無限遠とはどういう意味ですか?
無限遠の定義を教えてください!
視覚の勉強をしているのですが、正視の人は遠点が無限遠にあると
本に記載されているのですが無限遠の意味がわかりません。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

物理学では「無限大とみなせる(近似できる)距離」という意味で使用していると思います。

が、詳しく定義を聞いたことがないのであまり自信はないです。高校物理の第2宇宙速度の計算とかで出てきませんでしたかね。
    • good
    • 2

視覚の勉強をされていると言う事ですので、以下のような事だと思います。



「ある1点から出た光が、目に平行光として届く距離」

通常、光は四方八方に広がりますから、平行光ではなく、拡散光として目に入るわけです。
しかし、無限遠・・・無限に遠い所の点から出た光は、平行光として「考えることができる」のです。

つまり、正視の人は、平行光線を網膜上に集光できると言う事です。
平行光線を網膜より手前や奥に集光してしまう人の事を、近視、遠視と言います。

勉強が進めば、いろいろわかってくると思います。
がんばってくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。何となくわかりました。
無限遠というのはとても遠くから光がくることで目に入るとき
あたかも平行に入ってくるくらい遠くのところ?

ということですかね?

無限遠というのは何メートルくらいからとかいうのはあるんでしょうか?

仮に10mでは無限遠と同じくらい眼に平行に入って来るとか。
10mでは無限遠を見るのと同じとかそういう風には言えるのですか?

お礼日時:2002/01/27 16:26

例えば、地球には重力があります。

衛星も、地球の重力があるから、ぐるぐると地球の周りを回っているのです。地球から離れれば離れるほど影響を受ける重力の大きさは小さくなり、その重力が0になるところを無限遠とする、というのが物理的な定義です。

しかし、この場合は、物理的な意味とはあまり関係がないように思えるのですが・・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無限遠方にいく条件

ある小物体が地球の周りを公転しているとき、なぜその小物体が持っている力学的エネルギーが正ならば無限遠方にいくのでしょうか??

Aベストアンサー

万有引力の位置エネルギーの基準点を無限遠方としているからです。
この基準では位置エネルギーの値はいつもマイナスです。
運動エネルギーと位置エネルギーの和が正であれば無限遠方でも運動エネルギーは正です。V=0になることがありません。

Q電荷が無限遠に長い円柱

電荷が無限遠に長い円柱(半径Rの円柱から半径rの円柱分切り抜いた形。R>r)に分布している場合。

外向きの電場はどちらを向くか?あと縦軸に電場強さE、横軸に円柱中心からの距離を取ったときのグラフがどんな感じになるか教えてください。横軸はRより長いところもどうなるかおしえて欲しいです。

Aベストアンサー

ガウスの法則を使って計算することになるかと思います。
中心からの距離をx、電荷密度をσとすると、 x<rでE=0、r<x<Rでπ(x^2-r^2)σ/(2πxε)、x>Rでπ(R^2-r^2)σ/(2πxε)、になるかなと思います。

Q無限遠方を基準にした場合の計算

「図のように無限に長く太さの無視できる堂待望に線密度λで電荷が一様に分布している。ガウスの法則を用いて導体の中心から距離l離れた点Pに作られる電場と電位を求めよ。(電位は無限遠方で0になるように基準をとる)」


という問題なのですが、電場はλ/2πε_0*l となりましたが、電位を求める際、無限遠方を基準にすると答えがでなくなってしまいます・・・。
教科書にも、無限遠方を基準にすることはできないと記載してありました。

もしかして自分が勘違いしているのでしょうか。電場の値も違うのかなぁ・・・。

電位の答えまでの解説をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

無限遠方を基準に取るとき、無限に伸びる線電荷近傍の電位は、無限大です。

線電荷では、電束が円筒状に広がりますから、線電荷を中心とする所定の円筒上の電束密度は、その円筒の円周に反比例し、即ち円筒の半径にも反比例するので、電界(=電束密度×誘電率)が距離に反比例するという質問者の方の答えは正しいと思います。電位を求める為に1/rを積分すると自然対数になるので、積分結果の自然対数の中に無限大を代入して電位は無限大になります。

もし線電荷でなくて点電荷の場合なら、電束密度は半径の2乗に反比例しますから、電位を求める為に積分しても1/rが残るので、積分結果にr=無限大を代入しても有限の電位が算出できます。点電荷では遠ざかると電界が距離の2乗に反比例してどんどん小さくなりますが、線電荷の場合には距離の1乗に反比例するだけなので遠方での減衰が十分でなく、遠くなると少しずついくらでも電位差が増大して収束しません。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6970243.html

Q万有引力の位置エネルギーで無限遠を0にするとどんなメリットがあるのでしょうか?

万有引力の位置エネルギーで無限遠を0にするとどんなメリットがあるのでしょうか?無限円遠を0にするとマイナスがついてかえって不便になると思います。

お手数ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前に同じような質問がありました。その時書いたのと同じ事を書きます。

ある一つの星の万有引力の働いている空間の中で場所や運動が変わった場合を考えるのであれば位置エネルギーの基準は何処でもいいことになります。差だけが問題ですから。

万有引力の働いている空間とない空間とを比較します。万有引力が働いた事によりどの様な違いが生じるのかがわかるようにしたいと考えますね。無限の遠方というのは引力が働いていないと考えられるところです。無限遠を基準に取ると万有引力が働いたことの影響を表すことが出来るようになります。
ロケットの場合も地球の引力圏の範囲内を運動しているとは限りません。引力圏に入って初めて位置エネルギーの値が変化し始めます。地球の引力の及ばないところを運動しているときは位置エネルギーはゼロですから考えなくてもいいというのとうまくつながります。ある星の引力圏から出て別の星の引力圏に入るというのも考えるのが楽でしょう。星の中心を基準に取った場合、無限遠では位置エネルギーが無限大になります。宇宙空間では全ての星からの万有引力の無限大のエネルギーの足し算が必要になります。

万有引力だけでなく電気的なクーロン力の場合も同じ考え方をしています。

以前に同じような質問がありました。その時書いたのと同じ事を書きます。

ある一つの星の万有引力の働いている空間の中で場所や運動が変わった場合を考えるのであれば位置エネルギーの基準は何処でもいいことになります。差だけが問題ですから。

万有引力の働いている空間とない空間とを比較します。万有引力が働いた事によりどの様な違いが生じるのかがわかるようにしたいと考えますね。無限の遠方というのは引力が働いていないと考えられるところです。無限遠を基準に取ると万有引力が働いたことの影響を...続きを読む

Q宇宙空間は無限といいますが、空間の無限、というのが理解しかねます。

宇宙空間は無限といいますが、空間の無限、というのが理解しかねます。
その向こうには何があるのでしょうか?

Aベストアンサー

>その向こうには何があるのでしょうか?

 有限ならその向こうが存在するでしょうが、その向こうがないから無限なのではありませんか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報