経済学は、素人レベルですので、分かりやすく教えていただけると幸いです。

 今朝の朝日新聞のタイトルを見て、ドキッとしたのですが、もし「国債が格下げされて暴落」し長期金利が上昇すると、当然物価は高騰しますから、デフレは解消される?
 長期金利が上昇するので、私のように住宅ローンを抱えているものは悲鳴! 預金を有している高齢者は、金利が増えて「ほくほく」なのでしょうか?
 いかに素人の私でも、上記のような単純なものではないだろうと想定いたしますが、国債が暴落して長期金利が上昇する事態になったときに、国内で「得」をする階層・職種・年齢層・生活タイプと言うのは、どのような生活をしている人々なんでしょうか?
 以上ご教授いただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

御早う御座います。



私も素人なのですが。
国債の金利と、預貯金の金利は別物ではないかと思います。
国債は、支払金額が決まっています。(額面に記載されています)
国債が暴落すると、支払金額が決まっているので、最初の買取額が、小さくなると言うことです。

例:1万円・利率1割の国債が、市場に売りに出されました。
  この国債は、1.1万円で買戻す訳です。
  市場で暴落すると、1万円では売れなくて、9千円や8千円でないと、買う人が居ない事になります。
  買戻し金額は固定なので、実質金利は1割ではなくなります。この事が国債の高金利になると言う事です。
  又、通常国債は、使用目的があるので国債の追加発行が必要となります。
  当然国の借金は増えます。

結果として、国債が暴落すると、暴落した国債発行国の借金は増えるので、国債を買い戻すときに、税金は高くなると思います。
預貯金の金利と、国債の金利は連動していないので、”国債が高金利=預貯金の金利が上がる”とはならないので、国民としては、損ばかりです。

得をする人は、国債の暴落時に購入して、高騰時に売ることが出来る人ですね。
当然暴落した国に住んでいない事も、条件の中に入ると思います。

詳細は、専門家に任せます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 コメント有り難うございました。
 『預貯金の金利と、国債の金利は連動していないので、”国債が高金利=預貯金の金利が上がる”とはならない』
 そうなんですか。
 安心致しました。

お礼日時:2002/01/28 12:10

長くなりますが、御容赦下さい。



大雑把に言うと、インフレになると、借金している人が得をして、貯金をしている人は損をします。
何故なら、借金や貯金は、満期の元本が名目上決まっているからです。借金をして土地を買っている例が一番分かりやすいと思うので、あげてみます。

仮定
土地購入価格 100億円(100%借入、金利3%、期間10年)
賃貸収入 3億円/年(=購入価格に対して3%)
年間損益 賃貸収入3億円-利払3億円=±0
インフレ率 0%(=土地の価格は不変とする)
10年後の損益 土地売却代金100億円-元本返済100億円
=±0

インフレになると
年5%のインフレが、賃料・金利を5%分押上げ、土地価格も年間5%あがるとする
賃貸収入 8億円/年(=購入価格に対して8%)
年間損益 賃貸収入8億円-利払8億円=±0
インフレ率 5%
10年後の損益 土地売却代金100×1.05^5-元本返済100
=127.6億円-100億円=27.6億円

つまり、インフレになると、インフレによって上がって行く資産の価値と、金額が固定されている負債の価値の差額が、含み益になる、という事です。借入が固定金利の場合は、更に毎年の賃貸収入と利払の差額も利益になります。
そして、その利益がどこからくるかというと、金の貸し手の満期時に受取る100億円の実質的な価値(同じ100億円で何が買えるか、という観点から判断した価値)がインフレにより減る事から来ます。
だから、一般的に「インフレは、国全体としては損得は無いが、債権者から債務者への所得移転が起きる」等といわれます。

インフレでどういう人が得をするかというと、一番典型的なのは、上記のように「日々の収入がインフレに連動して増える様な資産を、固定金利の借金で持っている人」という事になります。反対に、一番ひどく損をする人の典型は、「日々の収入が固定金利の金融資産からの利息収入に頼っている人」という事になります。

経済主体で考えると、インフレでは、とにかく借金をしている方が有利で、金を貸している方が不利ですから、傾向としては、国や企業が得をして、個人は損をします。(因みに、銀行は金を貸す一方で、預金の形で金を借りているので、概ねチャラです。)

インフレになると、金利収入に頼っているお年寄りが得をする様に思えるかも知れませんが、またお年寄り自身もうれしいかも知れませんが、それは元本部分が実質的に目減りして行っている事を考慮に入れていないからです。逆に言えば、今のようなデフレ状況では、例えば「超々低金利でも利息収入だけで生きていける人がいたら、その人は、日々金を使っているのに、元本部分の価値は減るどころかむしろ増えている」訳です。インフレになると、反対に、「利息が使いきれないぐらいになって、名目上の元本は増えるのに、実質的な価値は本当は減っている」という事になります。
そこまで極端ではなくとも、デフレが預金者にとってありがたいのは、「金を使うのをこらえると、ものの値段が下がって、手に入るものの量は増える」という現在の状況からも御理解頂けると思います。インフレになったら、預貯金の利回りがインフレ率を上回らない限り、早く使った方が得です。

実際には、個々人の状況(例えば、インフレに伴って収入も増えるかどうか等)によって様々ですが、傾向としては、このような事が言えます。

尚、1970年代に住宅ローンを持っていた人は、インフレで名目上の収入が増えて、その結果ローンの返済がえらく楽になりました。(ですから、質問者の方にとって、インフレは朗報になるかも知れません。かも、です。)

最後におまけですが、インフレで国債の利回りがあがると、預貯金金利も上がります。でないと、誰も銀行に預金してくれなくなりますから。但し、インフレをカバーする程の預金金利になるかどうかはまた別です。(というか、きついインフレだと、まずならないでしょう。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答が締め切られた後にもかかわらず、詳細なコメントを頂きまして、誠に有り難うございます。

 分かりやすい記載で、とても参考になりました。

 今後ともよろしくお願いいたします。
 回答を締め切った後ですので、ポイントがつけれなくて申し訳ございません。
 失礼致します。

お礼日時:2002/01/30 16:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米国で長期金利が上昇すると日本もEUも長期金利が上

評論家の方が 「米国で長期金利が上昇することになると、日本やEUも長期金利が上昇してしまう」 とさらっと言っていたのですが、よく解らないのですがどういう流れでそのようになると考えられているのでしょうか?
ご解説をいただきたく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 彼らを擁護するわけではありませんが、格下げにより長期金利が上昇し、日本が大変なことになる、というのは合ってます。事実、最近格下げされたギリシャ、アイルランド、ポルトガルは長期金利が上昇して大変なことになっていますね。
 でも実際は、日本はそうなりませんでした。
 当時日本が格下げされた(現代では)前例がなかったので、エコノミストの間でも「いや、日本国債はほとんど日本国内で消化されているので、大丈夫なんじゃない?」という意見も聞かれていました。

 というか、格下げされてもほとんど動揺しない日本の市場の方が異例、ヘンテコなんです。
 昔グリーンスパン元FRB議長が、「日本はあれだけ金融緩和をして(長期金利を低くして)いるのに、何で長期国債が買われてるの? わけわかんない、どういうこと?」といった発言をしていたことを思い出されます。
 経済史や金融工学を用いて理論上はそうなるであろうと予想されても、実際はそうならない場合もある。これがいわゆる実学というものなんでしょうね。
 現在海外では日本のサブカルなんかに触れて「日本て不思議、面白い」とブームですが、経済史や金融工学史上でも「日本て不思議、面白い」て思われてるんでしょうね。

 彼らを擁護するわけではありませんが、格下げにより長期金利が上昇し、日本が大変なことになる、というのは合ってます。事実、最近格下げされたギリシャ、アイルランド、ポルトガルは長期金利が上昇して大変なことになっていますね。
 でも実際は、日本はそうなりませんでした。
 当時日本が格下げされた(現代では)前例がなかったので、エコノミストの間でも「いや、日本国債はほとんど日本国内で消化されているので、大丈夫なんじゃない?」という意見も聞かれていました。

 というか、格下げされてもほ...続きを読む

Q長期金利が上がり国債暴落の意味

毎日新聞の記事に以下のような書き込みがありました。↓
http://mainichi.jp/opinion/news/20130109ddm003070141000c.html
『消費者物価が2%になれば長期金利は3%に上昇するという試算もある。つまりは国債の暴落。』とあります。

消費者物価が上がると長期金利が上がる理由はただ単純に「物価上昇は経済活動の活発化であり、資金の需要が増大するから」という解釈でいいのでしょうか?

それから長期金利が上がると国債暴落というのが分かりません。
一般的なイメージとして先ず国債暴落(値下げ)が起こり、その埋め合わせに長期金利を上昇させてやるという図式が思い浮かびます。
それが何故、長期金利が上がると国債暴落となるのかが分かりません。

ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 消費者物価が上がると長期金利が上がる理由

 例えば、消費者物価が年に2%毎年上がるとするじゃないですか。ところが預金金利は1%のままだとする。

 それは「毎年1%ずつ損をする」ということです。

 「だったら、はやいとこ預金を引き出して、品物に換えておこう」「預金を引き出して、欲しいものを買ってしまおう」という発想になりますよね。

 で、それを引き留めて預金させようとすると、どうしても、「物価上昇+α」の金利をつけないといけないのです。

 もちろん、お書きのような、「物価上昇は経済活動の活発化であり、資金の需要が増大するから」という側面もありますが、表現として、それは借金する側の金利に着目した説明と言えるのではないでしょうか。

 また、私の表現と質問者さんの表現(どっちも正しい)には、若干のタイムラグがあります。

 ザックリした理屈・考え方を言いますと、日銀が2%多くの「円」を発行すると、それに応じて「円」の価値が2%下落しますので、2%の物価上昇になります。理屈的には簡単に上がります。

 (細かい数字は間違っていますし、社会はそんなに単純ではありませんが、いまはザックリした説明をしています)

 すると、1%の金利の預金は解約されるようになりますので、引き留めるために預金金利を上げなければなりませんが、その時点で経済活動が活発化しているかというと、そうはいきません。

 しばらく需要が拡大し、「商品が足りなくなりそうだ」となってから「それじゃあ作ろうか」という話になって資金需要が出てきます。

 で、借り入れ金利が上がります。

 たぶんそんな具合に、物価上昇、預金金利上昇、物品需要増大、投資・資金需要増大、貸し出し金利上昇、それぞれの間には時間差が生じるでしょう。


> それから長期金利が上がると国債暴落

 国債は、変動もありますが、基本的に「年利何%」と決まっています。国債に限ったことではありませんが、10年国債なら、10年間、ほかの金利が動いても、国債の金利は1%のままです。

 例えば預金金利が年利3%に上がると、100万円年利1%の国債は売って預金に乗り換えようという動きにさらされます。

 国債を持っていると1年に1万円しかもらえないのに、預金すれば3万円もらえるのですから当然です(話がめんどくさくなるので税金類はスルーします)。

 売りたいと言っても買う人はいないので、国債の値段を下げて買ってもらおうとします。

 いくらさげるかというと、年間3万円もらったのと同じに下げる必要があります。

 つまり、98万円で買えば、1年後に100万円と利息の1万円で、あわせて3万円得をしたことになりますので、預金したのと同じですから、98万円なら買い手が付きます。

 預金金利が10%上がった場合は、91万円で買えば、1年後に100万円と利息の1万円が入りますので、1年に10万円利息がついた計算になりますので、買い手が付きます。

 こうして、長期金利が上がると、国債価格は暴落します。

 (短期金利だと、すぐまた元に戻るさ、と考える人が多いので、国債価格の暴落にはつながりません)

----

 2度目の注意ですが、いまはザックリした説明をしています。

 例えば厳密に計算すると、100万円に対する10万円と、91万円に対する10万円では、受取額は同じでも、「利回り率は違う」ことになります。

 まあザックリした「考え方」を説明しているので固いことは言わないでください。

 またそれは理屈で、実際には、もっと金利が上がるんじゃないかと思うから「国債を叩き売りたい」と思うのですし、買う側も、1%が3%になったのなら、「もっと預金金利は上がるんじゃないか」「そうだとすると、98万円で買っても損するカモね」って思うので、買いたたきます。

 1年物で説明しましたが、10年ものなんていくらになるかはわかりません。

 で、理屈通りの数字にはなりませんが、概略の理屈はそういうことです。
 

> 消費者物価が上がると長期金利が上がる理由

 例えば、消費者物価が年に2%毎年上がるとするじゃないですか。ところが預金金利は1%のままだとする。

 それは「毎年1%ずつ損をする」ということです。

 「だったら、はやいとこ預金を引き出して、品物に換えておこう」「預金を引き出して、欲しいものを買ってしまおう」という発想になりますよね。

 で、それを引き留めて預金させようとすると、どうしても、「物価上昇+α」の金利をつけないといけないのです。

 もちろん、お書きのような、「物価上...続きを読む

Q10年長期国債の金利が0%?金利0%で買う理由ってなにがあるの?

10年長期国債の金利が0%?

金利0%で買う理由ってなにがあるの?

Aベストアンサー

デフレになるかインフレになるかの勝負です。
それと金庫がわり。

Qマイナス金利で物価上昇?マイナス金利で物価が上昇する理由は、銀行がお金を貸すので、お金が余り余っ

マイナス金利で物価上昇?

マイナス金利で物価が上昇する理由は、銀行がお金を貸すので、お金が余り余ってお金の需要と供給が供給が上回り、買いたいものが買える状態で物が奪い合いになって物価が上がる?

それとも、マイナス金利で円安になって、外国製品を買うのに円をたくさん使うことになって物価が上がる?

どっちの影響が大きいのでしょうか?

Aベストアンサー

大した影響はない。

EUで判明済み。

Q国債増発で金利上昇どう理解すれば?

国債増発すれば、金利が上昇すると言われています。
どう理解すればよいのでしょう?

それと、日本の国家レベルで考えた場合どうなのでしょう?

Aベストアンサー

国債を発行すれば売れる……という単純な時代ではありません。
市場には、日本の国債だけなく、米国の国債など多様な商品があります。
その中で競争に勝たなければなりません。
つまり、商品としての魅力がなければ売れないのです。

いままでと同じ商品を大量に売ろうと思えば、値下げをして、人が買いやすくしますよね?
国債もそうなのです。
現在の国債の販売価格が100万円で、10年後に110万円になるとします。
もっと大量に売らなければならないとすれば……
販売価格を下げることはできない(国の歳入を減らすことはできない)ので、金利を上げるのです(ツケを将来に回す)。
つまり、販売価格100万円で、10年後に120万円になるとすれば、買う人が増えて、売れるというわけです。

この原理により、国債の増発は、金利の上昇を招く要素となるのです。

ただし、市場全体の金利上昇には、他の要素も当然ありますから、国債の増発だけで、市場金利が上昇するとは言い切れません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報