毎度の事、この掲示板に書くのが申し訳ないのですが・・・
釈迢空の短歌についてです。図書館で調べました。
けれど調べ方が悪かったのか、資料が本当にないのか・・
訳がわかりませんでした。単語の意味は少しわかったのですが・・
『たたかひに果てにし子ゆゑ身にしみてことしの桜あはれ散りゆく』です。
教えてください。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  釈迢空とは、国文学者・民俗学者・思想家として高名な「折口信夫」(1887-1953)のうたを詠む時の雅号です。従って、これは、折口信夫のうたなのです。
 
  この歌が何時詠まれたかで解釈が違ってくるのですが、歌っていることは非常に明白です。明白すぎて、何か分からない状況が隠されているのではないかと疑います。大きな解釈として、「たたかひ」を現実の「戦い」つまり太平洋戦争と見るか、または、何か象徴的な心などの「戦い」と見るかで意味が少し違って来ます。
 
  「たたかひに果てにし子」という「子」の使い方がよく分からないのですが、折口には、子はいなかったと記憶しています。では誰のことかというと、想定では、折口の愛弟子か何かの青年を指している可能性があります。折口は、色々な事情があるのですが、「少年愛(というより青年愛)」の高名な学者として有名でした。弟子が同時に、同性愛の愛の対象であったので、折口は、愛弟子と起居を共にし、「この道は、実に奥が深く、余人には知り難いのである」などと言っていたと聞いています。
 
  自分が愛した弟子が、まさに「子」で、その弟子が、学徒出陣か何かで戦争に出、戦死し、それを悼む、痛切な哀歌・挽歌とでも読めば、あまりに意味が明白です。「桜散る」というのは、大学受験に失敗した時の言葉ですが、日本男児が兵士として戦場に赴き戦死した場合も「桜の散る」という比喩をします。
 
  >(不条理な)戦いに散って逝った我が愛しき「子」よ、おまえの果てし身のありようを省みるにつけ、我が身のごとく、桜の花が、今年、哀れにも散って行くことか……戦いに散ったお前は、何故、去って行ったのか、わたしを置き去りにして……
 
  これは、愛弟子が、戦争で戦死した場合は、まさにこういう直裁な意味なのですが、「たたかひに果てし」が、何か精神的な象徴的なことかも知れません。また「たたかひ」とは、「病との戦い」であったのかも知れません。若くして病死した愛弟子を哀悼した歌かも知れません。学問において「身を果てた弟子」かも知れません。しかし、いずれにしても、これは、哀歌・挽歌に見えます。死んだものを哀悼した歌としか読めないです。
 
  折口については、わたしは無知で、魔術的文章だと言われる彼の著作もほとんど読んでいませんので、折口にはあるいは、「子」がいたのかも知れません。どういう場面で詠まれたうたかで、解釈が違って来ますが、上の「解釈訳」のほぼ内容で、「心情・心象の模様」は把握されていると思います。
  
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しく回答してくれて本当にどうもありがとうございました。
starfloraさんにはこないだも教えていただいて・・・・
とても為になりました。
へんてこな質問ですみません。
本当にありがとうございました☆

お礼日時:2002/02/12 20:57

 御質問の短歌は釈迢空(折口信夫)の歌集『倭(やまと)をぐな』(昭和30年刊)に載っているもので、「竟(つひ)に還(かへ)らず」と題された連作中の一首です。


 「子」は、「愛弟子と起居を共にし」と、No.1のstarflolaさんが書いていらっしゃる藤井春洋(はるみ)のことです。彼は陸軍将校として硫黄島に赴き、昭和20日本軍が玉砕(全滅)したときに亡くなりました。春洋の出征にあたって迢空は彼と養子縁組をしましたので、戸籍上も「子」ということになります。
 昭和20年の敗戦の、翌々年になる昭和22年の春に詠まれた歌のようで、「戦いで死んでしまった我が子のせいで、今まで以上に痛切に身にしみて今年の桜の花がしみじみと散っていく」と詠んでいます。言うまでもなく我が子となった春洋の死を嘆き悼んだ歌です。
 桜の花の散るのが人生の無常を感じさせるのは、starflolaさんがおっしゃっているとおり日本文学の伝統ですね。
 『倭をぐな』には、他にも、
  洋(わた)なかの島に立つ子を ま愛(がな)しみ 我は撫でたり。大きかしらを
  たゝかひに果てし我が子を かへせとぞ 言ふべきときと なりやしぬらむ
  愚痴蒙昧の民として 我を哭(な)かしめよ。あまりに惨(むご)く 死にしわが子ぞ
などの歌が多くあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧に回答してくれてどうもありがとうございました。
この歌は作者が戦死した子について詠った一首なんですね。
わかりやすかったです。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q短歌の歌意を教えてください

河野裕子の短歌

ぽぽぽぽと秋の雲浮き子供らはどこか遠くへ遊びに行きけり
 
の歌意を教えてください。ネットで調べようとしましたが、見つかりませんでした。短歌に詳しいという人はぜひ協力して下さい。

Aベストアンサー

私も短歌はわかりませんが

秋の雲は、高いところにでやすいですよね。
ぽぽぽぽ、と言う語感から高層雲(ひつじ雲)が思い浮かびます。

どこか滑稽でかわいらしい(=子供を思い浮かべるような)ひつじ雲が
ぽぽぽぽ、と青く澄みわたった空高くに浮いている。
いつもはうるさいくらいの子供たちの声も全く聞こえない。
どこか遠くへ遊びに行っているようだ。

干している布団をひっくり返そうとでもしている時に
ふと見上げた空の高さに、もう秋なんだなあ、と気づくような感じでしょうか。
子育てをしてると、季節の変化なんてわかんないんですよ。忙しくて。

でも、家事の最中に、ふと気づくと天に抜けるような高い空。
秋の空って澄んでいて高くて開放感がありますね。
そして更に、子供の声も気配も感じられない静寂が
秋の空を一層高くしているようで
久しぶりの心の開放感が伝わってくるようです。
子供って本当に元気でうるさいですからね(笑)。

短歌に詳しくないので自信はないです。

Q北原白秋の短歌の訳について

北原白秋の短歌の訳について

時計の針IとIとに来るときするどく君をおもひつめにき 

上記の訳についてを教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

時計の長針と短針が1時5分過ぎにぴったり重なるとき、私(長身)とあなた(短針)がこのようにぴったりと一緒になれたらどんなにいいだろうかと強く思いました。

()内は補足です。

Q北原白秋の歌について

北原白秋の「昼ながら幽かに光る蛍一つ孟宗の薮を出でて消えたり」という歌の訳や読み方など、できれば具体的に教えてください!!!

それと、「蛍」が消えたあと作者の目に残ったものとは何だったのでしょうか?

Aベストアンサー

 
白秋は、独特なリリシズム(叙情性)の世界を築いた詩人です。彼のリリシズムには、中国的というか、純日本的というか、日本・中国というような文化での「東洋的叙情性」があります。とりわけ、中期の「水墨集」(という名前だったはずです)のなかの作品には、中国人を主人公にして、静謐な、繊細な、しかも雄渾な作品があります。

このうたに関して言うと、「水墨集」のなかの作品に感じるのと同じような、繊細で、静謐で、無為自然を尊ぶ、雄渾なリリシズムが感じられます。

>昼ながら幽かに光る蛍一つ孟宗の薮を出でて消えたり

(ひるながら かすかにひかる ほたるひとつ もうそうのやぶを いでてきえたり)

孟宗の藪とは、竹の種類に「孟宗竹」というものがあり、孟宗竹の藪という意味です。

わたしとしては、孟宗竹が鬱蒼と茂る林のなかでのできごとと考えると、幽玄さがまし、リリシズムが一層深みを持つようにも思いますが、「藪」とうたっていますから、それほど大きな茂みではないでしょう。

>昼日中であるが、孟宗竹の茂みのなかの薄暗がりのなかで、幽かに、光を放っている何かがある。それは蛍ではないか。一匹の蛍が薄暗がりのなかで光を放っているのである。ああ、自然とは、このように偉大で幽玄なものかと、幽かな光の蛍を眺めていると、蛍は藪から飛びだし、昼の光のなかに出、蛍の光も見えなくなってしまった。

「かすかに」には、「かすかに」「微かに」「幽かに」と主に三つ表記法があります。原作で、「幽かに」を使っていたとすれば、蛍の光が、単に「弱い光」だという事実だけでなく、そこに「幽玄」を垣間見たという作者の心理が述べられています。

薄暗がりのなかで、玄妙な幽かな光を放っていた蛍。昼の光のなかに入ると、蛍の光も見えなくなってしまった。自然とは、玄妙で不思議なものである。

「幽かに」というような言葉遣い、また「孟宗竹」という、いかにも中国の仙人が隠棲する仙境を思わせる言葉。たまたま、白秋が、こういうことを経験した、出会っただけかも知れませんが、それをうたに詠むというのは、これらの情景に、作者が感銘したということでしょう。

昼の光は「陽」であり、薄暗い藪のなかは「陰」、「陰」のなかの幽かな光である蛍は、「陽」で、「陰」のなかで「陽」は、幽かに姿を示すが、大いなる「陽」のなかでは、溶け込み、透けて消えてしまう……無為自然的な幽玄のリリシズムのように感じます。

>「蛍」が消えたあと作者の目に残ったものとは何だったのでしょうか?

なお、薄暗さをうちに持つ藪と、昼の光に満ちる、蛍を溶かし込んだ昼の情景の対比でしょう。蛍の光が溶け消えた、昼の光が、目に残ったとも言えますが、同時に、「陰」である、孟宗竹の藪もまた、目に残っていたはずです。
 

 
白秋は、独特なリリシズム(叙情性)の世界を築いた詩人です。彼のリリシズムには、中国的というか、純日本的というか、日本・中国というような文化での「東洋的叙情性」があります。とりわけ、中期の「水墨集」(という名前だったはずです)のなかの作品には、中国人を主人公にして、静謐な、繊細な、しかも雄渾な作品があります。

このうたに関して言うと、「水墨集」のなかの作品に感じるのと同じような、繊細で、静謐で、無為自然を尊ぶ、雄渾なリリシズムが感じられます。

>昼ながら幽かに光る蛍...続きを読む

Q短歌の解釈について

参考にさせて頂きたいので以下3首の短歌の、解釈、鑑賞文を全部の短歌でなくてもいいので、可能な限りお願いします。(極力(3)がよく分からないので、(3)を優先的にして頂けたら幸いです)
テーマとしては「歴史と社会の中で」です。

(1) たたかひ(い)に 果てにし子ゆゑ(エ)、 身に沁(し)みて ことしの桜あは(ワ)れ 散りゆく   
    釈迢空(シャクチョウクウ)

(2) 遺棄死体 数百といひ(イ) 数千といふ(ウ) いのちをふたつ もちしものなし
   土岐善麿(ドキゼンマロ)

(3) おお!偉大なる セイギがそこに 満ちてゐ(イ)る 街路なり この日本の街路
   荻原裕幸(オギハラヒロユキ)

Aベストアンサー

(1)釈超空(折口信夫)が養子の春洋を戦争で失った悲しみを詠んだ歌。
(2)土岐善麻が戦死者あるいは被虐殺者の遺棄死体を、伝聞や写真で知ったことに対する慨嘆の歌。
(3)現代短歌に属する、もし許されるなら「抽象短歌」と呼びたいような一首。日本を戦争に導いていった軍国主義、皇国史観の流れを「正義の街路」という語で表している。わたしには具体的に靖国神社近辺の街路を思い出させます。

 「歴史と社会の中で」というテーマなら、「反戦」で統一されていると考えます。

Q寺山修司さんの短歌にっぃて!!!

今授業で寺山修司さんの『わがシャツを 干さん高さの向日葵は 明日ひらくべし 明日を信ぜん』ってゅぅのをゃってぃるのですが、その訳とぃぅヵ、伝ぇたぃィミがょくゎヵりません(下)
どぉヵぉしぇて(下)さぃ!!ぉ願ぃします(下)

Aベストアンサー

 頭の中にその情景を思い浮かべてみましょう。
 映像が思い浮かびませんか?
 じゃあちょっと、洗濯物干してみましょうか。
 干しながら、物干し竿の高さまですくすく成長した、もうちょっとで咲きそうな向日葵が目の前にある事を想像してください。
 どんな気持ちになりました?
 そしてもう一度、短歌を読み返して見ましょう。

Q<羅生門>下人の心情の流れが知りたいです!

こんにちは。今回はよろしくお願いいたします。
私は高校1年生です。最近羅生門を教科書で読みました。
明日、中間テストがありそのテスト範囲が羅生門なんです。下人の心理を問われるとのことなのですが、私には理解しにくいところが多いです。まず、下に私なりにまとめます。みなさんの考えを教えていただけたら光栄です。
1.雨のふるのを眺めていた・・・
<職を失った私はこれからどうしたらよいのか、困ったな。>
2.大儀そうに立ち上がった・・・
<もう、盗みをする他ない。いつまでも悩んでいたら飢え死にしてしまう。>
3.ある強い感情が、ほとんどことごとくこの男の嗅覚を奪ってしまったからである。・・・
<何者なのか、一体何をしているのか?>
4.六分の恐怖と四分の好奇心・・・
<見たいが、不気味だな>
これ以降は理解できません。
なぜ髪を抜いていくのを見ただけで、
恐怖がきえていくのですか?
この恐怖とはいったいなんだったのでしょうか?
暗かったからですか?老婆に対する激しい憎悪とは、
自分を追い込んだ世の中へだと思いますが、
下人はそこまで考えていたのでしょうか?
死人の髪の毛を抜くということがどうして
そこまでゆるせないことだったのですか?
上がった時、下人は世の中が許せないという気持ちだったのでしょうか?
すみません。わからないことばかりだったのでたくさん書いてしまいました。では失礼します。

こんにちは。今回はよろしくお願いいたします。
私は高校1年生です。最近羅生門を教科書で読みました。
明日、中間テストがありそのテスト範囲が羅生門なんです。下人の心理を問われるとのことなのですが、私には理解しにくいところが多いです。まず、下に私なりにまとめます。みなさんの考えを教えていただけたら光栄です。
1.雨のふるのを眺めていた・・・
<職を失った私はこれからどうしたらよいのか、困ったな。>
2.大儀そうに立ち上がった・・・
<もう、盗みをする他ない。いつまでも悩んでいたら飢...続きを読む

Aベストアンサー

高校国語教師を長年やっているものです。
羅生門は高校1年の定番ですね。
「なぜ髪を抜いていくのを見ただけで、
恐怖がきえていくのですか?」
これはつまり、それまではこの老婆を
妖怪か化け物と思ったわけです。
ところが髪の毛を抜くという実にわかりやすい
行動をとることにより、妖怪でも化け物でもなく
我々の理解の内に入る人間だということがわかって
安心したのです。
また「老婆に対する激しい憎悪とは、
自分を追い込んだ世の中へだと思いますが、」
ですが違います。
この下人はもともと善人なのです。
それは盗人になる勇気がないことからわかります。
ですから老婆に対する憎悪は善人として、
悪をなす老婆に対する純粋な憎悪です。
この下人がにきびを気にするところがありますね。
にきびイコール若さの象徴
つまりにきびを気にするというのは
この下人の若さ(未熟さ)を表しているのです。
この小説は平凡な市民(泥棒になる勇気もない小心者)が困り果てたあげくに老婆の見事な自己保身理論に触発されて自分も泥棒になる決心がついた
つまりどんな善人でもちょっとしたきっかけで
悪人になるのだという人間に対する芥川の絶望が
あるのです。
高1のあなたわかりました?
私は羅生門で何回もテストを作りましたが
「六分の恐怖と四分の好奇心」のところは
絶対出ます。出します。
何回も読んでくださいね。頑張って!

高校国語教師を長年やっているものです。
羅生門は高校1年の定番ですね。
「なぜ髪を抜いていくのを見ただけで、
恐怖がきえていくのですか?」
これはつまり、それまではこの老婆を
妖怪か化け物と思ったわけです。
ところが髪の毛を抜くという実にわかりやすい
行動をとることにより、妖怪でも化け物でもなく
我々の理解の内に入る人間だということがわかって
安心したのです。
また「老婆に対する激しい憎悪とは、
自分を追い込んだ世の中へだと思いますが、」
ですが違います。
この下人はもとも...続きを読む

Q石川啄木の短歌について・・・

石川啄木の短歌「不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心」と「しらしらと水かがやき千鳥なく釧路の海の冬の月かな」の意味を教えてください。お願いします

Aベストアンサー

【不来方のお城の草に寝ころびて
        空に吸はれし十五の心】

15歳のころ、不来方城の草原に寝転で空を見ていて
私の心は吸い込まれそうだった。


盛岡城は別名不来方(こずかた)城といいます。
啄木は盛岡で中学校(盛岡尋常中学校)時代をすごしました。
学校を抜け出し不来方城の草原で寝転んで
空を見ていたころを懐かしんでいる歌ですね。
啄木は与謝野晶子の歌集「みだれ髪」に影響を受け、
16歳に中学校をやめて、この後上京します。


しらしらと水かがやき千鳥なく釧路の海の冬の月かな

釧路の海の水面は月の明かりでしらしらと輝いています。
夜の冬の釧路の海には千鳥はいない静寂があります。

啄木は明治40年(1907)生活の行き詰まりから北海道に渡ります。
北海道の函館、札幌、小樽、釧路と漂白生活をすごしました。
76日間の釧路時代に歌った歌でしょう。

注:私は【千鳥なく】を千鳥は夜はいない(なく)と解釈します。
夜は千鳥はいないと思います。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/namur/takuboku/takuboku.htm,http://www.city.kushiro.hokkaido.jp/kankou/b/b03-003.html

【不来方のお城の草に寝ころびて
        空に吸はれし十五の心】

15歳のころ、不来方城の草原に寝転で空を見ていて
私の心は吸い込まれそうだった。


盛岡城は別名不来方(こずかた)城といいます。
啄木は盛岡で中学校(盛岡尋常中学校)時代をすごしました。
学校を抜け出し不来方城の草原で寝転んで
空を見ていたころを懐かしんでいる歌ですね。
啄木は与謝野晶子の歌集「みだれ髪」に影響を受け、
16歳に中学校をやめて、この後上京します。


しらしらと水かがやき千鳥なく釧路...続きを読む

Qこの俳句の解釈を教えて下さい

万緑の 中や吾子の歯 生え初むる  中村草田男
検索してみたのですが、たくさんありすぎてむしろよく分からなくなってしまいました。
作者がこの俳句を読んだ時、何歳ぐらいだったのか、作者の実際の子供の事を言ってるのかなど、小さなことでも良いので教えてください。

Aベストアンサー

「みどり」という言葉は、本来色を指す言葉ではありません(あおい、あかい、きいろい、は言っても、みどりい、は言いませんよね)。あおば、と言う様に、あの色は元来「あお」でした。

では「みどり」とは何かと言いますと、植物の芽が伸びゆく様、その柔らかくもたくましい芽を指したのです(「松のみどり」ということばに今もその名残があります)。そして、それが人の赤ん坊である場合、「嬰児(みどりご)」と呼ばれます。つまり、これから伸びゆく、まだ頼りない、しかし輝きに満ちた命が「みどり」なのです。

てなこともご参考に。

Q釈迢空の短歌の助詞について

国語のカテゴリか文学のカテゴリか迷ったのですがこちらで質問します。

昔高校の先生が文集に、釈迢空の
「桜の花ちり/″\にしも
 わかれ行く 遠きひとり
 と 君もなりなむ」
という歌を挙げて
『「遠きひとりと」は「遠きひとりに」でないと寂しすぎる』と
書かれていたのですが、その言わんとすることがさっぱり分かりません。
先生本人に訊けばいいのですが、なかなか会う機会がないもので...。

どういうニュアンスの違いがあるのでしょうか?
どなたか意味の分かる方いらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
授業の一環ということで「納得」しました。

>「と」のほうが遠くに行ってしまったっていうことが強く表されているということでいいのでしょうか
まさにそのとおりです。

三木露風の詩に「君泣くや母となりても」というところがありますが、「母に」ではサマになりませんよね。

私の母が、親友をなくしたときに「一筋の香煙秋の風となる」という句を作りましたが、これも「風に」では、軽すぎます。

先生が「寂しすぎる」と評されたのは、上記の例とは違って「花散る」「別れ」「遠き」「ひとり」と、寂しい言葉がたくさん並べてあるので、もうこれ以上使ってほしくない、と思われたのでしょう。その意味では、私も同感です。

Q「死に近き母に添寝の・・」の「の」の用法?

斎藤茂吉の有名な歌「「死に近き母に添寝のしんしんと遠田のかはづ天に聞ゆる」の「添寝の」の「の」は格助詞と思いますが、どういう用法か教えてください。後に省略があるということでしょうか。このような用法の短歌などが他にあったら合わせて教えてください。

Aベストアンサー

#4です。
>「の」について改めて古語辞典に当たると、「同格」からの派生で、…

「全訳読解古語辞典」(三省堂)には、ご指摘の件が載っていますが、その同じ「更級・かどで」について、「全訳古語例解辞典」(小学館)では「「…であって」のような意味で、下に続ける。接続助詞「ものの」はこの用法からできた。…で、…であるけれでも。」の例文に扱われています。

この文は、その語順を連続へと繰り上げ、「の」に省略された体言「それ(門出したる所)」を加えれば、「門出したる所は、かりそめの茅屋の(それであって)、めぐりなどもなくて、蔀などもなし」と意味が繋がり、同格の構造が明らかになります。
これを戻さずそのまま読めば、同格よりは連体法での所属や属性・実質意味を表す「…は~の」構文で、「門出したる所はかりそめの茅屋の(それであって)」と、「東京は神田の(生まれ)」的な入れ子構文とも見做せるでしょう。

そして、この見方をこの短歌に適用すると「(今この場は)、「死に近き母に添寝の」(今この場)であって、」といった構造が想定され、これは結局、後続の体言が省略された「この場この際(きわ)にあって」という、準体助詞的な連体法の用例につながるのではないでしょうか。

また、詠み手の思い=<(母を慕う)私の心>を主語と捉えれば、つぎのような感じ方もあり得ます。
「死に近き母に添寝の(<私>には、)しんしんと遠田のかはづ(の声が)天に聞ゆる」
「死に近き母に添寝の(この<私の心>は、)しんしんと(積もるがごとく愛しさ募るばかりで、)遠田のかはづ(の声は遠くに籠もり響いて、まるで)天(からの雨のよう)に(<私の心>にしんしんと降るように伝わり)聞ゆる」

このような意味の多義性は、韻文においての情報量の絶対的乏しさが原因であって、短詩形文の文法解釈の振幅・ブレとして曖昧性は免れないものと思われます。
最も短い俳句「陽を病む」(大橋裸木)などは、解釈という域を越脱してもはやタイトル化しています。

とまれ、「しんしんと」が「夜ふけ」と「蛙の声」の掛詞だという定説は今更ながら活性に乏しくなっており、今や平仮名で書かれたこの言葉から、もっと自由にして多くの意味を汲み取りうる、そんな活性の漲りもまた求められていると思われます。

#4です。
>「の」について改めて古語辞典に当たると、「同格」からの派生で、…

「全訳読解古語辞典」(三省堂)には、ご指摘の件が載っていますが、その同じ「更級・かどで」について、「全訳古語例解辞典」(小学館)では「「…であって」のような意味で、下に続ける。接続助詞「ものの」はこの用法からできた。…で、…であるけれでも。」の例文に扱われています。

この文は、その語順を連続へと繰り上げ、「の」に省略された体言「それ(門出したる所)」を加えれば、「門出したる所は、かりそめの茅屋の(そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング