最近投資を始めたので分からない事があります。
マイカルや北の家族など、経営危機(倒産したんでしたっけ?)で\1になってしまった企業の株価が再び上昇する事はあるんでしょうか?

株価が\1という事は10,000株買っても\10,000なので、もし将来(10年後とか)、普通の企業に戻って\100とか\200でも付けば大きく儲かるのかなぁと単純に考えてしまうんですが、どうなんでしょうか?

今までの歴史からそのような企業はあったんでしょうか?

くだらない質問ですみません。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.会社更正法を申請した後、大発見(特許や会社保有の土地から石油が出るなど)があった場合


2.銀行の取引停止から会社更正法の申請を余儀なくされたが、別の銀行が融資に応じて危機が回避された場合

など理論上はありえます。
しかし、1の場合は奇跡に近く、2の場合も債務超過に陥っていない(資産から負債を引いて価値が残る)ことが前提条件となります。会社が究極的に立ち行かなくなってから更生法や再生法申請を行うケースが多い昨今の流れの中では、このような期待は皆無でしょう。

今後は、債権を株式に転換して会社再建というスキームが取られる場合が増えてくると思います。どちらかと言えば、株式よりもCBや社債を大幅ディスカウントで購入し、それが株に転換され、その後大化けするということの可能性の方がまだ高いと思われます。(これも既存の債権者を保護することなく、新しいスポンサーが実権を握るケース以外は考え難いですけど)

尚、かつては倒産させるデメリットから支援する企業が現われたことも期待できましたが、
1.再建に失敗した場合、下手な投資を行ったということで支援企業の経営者が株主代表訴訟にさらされる可能性
2.それだけの余裕を持っている企業がなくなった
ということがネックとなると思います。どう投資するかはご本人のご自由ですが、私ならば他のことに労力、資力を使うと思います。
    • good
    • 0

 一般的には会社更生法を申請した会社はほとんどが100%減資され、既存の株主の権利はなくなります。

その後新しい出資者が増資に応ずるのがほとんどです。吉野家の場合も昔の株主がたまたま株券を持っていたとしてもその株券は100%減資されていますで価値はありません。しかし、その会社に価値が認められ、パートナーが80%とか90%の減資に賛成すれば1割とか2割の価値が認められます。そうなりましたら、再上場すれば、売買できるようになります。山陽特殊製鋼は数少ない例です。一旦、1円になった株が外資との提携話を受けて40円まで上がった長崎屋の例がありますが結局、下がりました。もし、1円で10万株買えましても、2円以上で売るときには、買いがほとんどないため、千株単位ぐらいで売ることになります。そうなりますと、手数料が儲けを越す場合も多くなり、売れ残る場合がほとんどですので、儲けるのは難しいでしょう。
    • good
    • 0

 今晩は。


 通常このような状況にある企業の株は、上場廃止に伴ってただの紙屑になってしまいます。ところが、ごく稀に、会社の内容を評価して有力な支援者が現れることが有ります。再建への道を進むことが出来るわけですね。昨年もどこだったか一つ有りました。こうなると、一桁まで落ちていた株価がたちまち、2倍、3倍となります。
 ですが、それははっきり言ってギャンブルです。負債と現在の資産から考えて、倒産はどうみても理不尽だと判断できるところに、そうするだけの価値を認めて賭けてみるのはいいかもしれません。ですが、保証は全く有りません。例えば1万円を競馬で失ってしまうのと同じ、くらいの積もりでいて下さい。
 確かに、時にはセゾングループの支援で蘇った吉野家のような奇跡的な例も有るには有りますが・・・。それでは。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか? PER(株価収益率)とは株価を1株

【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか?

PER(株価収益率)とは株価を1株当たりの当期純利益で割った値で、日経平均銘柄だと14-16倍だそうです。

で、PERが高い銘柄をスクリーニングするとワタミが2.43倍とPERで見ると良い会社に見えます。

進学会だと3.02倍でブラックワタミ嫌いの人なら進学会の株を買えば儲かると思うのですが投資家は買ってないですよね。

なぜ買わないんですか?

PER(株価収益率)は良いですよね?

Aベストアンサー

PERが平均より高い会社がダメとは限りません。
PERが高いということは、それだけ評価が高い、高い成長が期待されているということでもありますので。
その期待に応えられれば株価はさらに上昇する可能性があります。
逆にそれなりの成長は続けていても、期待されているところまで到達しないと株価は下落ということもあります。

ワタミが2.43倍というのはPBR、純資産倍率ですね。PERとは違います。
進学会だと3.02倍というのはなんの数字が意味がわからないです。PERでもPBRでもないですね。

株価は単純にPERの高い低いだけでは判断できません。
様々な要素を幅広く考える必要があります。

Qダウ平均株価や日経平均株価というのはアメリカや日本の全ての上場企業を対象としている

のでしょうか?
どのくらいの割合の企業を対象にしているのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、ダウ平均株価ですが、一般に日本でよく言うのは、工業株30種平均株価のことです。ダウ平均株価には何種類かあり、そのひとつです(実は銘柄は工業だけではないのですが…)。上場している全ての企業の平均ではなく、代表的なもの30種の平均となります。決まった銘柄でずっと続くのではなく、入れ替えが行われます。
日経平均株価はNIKKEI225とも言われるように、上場する全銘柄のうち225銘柄を選び補正をして平均を求めたものです。これも、無作為に選ばれた銘柄ではありません。
ちなみに、全銘柄が関係するのはアメリカでいうナスダック総合指数であり、日本でいうTOPIXです。

Q海外(アメリカとか中国とか)の平均株価が携帯で見れるサイトを教えてください。

海外(アメリカとか中国とかヨーロッパとか)の株価平均が携帯でチェックできるサイトとかありませんか?
個別~とかじゃなくて、平均みたいなのでいいです。

できれば、反映にかかる時間が短いのがいいです。

ちなみに、パソコンではヤフーUSAのファイナンシャルを見ていますが、携帯では見れないみたいなのです。

英語のサイトでもいいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながら、私の知る限りではEトレしかしりません。
ごめんなさい

Qある企業の株価が下がった場合、企業の資金繰りにどんな影響がでますか?

ある企業の株価が例えば、100円を切った場合、
企業の資金繰りにどんな影響がでますか?

勘違いかもしれませんが、すでに発行済みの株式は
市場に出回り、資金調達はできているので、株価が
下がっても、その時点では影響はないと思っています。

しかし、市場の評価が厳しい為、今後の増資による
資金調達や借り入れをおこなう場合は、より厳しい
と考えればいいでしょうか?

素人なので、丁寧に教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

銀行などは金利に差をつけてくる可能性もありますが、その他周りからの信用などの要因を除くと、ご質問の通り資金繰りに影響はほとんどないでしょう。
あくまでも株価が高いと株式交換でM&Aしやすかったり、株高に乗じて増資などを行えば、より多くの資金を集められる有利さはあると思います。

反対に株価に関係ない資金調達方法もあります。いわゆるライブドアで有名になったMSCB(社債の一種です)という資金調達方法です。これは引き受け手にとっても株価が下落しても儲かる仕組みなので、極端な話、企業が株価や既存株主(株主は株高を当然望む)を無視して調達する事も可能です。(引き受け手がいる場合に限りますが、一般の増資などよりも遥かに引き受け手にリスクが少ないので余程の企業で無い限り平気です)

資金調達とは関係ありませんが、あまりにも株価が下落して取引所の上場維持基準の時価総額(株価×発行済み株式数)を下回ると猶予期間で基準の時価総額を回復しないと上場廃止になる可能性もあります。その場合は企業によっては資金調達に致命的な打撃を受ける場合もあります。

極端な話、無借金で資金が潤沢にある企業などは他からの買収リスクの方が高いので自ら上場廃止にしてしまうケースも出てきています。(ワールドなど)
参考まで。

銀行などは金利に差をつけてくる可能性もありますが、その他周りからの信用などの要因を除くと、ご質問の通り資金繰りに影響はほとんどないでしょう。
あくまでも株価が高いと株式交換でM&Aしやすかったり、株高に乗じて増資などを行えば、より多くの資金を集められる有利さはあると思います。

反対に株価に関係ない資金調達方法もあります。いわゆるライブドアで有名になったMSCB(社債の一種です)という資金調達方法です。これは引き受け手にとっても株価が下落しても儲かる仕組みなので、極端な話...続きを読む

Q安倍首相は日経平均株価を幾らにするのが最終目標なんですか?いま日経平均株価は1万7000円で十分

安倍首相は日経平均株価を幾らにするのが最終目標なんですか?

いま日経平均株価は1万7000円で十分に高いと思うんですけど、ジュニアNISAで0歳から投資出来て非課税でしょ。さらにマイナス金利を導入して銀行預金している預金者を株投資に目を向けさせようとしてますよね。

4年前の日経平均株価って9000円だったんですよ。

それが2万円になって、いま1万7000円。

安倍首相は更に上を目指してるようだけど、日経平均株価が2万円代を1年間キープしたのはバブル期の1987年から1991年の5年間しか戦後60年のうち5年しか日経平均株価は2万円の時代はなかった。

安倍首相ってもう1度バブル期を起こそうとしてるんですか?

国内株を国民で買って、企業を国民総出で支えようっていう流れですけど安倍首相は1万7000円で満足してないようなので幾らまで持っていくのが最終目標なのか知ってますか?

Aベストアンサー

株価の目標というのは明確ではなく、参院選に向けてあまり大きく下げなければ良いと考えています。それよりも、インフレがしっかり進行し、円安に為替が大きく振れた結果、企業業績がよくなり、従業員の給料がアップされ、それが消費に回る経済成長過程を作り出したいのが、狙いです。その結果2万3000円程度を狙えればよいと考えているようです。

お金のこと学んで得する
simulize.com


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報