毎度の事、この掲示板に書くのが申し訳ないのですが・・・
釈迢空の短歌についてです。図書館で調べました。
けれど調べ方が悪かったのか、資料が本当にないのか・・
訳がわかりませんでした。単語の意味は少しわかったのですが・・
『たたかひに果てにし子ゆゑ身にしみてことしの桜あはれ散りゆく』です。
教えてください。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  釈迢空とは、国文学者・民俗学者・思想家として高名な「折口信夫」(1887-1953)のうたを詠む時の雅号です。従って、これは、折口信夫のうたなのです。
 
  この歌が何時詠まれたかで解釈が違ってくるのですが、歌っていることは非常に明白です。明白すぎて、何か分からない状況が隠されているのではないかと疑います。大きな解釈として、「たたかひ」を現実の「戦い」つまり太平洋戦争と見るか、または、何か象徴的な心などの「戦い」と見るかで意味が少し違って来ます。
 
  「たたかひに果てにし子」という「子」の使い方がよく分からないのですが、折口には、子はいなかったと記憶しています。では誰のことかというと、想定では、折口の愛弟子か何かの青年を指している可能性があります。折口は、色々な事情があるのですが、「少年愛(というより青年愛)」の高名な学者として有名でした。弟子が同時に、同性愛の愛の対象であったので、折口は、愛弟子と起居を共にし、「この道は、実に奥が深く、余人には知り難いのである」などと言っていたと聞いています。
 
  自分が愛した弟子が、まさに「子」で、その弟子が、学徒出陣か何かで戦争に出、戦死し、それを悼む、痛切な哀歌・挽歌とでも読めば、あまりに意味が明白です。「桜散る」というのは、大学受験に失敗した時の言葉ですが、日本男児が兵士として戦場に赴き戦死した場合も「桜の散る」という比喩をします。
 
  >(不条理な)戦いに散って逝った我が愛しき「子」よ、おまえの果てし身のありようを省みるにつけ、我が身のごとく、桜の花が、今年、哀れにも散って行くことか……戦いに散ったお前は、何故、去って行ったのか、わたしを置き去りにして……
 
  これは、愛弟子が、戦争で戦死した場合は、まさにこういう直裁な意味なのですが、「たたかひに果てし」が、何か精神的な象徴的なことかも知れません。また「たたかひ」とは、「病との戦い」であったのかも知れません。若くして病死した愛弟子を哀悼した歌かも知れません。学問において「身を果てた弟子」かも知れません。しかし、いずれにしても、これは、哀歌・挽歌に見えます。死んだものを哀悼した歌としか読めないです。
 
  折口については、わたしは無知で、魔術的文章だと言われる彼の著作もほとんど読んでいませんので、折口にはあるいは、「子」がいたのかも知れません。どういう場面で詠まれたうたかで、解釈が違って来ますが、上の「解釈訳」のほぼ内容で、「心情・心象の模様」は把握されていると思います。
  
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく回答してくれて本当にどうもありがとうございました。
starfloraさんにはこないだも教えていただいて・・・・
とても為になりました。
へんてこな質問ですみません。
本当にありがとうございました☆

お礼日時:2002/02/12 20:57

 御質問の短歌は釈迢空(折口信夫)の歌集『倭(やまと)をぐな』(昭和30年刊)に載っているもので、「竟(つひ)に還(かへ)らず」と題された連作中の一首です。


 「子」は、「愛弟子と起居を共にし」と、No.1のstarflolaさんが書いていらっしゃる藤井春洋(はるみ)のことです。彼は陸軍将校として硫黄島に赴き、昭和20日本軍が玉砕(全滅)したときに亡くなりました。春洋の出征にあたって迢空は彼と養子縁組をしましたので、戸籍上も「子」ということになります。
 昭和20年の敗戦の、翌々年になる昭和22年の春に詠まれた歌のようで、「戦いで死んでしまった我が子のせいで、今まで以上に痛切に身にしみて今年の桜の花がしみじみと散っていく」と詠んでいます。言うまでもなく我が子となった春洋の死を嘆き悼んだ歌です。
 桜の花の散るのが人生の無常を感じさせるのは、starflolaさんがおっしゃっているとおり日本文学の伝統ですね。
 『倭をぐな』には、他にも、
  洋(わた)なかの島に立つ子を ま愛(がな)しみ 我は撫でたり。大きかしらを
  たゝかひに果てし我が子を かへせとぞ 言ふべきときと なりやしぬらむ
  愚痴蒙昧の民として 我を哭(な)かしめよ。あまりに惨(むご)く 死にしわが子ぞ
などの歌が多くあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に回答してくれてどうもありがとうございました。
この歌は作者が戦死した子について詠った一首なんですね。
わかりやすかったです。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q両親の離婚に伴う子(成人)への影響

両親が離婚して既婚の成人と未婚の成人の子がいた場合に、
何か法的に子に影響のあることってありますでしょうか?
未婚の子の戸籍のことぐらいでしょうか?

また、父と母は他人になるわけですが、
親子の縁は法的にきれるものではないということを
このサイトを読んでいて学びました。
心情的には100%母親側の味方なのですが、
今後父が病気等になった場合、
子は父に関わらざるをえないのでしょうか?

Aベストアンサー

両親が離婚して既婚の成人と未婚の成人の子がいた場合に、

>何か法的に子に影響のあることってありますでしょうか?
ご質問では成人している子供なので一切ありません。

>未婚の子の戸籍のことぐらいでしょうか?
何もかわりません。変化なしです。

未成年の子供の場合には親権者が一人になるのでその記載がのりますが。

>今後父が病気等になった場合、子は父に関わらざるをえないのでしょうか?
親に対する扶養義務の話であれば、それはそもそもそんなに強い扶養義務が課せられているわけではありません。ただ全く無関係に生きるというのは出来ないかもしれません。何がしかの問い合わせなどはあるでしょうし、父がなくなれば遺産(財産ならよいけど借金もありえる)の話もありますし。

Q「散りゆくものは我が身なりけり」

上の句がなんだか思い出せません。
気持ち悪いのでぱっと出てくる方
お教えください。

Aベストアンサー

ん? これは小倉百人一首(もとは『新勅撰集』雑・1054)にもある

花さそふ 嵐の庭の 雪ならで
 ふりゆくものは 我が身なりけり
(入道前太政大臣/藤原公経)
「花を誘って散らす嵐が,庭一面を雪が降るように白くしているが,その「フル」ではなく年々フルびていくのは我が身だったのだなぁ」
では?

ま,本歌取りの狂歌で

ぬば玉の 黒髪山もしら雪と 
 ふりゆくものはわが身なりけり

というのもあるようですが。

Q成人の子を、実父の戸籍へ戻せますか?

妻は再婚、子連れで私と結婚しました。

子が成人して何年も経つのですが、
実父のもとへ戻りたいと意思表示がありました。

実父とはある程度、同意の方向に進んでいます。

法律相談にも行ったのですが、あいにく専門外の方で、姓の変更は可能という事が分かったのですが、戸籍についてはハッキリしませんでした。

ネットで検索してみたのですが、成人の場合はレアケースの様で、良く分かりませんでした。

成人の子を、実父の戸籍へ戻したいのですが、可能でしょうか?

また、どの様な手続きが必要でしょうか?

ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 私だったら、市役所の戸籍担当課か、最寄りの法務局の戸籍課へ相談します。
 市役所に相談するのがまずい場合は、法務局に直接相談ですね。
 市役所も判断できないときは、法務局戸籍課へ照会しますので、法務局に直接電話で相談するか、近くなら直接相談に行くというのも確実な方法です。
 その場合成人したお子様の戸籍が、離婚前は父の戸籍→離婚後母の戸籍に入籍→あなたとの再婚後、あなたの戸籍に入籍なのか、現在も母の再婚前の戸籍に残っているのかなど、戸籍の異動経過も聞かれると思います。

Q短歌の結社に入ると、短歌の知り合いができるのでしょうか

まず、カテ違いでしたら申し訳ありません。
趣味のカテにすべきか迷いました。

私は短歌を始めて4ヶ月になります。
田舎に住んでいることもあり、同年代の方が参加するような短歌サークルは近くにありません。
NHK学園の短歌講座をとってみたり、テレビや雑誌を見たりしてひとりで歌を作っていますが、できれば短歌が好きな同年代の方とお会いし交流を深めることができればと思うようになりました。

そこで結社へ入ろうかと思います。
調べたところ、結社では投稿作品を会員誌に掲載したり、歌会(?)のようなものが開催されたりするようですが、会員間の交流はどの程度盛んなのでしょうか。
結社に入ると、お友達ができたりするようになるのでしょうか。

結社に入っても投稿するだけで終わってしまうのであれば、今私がしていることと大して変わりないように思うのです。
できればいろんな方に私の短歌をみていただいたり、また私もいろんな方の短歌を拝見できればと思っていますが、結社に入ればそのようなことは可能なのでしょうか。

もちろん結社によって差異はあると思うのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。
なお入会しようかと思っている結社はまだありませんが(考え中です)、角川書店の「短歌」に広告を出しているような結社に入ろうと思います。

さらに、どのような基準で結社を選べばよいかご存知でしたらあわせて教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

まず、カテ違いでしたら申し訳ありません。
趣味のカテにすべきか迷いました。

私は短歌を始めて4ヶ月になります。
田舎に住んでいることもあり、同年代の方が参加するような短歌サークルは近くにありません。
NHK学園の短歌講座をとってみたり、テレビや雑誌を見たりしてひとりで歌を作っていますが、できれば短歌が好きな同年代の方とお会いし交流を深めることができればと思うようになりました。

そこで結社へ入ろうかと思います。
調べたところ、結社では投稿作品を会員誌に掲載したり、歌会(...続きを読む

Aベストアンサー

短歌ではありませんが、私も一度、入りたい結社があったのですが、
事実上断られてしまったことがありました。
中には敷居を高く設定しているところや、裏の顔を持っている結社も数多いですから、慎重に選んでください。
選ぶ基準はなんとも言えませんが、
好きな歌人の方の在籍する所に入るのがいちばん上達もすると思いますし、
嫌な面も少々のことは我慢できると思います。

そうでなければ市町村の市民講座などでもたくさんの方と交流できます。
そこで腕を磨いてから本命の結社に行ってみてもいいのではないでしょうか。

Q再婚した時、親権を持つ自分の子が成人していると、子の姓は再婚者の姓か今の姓かを選べますか? また、そ

再婚した時、親権を持つ自分の子が成人していると、子の姓は再婚者の姓か今の姓かを選べますか?
また、その選択に関する手続きについての注意点があれば教えてください。

Aベストアンサー

あなたが親権を持つ成人の子どもさんの戸籍は、あなたの戸籍に入っているのですね。それだとすると、あなたの再婚相手と子どもさんが養子縁組しない限り、子どもさんの姓は変わりませんし、戸籍も今のままです。

姓を選ぶのでは無く、養子縁組するかどうかで子どもさんの姓の取り扱いは変わらなかったり変わったりします。

Q俳句と短歌は一見よく似た文芸詩のようにみえますが、なぜ、科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いの

科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。
両者は、一見よく似た文芸詩のように思われますが、なぜ、科学者は短歌を好むのですか?

Aベストアンサー

>俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。

そうかなぁ。
ぱっと思いつくだけでも、物理学者なら、
・寺田寅彦
・有馬朗人(東京大学元総長・原子核物理学)
・尾池和夫(京都大学元総長・地球物理学者)

数学者にも
・吉田 洋一(北海道帝国大学教授)

化学なら
・和田悟朗(奈良女子大学名誉教授)


だから、気のせいだと思います。

Q離婚した時に子が成人していたら、子の戸籍は?

 離婚して、私は籍が独立したのですよね。でも子は、何も手続きしなければ、前夫の子となっているのですか。子は二人とも成人していましたが。。。
 私と子は戸籍では他人ですか?
 また、子の健康保険の扶養に、私は入れるんでしょうか?
不安になってきました。

Aベストアンサー

離婚時にどのような手続きをされたのか疑問です。

通常、離婚届を出す際に子供の戸籍をどちらに入れるか?決めるものです。

旦那さんの性を名乗っているのなら、旦那さんの戸籍に入っているはずです。



だとしても親子の関係は切れるものではありません。
戸籍上も親子である事に間違いはありません。


ただ、健康保険の扶養に関して言えば、親子関係の問題よりも実際に扶養関係にあるか?という事が大きな問題となります。


極端な例を言えば、全くの赤の他人であっても生計を共にし扶養関係にある事が認められれば健康保険の扶養に入る事が出来ます。
逆を言えば、親子であっても生計を共にしている形跡が無ければ健康保険の扶養には入れません。

Q歌釈を教えて下さい!

後拾遺和歌集の和泉式部の歌で
「津の国の こやとも人の いふへきに
  ひまこそなけれ 芦の八重葺」
の歌釈がわかりません。

非常に困っております。
わかる方、どうか教えて下さい!
お願いします。

Aベストアンサー

 No.1 、No.2 の方がそれぞれに有益な情報を提供してくださっていますが、No.2の方の、

> 2)「来ておくれよ」という男のセリフ。

というところが腑に落ちませんでした。この時代の恋人同士や夫婦は、男が女の所を訪ねて行くのが習慣ですので、男が女に「来ておくれ」というのはよほど特別なケースだと思います。

 ということで、調べてみると、No.1の方が挙げてくれたURLには、

> 津の国のこやとも人をいふべきに隙こそなけれ葦の八重葺
           ↑

と、「人を」となっていて「人の」ではありません。他も調べてみるとどうも「人を」が正しい形のようです。

 「人のいふべき」なら「の」は主語を表し、男が言うことになって、確かに男のセリフということになりますが、「人を」なら、「を」をそのまま用いるなら「その人のことを言う」、分かりやすく言うと「その人に言う」ということで、作者の和泉式部が男に向かって言った(書き送った)セリフになります。

 私なりに現代語訳してみると、

 「摂津の国の昆陽(こや)という地名のように、『来や』つまり『(私に逢いに)来てください』と(あなたに)言うべきなのでしょうが、葦で八重に葺いた屋根に隙間がないように、私にもあなたに逢っている余裕がありません。」

というぐらいでしょうか。

 五句の「葦の八重葺」は倒置法で四句の「隙こそなかれ」に掛かる「序詞(じょことば)」で、本当に技巧的な歌です。
 藤原公任(きんとう)が、和泉式部の歌としては、有名な「暗きより暗き道にぞ入りぬべき……」の歌よりもこちらの方が優れているというのももっともだと思います。

 No.1 、No.2 の方がそれぞれに有益な情報を提供してくださっていますが、No.2の方の、

> 2)「来ておくれよ」という男のセリフ。

というところが腑に落ちませんでした。この時代の恋人同士や夫婦は、男が女の所を訪ねて行くのが習慣ですので、男が女に「来ておくれ」というのはよほど特別なケースだと思います。

 ということで、調べてみると、No.1の方が挙げてくれたURLには、

> 津の国のこやとも人をいふべきに隙こそなけれ葦の八重葺
           ↑

と、「人を」となっていて「...続きを読む

Q成人した子のスマホ代金を家族まとめて支払っているのですが、あまりにも高額なので切り離したいのです。一

成人した子のスマホ代金を家族まとめて支払っているのですが、あまりにも高額なので切り離したいのです。一緒にショップに行く以外に方法はありますか?

Aベストアンサー

メインの回線契約者が、ショップで手続きをすれば可能だったと思います。
契約の変更ではありませんので、一括請求は解除できたかと思います。

Qゑけ上がる三日月や について

「NHKにほんごであそぼ」のかるたを買いました。
「ゑ」の札の文章は「ゑけ 上がる三日月や 」です。
沖縄の「おもろさうし」に入っている歌の一部だそうです。

この読みって「えけあがるみかづきや」になるのですが、納得できません。
もしこれが「いけあがる・かけあがる」なら分かるのですが…?
「ゑけ」ってどんな意味なんでしょうか?
分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

琉球方言の囃し言葉のようです。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/geturo/karuta/karuta2.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報