電圧Vと電流Iを測定して、R=V/Iより抵抗値を求める。電圧計および
電流計の3σ(σ:標準偏差)が共に0.5%であるとき、
(1)電圧計の読みをV0、電流計の読みをI0としたとき、それぞれの標準偏差
σv、σIの大きさはいくらか。
(2)抵抗Rの標準偏差σRを与える式を示せ。
(3)測定された抵抗値R=V0/I0に対し、求められる3σRは何%になるか。

お願いします。この問題がどうしてもわかりません。参考書や問題集を探して
見たのですが似たような問題も無くかなり困ってます。解かる方がいらしゃいましたらどうか教えてください。大学の卒業がかかっています。力を貸してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まったく自信はありませんが、回答がないようなので。

間違っている可能性大なのであしからず。

(1)
0.005V_0=3σ_V
0.005I_0=3σ_I
よって
σ_V=(0.005/3)*V_0
σ_I=(0.005/3)*I_0

(2)
標準偏差の伝播式より、
σ_R=(V_0/I_0)*√((σ_V/V_0)^2+(σ_I/I_0)^2)

(3)
3σ_R[%]=3σ_R/R*100[%]
(これじゃダメか?)

統計の問題なので、「数学」カテゴリで質問すればすぐに回答がついたかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅れてすみません。全く解からなかったのですごくうれしかったです。参考にしてもう少し調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/30 18:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧計の内部抵抗Rvを∞電圧計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件

電気系の問題に
「現実に、電圧計の内部抵抗Rvを∞、電流計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件を満たす場合かを述べよ。」

とあるのですがいまいちよくわかりません。
是非とも教えてください。

Aベストアンサー

電圧計の場合ですが被測定側のインピーダンスが電圧計の内部抵抗に比べて極めて小さい場合、具体的には家庭用電源にその電圧計をつないだ場合などがそれですね。電源の能力に対して電圧計に流れる電流が無視出来るほど小さいので電圧計をつないでもつながなくても電圧そのものはほとんど変化しないという事です。

電流計の場合は被測定側のインピーダンスが電流計の内部抵抗に比べて十分大きい場合、具体的には100ボルトの電源に10キロオームの抵抗をつなぐと10ミリアンペア流れますがこれに例えば内部抵抗0.01オームの電流計をつないだ場合も流れる電流にはほとんど差は無いわけです。

実際に数字を入れて計算すれば分かりますよ。

Q可動コイル形電流計電圧計の内部抵抗の測定について

内部抵抗の測定を行うときに被測定用の電圧計電流計M2にフルスケールの1/2の電流を流して、その時のM1の電圧を測るですが、なぜ1/2の値まで電流を流すのでしょうか?さっぱりわかりません…

-----------------
|     |      |
|     |       RL
↑E   M1     |
|     |       |
|     |      M2
|     |       |
-----------------
M1…測定用電圧計
M2…被測定用電圧計or電流計
RL…外部抵抗
E…電源

Aベストアンサー

ヒステリシス特性の直線部分を使うために、1/2の部分が適切だからでしょう。
また、この部分の誤差を最小にするのが目的でもあります。

ヒステリシス特性がどの範囲でも直線ならば流す電流は特に指定する必要は無いと考えます。

なお、M2は電流計であって、電圧計ではないです。(磁力線の強さは電流に比例します)

Qある抵抗を電流計、電圧計で測るときの誤差

回路Aは、電流計Aと抵抗Rの直列に対し、電圧計Vを並列に接続している回路。
回路Bは、電圧計Vと抵抗Rの並列に対し、電流計Aを直列に接続している回路。

どちらが抵抗値を誤差が小さく測定できるのかわかりません
電流計の内部抵抗をRa、電圧計の内部抵抗をRvとすると
回路AはR=E/I-Raで求められることと
回路BはR=E/(I-E/Rv)で求められることと
ぐらいしかわかりません

この場合は補正してるし内部抵抗でそれぞれの回路の
測定値に差が出ることはないんですか?

そもそも差があるのかも含めて
あるならなぜ差がでるのか教えてください

Aベストアンサー

測定対象に、計測器を直接つなぐのが原則なので、普通は前者のやり方はしません。何らかの明確な理由があって、前者を取る必然性があれば別ですが。
抵抗の大きさにもよりますが、普通は電圧計に流れる電流は、抵抗に流れる電流より十分小さく、無視できるからです。しかし、抵抗が数Mオーム以上だったりして、電圧計の内部抵抗が無視できないレベルなら、違う測定法が必要かもしれません。
なぜ差がでるのか。。。。。オームの法則で説明できることです。

Q動線の端にプラス24vと0vをつなぎました。線上の2点に直流電圧テスターの両極を当てまた。電圧が0

動線の端にプラス24vと0vをつなぎました。
線上の2点に直流電圧テスターの両極を当てまた。電圧が0です。なぜですか?

Aベストアンサー

無理やりの回答をさせてもらうと、
銅線の抵抗は理想ゼロなので、いくら電流が流れようとも電圧降下は生じない、
電圧24Vは、電源内部抵抗で負担している。

本来は、設問自体が無理です。

Qさっき質問したように抵抗を通っても電流の値が変わらないのなら電流計の内部抵抗を小さくする必要はないの

さっき質問したように抵抗を通っても電流の値が変わらないのなら電流計の内部抵抗を小さくする必要はないのでは?

Aベストアンサー

その疑問を、自分で解決できるようになると、あなたは一段階進歩します。
あなたの質問って、基礎の基礎の所を「ちゃんと読んでない」ことに起因することが多すぎます。
疑問を持ったら、まず基礎の所を読み直しましょう。
E=RIは基本中の基本です。
これがちゃんと身についてないのです。
勉強をやり直してください。
また、E=RI周辺の勉強をするのに、電荷の速さ、なんて概念は、どこにも出てこないはずです。
日本語、単語の意味を正確に読み取ってください。
ここがいい加減だと、あなたのように、先々躓くので、勉強をやり直すことになり、学習効率が上がりません。
国語力は大事です。あなたのレベルで疎かにするようなことの無いように気をつけてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報