住み替え先の給湯器を、LPガス式のままにするか、灯油式に換えるか悩んでいます。
すでに、LPガス式の給湯器が設置されていますが、これを灯油式に交換したなら、ランニングコストを比較すると、例えば、一ヶ月あたりの燃料費をLP=1万円、灯油=5千円とすると、(1万-5千)×12ヶ月=6万円となります。給湯設備が約25万円(設置料込み)ですので、25万円/6万円=約4年と言うことになりそうです。
給湯器自体の特徴として、例えば、灯油式は最小燃焼能力がLPに比べ高く、夏場のシャワー等低温で少量給湯する能力に劣っているかと思いますが、実際使用されている方で、感想お持ちの方いらっしゃればと思います。
また、灯油の補充は配達をお願いした場合、店頭売りと比べ、どの程度割高になるのでしょう?
ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ランニングコストは、LPGの方が石油(灯油)式の方が一般的に安いです。

(石油給湯器のカタログ等に比較表等がありますよ参考にしてみて下さい)

特徴ですが、一般的の機種で比較しますと、ガス給湯器16or24号(本体型番16とか24などの数字が入っています)型式と石油給湯器直圧式瞬間型の32000kcal(本体型番3or30~34などの数字が入っています)型式

価格・・・ガス給湯器約10万円
     石油給湯器約20万円
ランニングコスト・・・
     ガスより石油の方が安い(価格調査必要)
設置場所・・・
     灯油タンクが必要ですので場所が広く必要
運転音・・・
     ガスより石油の方が大きい
操作性・・・
     現行機種ですとほぼ同じです約38度~70度の高     温まで自由に設定出来ます。(貯湯式をのぞく)

私だったら、取りあえずLPGのまま使います。
*理由*給湯器は長くて10年位の寿命です。ガス給湯器が調子悪くなってからもしくは、お金に余裕が出てきたときに石油給湯器に変更すると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答有り難うございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/02/13 08:22

LPガスか灯油を使うかですが、ガスの特徴として炎を簡単に制御し易い特徴がありこの事は給湯温度を約38度~70度の高温まで自由に設定出来ます。

追炊き機能付でしたら更に快適です。灯油給湯器にはガンバ-ナ式とガス化バ-ナ式が一般的ですが主にガンバ-ナ式が普及しています。これはガス化方式より安価に出回っているからです。ただ温度制御をLPガスと比べると大ざっぱです、混合水栓が2バルブ方式ですと大変不便ですよ。ボデ-も大きくなります。ガス化はリモコンSWを入れて2~5分待たなければお湯が出て来ません、これは灯油をガス化するまでの時間です、もう一つこのタイプは380W/h位恒にガス化の為の電気を消費していますよ。電気は見えませんから注意注意、それと燃料店選びのポイント、LPガス販売店選びですが、第一に小回りの利くお店がお勧めです、こういうお店は幅広い技術力があり何かと便利です、お値段の違いで決められませんよ。灯油はある程度給湯器の知識があるお店を選んで下さい、簡単な故障油切れの時大助かりですよ、
ご参考まで。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳細なご回答いただきまして、誠に有り難うございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/02/13 08:23

部分的な回答です。



床暖を灯油式で使っていますので、90Lタンクがあるのですが、配達だと1割~2割高いようです。地域によって違いますし、業者によっても違います。
またポリタンクで買いに行った場合の料金もいろいろですから、比較が難しいです。ちなみに私はガソリンカードでかなり安くなるので、ポリカン4個で自分で入れています。

実際に問い合わせたほうが良いです。

あと以前LPガスの地域に住んでいて、業者を変えた事があります。
LPガスはかなり割高なのでいろいろ比較するとすごく安くなりました。
ガス漏れ検知器などを進められますが、マイコンメーターならメーター部で止めてしまうので必要ないとおもいます。うちは2台で2000円ぐらいカットできました。

今あるガス設備が壊れてから灯油式に代えても良いような気がしますが。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答いただき有り難うございます。
皆さん、次の機会にというご意見が多いようでした。
そのようにしたいと思います。

お礼日時:2002/02/13 08:25

灯油とガスの違いで言えば、例えばストーブはガスの方が暖房力は高いと思います。


LPガスは地域によっては、販売店が新聞の勧誘のごとく客を取り合ってるようですので、nacchanmamさんのお住まいのところで、LPガス販売店が何店舗かあれば、見積もりをとってみてはいかがでしょうか?
灯油に関しても地域によって格差があると思いますので、地域の販売店に見積もりをとってみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/02/13 08:26

灯油式に変更を望まれているようですが、現状のLPガスの施設が使えるのであればそのまま使われるのがよろしいんではないでしょうか?


家族構成、地域事情などによってもかなり消費量も差が出ますが新たに工事して設備を設置するよりリスク少ないと思われます。

ただ寒冷地等で多量の燃料を使われる地域では灯油を使うことが多いようです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/02/13 08:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q燃料の引火点について

 ガソリン・灯油・重油などが混ざってしまった廃油があります。引火点は5℃程度です。
 引火点を高く出来れば灯油代替燃料(引火点21℃以上)、重油代替燃料(引火点70℃以上)として利用できるのですが、薬品の添加などによって引火点を高くすることは可能でしょうか?
 蒸留設備など大掛かりなものを使用せずにリサイクルできれば、方法は薬品の添加にはこだわりません。

Aベストアンサー

 油の引火点は、最も揮発性の高い成分で決まります。
 具体的には蒸留試験の初溜点に連動します。
 重い成分で薄めても、引火点はそれほど上がりません。
 揮発性の高い一部成分を除く事が早道だと思います。

Q灯油給湯とプロパンガス給湯のコストの違いについて

平成21年9月より北海道で一人暮らし予定の者です。

北海道の賃貸アパートの殆どがガス給湯なのですが
例え家賃がそこそこ安くても、冬場のプロパンガス代が2万近くになるのであれば
高い家賃でも灯油給湯&灯油ストーブの物件のほうが安価なのでは・・・と思っております。


そこで質問なのですが
(1)灯油給湯&灯油ストーブで家賃5万円のアパート(木造 築4年)で生活するのと

(2)ガス給湯&灯油ストーブで家賃3万5千円のアパートに住むのと(木造 築10年) で生活するのとでは
どちらが経済的に楽なのでしょうか??

因みにどちらも2DKです。
ガス給湯&ガスストーブのコストに関しては2万を越えると色々なサイトから知りましたが
灯油給湯だと夏場、給湯のみの使用ならどの程度灯油代がかかるのか
また、冬場だとストーブ代でどの程度割増になるのか・・・という点がいまいち分かりませんでした。

詳しい方がいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あるレポートでの関東以西での、2~6人家族の給湯負荷(熱量)は、年間5800kWhくらいです。
1人暮らしでも、風呂を貯めると、この2/3近くは、かかるのではないかと思います。
北国で水温が低いと熱量も多く必要なので、結局、同じくらいかもしれません。

暖房、給湯を、それぞれ、次のNo.4のような計算をすれば、出るでしょう。
http://oshiete.homes.jp/qa4670265.html

ざっくりだと、給湯は
灯油:4万円
プロパン:15万円
といったところでしょうか。

なお、暖房にしても、給湯にしても、使う熱量は、家の断熱性能や気候、個人によって大きく異なりますから、ご自身の経験で、どれくらいか推測するしかないでしょう。
また、地域によって燃料価格は大きく違いますから、その価格で計算する必要があります。

普通なら、灯油の方が1/4くらいの安い計算になるはずです。
ただ、原油価格は1/4くらいに暴落しましたが、再上昇して今の10倍になったとしても何ら不思議はありません。
そういった価格変動もあり得るので、将来に対しては、どちらが良いか分かりませんね。

あるレポートでの関東以西での、2~6人家族の給湯負荷(熱量)は、年間5800kWhくらいです。
1人暮らしでも、風呂を貯めると、この2/3近くは、かかるのではないかと思います。
北国で水温が低いと熱量も多く必要なので、結局、同じくらいかもしれません。

暖房、給湯を、それぞれ、次のNo.4のような計算をすれば、出るでしょう。
http://oshiete.homes.jp/qa4670265.html

ざっくりだと、給湯は
灯油:4万円
プロパン:15万円
といったところでしょうか。

なお、暖房にしても、給湯にしても、使う...続きを読む

Q燃料の引火点について。

引火点とは、燃焼が始まるのに十分な燃料が気体中にある温度のことをいうことまでは理解できました!
しかしながら、燃料としてこの引火点の値が大きい方がいいのか、小さい方がいいのかがいまいちわかりません。
また、
ガソリンの引火点は     >-45℃
軽油の引火点は       >62℃
バイオディーゼルの引火点は >100℃
とかなり幅があるのですが、これはなぜでしょうか?
お返事よろしくお願いします。

Aベストアンサー

引火点(いんかてん、flash point)とは、可燃性の液体物質が空気と可燃性の混合物を作ることの出来る最低温度である。


燃料としてこの引火点の値が大きい方がいいのか、小さい方がいいのかがいまいちわかりません。

 使いかによります

 ガソリンは火花によって点火するガソリンエンジン向けに作られている。 この場合、ガソリンは点火される前に、燃焼できる範囲の中で空気と混合され、引火点より高い温度まで加熱され、それから、点火プラグで着火される。
 ガソリン燃料は、エンジンの熱によって点火の前に火がついてはいけない。したがって、ガソリンには低い引火点と高い発火点を持つことが要求される。
 
ディーゼル燃料は、圧縮比の高いディーゼルエンジン向けに作られている。 ディーゼルエンジンでは、空気は、ディーゼル燃料の発火点を上回るまで圧縮される。その後、燃料は高圧で吹き付けられ、再び燃料と空気が燃焼し始めない範囲のうちに保たれる。

 ディーゼルエンジンには、点火源がない。したがって、ディーゼル燃料には高い引火点と低い発火点を持つ事が要求される。


 とかなり幅があるのですが、これはなぜでしょうか?

 成分が違うから引火点が違います
 使用する目的に合わせて、成分を替えているからです

引火点(いんかてん、flash point)とは、可燃性の液体物質が空気と可燃性の混合物を作ることの出来る最低温度である。


燃料としてこの引火点の値が大きい方がいいのか、小さい方がいいのかがいまいちわかりません。

 使いかによります

 ガソリンは火花によって点火するガソリンエンジン向けに作られている。 この場合、ガソリンは点火される前に、燃焼できる範囲の中で空気と混合され、引火点より高い温度まで加熱され、それから、点火プラグで着火される。
 ガソリン燃料は、エンジンの熱によっ...続きを読む

Qガス給湯器と灯油給湯器

今、灯油給湯器を使用しているのですが、調子が悪く部品を交換するのに2万円くらいかかると言われました。
そこで、買い換えようと思うのですが、ガスと灯油、どちらが経済的でしょうか・・・
灯油の方は、30万近くするようで、ガスだと工事費込みで6万くらいで交換してもらえるようです。プロパンガスで、ガス代は今の基本料金より下げて1m3当たりの単価も下げてもらえるようなのですが。ちなみに、台所もガスです。オール電化も考えたのですが、機械の寿命を考えるとまだエコキュートは高すぎるかなと思います。
エコじょうずという商品に交換してもらうのですが、エコ商品になっているとはいえ、やはりガス給湯器は一番お金がかかるのでしょうか。灯油もどこまで高騰していくか分かりませんけどね・・・

Aベストアンサー

 はじめまして、住宅設備に携わる者です。相変わらずこの掲示板は適当な回答が多いので、読んでいていたたまれなくなり回答させていただきます。
1 一番熱効率がいいのはエコジョーズです。一度燃焼した後の排熱を再度回収できるからです。これはガス会社にとって戦略商品であり、対抗する相手はオール電化です。

2 ガス会社は都市ガスの場合はどこも同じ料金ですが、プロパンガスの場合は多くの会社があり、料金体系も違います。ただ、一概に安ければ安いほどいいのではなく、アフターサービス面がよくなかったりしますので、両面を考慮する必要があります。

3 エコジョーズは何もノーリツ一社だけの商品ではなく、エコジョ-ズという統一名称で各社販売しております。ノーリツ、リンナイ、パーパス、長府 等々です。ちなみに機能もガス風呂給湯器だけでなく、給湯専用のタイプでもエコジョーズは販売されています。

4 エアコンの室外機のように、エコジョーズはドレンを排水します。このドレンの排水方法に関しては、各市町村によって規定が違いますので、施工業者へ確認した方がよいでしょう。業者によっては平気で垂れ流しにする例も目撃しております。

5 省エネ機器ということで国からの補助がでます。ただ、いくら以上かかった場合という注釈つきですので、ここまで破格値でしたら補助の対象外であり補助を受ける必要もないかもしれませんが。

6 最後に私はガス屋のまわしものでもなんでもありませんが、素人の適当な意見に質問者の方が振り回されるのにガマンならず、回答を投稿させていただきました。安い買い物ではないので、後は熟慮のうえご判断ください。

 はじめまして、住宅設備に携わる者です。相変わらずこの掲示板は適当な回答が多いので、読んでいていたたまれなくなり回答させていただきます。
1 一番熱効率がいいのはエコジョーズです。一度燃焼した後の排熱を再度回収できるからです。これはガス会社にとって戦略商品であり、対抗する相手はオール電化です。

2 ガス会社は都市ガスの場合はどこも同じ料金ですが、プロパンガスの場合は多くの会社があり、料金体系も違います。ただ、一概に安ければ安いほどいいのではなく、アフターサービス面がよく...続きを読む

Q水溶性の引火性液体を水に溶かした場合の引火点など

水溶性の引火性液体を水に溶かした場合の引火点や発火点などは、おそらく低くなると思うのですが、どれだけ低くなるか、ということを計算で求めることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

>おそらく低くなると思うのですが

逆だと思います。

「引火点が低くなる」ということは「低い温度で引火する」ということですから「引火しやすくなる」と言っていることになります。アルコールに水を混ぜれば燃えにくくなると考えるのが素直ですね。

引火という現象が起こる条件はその温度での蒸気圧が燃焼限界の下限を超えているということです。
加熱すれば蒸発は盛んになりますから蒸気圧は大きくなります。低い温度で蒸気圧が燃焼限界に達していなくても加熱すると蒸気圧が燃焼限界に達するようになります。そうなると火源を近づければ火がつくということです。
エタノールに水を混ぜればエタノールの蒸気圧は小さくなります。その分加熱によって蒸気圧を稼ぐ必要がありますので引火点は高くなるでしょう。

混合溶液の蒸気圧について調べてもらうと参考になるでしょう。
第一近似としては蒸気圧は濃度に比例して変化すると考えればいいです。
その分加熱が必要になりますが蒸気圧の温度変化の式が必要になります。

計算が面倒であれば蒸気圧表を利用すればいいでしょう。

80%のエタノールだとします。
蒸気圧は100%の時の値の0.8倍になります。
引火点は100%を前提にした値です。その値を t℃ とします。
蒸気圧表でt℃の蒸気圧がいくらになるかを調べます。その圧力をPとします。
蒸気圧がP’=P/0.8 になるような温度 t'℃ を表から求めます。
t'℃ が 80%溶液の引火点 だとしていいでしょう。

>おそらく低くなると思うのですが

逆だと思います。

「引火点が低くなる」ということは「低い温度で引火する」ということですから「引火しやすくなる」と言っていることになります。アルコールに水を混ぜれば燃えにくくなると考えるのが素直ですね。

引火という現象が起こる条件はその温度での蒸気圧が燃焼限界の下限を超えているということです。
加熱すれば蒸発は盛んになりますから蒸気圧は大きくなります。低い温度で蒸気圧が燃焼限界に達していなくても加熱すると蒸気圧が燃焼限界に達するようになります...続きを読む

Q灯油給湯器が壊れたので、何に変えればよいかお教え下さい。

灯油給湯器が壊れたので、何に変えればよいかお教え下さい。

新築時に取り付けた灯油給湯器が壊れ、部品も10年たっているので無いかもしれないとのことでした。
早急に別なものを取り付けたいのですが、知識が全くなく困っております。

給湯器は、お風呂(追いだき無)、台所、洗面所へお湯を出す目的だけに使っております。

使用中のTOTOの給湯器は販売中止で、灯油給湯器を選ぶとなると他社の製品になるそうです。
製品の価格、ランニングコスト、取り扱い安さなど、おすすめをどうぞ教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特に追い焚きなどの新しい機能が欲しいという事でもなければ、知識は不要ですよ。「同等品に交換したい」と言えばそれで問題ありません。また給湯器は、メーカーによって性能に大きく違いがある訳でもありませんので、メーカーは問わずに「同等品で一番安いものを」と言うだけです。

Q引火点について

マニキュアとか除光液の引火点を知りたいんですが。

Aベストアンサー

まずは除光液などの成分が何か?ですが、化粧品成分辞典
http://www.styla.net/cosme/seibun/seibun.htm
によると、アセトン、エタノール、酢酸エチル、などが使われているようですね。

これらは皆かなり引火点が低いですが、最も低いのはアセトンでしょう。測定方法により値が違いますがマイナス20℃という値もあります。
酢酸エチルがマイナス3℃、エタノールは13℃です。
引火点以上では近くに火気があると引火する、という意味です。

除光液などの場合、何種類かの成分が混合されていると思いますので一概に引火点が何℃くらい、とは言いにくいですが、かなり低いことは間違いないでしょう。

ところで、これはご質問者さんとは関係ありませんが、先日飛行機で隣の席に乗り合わせた若い女性が、機内でマニキュアを塗り始めたんです。
もう、臭くて臭くて気分が悪くなりました。飛行機では逃げられませんし、まいりました。よっぽど注意しようかと思ったのですが、「言ってわかるような人なら始めからここでは塗らんだろう」と思い、結局何も言えずじまいでした。

臭いし、引火しやすくて危険なので、これを読んだ方は人が密集している場所や換気の悪い場所でマニキュアを塗るのはどうかご勘弁していただきたい。
国内線は機内が禁煙になって快適になりましたが、禁マニキュアにもしてもらわないと・・

参考URL:http://www.styla.net/cosme/seibun/seibun.htm

まずは除光液などの成分が何か?ですが、化粧品成分辞典
http://www.styla.net/cosme/seibun/seibun.htm
によると、アセトン、エタノール、酢酸エチル、などが使われているようですね。

これらは皆かなり引火点が低いですが、最も低いのはアセトンでしょう。測定方法により値が違いますがマイナス20℃という値もあります。
酢酸エチルがマイナス3℃、エタノールは13℃です。
引火点以上では近くに火気があると引火する、という意味です。

除光液などの場合、何種類かの成分が混合されていると思いますので...続きを読む

Q灯油給湯とガス給湯のランニングコスト

灯油の値段、どんどん上がってますよね。1リッター100円と想定した場合、ガス給湯と灯油給湯はどちらの方がランニングコストは安いでしょうか?
盛岡に住んでいるため、冬場は寒いです。現在アパートで家族4人ですんでおり、ガス代がトータルで12000円くらいかかっております。
現在引越し検討中の一軒家が灯油給湯のため、ガスより単価が安ければこちらに決めたいと思っております。

Aベストアンサー

給湯の為のランニングコストだけを考えると灯油の方が安いです。盛岡地区のガス単価が分かりませんが、当方の地区ではやはり灯油が安いです。

盛岡地区ですが、都市ガスとプロパンどちらかでもかなりコストに差が出ます。

都市ガスであれば差は少ないものの、それでもまだ灯油が安いです。給湯器一般的な耐用年数約10年で見ればですが・・・


しかし灯油は値段が不安定。尚且つ下がる事は考えにくいでしょう。
灯油が5年後には130円/Lとか予測が出来るならガス(都市ガスの場合)とかも選択肢でしょうが、先のことは分かりません。



暖房・台所調理器具等はどうなってるのでしょうか?
各器具によって燃料がバラバラってのもトータルでは割高になる可能性もあります。

メリット・デメリットさらにはトータルなバランスも含め検討してみてはいかがでしょう?

Q1%エタノールの引火点

1%エタノール水溶液の引火点をご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

重量比で水99、エタノール1であっても、体積比であっても、常温常圧、酸素濃度20%では、発火しないと思います。

これを100%酸素にしたり、高圧にして酸素濃度をアップすると燃焼可能になりますが、結構厳しい条件になります。

他に溶剤として、引火し易い溶媒に1%エタノールなら、その溶剤の発火点の条件程度で引火しますが、実験しないと希釈されたものは特別なもの以外、記載がないと思います。70%の消毒用なら日本薬局方に記載がありますので、調べてみてください。

Q灯油給湯器を修理・買い替えorガス給湯器へ変更すべき?

類似質問があるかもしれませんが、見たところ状況が違うため質問させていただきます。

11年使ってきた『灯油給湯器(風呂・シャワー・キッチン使用)』が突然壊れました。日曜のことで、急ぎ仲介業者のカスタマーサービス担当者に来て貰ったところ、「機器の故障によるものと思われるので修理にはおそらく10万以上はかかるでしょう」と大まかな口頭見積りを言われました。詳細な見積りや故障箇所はメーカーに問い合わせないと分からないということなので、とりあえず詳細を出して貰うことにしましたが、「現在使用のナショナル製品は新しいものがないため、“ノーリツ”の新品に取り替えることを勧めます」と言われました。
価格は本来48万くらいの製品で、現在のものを10万くらいで下取りするため、38万くらいとの話。
現在の家は親の持ち家ですが、築40年近くかなり老朽化してきたため、こうした給湯設備も含め、遠くない将来改築などをする可能性があります。今、40万ちかくをかけて灯油給湯器の新製品にするべきか、10万以上かけて、旧製品を修理するか、ガス給湯器にするべきかで悩んでいます。
11年前に両親は、ガスより灯油のほうがランニングコストが軽減できるという話から取り付けを決めましたが、近年の原油高騰によってそれもだんだん疑わしくなってきています。
少しネットで調べましたが、実際のところガス給湯器に完全に移行する場合、どのくらいの初期費用がかかるものなのか、というのがわかりません。現在は家族3人なのですが、そのうち2人が週の7~8割をジムなどでお風呂に入ってくるケースがあり、実質1.5人程度がお風呂使用するのと、キッチン利用があるといったところです。そのため、ランニングコストが破格に変わるように思えません。

情報がまだ少なくてわかりにくいかも知れませんが、このような場合にどう決断するべきか、お知恵をお貸しいただけると助かります。よろしくお願いします。

類似質問があるかもしれませんが、見たところ状況が違うため質問させていただきます。

11年使ってきた『灯油給湯器(風呂・シャワー・キッチン使用)』が突然壊れました。日曜のことで、急ぎ仲介業者のカスタマーサービス担当者に来て貰ったところ、「機器の故障によるものと思われるので修理にはおそらく10万以上はかかるでしょう」と大まかな口頭見積りを言われました。詳細な見積りや故障箇所はメーカーに問い合わせないと分からないということなので、とりあえず詳細を出して貰うことにしましたが、「現在使...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.3追加です。
拙宅は今度エコキュートにしました。耐久性の問題があるやに聞いておりますが、そもそもエコキューとはまだ世に出たばかりで耐久性を論ずるのは未だ先の話かと(現在、国の補助もあります)。。ランニングコストを考えると給湯はエコキュートが断然有利だと言う事でした。電気温水器よりもランニングコストは安いです。

参考URL:http://www.jeh-center.org/ecocute/e-index.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報