柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

現在住んでいる土地は、幼児時代に住み始めたのですが、そのときからずっと「この地には一生住む予定はない。」と教育され、我が家の終の棲家になる、「別の地」に引っ越すことが運命づけられています。とはいえ、自分の本音は引っ越したくないのです。でもその運命の年が間近に迫っています。10代の頃はまだまだ先の話だといって、気にしないようにしましたが、20代になってからは、心がざわつき、いろんな思惑がストレスになってしまい、その運命の日をどうすごそうかなどと考えたりします。数年前、アルバイトをやっていた時の同僚が自分と同じ年齢で、同じように長年住んでいたところを当時引っ越したばっかだと言うので、その心境を聞いたところ、「気にならない」との回答でした。自分の近所は住宅街で同じ時期に建てられ、その時に入居した一家は、古くなった、狭いなどの理由で次々と転居していってます。特に自分と同じ年代ぐらいの子供(現在は大人。)家庭が多いです。そのときに彼らは長年住んだ土地とどういう風に別れたんだろう?とか引っ越すことが決まってからはどういう思いで生活してたんだろう?と思うようになりました。自分には今住んでいるこの地を維持する経済力や立場はありません。別れることがほぼ確実である立場ゆえ、できることや覚悟は準備しておきたいのです。特にこのような経験がある方の意見がほしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

引越歴が多いものです。



子どもの頃育った実家があった場所は、今は賃貸マンションになっています。親がバブルの頃、土地を手放して、郊外に引っ越しました。そこに30年いたので気持ちは複雑です。そこに今住んでいる人が知らないこともあります。そこに来た当時は畑の中に住宅が点在し、バスもない場所だったこと、裏の庭に死んだ飼い犬を埋めたこと、隣の工場で火災があったこと、ウラがフキの畑だったこと。マンションの玄関あたりに昔トウキビの畑があって、うちでトイレの堆肥をまいていたこと、マンションの中央あたりの雪山で妹とそりあそびをしたこと、横に井戸があったこと、飼っていたニワトリが逃げて大騒動だったことなど。今はその痕跡もありません。ほんとに何の特徴もない住宅密集地になってしまいました。何件かは、昔の人が住んでいますが、今はマンションの方が優勢です。この調子で、昔住んでいた場所は数十年もたてば、そこにいた痕跡もなくなるんですね。いったん、長年住んでいた場所を離れると、もう浦島太郎のような状態になります。これは実感ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。3さんの欄に補足させていただきましたので、お暇があればお目通しくださいませ。
たくさん書いていただいたエピソード、すごくリアルで現在自分が思っている未練な部分とリンクしていて、熱くなりました。自分の住んでいる土地は、これからも住宅地でありつづけるようですが、自分の住んでいた場所がこれから入居するであろう知らない人、あるいは近所の縁者に、消去されるのが残念で仕方なかったりします。しょうがないこととはわかっていてもです。複雑なお気持ちはいつになっても整理はつかないものでしょうかね?

お礼日時:2006/03/24 18:29

#3です。


歴史、ですか。
そうですね、自分の場合は歴史というか思い出は胸の中にあるという感じです。
もちろん、今、別の人が住んでいるのは寂しいですけれど。
ちなみに私も都心からテレビのチャンネル数が1コ少ないところへ引越したのでそういう環境に慣れるかどうか不安なのはわかります。

ただ、うまく言えないのですが、引越しが決定したら、それはもう後ろ向きに考えても前向きに考えても引っ越すことに事実は変わらないですよね?

だったら「ここを離れるのはいやだ。寂しい」と考えて過ごすより「次のところで新しいお店や人と出会おう!」と前向きに思う方が、同じ時間を過ごすのでもいいと思うんです。

私の場合、地方だったからこそ、海や山を渋滞に巻き込まれることなく四季折々を堪能できて新たな思い出をいっぱい作れました。
rukking15kさんも次の土地で何か新しい楽しみを見つけられることを祈っています。


それでもどうしても今の土地に未練があるのでしたら、引っ越すまでにいっぱい写真を撮って引っ越す時に1つのアルバムにまとめたらどうでしょうか?
ただし、引越してからあんまりそればかり見ていると、次の一歩が踏み出せなくなるので、「見ようと思えば見れる」とだけ思って実際にはあまり開かない方がいいと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

遅くなってしまい失礼しました。詳しく書いてくださってありがとうございます!大変励みになります。自分も現在住んでいる所よりも地方に引っ越すので、チャンネルは心配です。・・;それはさておき、前向きな、お考えで羨ましいです。写真はたくさんとろうと思うのですがすごい枚数になりそうですね。そう思って近所を散歩していると、長年住んでいたにも関わらず新しい発見を見つけたりします。(また歴史が増える~!)引越すことの事実は変わらないですが、アルバムも造ってみたいと思います。そしてそれを見れる強い精神になりたいです。提案していただきありがとうございました。

お礼日時:2006/03/30 23:36

私は大学にはいるときに、生まれ育った土地を後にし、卒業後は大学があった土地をも離れ、いまのところに住んでいます。



その時々の感慨というのは確かにありました。気にならなかったと言えばウソです。
でも、新しい土地も住めば都、新しい生活を始めるに当たり、気分を一新し、「よし、やってやる」と、前向きに考えるようにしました。
さらには、「新しい土地でがんばっているということを、いつかふるさとの人たちに報告できるように」と、心の支えになったのも確かです。

いまでも生まれ育った街、大学時代に住んだ街への思いは強く、ふるさとが二つあるようなそんな気分です。
地元のニュースがでれば、興味はありますし、特産物が他の県と競合するときは、自分の田舎の方を宣伝・応援しちゃいます。決してふるさとを捨てたわけではないですけど、せめてもの恩返しというきもちです。いとおしいんです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

皆さんのご意見を見ていると、前向きな意見が多いことに驚いています。ある意味爽快感さえ感じます。自分の場合、違う県に引っ越すので、現在住んでいる所よりも長く住むことになりそうなので、自分にとっての出身地(ふるさと)はどこになるのか?などと考えたりもしていました。Jodie0625さんのように2つというのは理想的ですよね!

お礼日時:2006/03/27 23:00

記憶にある引越しは2回です。



うち、1回は「ある日突然」だったので、心の準備するヒマもありませんでした。

もう1回は住んでいたアパートが取り壊しとなるための引越し。

いずれも、すぐ慣れましたね。
特に感慨深いとかそういうのは無かったです。
1回だけ前の部屋の夢をみましたが、それくらいでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ある日突然とは、まさに「突然」ですね。取り壊しは悲しいですが、その部屋が他人のものにならない(独占欲の皮が突っ張ってるといわれてもしょうがないですが。++;)という意味では、自分にとってよいようにも感じたりします。ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/27 22:48

私も実家が同じ状況でしたね。


一斉に戸建てができたので、似たような世代の家族が集まって、現在はその時の子供が巣立って親達は2世帯住宅に引っ越したり、終の棲家に移ったりしています。
私の場合引っ越すのがいやだったのは「友達がいるから」でした。でも友達も結婚し、自分も結婚するとなったら、そこまで執着しなくなりました。

rukking15kさんはなぜ引っ越すのがいやなのでしょうか?
友達? だとしたらrukking15kさんががんばってこの地にいても友達がその土地を離れる時がくるかもしれません。
環境がいいから? だとしたら、引っ越した先がもっと環境がいい可能性もありますよね?

結局、私は両親の引越しと同時に結婚したのですが、結婚して住んだ土地は思いのほか過ごしやすかったです。
また、その土地に住んでた時の幼馴染とは距離なんかで離れるものではないので、今でも年1回程度は会っています。

今いる土地が一番!と思い込まず、新しいものを受け入れる気持ちになってみたらいかがでしょうか?

この回答への補足

1,2,3さん 早速のご回答ありがとうございます。
こちらをお借りして、補足させてください。
離れるのが嫌だという理由は、長年生きてきた歴史というかそういうものが今住んでいる土地に存在し、これをすべて置いていってしまう(心の中にあるという考え方もありますが。)のが悲しくなってしまって・・。友人もいますが、皆が近所ではないので、おっしゃるとおり、年数回会えればいいので心配はあまりありません。自分は未婚ですが、まだ運命の人が現れる予定が当分無い状態ですので、sasa2416さんのような結婚を機にされてらっしゃる方は、理想中の理想です!!学生を卒業してから友達が新たにできた試しがほとんどなく、(一時のアルバイトなどで出来た親友とまではいかない友達は大勢いますが。)新しい土地では期待ができないでいるのも事実です。

補足日時:2006/03/24 18:14
    • good
    • 2

私もそのアルバイト先の同僚と同じ意見です。



確かに、今まで慣れ住んだ街を出ることになるのですから、不安はあります。新しい町への適応力、慣れ住んだ街への寂しさと。
たぶん、引越し後半年ぐらいは前の町が寂しいと思いますが、半年後ぐらいからは新しい町になれ、友達が出来、適応していき、気がつけば都ですよ。「住めば都」って言葉がぴったりになると思います。

別に、その街が永遠の別れになるわけではありません。一種の卒業のようなものだとお考え下さい。卒業するときは寂しさがありますが、数年後にその学校を訪れると、寂しさではなく、懐かしさがあります。

今は引越しに対して不安でしょうが、すぐに新しい町に慣れるとおもいます。新しい地が良い所だったらいいですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。補足を「3」さん欄に記載させていただきましたので、お暇があればご参照ください。

励ましていただいてありがとうございます。サックリと割り切ってらっしゃいますね。前向きなのはうらやましいです。今住んでいるところのほうが都会なので、適応できるかが心配ではありますが、前向きに整理していきたいです。

お礼日時:2006/03/24 18:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何でそんなに東京に住むことにこだわるのでしょう?何が良いの?

私は産まれてからずっと東京の隣の県に住んでいました。
奥さんは東京生まれでずっと23区内に住んでいました。
そして結婚を機に23区内の賃貸住宅に引っ越し、数年が経ちます。私は職場が近くなるし、実家が近い方が心強いという奥さんの言を入れての事です(奥さんは専業主婦)。

しかし子供が出来たので、それを機に東京のお隣の県へ引っ越す事を奥さんに提案しました。
私は少し職場が遠くなりますが、奥さんにとってのデメリットはほとんど無いのですんなり受け入れるものと思っていたら強行に反対してきました。しかも反対の理由が全く論理的でないので、訳が分からなくなりました。
曰く、友達が近くにいなくなる(でも昔からの友達は皆結婚して地方に引っ越してる事が判明)とか、買い物の場所がわからない(これは慣れの問題かと。)とか、実家が遠くなる(確かに遠くはなるのですが、自転車で15分かかるのが車で15分になるだけ)、とにかく不便だ(都内・近県両方に居住経験がある私から言わせれば、都内の生活の方が不便だったんですけど)などなど、色々と理由を出してくるのですが、いちいち不合理です。
私も収入的には普通のサラリーマンですし、川一つ越えれば、家賃・駐車場代も相当違います。今後子供の教育費もかかるし、子供の成長に伴って部屋数が足りなくなるのも目に見えているし、貯金に廻す余裕資金も増えるので老後の目処もたてやすい。。と先々を考えた上での提案だったのですが、何が何やら。。
ライフプラン上、今の場所で今の生活水準で暮らしていると、定年後に破綻する可能性が無いわけではないとの結果も出たので、生活水準を維持したままであれば、引越しは妥当な解決策でもありました。

が、どうやら奥さんの主張を要約すると、川を越えると都落ちのような感覚を覚えるというのが真相で、全く感情的な理由らしいのです。
しかし、これがうちの奥さんだけの特殊ケースかと思っていたら、同僚にも似たケースがいくつもある事が判明しました。もう諦めているとも。

私には都内の生活がゴミゴミした狭い空間に居住する我慢大会のような感じで、そんな事は考えたこともなかったので、はっきり言って驚きです。
そこで、都内(特に23区内)に長年お住まいの方にお尋ねしたいのですが、ホントにそんな妙な差別感覚を覚えるものなんでしょうか??
都内の生活の何がそんなに良いのでしょう???
是非是非、都内生活の短い私にそのメリットを教えてください。あまりにも感情的な話にまるっきり納得出来ないのです。
よろしくお願いします。

私は産まれてからずっと東京の隣の県に住んでいました。
奥さんは東京生まれでずっと23区内に住んでいました。
そして結婚を機に23区内の賃貸住宅に引っ越し、数年が経ちます。私は職場が近くなるし、実家が近い方が心強いという奥さんの言を入れての事です(奥さんは専業主婦)。

しかし子供が出来たので、それを機に東京のお隣の県へ引っ越す事を奥さんに提案しました。
私は少し職場が遠くなりますが、奥さんにとってのデメリットはほとんど無いのですんなり受け入れるものと思っていたら強行に反対してき...続きを読む

Aベストアンサー

私も質問者さん同様、東京の隣の県(神奈川県)で生まれ育ち、
昨年まで5年間、23区内(といっても江東区です(;^_^A)に住んでいました。

(あくまで私感ですが)人によっては、一度都内での生活を過ごすと
『都内』が価値観の基準として固定化されてしまうようです。
(神奈川・千葉・埼玉など、周辺自治体を見下す、差別感情さえ抱く人もいます)
勿論、都内に住むことに対する論理的なメリットも沢山ありますが、
何よりも『都内に住んでいる』ということにより、他者に対する優越感に
(意識・無意識関わらず)浸っているのだと思います。
かく言う私も、都内を離れることに、少なからず抵抗感を抱きましたが、
別の場所に住むことによるメリット(家賃・生活費の安さ)を享受し、
環境に適応することにより、次第と肯定感が生まれてきました。
(「住めば都」というものでしょうか)

恐らく、奥様が仰る理由は(極論すれば)どうでも良く
『都内を離れることに対する恐怖感・劣等感』が根底にあるような気がします。
家計が困窮でもしない限り、ご自身の考えを変えることは無いと思います。
(感情論が論理的思考を邪魔しているのだと思いますが、感情を動かすのに
 理詰めでは難しいと思います)
奥様がどうしても都内に住みたいのなら、家計で出来る節約を全て
させてみたり、パートに出て貰ったりして『都内に住むなら協力してね』
というように妥協し、様子を見たりするのはどうでしょうか。
様子を見つつ、頃合を見て『子供のこともあるし・・・』と切り出すと、
奥様も引越しを承諾してくれるかもしれません。


乱筆乱文、失礼しました。

私も質問者さん同様、東京の隣の県(神奈川県)で生まれ育ち、
昨年まで5年間、23区内(といっても江東区です(;^_^A)に住んでいました。

(あくまで私感ですが)人によっては、一度都内での生活を過ごすと
『都内』が価値観の基準として固定化されてしまうようです。
(神奈川・千葉・埼玉など、周辺自治体を見下す、差別感情さえ抱く人もいます)
勿論、都内に住むことに対する論理的なメリットも沢山ありますが、
何よりも『都内に住んでいる』ということにより、他者に対する優越感に
(意識・無...続きを読む

Q引っ越ししたけど前の家に帰りたい

前の家は20年ほど住んでいました。
かなりボロボロですが、母と二人で住んだ思い出深い家です。
でも5年以内に取り壊しが決定してしまいました。
しかもお風呂が壊れてしまって、修理に10万かかるとのこと。
どうせなくなる家ならば…と引っ越しを決意しました。

しかし、引っ越しが迫る数日から新しい家に住んで数日、もうずっと憂鬱な気分が収まりません。
引っ越し前は「もうこの家には住めないんだ、もう帰れないんだ」で涙。
引っ越し後は「前の家に戻りたい。古いけどあの家で暮らすのが幸せだった」で涙。
あのときお風呂を直せばよかった、どうせ壊されてしまうけど5年ぎりぎり住めばよかった。とずっと後悔しています。

母はボロボロの家を嫌っていたので、新しい家に暮らせて嬉しそうです。
私も早く気を取り直さなければと思ってはいるのですが、なかなか未練が捨てきれません。
仕事中もふとした瞬間に前の家のことを思い出して泣きそうになってしまいます。
退勤の時間が近づいても、前まではもうすぐ家に帰れると嬉しかったのに、今は全然そんな気分になれません。残業したいぐらいでした。

引っ越しをしたけど前の家に帰りたかったという経験をした人はいるのでしょうか?
どうやってこの寂しさを乗り越えましたか?
時間が解決してくれるのでしょうか?
お声をかけてくだされば幸いです。

前の家は20年ほど住んでいました。
かなりボロボロですが、母と二人で住んだ思い出深い家です。
でも5年以内に取り壊しが決定してしまいました。
しかもお風呂が壊れてしまって、修理に10万かかるとのこと。
どうせなくなる家ならば…と引っ越しを決意しました。

しかし、引っ越しが迫る数日から新しい家に住んで数日、もうずっと憂鬱な気分が収まりません。
引っ越し前は「もうこの家には住めないんだ、もう帰れないんだ」で涙。
引っ越し後は「前の家に戻りたい。古いけどあの家で暮らすのが幸せ...続きを読む

Aベストアンサー

生まれ育った愛着ある家なんですね。
人間って、よくできたもので、記憶は自身でコントロールします。
夢だったのか、現実だったのか、とか分からない事ありますよね。
わたし、何ヶ所住んだか記憶たどればわかりますが、間取りまでは曖昧です。
時間というか、ときの流れは年を重ねる程早く感じます。
悲しむより、しっかりと記憶に留める事が大切だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報