郵便局や運送会社の営業所へ荷物をとめるときの「とめ」は「留め」と「止め」どちらが正しいのでしょうか?私の経験的にほとんどの方は「留め」を使われていますが、某運送会社の営業所止めシールには「止め」と書かれています。
日本語的にはどちらが正しいのでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

(元)国営のところは、


ちょっとした漢字の間違いにも敏感です。
悩んだら、郵便局に倣うのが良いと思います。
もう出てる意見ですがそれぞれの意味の違いとしては
止め→やめる
留め→固定する
の意味があります。

漢字の違いに迷ったら、
他の単語にして見ると良いですよ。
止→止める・止まる
留→留める・留まる
漢字っていうのは、表意文字なんで、
同じ字なら持っている意味は大体共通しています。
(もちろん、複数の意味を持っている場合もありまsが)

まあ辞書引くのが一番確実ですが。
ちなみに、
世界で最も正しい(とされる)現代日本語は
NHKで話してる日本語です。
    • good
    • 2

郵便局は保留。


(実際は個人宅へ配送なのだが、個人の希望で保留の形にしている)
営業所は、配送をやめたのではないでしょうか?
(後は運送はしない)
    • good
    • 0

下記の参考URLは日本郵政公社の公式ページの記事ですが、「2 サービス概要」に「…郵便物を郵便局に留め置き…」なる記述があります。


郵政公社としては「局留め」正式としたいところかも。でも「局止め」とされても意味は通じるので「局留め」扱いにしてくれるだろうし、“民間”が「営業所止め」とするのは関知しないところでしょうね。
私なら「留め」と書きますが、“現代”はそんなことどっちでも構わんと理解しようかと。

参考URL:http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2001/topi …
    • good
    • 0

こんにちわ。



質問を見て、本当だな~と思いました。私は無意識に「止め」を使っています。

今、サイトを少し見たのですが「営業所は止め」「局は留め」と使い分けているところがありました。

答えになっていなくてごめんなさい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「こんばんは」と「こんばんわ」とどちらが正しいですか?

「こんばんは」と「こんばんわ」とどちらが正しいですか?



教えていただけませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

読み方は「こんばんわ」ですが、書き方は「こんばんは」です。
「こんばんは」は、もともとは「今晩は~ですね」という言い方からきた挨拶なので、「今晩は」の形を残して「こんばんは」と書きます。

Q「ご教授」と「ご教示」どちらが正しいですか?

こんにちは。
「ご教授ください」と「ご教示ください」
どちらの表現が正しいですか?

このコミュニティを閲覧中、質問者「ご教授賜りますよう宜しくお願い致します。」
に対して回答文の最後に、
「ご教授は大学の教授になり、この場合はご教示になる。」
と書かれてました。

「教授」
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/56368/m0u/%E6%95%99%E6%8E%88/
「教示」
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/56309/m0u/%E6%95%99%E7%A4%BA/

「教授」は大学の教授に対する限定表現に思えず、使い分けできそうかなと。

ついでにですが「!?」と「?!」の使い分けもご存知でしたら教えていただきたいです。
こちらは、"おまけ" の質問ということで。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 念のために補足しておきますが、大学の教授同士などの場合、教授は「他の教授を教育・指導する立場」にはありませんから、「教わる側の教授」に対する「教える側の教授」の立場は単なる同格の立場に居る人物であって、「教育・指導する立場にいる人物」にはなりません。
 ですから、大学の教授同士等の場合においても「ご教授」という表現を使うのは間違いで、「ご教授」ではなく「ご教示」を使うのが正しい事になります。
 又、例えば、大学病院で治療を受けている患者は、大学病院の教授に「教えや技術・技能の類を身に着ける事を目的として教育や指導を受けている立場」ではありませんから、大学病院で治療を受けている患者が、大学病院の教授に対して「ご教授」という表現を使うのはおかしい事になります。

 尚、教師や教授、塾の講師、師匠、習い事の先生やインストラクターといった立場の人間に対して、その指導や教育を受けている立場の学生や生徒、弟子といった立場の人間が、「指導や教育を受けている事に関連する事柄に関して」教えを乞う場合には、「学問や技芸を教え授けてもらう事」を乞うている訳ですから、「ご教授」としなければなりません。
 要するに、生徒の立場に居る人間が、その先生の立場に居る人間に対して教えを乞う場合には「ご教授」、それ以外の場合には「ご教示」となる訳です。
 但し、例えば茶道教室において生徒が先生に対して、次回の茶会が開かれる日時を尋ねる場合には、「次回の茶会が開かれる日時」は「生徒が身に付けなければならない知識や技術・技能」の類ではありませんから、「ご教授」を使う事は出来ません。
 この様に、先生と生徒の関係にある間柄であっても、「生徒が身に付けなければならない知識や技術・技能として、先生から教育・指導を受けている事柄」であるのか否かによって、「ご教授」とすべきなのか「ご教示」とすべきなのかは変わって来ます。
 又、例えば、釣り仲間同士の様な元々は同格である筈の間柄であっても、魚が良く釣れる秘密の穴場を教えてもらうといった場合等には、「その海域で釣りをする事に関する経験が浅い人間」が「その海域で釣りをする際に有用な知識」を「その海域で釣りをする事に関するベテランの人間」に教わる訳ですから、「その海域で釣りをする事に関するベテランの人間」の事を「”その海域で釣りをする事に関して”は先生(別の海域で釣りをする場合にはその限りではない)」と見做す事も出来ない訳でありませんので、(仲間内のおどけた表現として)「ご教授」という事も出来ない訳ではないと思います。

 念のために補足しておきますが、大学の教授同士などの場合、教授は「他の教授を教育・指導する立場」にはありませんから、「教わる側の教授」に対する「教える側の教授」の立場は単なる同格の立場に居る人物であって、「教育・指導する立場にいる人物」にはなりません。
 ですから、大学の教授同士等の場合においても「ご教授」という表現を使うのは間違いで、「ご教授」ではなく「ご教示」を使うのが正しい事になります。
 又、例えば、大学病院で治療を受けている患者は、大学病院の教授に「教えや技術・技...続きを読む

Q「申し上げる」と「申しあげる」はどちらが正しいのでしょうか?

普段、会社ではメールの文面の締めくくりに、
「以上、よろしくお願い申し上げます。」と記述しています。

しかしネットで調べてみると、正しい日本語としては
補助動詞はひらがなにすべきと記されています。

これに従うと「申し上げる」ではなく「申しあげる」と書くのが
正しいことになるかと思います。

ですが「申しあげる」を具体例とした記載は無く、
またGoogleのヒット件数では「申し上げる」の方が断然多いです。

「補助動詞はひらがな」の原則に従って「申しあげる」と書くべきか。
あえて事実上、市民権を得ているらしい「申し上げる」で通すべきか。

転職先の企業とメールのやりとりをしていて、ふと気になりました。

瑣末な事柄かもしれませんが、どうせならすみずみまで行き届いた
文章を書きたいと思い、質問させていただくしだいです。

ご存じのかた、ご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 必ずしも正確な知識を有しているわけではないため、間違っているかもしれません。もし誤謬があれば申し訳ありません。

 まず、「申し上げる」の「上げる」は補助動詞ではなく、「申し上げる」というひとつの動詞(複合動詞)なのだと思います。
 複合動詞にはたとえば「押し倒す」「踊り明かす」「転げ落ちる」などがありましょうが、これらは一般にこの通りの表記で用いられ、あえて「押したおす」などとすることはないでしょう(昨今の漢字排斥的風潮によって存在しないこともありませんが)。

 試みに調べましたところ、「申し上げる」は現に官庁のWebサイトでも使われていました。よって、これは公的にも認められた書き方であると思われます(所詮Webサイトだといわれればそうですが……)。

Qどちらが正しいのでしょうか。

「彼が初めて口を利いたのを聞いた」
「彼が初めて口を利いたのを見た」

どちらが正しい表現なのか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

BiHoo 様はじめまして。

 …難しい問題ですね。元々曖昧な言語ですので、ここでは正しい・正しくないには言及せず、妥当性で判断させていただきます。

 まず、「彼が初めて口を利いた」ということがポイントになっているようですね。

 一般的には「口を利いたのを見た」になります。

 勿論、「口を利いた」という「動作を聞いた」という場合もありますが、その場合は、「彼が初めて口を利いた【と】聞いた」等「伝聞である」ことを現す表現が含まれることが前提になります。
 正しい・正しくないは難しいところですが、もし「彼が初めて口を利いたのを聞いた」というのであれば、音声を主体に考え、「声」や「言葉」といった音声に関する表現を用いることが妥当と思われます。動詞表現を用いるならば「喋った」でしょうか。

 ちなみに文章の出典が分かりませんので一概には言えませんが、「口を利く」という場合「利く」には所謂「口利き」のように、他人の世話をするという意味が含まれる場合もありますので、「口をきく」と平仮名で書いた方が一般的な意味としては伝わりやすくなっている部分もあります。私個人はただ「喋る」と言う意味においては、「口をきく」と敢えて平仮名を用いるように心がけております。その方が真意が伝わりやすいように思います。
(尚「口利き」にも「口のききかた」という意味もありますが、「とりなし」という意味合いが巷では強いので、参考例として挙げさせていただきました。)

 何か一つでもお役に立てば幸いです。 

BiHoo 様はじめまして。

 …難しい問題ですね。元々曖昧な言語ですので、ここでは正しい・正しくないには言及せず、妥当性で判断させていただきます。

 まず、「彼が初めて口を利いた」ということがポイントになっているようですね。

 一般的には「口を利いたのを見た」になります。

 勿論、「口を利いた」という「動作を聞いた」という場合もありますが、その場合は、「彼が初めて口を利いた【と】聞いた」等「伝聞である」ことを現す表現が含まれることが前提になります。
 正しい・正しくない...続きを読む

Qどちらが正しいですか

例えば
中国語 が 話せる
中国語 を 話せる
が、と をの使い分けには意味がありますか
国語の授業では が を習ったように思いますが
話し言葉と 書き言葉 の違いはありますか

詳しい人、お願いいたします

Aベストアンサー

「が」も「を」も共に、その直前の語(語句)が「対格」(動詞の影響を及ぼす対象)であることを示しますが、意味的には、以下の違いがあります。

◆「を」は、他動詞が目的語に作用するという本来の対格を示す性格が強く出ます。
◆一方、「が」は、他動詞と目的語の関係というよりは、ある物事に対する性質や状態を表すという性格が強くなります。これは、「が」が元々、主格を示す格助詞なので、その性格が強く出るためです。

詳しい説明は以下の通りです。

「が」は、格助詞として2つの働きがあります。一つは「主体」を示す「が」、一つは「対象」を示す「が」です。ご質問の「が」は「対象」を示す「が」です。「を」が広く一般の「対象」を示す格助詞であるのに対し、「が」の場合は、その使用できる範囲が、「可能」、「希望」、「好悪」、「巧拙」などの「対象」に限定されます。例えば、以下の(1)では、「が」が使えますが、(2)では、「が」が使えません。

(1)「が」が使える場合
(1)「中国語が話せる」 <可能>
(2)「水が飲みたい」  <希望>
(3)「英語が好きだ」  <好悪>
(4)「字が上手だ」   <巧拙>

(2)「が」が使えない場合
(1)「水が飲む」
(2)「金が借りる」
(3)「中国語が教える」
(4)「リンゴが食べる」

何故、「が」がこのような性質を持つのかと言うと、元々、「が」は、主格を示す格助詞だからです。どういうことかと言うと、例えば、「中国語が話せる」という表現では、「中国語」を「話す」という「動作」が表現したいことの中心ではなく、「中国語」については、「私は話せる状態である」という「状態」を表現したいわけです。これは、「花がきれいだ」とか「メシがまずい」とか言う表現と近いわけです。すなわち、「中国語が話せる」という表現は、「中国語」という主格について、「話せる」という状態であることを述べているのだと考えるができるわけです。

以上のような背景から、一般に、「中国語については、話せるという状態であること」を伝えたいのであれば、「中国語を話せる」よりは、「中国語が話せる」の方が、日本語としては自然だと思いますが。「中国語を話せる」と言っても、もちろん、間違いではありません。確かに、英語の「他動詞+目的語」の類推から日本語を見ると、「中国語を話せる」が本来の表現だという見方も生じるかと思いますが、それは、日本語文法の本来の姿ではないと思います。このことは、「彼を好きだ」と「彼が好きだ」の関係にも言えると思います。

「が」も「を」も共に、その直前の語(語句)が「対格」(動詞の影響を及ぼす対象)であることを示しますが、意味的には、以下の違いがあります。

◆「を」は、他動詞が目的語に作用するという本来の対格を示す性格が強く出ます。
◆一方、「が」は、他動詞と目的語の関係というよりは、ある物事に対する性質や状態を表すという性格が強くなります。これは、「が」が元々、主格を示す格助詞なので、その性格が強く出るためです。

詳しい説明は以下の通りです。

「が」は、格助詞として2つの働きがありま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報