無線送信機において増幅器の後にアイソレータをおく理由がいまいちわかりません。
アンテナに電波が乗りインピーダンスが変化???
増幅器の保護??
意味がさっぱりです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

この分野はあまり詳しいわけでは何ですが、参考程度に見てください。

送信機とアンテナのインイーダンスのマッチングが取れていないと、終端から送信機に向けて反射が起こることはご存知ですよね、実際の送信機でこのようなことが起こるとその位相によっては、送信機側から見たインピーダンスが異常に低くなって、送信機の出力段に過大な負荷をかけることになります。そのようなことを防ぐために送信機からアンテナの方向にだけ電流を流す、回路を一方通行にする装置です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアイソレータ

無線送信機において増幅器の後にアイソレータをおく理由がいまいちわかりません。
アンテナに電波が乗りインピーダンスが変化???
増幅器の保護??
意味がさっぱりです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この分野はあまり詳しいわけでは何ですが、参考程度に見てください。送信機とアンテナのインイーダンスのマッチングが取れていないと、終端から送信機に向けて反射が起こることはご存知ですよね、実際の送信機でこのようなことが起こるとその位相によっては、送信機側から見たインピーダンスが異常に低くなって、送信機の出力段に過大な負荷をかけることになります。そのようなことを防ぐために送信機からアンテナの方向にだけ電流を流す、回路を一方通行にする装置です。

Q生体用増幅器で入力インピーダンスの大きな差動増幅器が用いられてる主な理由はどれか1)患者漏れ電流を低

生体用増幅器で入力インピーダンスの大きな差動増幅器が用いられてる主な理由はどれか1)患者漏れ電流を低減する
2)増幅器の内部雑音を低減する
3)増幅回路の消費電力を低減する
4)筋電図の混入による雑音を低減する
5)電極インピーダンスの影響を低減する

なぜそうなるのかも教えて欲しいです

Aベストアンサー

回答が付きませんね。
 これって、「電子回路」の知識と「生体」(生物、医学)に関する知識の両方がないと答えれらないので、なかなか回答できないのでしょうね。私もそうです。

 「入力インピーダンスの大きな差動増幅器」のうち、入力インピ―ダンスについては、前のこの質問の回答を参考にしてください。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9220206.html

 では「差動増幅器」は、というと、基本は「2入力の差を増幅する」ということです。
http://toragi.cqpub.co.jp/Portals/0/backnumber/2012/05/p091.pdf
http://www.nfcorp.co.jp/techinfo/dictionary/040.html

 中身は「プラス側」の増幅器と、「マイナス側」の増幅器が、対称的に構成された回路ですから、単独の増幅回路2つ分なので「消費電力を低減」することはないでしょう。
 上の参考サイトにあるように、「コモンモードノイズ」(共通の電源や接地電位がふらつくようなノイズ)は打ち消すように働くので、こういったノイズには強いといえます。

 選択肢にある 4)筋電図の混入による雑音(これ、本当に「筋電図」ですか? 「筋電流」とか「筋電位」「筋電圧」ではありませんか?)がそのようなノイズなら、きっとそれでしょうね。
 そんなことが、お使いのテキストに書いてあるのではありませんか?

 1)患者漏れ電流 というのも分かりませんが、計測器から患者に電流を漏らしてはいかんので、これは「問題外」だと思います(これ、単なる一般常識からの判断であり、根拠はありません)

 この辺の分野は、複合的な専門分野なので、実は質問者さん自身が一番詳しいと思うんですよね。お持ちのテキストなり参考書なり、講義録をよ~く探してみてください。きっと書いてありますよ、どこかに。

回答が付きませんね。
 これって、「電子回路」の知識と「生体」(生物、医学)に関する知識の両方がないと答えれらないので、なかなか回答できないのでしょうね。私もそうです。

 「入力インピーダンスの大きな差動増幅器」のうち、入力インピ―ダンスについては、前のこの質問の回答を参考にしてください。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9220206.html

 では「差動増幅器」は、というと、基本は「2入力の差を増幅する」ということです。
http://toragi.cqpub.co.jp/Portals/0/backnumber/2012/05/p091.pdf
h...続きを読む

Qアイソレータのある直流電源

計測実験を行う際に、直流電源を使用するために、
アイソレーション機能のある-15~15Vの出力のある直流電源を探しています。
探してみたのですが、そういったものは販売していないので、アイソレータと電源を別々に購入、使用しなくてはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

>アイソレーション機能のある-15~15Vの出力のある直流電源を探しています。
この意味なんですけど、AC100V側と絶縁されたフローティング電源であればよいということでよいでしょうか。

であれば、たとえばTEXIO(旧KENWOOD)から出ているPSF400Lなどはフローティング電源なので、使えるのではと思います。(カタログなどには記載がないのですが、マニュアルにその記載があります)
(フローティング電源で探せば結構あります)

Q実際の非反転増幅器の出力インピーダンスの導出過程を教えてください

実際のopアンプを使用した非反転増幅器の出力インピーダンスはどうやって導出すれば良いのでしょうか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4654272.html
こちらの質問を参考に出力インピーダンスを算出してみたところ、一向にテキストと同じ式になりません。
テキストには、出力インピーダンス:
       Zout=(1+Rf/R1)Zo/Avo
       Zo:OPアンプ単体の出力インピーダンス
       Rf:フィードバック側の抵抗,R1:反転入力側の抵抗
       Avo:電圧利得
ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「こちらの質問」のANo.2です。
「こちらの質問」は入力インピーダンスの話で、出力インピーダンスではありません。添付図に導出方法を途中まで書きました。Zout = (1+Rf/R1)*Zo/Avo というのは近似です。Avo がどういう場合にそうなるか考えてみてください(Avoは非常に大きな数値です)。

QYS-11の運行について

本日、2008/10/07 伊丹空港に行きました。
すると 引退したはずのYS-11が運行していました。
YS-11は今どこへ就航しているのでしょうか?
時刻表を見てもよくわかりません。

そして跡 何機くらい残っているのでしょうか?
わかる方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

JALマークの飛行機で伊丹で見たのなら、サーブ340Bという機体ではないですか?

実際はYS-11よりもかなり小型の機体なのですが、1機だけで見ると、エンジンの形状などがYS-11と良く似ており、見間違えることが良くあります。

私も、YS-11が鹿児島ベースだけになったころ、鹿児島に行く用事があって、到着したときに「さすが鹿児島! YS-11が一杯だ」と感激して展望デッキに上ってよく見たら、大きさが異なるYS-11が居て、良く見たら小さなほうはサーブ340Bでした。

Q実際の非反転増幅器の入力インピーダンスの導出過程を教えてください

今まで理想opアンプを勉強してきたので入力インピーダンス=無限で考えてきたのですが、実際のopアンプを使用した非反転増幅器の入力インピーダンスはどうやって導出すれば良いのでしょうか?
資料には、

非反転増幅回路の入力インピーダンス=Zin*(1+R1*Av/(R1+R2))
Zin:opアンプの入力インピーダンス
Av:opアンプの電圧利得
R1:入力抵抗
R2:フィードバック抵抗

とだけ書いてあり、導出過程は省略されています。
分かる方がいましたら教えていただけませんか?

Aベストアンサー

正しい答えは
   入力インピーダンス = R1//R2 + Zin*{ 1 + R1*Av/( R1 + R2 ) } --- (a)
になります。R1//R2 というのは、R1 と R2 の合成並列抵抗で R1*R2/( R1 + R2 ) の意味です。anachrockt さんのコメントの通り、「正確にはR1とR2の並列抵抗分が足され」ます。しかし、普通は
   R1//R2 << Zin*{ 1 + R1*Av/( R1 + R2 ) }
なので、isthisapenさんの式
   入力インピーダンス ≒ Zin*{ 1 + R1*Av/( R1 + R2 ) }
で近似できます。式(a)の計算方法は以下の通りです。

下図のように、反転入力端子(-)と非反転入力端子(+)間の入力インピーダンス(差動インピーダンス)を Zin とします。

  i1 →  ┃  \
Vin ───╂┐(+) \
       ┃Zin     >─┬─ Vout
  V1 →┌╂┘(-) /   │
   i1↓│┃    /    │
      ├─── R2 ──-┘
      │    ← i2
     R1
      │ ↓ i1 + i2
GND ─-┴──────────

非反転入力端子(+)の電圧を Vin、反転入力端子(-)の電圧を V1、出力電圧を Vout とし、電流を上図のように定めると、各素子に流れる電流は
   Zinに流れる電流   i1 = ( Vin - V1 )/Zin --- (1)
   R2に流れる電流   i2 = ( Vout - V1 )/R2 --- (2)
   R1に流れる電流   i1 + i2 = V1/R1 --- (3)
一方、オペアンプの出力は、入力端子間の電圧を Av 倍したものなので
   出力電圧       Vout = Av*( Vin - V1 ) --- (4)
となります。式(1)~(4)を i1 について解くと(手計算は結構大変です)、
   i1 = ( R1 + R2 )*Vin/[ R1*R2 + Zin*{ ( 1 + Av )*R1 + R2 } ]
したがって、Vin からオペアンプ内部を見たときのインピーダンスは
   入力インピーダンス = Vin/i1
               = [ R1*R2 + Zin*{ ( 1 + Av )*R1 + R2 } ]/( R1 + R2 )
               = R1*R2/( R1 + R2 ) + Zin*{ 1 + R1*Av/( R1 + R2 ) }
               = R1//R2 + Zin*{ 1 + R1*Av/( R1 + R2 ) } --- (a)
となります。

正しい答えは
   入力インピーダンス = R1//R2 + Zin*{ 1 + R1*Av/( R1 + R2 ) } --- (a)
になります。R1//R2 というのは、R1 と R2 の合成並列抵抗で R1*R2/( R1 + R2 ) の意味です。anachrockt さんのコメントの通り、「正確にはR1とR2の並列抵抗分が足され」ます。しかし、普通は
   R1//R2 << Zin*{ 1 + R1*Av/( R1 + R2 ) }
なので、isthisapenさんの式
   入力インピーダンス ≒ Zin*{ 1 + R1*Av/( R1 + R2 ) }
で近似できます。式(a)の計算方法は以下の通りです。

下図のように、反転入力...続きを読む

QYS-11の特徴的な音

国産唯一の旅客機YS-11の音を仕事で使用することになりました。
プレゼンテーションのようなことをするのに使用します。
見に来られる方の中には飛行機好きの方もおられるので、
出来れば最も「YS-11らしい」音を流したいのですが、
手元にある音は、素人の耳には他のプロペラ機との違いがよく分かりません。
YS-11の音は若干甲高いようにも感じますが…

お好きな方にとって、YS-11らしい音とはどんな音なんでしょう?
ちなみに、手元にあるのは、
1.アイドリング
2.離陸
3.上空旋回
の3種類です。

詳しい方のお知恵をお貸し下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的な話としては、エンジン音に特徴が出るのは、負荷がかかっている状態が多いですから、その3種類のストックから選ぶならば離陸時でしょうね。

BGMとして使われるならこれでよいと思いますが、もしも実機の映像も同時に出るならば、それに合わせた音を選ぶのが一番でしょう。例えば、上空で巡航中なのに離陸時の音が出れば好きな人は白けてしまうでしょう。私は、それほど熱心な航空ファンというわけではないですが、こんな取り合わせで音が使われていたら「わかって無いなぁ」と少なくともYS-11について触れたプレゼンの部分は信用しませんね。

Q高入力インピーダンスの増幅器って、どういう意味ですか?

熱電対式温度計の勉強をしているのですが、微小な熱起電力を計器に指示させる場合に回路抵抗の変化を無視できるようアンプで増幅するところまでは理解できたのですが、「高入力インピーダンスの増幅器」という意味が理解できません。インピーダンスというと交流ということが頭に浮かぶのですが、システムの中に交流が使用されているようには思えないのですが・・・。
直流を扱っていてもあたりまえのことなのでしょうか。
あまり、電気に詳しくないので出来れば簡単に説明していただけると助かります。

Aベストアンサー

ほとんど回答が出そろっていますが若干補足します。
増幅器には、直流専用、交流専用、交直両用の3種類があります。
熱電対の場合には直流専用でいいわけです。
でも昨今はオペアンプという小型、高性能、安価な交直両用増幅器が
全盛です。。このため、直流を扱っていても交流の世界の言葉である
インピーダンスと言う用語がでてきてしまうわけです。

高入力インピーダンスの増幅器というのは、他の方も言われている通り
熱電対から電流をほとんど食わないということです。ここでは高入力抵抗
増幅器と同じだ位にお考え下さい。

余談ですが、何十年も前、高入力インピーダンスの増幅器が無かった頃
熱電対の起電力を正確に測定する方法は、基準電源とふつうのアンプと
サーボモータと精密可変抵抗器による、自動平衡型計器しかありません
でした。

QYs(イース)と新海誠

アニメ監督の新海誠さんは昔日本ファルコムに勤めていらしゃったらしいんですが。
そこってYsシリーズを作っているところですよね?
ということは新海さんはYsのオープニングか何かをつくっていたんですか?
Ysのオープニングはとても綺麗なので、それなら納得できるのですが…

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%B5%B7%E8%AA%A0

この記述によるならば、少なくともイースIIエターナルのオープニングムービーは氏の手になるもののようです。

Q脳波計の増幅器の入力インピーダンスを高くする理由は何か 1)検出信号の起動力が小さいため 2)直流

脳波計の増幅器の入力インピーダンスを高くする理由は何か

1)検出信号の起動力が小さいため
2)直流を増幅するため
3)電極の接触インピーダンスが高いため
4)筋電図の混入を防ぐため
5)電極接触電圧による飽和を防ぐため

Aベストアンサー

1) は「起電力」でしょう? 答は 1) です。

起電力が小さいときに、増幅器のインピーダンスが小さかったら、電流が多く流れてしまって、肝心な「電圧」が下がってしまいます。できるだけ「脳波」の電圧を正しく測定したいので、増幅器のインピーダンスを大きくして電流を最小限にする必要があります。

脳波計に限ったことではなく、起電力の小さい測定装置共通のことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報