープレコーダー用入出力端子や
プリOUTとメインIN端子が装備されていればそちらに繋ぐことができます。
しかし
機能を単純化したプリメインアンプですと入力切り替えとボリュームのみの場合もあるので
ipodとプリメインアンプの間に繋ぐしかありません。

他の回答者さんもおっしゃってますが
システムコンポを介在させる理由がわかりません。
外してしまってもよいのではないでしょうか?
また現在使っているSPの限界を超える低音は出ません。
低音の出やすい大型SPへの買換えをお勧めします。

色々と心配になる使い方です。

こういったイコライザーは通常グラフィックイコライザーのことをいいますが
レコード再生時に繋ぐフォノイコライザーなのか?
まさかと思いますが楽器演奏に使うエフェクターの類なのか?
つまり用途の違う機器を繋いで間違った使い方をしていないか?

システムコンポとプリメインアンプをどのように繋いでいるのか?
システムコンポのSP出力からプリメインのライン入力に繋いでたりしてませんよね?

問題外なのは
「アンプの電源を入れたままスピーカーケーブルを抜く時にする...続きを読む

Qグラフィックイコライザーをバイパス?

『オーディオ常識のウソ・マコト』(千葉憲昭,1994,講談社)という本にこんな記述がありました。
 著者の息子は音楽好きで、ある有名オーディオ・メーカー製のコンポ(16万円)を買った。(略)
しばらくすると息子は疑問を抱き、こう言った。「CDから聴いた音がすっきりしない。」ここで著者は「コンポにグラフィックイコライザー(以下GEQ)なんて余計なものがついてるからだ。バイパスして直接メイン・アンプにつないでみなさい。」そして、そのとおりにした息子は満足したそうです。
 さらにその本の中には「GEQは諸悪の根源」とまで書いてあります。著者の主張はこうです。
・GEQで特定の周波数を持ち上げるには増幅器なしには行えない。余分な増幅回路を増やすことになるので、雑音・歪みが増加する。結果高音が汚れ、繊細感がなくなり、透明感がなくなる。
・特定の周波数にピークを作るということは、低域ならブーミーになりやすいし、高域は刺激的に、中域は歯切れの悪い音になりやすい。増幅回路でのピークは、その周波数付近で信号の「切れ」を悪くし、だらだらした感じになる。
 かなり理論的な本なので、素人の私には正しいように感じてしまいます。もし正しいのなら、「GEQをバイパスして直接メイン・アンプにつなぐ」ことを試してみたいのですが、普通の「ご家庭レベル」の5、6万円のコンポでできますか?また、「ご家庭レベル」の音量でも違いは分かりますか?できるだけフラットかつクリアな音で楽しみたいのです。どうかよろしくお願いします。素人なものでピントはずれな質問ならすみません。

『オーディオ常識のウソ・マコト』(千葉憲昭,1994,講談社)という本にこんな記述がありました。
 著者の息子は音楽好きで、ある有名オーディオ・メーカー製のコンポ(16万円)を買った。(略)
しばらくすると息子は疑問を抱き、こう言った。「CDから聴いた音がすっきりしない。」ここで著者は「コンポにグラフィックイコライザー(以下GEQ)なんて余計なものがついてるからだ。バイパスして直接メイン・アンプにつないでみなさい。」そして、そのとおりにした息子は満足したそうです。
 さらにその本...続きを読む

Aベストアンサー

オーディオに関しては、良い音という事のとらえ方が難しい問題だと思って
います。
計測器的な意味では、途中に入る物が少ないほど良いに決まっています。
ただ、同じ増幅度を得るのに、1段で無理をするか楽に2段で処理するかと
いうことになると、悩ましいことになります。要点としては、必要無ければ
無い方が良い。ただし、必要があるなら、無理してがまんするより適当な回
路を入れて安定させる方が良いということになります。
オーディオ回路では、もし、音量以外に調節する必要が無いならば、CDの
出力を、良質の可変抵抗器を通して(パワーアンプに音量調節があるなら不
要)直接パワーアンプに入れれば良いのです。入力の切り替えや○○の調節
とか言い出すとその分の回路が増えます。これらを不要物と見るか、必要悪
と見るかが要点だと思います。

御質問にある文については、個人的にはあまり理論的には感じないのですが、
大意で大きな間違いは無いと思います。イコライザやフィルタ回路について
は、多くの専門の書籍があります。通過帯域に利得が平坦で無い部分を作る
と、その部分で位相の回転が生じ、この部分の回路が多少でも非線形であれ
ば、高調波にかかわる歪みを生じたり(オーディオでは音色の変化としてあ
らわれる)することになります。これは、回路設計でかなり軽減できますし、
最近、一部に見られるようなDSPを使った方式ではほとんど問題になりま
せん。いずれにしても、きちんと利用心的に設計した回路であれば、問題が
無いことは無くてもその影響は小さいということです。ただし、こういう物
はそれ相応に高価です。

さて、以下は個人的な見解ですが、フラットな音とはどんな音でしょうか。
演奏時や録音時の環境から再生する機器や部屋まで、トータルに考えて伝送
特性的に平坦にすることが可能でしょうか。録音時には、部屋や集音機材の
音響特性を考慮して、イコライザなどで処理しています。こうして、記録媒
体としてフラットに似せた状態にしているのですが、特定のジヤンルの音楽
では、一般的な部屋や家庭用の機器を想定した音づくりをしています。これ
を再生する機器や部屋の特性が、CD等を製作した際に想定されている特性
と大きく異なっていれば、おそらく、録音の際に意図したのとは違う音にな
るはずです。昔のレコードのマスタをそのままCDで発売した盤で、ひどい
音に聞こえる物が多いのはこのためです。現在の再生環境が、当時の一般的
な再生環境とは大きく異なっているためです。クリアな音という点でも同じ
です。再生装置の回路で不要な成分が増えて音が不明瞭になることもあるで
しょうが、たとえばスピーカーが再生しきれない帯域の音が多量に含まれて
いたり、部屋が特定の周波数に共振するような場合は、電気系でそれらの成
分を軽減する(ノッチフィルタなど)と、おどろくほどクリアに聞こえます。
実際、現在の多くの音楽ソースでは、製作の段階でいろいろな電子処理を施
されています。電子楽器の演奏なんて、最後にスピーカーから出るまで音で
あった事が無い訳です。また、CDなどのデジタル録音再生は、フィルタ回
路(やDSPなど)の塊です。

現在使用しているイコライザに不満があれば、それをバイパスするのも良い
方法でしょう。しかし、イコライザを必要とする場面があるなら、必要悪と
割り切って、少しでも質の良いイコライザを必要な時だけ使うようにすると
良いと思います。
なお、音場補正には、グラフィックイコライザよりもパラメトリックイコラ
イザの方が有効な事が多いです。また、このような用途専用のプロセッサが
いくつか発売されています。デジタル処理で、いくつかの設定をプリセット
できるので、最近の映画館やホールでは使っている所が多いようです。

オーディオに関しては、良い音という事のとらえ方が難しい問題だと思って
います。
計測器的な意味では、途中に入る物が少ないほど良いに決まっています。
ただ、同じ増幅度を得るのに、1段で無理をするか楽に2段で処理するかと
いうことになると、悩ましいことになります。要点としては、必要無ければ
無い方が良い。ただし、必要があるなら、無理してがまんするより適当な回
路を入れて安定させる方が良いということになります。
オーディオ回路では、もし、音量以外に調節する必要が無いならば、CD...続きを読む

Qプリメインアンプとイコライザー接続について

先日、友人からパイオニアの古いイコライザーをもらいました。
そこで、視聴している音楽に変化を与えたく現在所有中のアンプ繋げてみましたがいまいちわからないことがあります。

イコライザーはプリメイアンプ(プリ部とメイン部)の間に接続するということで間違いないでしょうか。
下記の接続を試しました。
PC(USB デジタル)→プリメインアンプ(PRE OUT)→イコライザー→(MULTI CH IN)プリメインアンプ→スピーカー

しかし、イコライザーのバンドをいじってもまったく音に変化がありません。
左右それぞれの周波数が棒グラフのようにディスプレイで表示されるようになっていますがこれも音を爆音にしないとまったく反応しません。
繋ぎ方が違うのでしょうか。
わかる方ご教授ください。

プリメインアンプ:Pioneer VSA-D2011
グラフィックイコライザー:Pioneer GR-X730

Aベストアンサー

これではダメですね。

 理由は先の方の説明の通りです。    説明書には コンナ接続方法は書かれていませんよね。

 色々考えたのですが 手はなさそうです。    プリメインアンプ(貴方の所有しているのはAVアンプ)であれば TAPEのIN/OUTを用いて接続できますが AVアンプでは出来ないですね。  デジタル入力をアナログ出力する事も出来ませんから・・・。   

 パワーアンプを買って 本当の意味で  プリアウト ~ イコライザー ~ パワーアンプ であれば可能ですが。

Qグラフィックイコライザーといえば?

FMチューナーといえばTRIO(現ケンウッド)ですが、
グラフィックイコライザーといえばどこのメーカーでしょうか??

Aベストアンサー

一般的に、ピュアオーディオの世界ではイコライザー処理は邪道な為、どこのメーカーが云々というはありません。

が、それなりの価格はしますが、No.2さんの仰るアキュフェーズが妥当なところでしょうか。

それで、私も過去に、部屋があまりにもアンバランスにデッド過ぎてイコライザーに頼った時期もありましたが、イコライザーのセオリー通りにリスニングポイントでのマイク測定で、いくらフラットに仕上げても、音楽の実聴ではとてもしっくりくるものではありませんでした。
結果、SP位置や反射板などを工夫してパワーアンプダイレクトで落ち着いていますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報