某大学に通っています。
大学にはファイヤーウォールなるものが導入されていて
当然、外のプロバイダーのメールを受信することができません。
内の某UNIXサーバ(ファイヤーウォールの外に出ているサーバ)にアクセスして、Telnetコマンドで110ポートにアクセスするとつながることができます。が、Outlook等のメーラで受信することができません。
このUNIXサーバになにかソフトを常駐させることでOutLook等のメーラで受信することはできないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、ファイアウォールが何かはご存じですかね。


もしご存じであれば、これはあなたが個人的にやりたいと考えていることでしょうか?そうであればまず、考え方をもう一度、見直しましょう。自分のためになら、人のことも考えましょうよ。

基本的に、大学や研究機関などは私的な理由で機関セキュリティ部を勝手に設定変更したり、都合の良い設定を無断ですることは厳禁です。
どうしても、必要であればPC、サーバー管理者に許可を得た上で行いましょう。

内部で、下手にソフトを常駐させたり、ウォールを開く操作を管理者に無断で行い、責任者の知らないところで何らかの問題が出たとき、あなたが責任者の立場であればどう思いますか?他の学生も下手をすると不利益を被る。
また、多大な損害が発生したときにあなたが責任を負えますか?


一度管理者と相談しましょう。良いか悪いかはそれからです。必要性があれば、対処してくれるはずですし、他の方法を用意してくれるかもしれません。個人もしくは、無断でやるのはさけてください。(まあ、管理者に相談すれば、アプリケーションを解放してくれるかもしれませんが・・・どうして、ファイアウォールで制限を設けているのかによるでしょうね。)

ちなみに、ファイアウォールをご存じない場合のための説明を一応しておきます。
ファイアウォールとはパケットを監視(フィルタリング)、もしくはアプリケーションごとにゲートウェイを設け不要なパケットの行き来を遮断するソフトやハードウェアをいう。これを使うことによって、不正侵入、管理者に無断での不正な外部出力、不正な入力を制限もしくは遮断することができる。
いわゆる、門番に当たるセキュリティソフトです。
    • good
    • 0

そんなことしていいの?等は他の方が意見されていますので、とりあえず実現方法として、


Delegate等TCPポートのリレーができるプロキシをファイアウォールの内と外(自宅サーバ等)において、
ファイアウォールで許可されているポートで転送すれば可能かな?
    • good
    • 0

 私の知っている某大学(taro-suke さんの大学とは別です)では、ファイヤーウォールが設置されていて、学内のメールサーバーに届いたメールを学外から読むことができませんが、学外のメールサーバーに届いたメールは学内から読むことができます。


 ファイヤーウォールの運用方針にもよりますが、「外のプロバイダーのメールを受信することができません。」は「当然」ではありません。この行為はそんなに危険なものでしょうか?
 管理者に(運用方針変更の)相談・交渉をする余地はあるのではないでしょうか。
 もっとも、外のプロバイダーが、外部からのメール受信を許可しているかどうかは、また別の問題です。
    • good
    • 0

 ファイアウォールの外にある110番には繋がるとのことですので、ファイアウォール(の機能を持ったサーバー)でフィルタリングしているのではなく、学外と繋がっているルーターなどでフィルタリングされていると思われます。



 その管理者に申請して却下されたのであれば、諦めたほうが無難です。taro-suke さんが細工して、仮にフィルタ超えをしてしまったとしたら、ファイアウォールに穴をあける行為となり、学内ハッカーに任命されてしまう可能性が高いです。

 80番ポート(HTTP)が開いているのであれば、無料メールサービスに申し込んで、POPメールを転送かけておくという方法もあります。(無料メールサービスを経由してメールを見る)

 下URLの (3)POP受信対応 というやつですね。

参考URL:http://community.goo.ne.jp/freemail/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皮下埋め込み型ポート

皮下埋め込み型ポート

母が、週に1~2度の点滴を受けています。
高齢の母の血管は細く、何度も針を入れ直します。
先生から皮下埋め込み型ポートをするよう進められました。
27日に、手術を受ける事になりました。
手術の同意書には、怖い事が書いてありました。
致命的であったりします。と書いてあります。
点滴の際、何度も針を刺すのはかわいそうですが、
このままにしておこうかとも考えています。
この手術は、そんなに危ないものですか。

Aベストアンサー

当方の知る限り、一般的な静脈点滴用の埋め込みポートは、致命的ではありません。
しかし、責任逃れのため、非常に小さな医療行為であっても、患者の親族の同意書を取りたがる医療機関が存在すると思います。
絶対的な緊急性がないのなら、その埋め込みポートのリスクをきっちり調査されるまではペンディングでも良いのではないでしょうか。
逆に、本当に緊急性が高いものであれば、医療機関は自主判断でその医療行為を行っていると思います(親族の同意無しに)。

Qファイヤーウォールとポート

取引先に「弊社のWebにアクセスするために、御社のファイヤーウォールを開けてくれ。」と言われました。
うちは小さい会社なんで、ネットワーク管理者なんていませんので、教えて下さい。

こんな接続です。
(インターネット)---ルーター---ファイヤーウォール--スイッチングハブ--各クライアントPC
こんな接続だとします。

インターネットのポートを開けるのは、ルーターなんでしょうか?
ファイヤーウォールなんでしょうか?
それとも各PCのことなんでしょうか?

確かポートの開閉はルーターでもファイヤーウォールでも、PCでもできますよね?

あと別件ですみません。前から疑問に思っていたんですが、
「ポートは開けたら危険!」と言います。
家庭用のブロードバンドルーターはポートの設定無しで問題なくインターネットできます。
ってことは80番などのWellknownポートって普通のブロードバンドルーターって、工場出荷時に開いているんでしょうか?

Aベストアンサー

両方。
以下簡単に。
ルータは、内側から出された信号に対しての外からの返答は、
発信元を記憶しているので発信元へ返されます。
外側から一方的に送ってきた信号は、その変換情報が無いので通常破棄されます。
だから簡易的な壁(ファイアウォール)になります。
インターネット閲覧やメールは、内側から発信していますので
発信元へその返答が返され通信が成立しています。

ポートを開放すると、変換情報の無い信号が、たまたま貴社の
IP、ポートに合致した場合通過してしまいます。
通常グローバルIPは動的なので変動しますからヒットする確率は
低いですが、実際はそんなに変動しないので危険な事は確か。

開放目的が何か判りませんが、出来るなら特定の相手だけを
通過させる設定のほうが安全。
ファイアウォールは固定的に塞いでいます。

QCVポートのカテーテル断裂について ピンチオフ 医療ミス?医療過誤?

2年ほど前に 抗ガン剤治療のため CVポートを胸元に入れました。
1回目の点滴から 落ちが悪く 起き上がると 点滴が全く落ちなくなってしまうため 点滴中は トイレ以外は寝て使用してました。
何度か使用し、その度に落ちが悪い事は 主治医にも看護士にも伝えましたが、レントゲンで確認する事もなく 気になるなら ポートの入れ替えしましょうか?と。
その時に、ピンチオフの可能性の説明があれば 入れ替えてたはずです。
当時無知だった私達は、痛い思いをしたくないのでという 本人の希望通り 落ちは悪いものの そのまま使用してました。
その後 点滴始める前の 注射器での生理食塩水?を流す際 無理に流そうとしたのか グシャっと変な音が…
その日は ポートを使用した際 痛みが出たので 腕からの点滴に切り替えました。
しばらく腕から抗ガン剤治療をしました。
何とか もっと他の治療法がないかと色々調べ セカンドオピニオンを受けたいのでと 主治医に話すと その度に 全て否定され 都会の病院に行っても どこも同じだから と中々紹介状を頂けませんでした。
半年程我慢し やはり 不信感と威圧感に耐えかね 長い話し合いの結果渋々紹介状を書いて頂ける事になりました。
その後 他の病院にお世話になる事になり 抗ガン剤治療をするには ポートの入れ替えしましょうか?と。
そこで、ピンチオフしている事が発覚しました。
その時点で5月でした。
2月にとったCTをよく見ると 断裂したカテーテルが写り込んでたそうです。
すぐ、足の付け根から 3時間かけて カテーテル除去手術をしましたが 血管にくっ付いていて 除去する事ができませんでした。
手術後落ち着いてから 前の病院に事情を話した所、全面的にミスを認め 院長から謝罪を受けました。
で、示談の話になり 提示された額は 27万円。
入院中の代金と、その間の精神的苦痛に対してだそうです。
カテーテルはそのまま残ってるのに、その後の精神的な苦痛に対してはどうなるのか質問すると、総額では30万で…キリよくした?
呆れ果てました…
病気だけでも大変なのに、カテーテルも肺静脈に残ってる状態です。
そこで、知りたいのは この額は妥当なのでしょうか?
示談書が送られてきてから、まだ返事ができずにいます。
本人はもう末期で痛みの緩和に移りました。
もし、亡くなった場合 示談金は頂けないのでしょうか?
これは、医療過誤、医療ミス どちらになりますか?
乱文で 読み辛い点が多々あると思いますが ご回答頂けると助かります。

2年ほど前に 抗ガン剤治療のため CVポートを胸元に入れました。
1回目の点滴から 落ちが悪く 起き上がると 点滴が全く落ちなくなってしまうため 点滴中は トイレ以外は寝て使用してました。
何度か使用し、その度に落ちが悪い事は 主治医にも看護士にも伝えましたが、レントゲンで確認する事もなく 気になるなら ポートの入れ替えしましょうか?と。
その時に、ピンチオフの可能性の説明があれば 入れ替えてたはずです。
当時無知だった私達は、痛い思いをしたくないのでという 本人の希望通り 落ちは悪いもの...続きを読む

Aベストアンサー

私もCVポート設置者です。
酷い話ですね。

金額が妥当かについては、社会保険なども関係するのでは?
通常は7割ですが限度額認定も受けているのでは?


>もし、亡くなった場合 示談金は頂けないのでしょうか?

関係ありません。
損害賠償請求は相続されます。
病院が認めているのであれば、国や行政の機関も
巻き込んで請求するべきです。

QMSNメッセンジャーのファイヤーウォール設定

こんなことができるかどうかもわからないのですが・・・
MSNメッセンジャーを使っているのですが、ウィンドウズに標準搭載されているファイヤーウォールを有効にしていると、ファイルの転送が極端に遅くなります。
また有効にしている場合、音声チャットができなくなるので、メッセンジャーに繋ぐ前にファイヤーウォールを無効にして、接続を切ったらファイヤーウォールを有効にしています。
毎回ONOFFするのがとても面倒なので、もし可能ならメッセンジャーのみファイヤーウォールを無効にしたいと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です
失礼しました

WindowsMessengerとMSN MessengerはUDPを使いますね。

TCP 6891-6900
UDP 6801
UDP 2001-2120
TCP/UDP 1503(*Winメッセ:アプリケーション共有)
TCP/UDP 3389(*Winメッセ:リモートアシスタンス)
TCP/UDP 6901
*MSNメッセンジャーは設定の必要無し

Qポートを入れるか迷っています。

来月から母の抗癌剤治療が始まるのですが、埋め込み型ポートを入れるかどうか迷っています。

抗癌剤の点滴は3~4週間に一度、期間は手術までの半年、術後は経過を見ながら数回行うそうです。
担当の先生からは、頻度もそうでもないし、年齢のわりに血管もしっかりしているしどっちでも良いよ、
ただ実際始まってみないと血管がどうなるか分からないし、ポートを入れた人はみんな良かった、楽だと言っている、と言われています。強く勧められているわけでもないので迷っています。
治療が始まって、血管の負担があまり大きいようならばその時に入れれば良いのか、とも思いますが、それからではその分身体の負担が大きいのかなとも…。
急いで決めず、セカンド・オピニオン(聞きかじりでどんなものなのかもよく知らないのですが)をお願いした方が良いのかな? とか…。
とにかく決めかねています。

明日の診察で治療の開始日とポートのことも決めなければなりません。
アドバイス、経験談などありましたらお聞かせください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No1です。再び失礼します。
ちょっと嫌な思いをされたんですね・・

私の病院での癌チームの方針では病状説明や治療法相談は必ずご家族と一緒に来てもらいます。癌患者さん本人はやはり自分のことだし、一番意見を言うべきだちばだけどやはり癌と言う未知のものに恐怖を抱いていたり動転していたりで自分に本当にいいのはどういうことかというのが考えられない状況のことが多いと思います。
家族の方は、動転こそすれやはりご自身よりは冷静に客観的に物事を考えられるし、そもそも一番癌患者さんをサポートするのは医師でも看護師でもなく御家族ですものね。
家族の方がいろいろと質問をしてこられて説明の時間が非常に長くなることはよくありますが、その一家にとっては一大事です。遠慮なんてすることないと思います。そうやって疑問が出てきていろいろ聞きたいのは当然だし、そうあるべきだと思うし、医師もそれに応える義務があると思います。

医師によっては、技術や知識が同じでもそういったコミュニケーション力が足りない人もいると思います。質問を面倒くさいと思う医師もいるだろうし、家族がでしゃばるなと考える医師もいるのかもしれません。面倒くさいと思っていなくても、不器用でうまく相談に乗れない医師もいるかもしれません。医師も人間ですから、質問者様にとって合う、合わないももちろんあると思いますしいろんな医師がいますから・・・

このエピソードだけで「その医師はよくないですね」なんていうつもりは全くないです。しばらく付き合って、どうしても「この先生に出会えてよかった」とは思えないと思われたら、転院・セカンドオピニオンは患者の権利です。これから長くお母様の病気と闘っていくのだと思います。どうか後悔のないように、いろいろお母様とも相談されてください。

No1です。再び失礼します。
ちょっと嫌な思いをされたんですね・・

私の病院での癌チームの方針では病状説明や治療法相談は必ずご家族と一緒に来てもらいます。癌患者さん本人はやはり自分のことだし、一番意見を言うべきだちばだけどやはり癌と言う未知のものに恐怖を抱いていたり動転していたりで自分に本当にいいのはどういうことかというのが考えられない状況のことが多いと思います。
家族の方は、動転こそすれやはりご自身よりは冷静に客観的に物事を考えられるし、そもそも一番癌患者さんをサポートす...続きを読む

QWindows Messengerでファイヤーウォールが原因でしょうか?

CVTV(プライベートアドレス)を使用しています。
Windows Messengerでカメラの送信ができません。これは
仕方ないと思われますが、YAHOOメッセンジャーはなぜか
できてしまいます。これは何が原因でしょうか??

Aベストアンサー

↓これなどが参考になればいいんですが。

参考URL:http://pc-information.com/document/0777.html

Qポート埋め込み手術について教えてください。

ポート埋め込み手術について教えてください。
実の母(58歳)のことで相談します。
2年前に上行結腸に腫瘍ができ6月に手術して抗がん剤治療をしていましたが、副作用がひどくなったため、去年の9月末で医師の診断の元、抗がん剤をやめていました。すると今年の2月からかなり体調が悪くなり、検査してもらうと卵巣に悪性腫瘍が見つかり、4月に全摘出しました。
高度医療可能な病院に紹介状をかいていただき、先月PET検査しました。結果、今のところ、腫瘍の影は見当たらなかったのですが、抗がん剤治療は必要とのことで、あさってにポート埋め込み手術をします。
鎖骨下にポートを埋めて2週間ごとに48時間抗がん剤点滴をする治療と、聞きましたが、まだまだ不安に感じ、直接医師からの詳しい説明がなくて・・・

費用や期間、メリット、デメリットを詳しく知りたいので、同じような治療経験のあるかた、またご存知のことがありましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、ポート埋め込み手術とは何か、ということについて
ご参考に……
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/attention/chemotherapy/route.html
http://www.medicon.co.jp/general/index.php?m=P04

費用については、もちろん、高額療養費制度の適用になります。
この手術自体よりも、使用する抗がん剤の料金の方が問題でしょう。

QwindowsXP ファイヤーウォールのポート開放について

windowsXP ファイヤーウォールのポート開放について

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6138225.html
PC:XP SP3
回線:NTT西日本 光プレミアム
接続:CTUから有線接続
こちらの方でも質問したのですが、以前に使っていたプロバイダだとTCP、UDP共に開放出来たのに、今回TOPPAにしてから開放出来なくなりました。

http://anisong.dip.jp/port-chk/port-menu.pl
こちらのサイトでポート開放を確認するとFILTERED or LISTENINGになります。
そこで、一つずつ確認するために、CTUのファイヤーウォールをきったり、セキュリティソフトを切ってもダメでしたが、windowsファイヤーウォールの機能を切ると前進がありました。

先ほどまでFILTERED or LISTENINGだったものが、NOT LISTENINGになりました。
これはポート開放出来ているが、ソフトが使われて居ないと言うものでしたので、再度ソフトを起動してから確認すると、またFILTERED or LISTENINGになってしまいます。

CTUでUDPポートを4つほど開放する設定をして同様にすると、なぜかソフトに設定しているUDPポートだけがFILTERED or LISTENINGになり、それ以外の開放したUDPポートがNOT LISTENINGになります。
ソフトのUDPポートを、他の開放してるUDPポートに変更すると、変更設定したUDPポートだけがFILTERED or LISTENINGになります。

こんなに都合よく、ソフトに設定したポートだけがポート開放出来ないというのはどのような原因が考えられますでしょうか?

1.ソフトは何度も再起動をさせて確認している。
2.ソフトを起動した状態でポート開放をしている。
3.ファイヤーウォールを起動した状態でポートを指定して開放してみてもダメ
4.TCPポートは問題なく開放出来ている。
5.繰り返しますが、この設定で以前のISPでは開放出来ていた。ローカルIPも固定している。

どうか御助言願います。

windowsXP ファイヤーウォールのポート開放について

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6138225.html
PC:XP SP3
回線:NTT西日本 光プレミアム
接続:CTUから有線接続
こちらの方でも質問したのですが、以前に使っていたプロバイダだとTCP、UDP共に開放出来たのに、今回TOPPAにしてから開放出来なくなりました。

http://anisong.dip.jp/port-chk/port-menu.pl
こちらのサイトでポート開放を確認するとFILTERED or LISTENINGになります。
そこで、一つずつ確認するために、CTUのファイヤーウォールをきったり、セキ...続きを読む

Aベストアンサー

> こんなに都合よく、ソフトに設定したポートだけがポート開放出来ないというのはどのような原因が考えられますでしょうか?

TCPとUDPの違い、ファイヤウォールの動作のrejectとdropの違いが理解できていないだけでは?

TCPはコネクションを張るという概念があるので、TCPのコネクションが張れた時点でポート開放ができていると判断可能

UDPの場合はTCPと異なりコネクションという概念がないので、

http://pooh.gr.jp/?p=517
・ICMP (Port) Unreachableが帰ってきた場合 → 「NOT LISTENING」と表示
・何も帰ってこない場合 → PortをListenしているのかdropしているのか判断できないので、「FILTERED or LISTENING」と表示

Q肝不全の点滴治療について(転院等も含めて)

父が肝硬変で昨11月に余命2週間との診断を受け、その後アルブミン製剤・モリヘパミン等の点滴治療を行い、入退院を繰り返し、早4ヶ月が過ぎようとしています。

1ヶ月ほど前に、右の麻痺と肝性脳症で緊急入院し、モリヘパミンの点滴で約10日後には、麻痺もなくなり肝性脳症も治まったため、点滴を中断したところ、2日後に右の麻痺が出て、再度点滴を行ない(1日500cc2本)、1泊外泊の許可が出て自宅に帰りました。

点滴再開後、2日でまだ完全には戻っていない状態に見受けられましたが、病院側の入院時よりはましですからとの説明で、外泊することになり、夕方連れ帰りましたが、翌日夕方あたりより右が効かなくなり、肝性脳症で意識がなくなってしまい、救急車で病院に搬送しました。

搬送後、CTと点滴をし、翌日には回復しました。このような状況で毎日点滴が必要との判断から、担当医より転院の説明がありました。3箇所ばかり紹介され見学しましたが、2箇所が精神病院、1箇所が老人病院と行ったところでした。

皆様にお伺いたいのは、今、お世話になっている急性病院にはいつまでいられるか。
また、転院で紹介された病院ではおおむねの患者さまが寝たきりで、父の様態とは違うように思われますが、このような病院しかないのでしょうか。
また、血管が細くなりIHVのポートを入れる手術をしました。この場合、通院での点滴や在宅で訪問看護などでの対応などは可能となるのでしょうか。
また、肝硬変は肝不全に進んでしまい、本人に一番よい環境で最後を過ごさせてあげたいと思いますが、どうしたら一番かわかりません。
本人は家に帰りたいと何度も話しており、それが一番だとは思うのですが、このような病状で自宅で可能でしょうか。
今現在、要介護1の認定を受けていますが、これを利用することは可能でしょうか。教えてください。
よろしくお願いします。

父が肝硬変で昨11月に余命2週間との診断を受け、その後アルブミン製剤・モリヘパミン等の点滴治療を行い、入退院を繰り返し、早4ヶ月が過ぎようとしています。

1ヶ月ほど前に、右の麻痺と肝性脳症で緊急入院し、モリヘパミンの点滴で約10日後には、麻痺もなくなり肝性脳症も治まったため、点滴を中断したところ、2日後に右の麻痺が出て、再度点滴を行ない(1日500cc2本)、1泊外泊の許可が出て自宅に帰りました。

点滴再開後、2日でまだ完全には戻っていない状態に見受けられましたが、...続きを読む

Aベストアンサー

在宅看護を専門にしている大学の教員です。

急性期病院は通常2週間から1ヶ月程度の入院をするところですので、医師の予想よりもお父様が頑張られてきた経緯があって、制度の合間にはまってしまった感じですね。
他にあるとすれば、緩和ケア病棟でしょうか。

在宅での療養と看取りも可能と思われますが、ある程度、条件があるように思います。まずは看取り等に対応できる訪問診療が可能な医師や経験のある訪問看護の事業所が近隣に存在することです。その他に、ある程度質問者の方自身が、ある程度対応できる体制をつくる必要があるかと思います。(看取る時期には仕事の融通が利くような準備はしておいたほうがよいでしょう。)
輸液などはポートから自宅でも可能ですが、それによる効果はこれからあまり期待できなくなると思います。それをどこまで行うのか、(可能なら)ご本人とご家族の意見をまとめ医療職とも相談しながら進めてゆくことになると思います。介護保険も使われると思いますのでケアマネとも相談が必要です。(要介護1ということですが、区分変更の申請でもう少し介護度が重くなり、上限が拡大されると思いますので、これも相談してみてください。)

どうしたら1番良いのかは患者さん本人にしかわかりません。自分の人生をどうしたいのかについては患者さんが先生だと学生にも教えています。(でも本人もよくわかんない!ということもあります。)少なくともご家族がご本人の意向をご存じであれば、ご本人の意思が確認できない場合にできるだけそれに沿って医療面でサポートしていくことは可能です。

残される皆さんにはとても辛いことかもしれませんが、お父様の最期の時が有意義なものになるよう祈っております。

在宅看護を専門にしている大学の教員です。

急性期病院は通常2週間から1ヶ月程度の入院をするところですので、医師の予想よりもお父様が頑張られてきた経緯があって、制度の合間にはまってしまった感じですね。
他にあるとすれば、緩和ケア病棟でしょうか。

在宅での療養と看取りも可能と思われますが、ある程度、条件があるように思います。まずは看取り等に対応できる訪問診療が可能な医師や経験のある訪問看護の事業所が近隣に存在することです。その他に、ある程度質問者の方自身が、ある程度対応でき...続きを読む

Qファイヤーウォール

使用している無線LANルータはBUFFALO WZR-G54/Pです。
あるPC雑誌に、ほとんどのルータは無設定でファイヤーウォールが使えると書いてありました。私が使用しているルータもその中に含まれるのでしょうか?メーカーのホームページで調べたのですが、そのあたりのことについて書かれていませんでしたので。常識的範囲なのかもしれませんが初心者ですのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

最近のブロードバンドルーターには
機能としてパケットフィルタリングが実装されています。
不正アクセスに関していうと、このルーターに標準設定されている
パケットフィルタリングでまぁ十分とも言えます。

ルーターを使わないでADSLモデム直結の場合は
やはり別途ファイアウォールソフトが必要でしょうけどね。

私もモバイルするノートにはファイアウォールを入れていますが
デスクトップ機はルーターの配下にあるので
特別ファイアウォールソフトは入れてないものもあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報