「同じ歴史を共有している我々国民」と言う考え方がありますよね。でも、それって一体いつ位から考えられて来たんでしょう?
 古代では九州の人を隼人、関東の人を東夷と呼んでいたくらいだからまだ考えてなかっただろうし、江戸時代では武士と町人で言葉が違っていたようだからこれも違うだろし・・・。
 易しい言葉で教えてください!お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 「国民という意識が存在するのはいつからなのか?」「なぜ、そのような意識が存在するのか?」 一般的に、これらの問いはナショナリズムとして研究されています。



 ベネディクト・アンダーソンによると、ひとつの想像された共同体が国民です。印刷技術の出現が「国語」の書物を広く普及させ、その結果、ひとつの地域の共通・共有のきずなが想像されたとしています。この「国語」の普及とは、ラテン語から地域語(ヨーロッパ諸語)に翻訳された聖書のことをさしています。アンダーソンによると、それがナショナリズムの始まりです。

 日本人という意識が出現するのは、やはり明治維新後だと思います。それ以前の日本は、幕府や朝廷を中心とした都市のネットワークがあっただけで、国家も国民も登場していないように思います。アンダーソンの言う「巡礼」の道が整備されたのは明治維新後でしょう。地方出身の役人が日本国内各地を転勤しながら、出身地だけに留まらない「国家」や「国民」を意識していく過程が巡礼です。

 アンダーソンによると、これらの意識は全て虚構なのだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど。参考になりました。
 有難う御座居ました。

お礼日時:2002/01/22 22:35

国民という考え方ができたのは、世界史レベルではフランス革命(1789年)以降です。

フランス革命とそれに対する干渉戦争(のちにナポレオンが活躍します)の中で「フランス国民」という感じ方ができあがっていき、これが国民の始まりであると私は考えます。

日本では、明治維新後の明治政府において国民を作り上げるべく努力していきます。これが定着して、日本国民という意識になるのは日清戦争(1894-95年)日露戦争(1904-05年)を待たなければならないと私は思います。

結局、戦争をやって国が一体となって敵国と戦ううちに同じ国民という意識が生じるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確な御答え、有難う御座居ました。

お礼日時:2002/01/20 22:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「分かっていてやっているだろ」という意味の言葉

こんにちは。ちょっと探したのですが、判らなかったので質問させて下さい。

先日、確信犯という言葉の本来の意味を知りました。
逆の意味で使っていたので、少し驚きました。今までの癖が抜けませんね。
それが違う、ということは、「分かっていてやってるんじゃないの」という意味の言葉が、他に何かあるんでしょうか?
子悪魔的……はなんだか違う気もしますし、そうすると、どんな言葉がそれに当たるのか……。
知っている、若しくは(なんとなく)こうだろうと思う言葉がある方、いらっしゃれば教えてやって下さい。お願いします。

Aベストアンサー

seinaさんこんにちは。

意味を取り違えやすい言葉って、いろいろありますよね。
「情けは人のためならず」とか。

さて、確信犯の反対ですが、
なんとなくこうだろうのレベルですが、
「計画的」、「意図的」、「故意」、「インテンショナル」
てのはどうでしょう。

Q古代ギリシャ時代の宗教と古代ローマ時代の時代の相違点を教えてください 大学レポートで6枚書きなさいと

古代ギリシャ時代の宗教と古代ローマ時代の時代の相違点を教えてください
大学レポートで6枚書きなさいとのこと、如何書いてけば良いでか?

Aベストアンサー

「古代ローマ時代の時代」の定義によっては、ギリシャ神話に代表される多神教とキリスト教受容での一神教との違いを示せば簡単に収まる話です。
6枚(約1万字)程度ならギリシャ神話でのアテネを中心とする代表的な神々とそれを祀る神殿などを列挙し多神教であった結論付け、古代ローマ時代についてはキリスト教受容されるまでの歴史を概略し、4世紀後半のテオドシウス帝の頃には古代ローマは多神教から一神教になったとすればいいじゃありませんか。古代ローマの多神教についてはギリシャ神話からの模倣などとの解説がありますが不解明な部分があるでしょうから深入りをしない方がレポートでは簡単です。
短論文ならギリシャ神話とローマ神話との比較及びその代表的神殿遺跡の建立時期やピークまでは触る必要があるのではないでしょうか。

Q遥か、太古の(超)古代文明に詳しい方へ。 古代文明は当時、今より発展していたかと言われていますね。

遥か、太古の(超)古代文明に詳しい方へ。

古代文明は当時、今より発展していたかと言われていますね。
死人の知能指数は計れませんが、
IQ300はやはり流石に漫画や映画の話ですかね?超古代文明の時代のIQは最高どれぐらいの人がいたと考えられますか?
超古代文明のあの時代はあの時代で優秀な卓越した者達や賢人達同士で争いあって最後には共倒れになったとか?
『才人は才に倒れる』ならあれはあれで大変です。
良ければ、もっともっと詳しい方々は是非教えて下さい。

超古代文明があったとして、文明は生き物同様に、まず基本的にエネルギーを必要とします。
しかし石油や石炭、天然ガスなどが現代に大量に残されている以上、他の手段でエネルギーを得ていた可能性があります。現代人の脳は、使われているのはほんの一部だと言われていますが、それならほかの箇所が使われていたのかもしれません。
ですので、恐らくですが、人の才を量るのに知能指数という概念は持たなかったろうと思います。知能指数とは、データ処理能力を計る手段に過ぎないだろうと思うのです。つまり、人の能力のほんの一部に過ぎないでしょうと。
脳が、現代人とはまったく異なる箇所で活動し、その結果、当時の人類が爆発的な発展をとげたとするなら、現代人の脳にもそれを可能とするものがあるのですから、楽しいと言えば楽しいものです。しかし、文明を滅ぼしたものが自然災害でなく人為的なものであった場合、我々は、我々を滅亡に導く多くの要素を、それと知らずに脳の中に持ったまま生きているのかも知れません。
それなら、我々の脳の中にも超文明を築き上げるものがあるという事は、「楽しい事ではあるが、まるで断崖に立つかのような、極めてスリリングな楽しさである」と言えるでしょうと。

遥か、太古の(超)古代文明に詳しい方へ。

古代文明は当時、今より発展していたかと言われていますね。
死人の知能指数は計れませんが、
IQ300はやはり流石に漫画や映画の話ですかね?超古代文明の時代のIQは最高どれぐらいの人がいたと考えられますか?
超古代文明のあの時代はあの時代で優秀な卓越した者達や賢人達同士で争いあって最後には共倒れになったとか?
『才人は才に倒れる』ならあれはあれで大変です。
良ければ、もっともっと詳しい方々は是非教えて下さい。

超古代文明があったとして、文明は生...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。 No.3さんに手厳しいお叱りを受けましたので、

”真面目な考古学の本”というところを、”知的冒険本”というふうに変更しましょう。先の回答では、うまい日本語が出てきませんでした。

日本でも、門外漢の井沢さんが”逆説の日本史”と書いたり、哲学者の梅原猛氏が”水底の歌”を書かれたりしています。いずれも、知的冒険を標榜した、面白い本でした。

断崖の端に立つような、スリリングな楽しさである、というのは、当たっていますね。

アメリカでは、もう一歩先に行って、”人間の文明は宇宙人に与えられたものである”という、テレビ番組さえあります。言論の自由ですねぇ。番組を見た、考古学専攻の娘は、歴史的な事実は合っているけれど、そこから結論を導き出す手法が、まったく、なっていない、と、憤っておりました。

”神々の指紋”にも、そんな不備がありますが、作者は大真面目であり、アメリカ人の読者は喜んで読んでおります。程度の低い、アメリカ人で、申し訳ございません。

Q「未来は今日ほど大事ではない」 これは誰の言葉ですか? 本当に未来は今日ほど大事ではないのでしょ

「未来は今日ほど大事ではない」

これは誰の言葉ですか?

本当に未来は今日ほど大事ではないのでしょうか?
この言葉をどう思いますか?

Aベストアンサー

多くの方がおっしゃったので、つまめません。冷戦下では非常に重かった。だって今晩核戦争が起きて明日は無いかもしれなかった。から。
哲学的にも物理学的にも論ずる価値もありません。時間の矢があるので明日は今日を生き延びた人にしか来ない。面白い議論もありますが、ここは狭すぎる、まあ「運命はあるのか」とか「未来は決まっているのか」とかありますが、量子論やバタフライ効果が行き渡ったので余り真面目に考える人は減りましたが、もしあなたが中学の時IQ140を超える神童だったら、考えた事が無いと悲しいなー。

Q町人の歩き方がおかしいぞ

歴史の教科書や史料集に載っている絵を見ると、町人たちの歩き方や走り方がおかしいのです。右手と右足が同時に出ています。まさかこんな不自然な歩き方はしていなかったと思いますが、絵を描く人はどうしてこういう描き方をするのでしょうか。

Aベストアンサー

補足に対応します。

>もしそれが「人間」にとっての自然で基本的な歩き方だとすれば

ナンバが人間一般に自然な歩き方だというわけではありません。
前の回答では触れませんでしたが、大事なことは「動作」というものも多分に社会文化的影響のもとに作りあげられるものだ、ということです。
身体行為には確かに、「こうすれば楽だ」という意味での自然な動作がありますが、必ずしもそれがある社会で一般的になるとは限りません。例えば胴体を極端に締め上げるコルセットや長期の苦痛を伴う纏足など、「不自然な身体行為」が文化的に嗜好されてきた例はいくらでもあるのです。つまり、身体行為も実は文化的に作られるものであって、必ずしも器質的な必然性に従わないところがあるわけです。

かつての日本人の歩行のナンバもこれと同じことで、農耕民族の生活形態から年月をかけて生み出されたもので、その意味では自然ではないけれども必然性があったのだと思います。
ナンバは一言で言うと「右手右足が同時に出る」こと、つまり半身ごとに動くこととされますが、より肝要なことは、ゆっくりとした動作だが持久的に力を発揮しやすいこと、それから「摺り足」を伴うことです。
むしろナンバの本質は「腰を落とし、ゆっくりと息をつめて地面を離れずに力を出す」ということにあり、これは水田耕作に適した文化的な身体行為だと言えるでしょう。稲作に適した文化的所作が一見不自然なこの「ナンバ」なのです。

この社会的動作がむしろ普通の歩行や走行にも影響を与えていた結果が、かつての日本人の動作全般に表れていたのです。幕末から明治期に日本を訪れた西洋人の多くが、日本人が「足を引きずるように歩く」ことを興味深く記録しています。一般生活でも日本人は膝を上げる現在の歩き方をせず、一見“だらだらとした”風な歩き方を普通にしていたことがわかります。

ナンバが稲作に起因するものであれば、米を神聖視する文化が生んだ相撲において、このナンバ(半身ごとの動き、低い腰、摺り足)が儀礼的に発展したことは当然のことでしょう。

また、ナンバが水稲生産に関係するなら、少なくとも東南アジア全般に影響があると予想できます。武智鉄二などが分析したことですが、世界の舞踏には大別して「舞い」と「踊り」の2種類があるとされます。
舞いの典型は能で、摺り足に腰を入れたいわゆるナンバ形式です。一方、踊りとは跳躍と回転を特徴とするもので、バレエなどが典型です。武智らは前者のナンバ形式の舞いが東南アジア、つまり稲作文化を持つ地域に共通していることを指摘したのです。

実際、稲作圏の舞いはインドネシア、タイ、カンボジアなど共通して上半身、特に腕や指先の繊細な表現が特徴で、下半身は腰を落とす姿勢をとり、跳躍は見られないのが特徴です。荒っぽく言えば跳躍と回転を主とする踊りは、牧畜や狩猟を生業とする騎馬民族に共通するものだと考えれば、長年の生産様式が身体所作を大きく規定していると言うことがわかるのではないでしょうか。

補足に対応します。

>もしそれが「人間」にとっての自然で基本的な歩き方だとすれば

ナンバが人間一般に自然な歩き方だというわけではありません。
前の回答では触れませんでしたが、大事なことは「動作」というものも多分に社会文化的影響のもとに作りあげられるものだ、ということです。
身体行為には確かに、「こうすれば楽だ」という意味での自然な動作がありますが、必ずしもそれがある社会で一般的になるとは限りません。例えば胴体を極端に締め上げるコルセットや長期の苦痛を伴う纏足など、「不...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報