はじめまして僕は今、サウンドシステムをはじめて組もうと思っています。はっきり言ってオーディオのことはまったくの無知です。そこでインターネットを使い情報を探していましたら、よくYAMAHAのA-1は良いということが書かれています。とても気になります。そこで本当に良いものなのかA-1をよく知っている方やユーザーの方のご意見をお聞かせください。それともしもっとお勧めなアンプがあるようでしたらそちらも教えて下さい。予算はアンプのみで10万位を考えています。(中古も含む)それとスピーカーですが今のところBOSEでそろえたいと思っています。もしA-1を購入したとしましたら、BOSEとの相性はどうでしょうか?スピーカーをBOSEにするならこっちのアンプの方がお勧めというものがあればそちらも教えて下さい。皆様よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

音楽鑑賞などで使われるなら、ヤマハですかね。


DSPでCDをよりリアルに再現します。CDに対しては、DSPがよりリアルに、DVDに対してはよりクリアにサラウンド再現します。
DVDよりCD再生が多いならこちらでしょう。また、狭くサラウンドがなかなか再現できない場合でも効果大かも・・・

ただ、映画館と同等にしたいと感じ、映画並のサラウンドを最大限にであれば、デノンです。(DDEXなどは映画館でも使われていない場合が多いほどのサラウンドですから魅力)
元々は、DVDのためだからと感じるならこちらでしょう。DVDに対しては、先に述べたとおり重厚で映画の迫力を最大限に引き立てます。
CDでは、ヤマハほど複数の音場はありませんが、デノンブランドの威力を最大限に見せつけるでしょう。

どちらかというと、デノンを推奨しますが、部屋の状況によってはスピーカーの設置など、ポジションが最適にならない環境などであれば、ヤマハが良いですね。

スピーカーは、私が個人的に好きなのはヤマハのA-YSTやソニーのED、ESスピーカーが映画向けでは好きですが・・・BOSEも良いですが、中位前後の機種では最近は他社も良い物を安く出してますからね。

例えば、ソニーはセット品で5,1chですがSA-VE815EDは帯域幅が広くただのAVアンプ向けではなく、次世代のSACDにも完全対応しています。(SACDはDVDオーディオより音声帯域が広いのが特徴)
ただ、ちょっと小さすぎるかも・・・

ヤマハはデザインが気に入られるなら、MCシリーズを単品で揃えるとBOSEを上回る迫力やサラウンドを楽しめるはずです。(ただ、好みがありますけど)
これは、予算を見て6,1chでの設置などに合わせて買われると良いですよ。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/jpn/prd/speak …

ちなみに、AVメーカーが出すスピーカー商品は、スピーカーメーカーに比べ各社のAVアンプに合わせ確実なチューニングが行われていますので、よい物があるならその会社で選んだ方が確実です。

最後に、デノンですが予算外になる可能性がとても高いですから、避けましょう。このメーカーは、本当に映画館を家庭でとなると、最高ですが・・・でかい高い、下位はちょっと・・・ですから・・・

これは、あくまで音質や私の好みですから、どうしてもデザイン重視で気に入らない点があれば、BOSEで良いですよ。ただ、6,1chアンプですので6,1chスピーカーを揃えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足の回答ありがとうございました。決めました。アンプはDENONのAVC-3550にします。やはりCDよりDVDの方を優先します。スピーカーはYAMAHAのセット物でNSーP610というのが安くありましたのでこれにしてみます。色々ありがとうございました。これから僕もオーディオを少しずつ勉強したいと思います。またわからないことがありましたらおしえてgooの方に投書しますのでそのときはまたよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/23 02:53

A1ですか?


97年当時の最新鋭機ですね。ただし、今の新鋭機には及びません。
現在のシステムでは当然搭載のdtsとDD(ドルビーデジタル)及びDP(ドルビープロロジック)対応です。出力と音質は十分ですがこれからのサラウンドには不向き・・・

悪いとは言いませんが、中古で高い予算を投資してというなら、今の中級機ぐらいを買われた方が良いかと思います。基本的に10万出せば、デノン(旧デンオン)やヤマハなどの中上位アンプが買えます。

こちらは、dts-ES、DD、DP2、DP、AAC及びDDEX再生(ドルビーデジタルEXサラウンド、THXは非対応)に対応します。
機種は、AVC-3550Nですね。(定価135000円、実売は店頭交渉次第です、まあ、10~11万ぐらいで買えるでしょう)
製品本体の仕様は参考サイトをご覧ください。

音質は重厚で家庭用アンプで世界初のTHX対応を掲げたメーカーだけあって能力も高いです。


ヤマハなら、AX2200となります。
定価125000円(実売は10万前後)
とにかく、充実したDSP音場モードを揃えており、映像や音楽などの種類によって、的確な音場を選べるのが良いです。AAC、dts-ES、DP2、DP、DD対応です。DSP音場にこだわる方には最適。
ちなみに、同等のメーカーとしてソニーもデジタルシネマサウンドEXなどを利用しています。(こちらは、SACD、DVDオーディオなども扱われる方には良いですが、気になるなら検索を)
http://www.yamaha.co.jp/product/av/jpn/prd/syste …
(ヤマハAVアンプ)

Q/もしA-1を購入したとしましたら、BOSEとの相性はどうでしょうか?

A/どうでしょう。好みによるでしょうね。アンプ本来の音質という意味では、チューニングの関係上その会社の製品で揃えるのが妥当ですが、BOSEでも問題はないかと思いますよ。ただ、個人的に言えば、BOSEが良いのではというだけで買われるなら他も聴き比べる機会があれば、聴き比べた方が良いです・・・

良くBOSEだからと言う考えであまりこの点を考えずに買われますが、実際の善し悪しはスピーカーブランドだけでは決まりません。実際に違いが分かって買うには聴き比べることです。音質の違いは人それぞれに良い悪いがあります。人の意見と自分の意見が同じとは限りませんからね。
(ちなみに、大手量販店では聴き比べることは難しいですが、オーディオ専門店では聴き比べることができることがあります)

少し、曲がった解答ですが、公平な判断をするなら、最初からどれと決めるのはダメです。まあ、私の解答はあくまで参考にして、ご自身で納得できる物を探しましょう。悪い買い方は、他人の意見に任せるだけで買う場合。(急ぎなどであれば別ですが・・・)
よい物を買うときはまず悩みましょう。
そして、買うときにどうしても決めかねる、どちらが良いか使用感を知りたい、という場合に人の意見を参考にした方が良いです。先に情報を集めると、無駄な知識が付きますので、結果的にどちらがよい物か見えなくなりますのでご注意を・・・

もし何かあれば補足を・・・(決めかねるときとか・・)

参考URL:http://denon.jp/products/AVC3550.html

この回答への補足

早々のご回答とても感謝しております。早速ネットにてAVCー3550NとAX2200の仕様など見ましがどちらもすごく良さそうです。次いでオークションで検索したところ丁度どちらも良さそうなのがありました。値段も同じぐらいです。どちらか購入しよう思います。ただどっちにしようか迷っています。ズバリpartsさんに決めていただきたいと思います。面に映画鑑賞に使いますが音楽CDも聴きます。音楽のジャンルは面にヒップホップです。僕の部屋は8畳の洋間です。これをヒントに決め手いただきたいと思います。よろしくお願いします。それとスピーカーですが僕がBOSEにこだわったのはただ単純に見た目かっこいいからであまり意味はありません。partsさんの言うように色々試聴したいのですが僕の町にはオーディオ専門店みたいのがありません。ですのでこれもズバリお勧めを教えて下さい。あまり大きくないのがいいです。スピーカーの予算は全部で10万ぐらいです。ごちゃごちゃと色々言ってすいません。よろしくお願いします。                      

補足日時:2002/01/22 03:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

Qアンプの電解コンデンサーの容量抜けのチェック方法

アンプの電解コンデンサーの容量抜けのチェック方法を教えてください。 トリオのアンプKA900の修理中ですが、電解コンデンサーの容量抜けでDCもれが出ているようです。テスターでチェックできるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4ですが、さらに補足します。

アンプを適切に修理できるためには、少なくとも簡単なアンプの回路であればご自身で設計する程度のスキルは最低限でも必要になります。例えばその故障箇所が、ボリウム、セレクタ、リレー等の単純な機械接触不良のような故障であれば修理できるケースもあります。しかし半導体が故障して大きなDCオフセットが生じるようなケースでは、修理に危険も伴いますし、最低限でも回路を推定するくらいのスキルは必要になります。

例えば回路基板をいちべつしただけで、ああこれは初段の差動FETだな。これは初段にぶらさがるカレントミラーブートストラップだな。これは温度補償用のサイリスタだよね。これはバイアス調整用のTr。これはドライバー段の石だよね。そしてこれが終段のエミッタ抵抗だよね。
と、プリントパターンを追わずとも、かなりの部分まで推定できる必要があります。

だから一切手を出すなというのではなく、性急に修理結果だけを求めるだけでなく、回路を勉強するための書籍等はいくらでもあるわけですから、それらを勉強してから修理に臨んでも遅くないし、のちのち役立つと思います。

余談になりますが、過去の松下やヤマハはその回路よりもずっと複雑な歪み打ち消し回路等を含む膨大な石数で構成される魔窟のごとき複雑回路を組んでいました。単純なDCアンプの回路も推定/修理できないのであれば、むろんこれらには歯が立ちません。(もちろん私もそんなのを修理するのはマッピラゴメンです)

No.4ですが、さらに補足します。

アンプを適切に修理できるためには、少なくとも簡単なアンプの回路であればご自身で設計する程度のスキルは最低限でも必要になります。例えばその故障箇所が、ボリウム、セレクタ、リレー等の単純な機械接触不良のような故障であれば修理できるケースもあります。しかし半導体が故障して大きなDCオフセットが生じるようなケースでは、修理に危険も伴いますし、最低限でも回路を推定するくらいのスキルは必要になります。

例えば回路基板をいちべつしただけで、ああこれは初...続きを読む

Q70~80年代のプリメインアンプでお奨めは・・?

オーディオ製品が輝いていたこの時代の製品に惹かれる者です。

例えば、
パイオニア:SAシリーズ(SA-910、810など)
ビクター:JA-S9
サンスイ:AU-9500
ラックス:SQ-505(X)(V)
DENON:PMA-500
ヤマハ:CA-2000、1000III

これらはネットオークション等でも頻繁に出品されており、状態が良く今でも現役として十分いけるものも多いようです。
主に聴く音楽はCDでクラシックです。(弦やピアノ、声楽、オペラ)

この時代のもので他に特にお奨めの機種とかありましたらご推薦ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アンプは、オークションやハードオフでいろいろ入手しました。
スピーカーは、ダイヤトーンDS-501で聞いています。
それらのスピーカーで聞いた結果です。私の主観たっぷりです。
きれいな音。
オンキョーA820GT、今聞いています。GT-R、RSも同じ傾向ではないかと思います。低域はやや弱いか?
ソニーTA-F555ES(ボリュームが左にある物)、定位感は良かったです。
山水AU-D907リミテッド(初代のリミテッド)、ひじょうーに良かったです。メタルキャンのパワーTRを使った907が最高という人もいます。
トリオL-03A、バランス良く鳴っていました。

ややどろどろ気味。力強いですが。
サンスイAU-α907、907i、907DR。
バランスはいいです。(個人的には、趣味ではありません)

これはいいですよ。
ヤマハA-2000。

普通に良い音、これはすごい気がしますが。
テクニクスSU-V100D。プリ部はどこまでも貧弱ですが、パワーアンプダイレクト(ボリューム機能あり)ならかなり良いです。
パワー部だけなら、お薦めです。

????
マランツPM-94LTD、変だったので4万円もかけて整備しましたが、やはり変なまま。ボーカルが定位しません。この人どこで歌っているのでしょうか?状態。これはこの個体だけだったのかもしれませんが。

お薦めは、比較的良好な物が有れば、
ヤマハA-2000
山水AU-D907リミテッド(初代のリミテッド)
オンキョーA-820GT、GT-R、RS。(次点くらい?個人的にオンキョーが好み)

20~30年前の機器ですから、正常な物は無いと断言したいです。
これはと思う器材は、何万円か掛けて整備に出しています。
今も、ヤマハA-2000が整備に出ています。

アンプは、オークションやハードオフでいろいろ入手しました。
スピーカーは、ダイヤトーンDS-501で聞いています。
それらのスピーカーで聞いた結果です。私の主観たっぷりです。
きれいな音。
オンキョーA820GT、今聞いています。GT-R、RSも同じ傾向ではないかと思います。低域はやや弱いか?
ソニーTA-F555ES(ボリュームが左にある物)、定位感は良かったです。
山水AU-D907リミテッド(初代のリミテッド)、ひじょうーに良かったです。メタルキャンのパワーTRを使った...続きを読む

Qボリュームを回すとガリガリ音が出る時の直し方?

ボリュームを回すとガリガリと音が出る時の直し方を教えて下さい。
メーカー製のパソコンを買った時によく付いてくる、アンプ内蔵のスピーカーについての質問です。
アンプ内蔵のスピーカーについているボリュームつまみを回して、音量を上げ下げすると、
ガリガリと大きな音がスピーカーから出ます。
ボリュームの抵抗体にDC(直流)が流れると、そうなりやすいと聞いたことがあります。

この直し方として次のどちらが根本的な修理方法なのでしょうか。
1.ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。
2.ボリュームを交換し、ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。

Aベストアンサー

すでに模範的な回答が出そろっていますので、補足の意味で
書き込みさせていただきます。

バリオーム(可変抵抗器)のイメージは左の図のとおりです。
カーボン皮膜を施してある面を摺動片が移動して抵抗値を
変化させる構造ですが、この面にゴミがとかキズが付くと
摺動片がそこを通過するときに「ガリ!」という不快な音を
たてます。

それならばゴミをとってやれば治りそうですが、これが
なかなかそう簡単にはまいりません。分解ができないのが
多いんですよ。
実際の部品は右図のような形をしています。小さな穴でも
あいていればそこから接点クリーナーを噴射してやれば
一時的に治ることもあります。でもしばらくするとまた
同じ症状が出てくるでしょうね。同形で同じ値の物と交換
するのがベストです。

余談ですが最近の器機はとことんコストダウンしているせいか
ここがすぐダメになるようです。安くなるのは歓迎しますが、
あまりに粗悪な部品を使うのはいかがなものかと思うんですが・・・

QSANSUIのAMP。

 SANSUIの歴代プリメインアンプで音質的に良い、ベスト3を教えてください。 ちなみに当方AU-α907NRA
を所持しておりますが。 客観的な評価が気にもなりますので。 お願いします。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。
本来は球中心ですが、marantzを中心に他メーカーの十数台のTr機も愛用しています。

SANSUIも好きなメーカーの一つです。

機器の完成度的には1994年の製品ですが[AU-a907 Limited]が一番だと思っています。
2000台の限定生産でしたので、もはや入手は諦めて下さい。(私は幸運にも昨年MJ誌の交換頁で未使用品を入手しましたが当時の価格41万円の5割増しでした)。
全段ワイドレンジDCアンプ構成のHYPER α-Xバランス回路とこの機の為の特製の部品等今では考えられない物量を投入してあり、中を見ると感激してしまいました。
音質はTr系アンプの国内ベスト10の1台に入れたいモノです。

2番手は1988年製の[AU-X1111 MOS-Vintage]でしょう。
AU-X1からはじまったXシリーズの最後を飾ったアンプで、スピーカーの-側も+側と同じ条件で両方向からドライブするダブル・プッシュプルが特徴でした。
MC入力に対応していない事が私には理解できません。
残念ながら、オーディオ仲間所有で現役でいい音を聴かせてくれています。

3番手は1977年製の[AU-20000]
大容量のトロイダルトランスやコンデンサを搭載した電源部。
パワーアンプ部は出力段に新開発の150W級のパワートランジスタをチャンネルあたり6個使用したトリプルプッシュプル回路を採用したりと、これも当時では破格の部品と回路構成でした。
なじみのオーディオショップのオーナーが自宅で未だにメインのTrアンプとして使っているので間違いがないでしょう

ご所有の[AU-a907NRA]ですが、私が1番としたものをベースにした製品ですのでかなり上位機であることは間違いありません。
残念ながら私の部屋で接続して聴いた事がないので判断は下せませんが、確か天板を外すと上からはトランスと数個のブロックコンデンサしか見えない機だったと思います。

以上独断と偏見のみのランクでした。

自称オーディオマニアです。
本来は球中心ですが、marantzを中心に他メーカーの十数台のTr機も愛用しています。

SANSUIも好きなメーカーの一つです。

機器の完成度的には1994年の製品ですが[AU-a907 Limited]が一番だと思っています。
2000台の限定生産でしたので、もはや入手は諦めて下さい。(私は幸運にも昨年MJ誌の交換頁で未使用品を入手しましたが当時の価格41万円の5割増しでした)。
全段ワイドレンジDCアンプ構成のHYPER α-Xバランス回路とこの機の為の特製の部...続きを読む

Q「DC漏れ」のチェック方法

自作ヘッドホンアンプにDC漏れが起きていないかどうか確かめたいのですが、
次のような手順でチェックは出来ているでしょうか?

----------
(L側のチェックの場合)
1.入力端子(RCA)には何もケーブルを挿さない状態。
2.L側出力とGNDの間に300Ωの抵抗(Sennheiser HD650の代わりのつもり)を入れる。
3.この抵抗の前後でDC電圧を測定する。
4.これで値が数ミリボルト程度ならOK。

Aベストアンサー

どんな回路かによりますが
入力はショートする
-入力インピーダンスが大きい場合外来ノイズを拾う可能性があります
出力の抵抗は1~10kΩ位にする
-Sennheiser HD650以外のものを使う場合も有るかもしれません
-抵抗値が小さいと電圧も小さくなりますので

Qアンプの雑音(ガサガサ、バリバリ音)について

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることがわかりました。
電源を一旦切り、間をおかずに電源を入れると、今度はすぐに雑音が発生します。
どうも、機器が暖まってくると雑音が発生してしまうようです。

このような症状から、原因はトランジスタの劣化ではないかと考えているのですが、正解でしょうか?
また、その場合、パワートランジスタの劣化が原因なのでしょうか、それとも前段の基盤上の2SC1345などのトランジスタが原因と考えるべきなのでしょうか。
はたまた、コンデンサーなど、他に原因があるのでしょうか。
どなたか、お詳しい方、ご教授のほどよろしくお願い致します。

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることが...続きを読む

Aベストアンサー

経年機に生じる症状の一つ、スピーカーOFFスイッチがあればそれをOFF
で通電持続(無い場合はアンプ裏面の出力端子で配線を外す)アンプをある安定状態(温度的に、素子等の構造体、物性の関係)にすると解消する場合が多い。
特に寒冷時期に多いトラブルです。
試して診て下さい。
経年機はとにかく通電してやることです。
私は対策としてアンプは連続通電しています。
(何かの都合で電源OFF持続でその症状が出た場合、前述の手法で復旧させます。安定保存にはエアコンが一番ですがそれは…アンプ通電持続が現実手法です)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング