見守り電球またはGPS端末が特価中!

> G-1の物性についてご連絡いたします。
> JIS A 9511 曲げ強度 G-1 30N/cm*2
> G-1より硬いものもあります
> G-33L 曲げ強度 45N/cm*2

このデ-タ-何を意味するか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

何のために曲げ強度をメーカーに質問したんだか。


(引っ張り強度でも同様ですが(w))
何のために聞いたかわかんなければ答えようがないですよ。

Nはニュートン(単位)。
基本単位は、キログラムメートル毎秒毎秒。

1kgの質量なものは、約9.8Nですから、
30Nということは、約3kgの重量に耐える、ってことですね。(厚さ1cm以上)

メーカーさんも大変だなぁ。

この回答への補足

はい今注文しました、御指導を深謝します。

補足日時:2006/05/23 17:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>何のために曲げ強度をメーカーに質問したんだか。
(引っ張り強度でも同様ですが(w))
何のために聞いたかわかんなければ答えようがないです。

畳大のベ-スでNゲ-ジの鉄道模型をはじめるため。
コンパネ(木の板)+角材では重いので 発泡倍数が
低く 折り曲げ耐性が高い発泡スチロ-ル板が必要でした

つまり「未使用時」には鴨居に紐で突っかけて
立てておく、硬い 軽い 曲がりにくい が必要で
発泡スチロ-ル数社とメ-ルで連絡取り合ったわけ
です。  ご解答 非常に感謝します。これはじょうぶそう。

お礼日時:2006/05/23 15:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスタイロフォームと発泡スチロールの違い

スタイロフォームと発泡スチロールで温・冷室を作ろうと思っています。ステンレスラックの外側にスタイロフォームと発泡スチロールを囲う構造です。スタイロフォームと発泡スチロールではどちらが保温・保冷性能が高いですか。厚さは4cmだとします。

Aベストアンサー

スタイロフォームはダウの押出発泡ポリスチレンの商品名です。
欧州ではXPSと表記されます。

これに対し、発泡ポリスチレンはEPSと表記されます。

どちらも、原料は発泡剤を含むポリスチレン樹脂のビーズから作られます。

XPSは押出機内で発泡ビーズを加熱し発泡させながら板状に成形した物です。
EPSは型に発泡ビーズを充填し加熱蒸気を型に導入し軟化発泡させ成形した物です。

XPSは泡が細く、互いに独立していて、全体に渡る微細構造をしているために、
断熱性が高く強度がより高いという特徴が有ります。EPSに較べて吸湿性も低いのが
特長です。
燃えにくくする難燃剤を入れた物は、建築用の断熱材として使われます。

EPSは発泡したビーズ同士が表面で溶着し合っているだけなので、ビーズ中の泡も
XPSに較べ粗いため断熱性も低く、強度も落ちます。

価格は、一般的にXPS>EPSです。XPSは着色品(青)が多く、選択は
用途と値段の兼ね合いでしょう。


ポリスチレンと発泡ポリスチレンはドイツの会社の発明です。ダウではありません。

Q発砲スチロール同士の接着剤につきまして。

発砲スチロール同士の接着には専用の接着剤を使えばよいと聞いたのですが、値段が高くてあまり使えないのです。木工用のボンドでもいけると聞いたのですが木工用のボンドには発砲スチロールは使えないと書いてあります。果たして使えるのでしょうか? 安く済ませることを考えているのですが何か良い方法ありませんでしょうか?

Aベストアンサー

高価と指摘されているのはセメダイン社の発泡スチロール接着剤でしょうか?木工用ボンドの使用の経験はないのですが、プラモデル用のセメダインや、ゴム用のGボンド等と違い、発泡スチロールを溶かさないので、使用できますが、ちゃんと着かない気がします(少しだけ、ネットで調べたところ、木工用ボンドのほか、瞬間接着剤なども一応使えるとありました。ただ、専用の接着剤には及ばないのではないでしょうか)。

一般的な発泡スチロールで、大きさがそれほど大きくなく、強度の要るものでなければ、「スチのり」という専用の接着剤が300円程度から買えます。たぶんスチのりのほうが量を消費する場合には安上がりだと思うのですが…(なお、スチのりはハンズや画材店で売っています)

ただ張り合わせるだけで、その後に造型するようなことがなければ、貼り合わせる面同士に両面テープを貼り、つまようじか竹串(焼き鳥の串)を貼り合せるものに刺して補強するやり方もあります(パーツ同士を接着する時に串を芯にするということです。このやり方は接着剤のときにも有効です)。ただ、強度はありません。

畳ぐらいの大きさのものを接着したり、強度の要る場合にはコニシボンドのG2002というものがあります。

参考URL:http://www.koeido.org/kenchikumokei0/happo/sucinori.html

高価と指摘されているのはセメダイン社の発泡スチロール接着剤でしょうか?木工用ボンドの使用の経験はないのですが、プラモデル用のセメダインや、ゴム用のGボンド等と違い、発泡スチロールを溶かさないので、使用できますが、ちゃんと着かない気がします(少しだけ、ネットで調べたところ、木工用ボンドのほか、瞬間接着剤なども一応使えるとありました。ただ、専用の接着剤には及ばないのではないでしょうか)。

一般的な発泡スチロールで、大きさがそれほど大きくなく、強度の要るものでなければ、「スチの...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q発泡スチロールの加工にて

発泡スチロールを加工して、ある作品を作ろうと考えています。
そこで実際にやってみたところ、発泡スチロールに粗が出来、
あまり綺麗に作る事が出来ませんでした。
綺麗にするための方法をご存知の方がいらしたら、
教えて頂けないでしょうか?
塗装、研磨等なんでも結構です。
よろしくおねがいします。
また、その他発砲スチロール以外に加工のしやすい素材がありましたら、
そちらも是非教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

 発泡スチロールと一口にいっても色々あります。一般的に緩衝材などに用いられるものは、密度が均一でないのであまりそう言った作業には向いていません。
 加工性がよいのは、断熱材などに用いられるスチレンボードです。大きいサイズでしか売ってませんが、ホームセンターなどで扱っています。

 形を作るときは、のこぎりなどでおおざっぱに切り出し、カッターや粗めの紙ヤスリで大まかな形状を作ります。その後、目の細かい紙ヤスリ(だいたい240番くらい)で形を整えていきます。慣れた人なら、その程度の大きさだと30分くらいで作ってしまいます。
 平滑な面を作りたいのであれば、溶きパテを表面に塗って紙ヤスリで均す方法があります。このときに使う紙ヤスリは、プラモデルなどで使う耐水ペーパーを使用します。番号の小さいもの(400番くらい)から初めて、最後は1000番くらいで仕上げます。

Q発泡スチロールの表面処理-RC飛行機

発泡スチロール飛行機機体ですが、強度を補強し、表面を発泡とか解らないようにする方法としては、
A.エポキシによるマイクログラス貼り後、サンディングシーラー研磨、塗装
B.ドライ系のフィルム貼り
C.グラステープ貼りの塗装
D.塗装のみ
と、考えられると思っています。
Aが一番強度があり綺麗(腕にもよるが・・・)に仕上がるとは思いますが、出来るだけ簡単に、綺麗に仕上がる方法は無いでしょうか?
あるA塗料を塗るだけで、結構固くツルツルになり、コンパウンドで磨くだけで、元が発泡だとは想像つかない!なんて、あれば良いのですが、何方か、良いノウハウお持ちでしたら、ご教授下さい。
優先順位としては、(高い順)簡単-強度-綺麗-重量です。

Aベストアンサー

「水性パテ」でコートするのはどうですかね。
ポリパテやラッカーパテでは一瞬で溶けてしまいますが、水性パテなら大丈夫です。
水で薄め、筆で塗れば表面をコーティングできます。
そこそこ塗り重ねればペーパー掛けも塗装も可能です。

発泡スチロールでなく、スタイロフォームで何度かやりました。

絶対とはいえないので、同じ材料で試してから本番をやってください。

Q発砲スチロールにFRP!

発砲スチロールで原型を作りそれにFRP(リゴラック)を塗りたいのですが・・・・当然、溶けますよね^^;
で、それを防ぐために何か良い方法はないのでしょうか?
発砲スチロールに何かペンキの様なものを塗って直接FRPの液がスチロールに触れないようにするとか・・・
最終的に中の発砲スチロールは取っちゃうので切っても割ってもおk^^
良い知恵をお貸しくださいm(_ _"m)ペコリ

Aベストアンサー

#1です。

先の回答はちょっと安直に書いてしまいましたm(_"_)m
さて、ポリエステル樹脂が硬化するときは結構な発熱がありますからね。
本来の原型制作方法から言うと、

1. ブロック化した発泡"ウレタン"を削り、大まかな形をつくる。
2. 成型した発泡ウレタンの表面にポリパテを塗り最終形状と
  表面の平滑性をだす。
3. 完成した原型に離形材としてゲルコート樹脂を吹き付ける。
4. ゲルコートを吹き付けた原型にグラスクロス、グラスマットを
  ポリエステル樹脂で貼り付けていく。

とまぁこんな感じで雌型を作って、この雌型から完成品を取り出す訳ですが、
今回はここまでやらなくても良いとのことなので、上記過程のうち1と2をやれば良いんじゃないですか?
3の離経材に関しては別にゲルコートでなくても良いんだし。
ただし原型製作につかう材料は発泡スチロールではなく、発泡ウレタンになりますが。

Qジョイントボックスは無くても良いのか

建物を借り、スケルトンの状態から事務所にしました。電気配線も
新規で配線工事していただきました。
全ての工事が完了し屋根裏を確認したところ、配線の接続部分に
プラスチックのカバー(名前はたぶんジョイントボックスだと思
いますが)が付いておりませんでした。
業者に確認したところ、
・昔のリングスリーブと違って今は差込コネクタなので露出して
 いる電線部分がなく、ジョイントボックスが無くても漏電の心配
 は無い。
・最近の工事ではどこもジョイントボックスは付けない。
・電気工事の規定については調べなければ分からない。
などの説明がありました。
説明が下手ですので写真を添付します。この写真は配線が全ネジ
にテープで止めて固定してますが、場所によっては固定されて
おりません。(グラスウールの上にほかってあります。)

そこで教えていただきたいのは、
1.電気工事の規定では正しくはどうなっているのか?
2.規定はともかく、実用上では無くても問題が出ないのか?
3.問題があるとすると具体的にどのような危険があるのか?
 (ex.雨漏りした際にボックスがないと漏電するなど。。)
などです。
よろしくお願いいたします。

建物を借り、スケルトンの状態から事務所にしました。電気配線も
新規で配線工事していただきました。
全ての工事が完了し屋根裏を確認したところ、配線の接続部分に
プラスチックのカバー(名前はたぶんジョイントボックスだと思
いますが)が付いておりませんでした。
業者に確認したところ、
・昔のリングスリーブと違って今は差込コネクタなので露出して
 いる電線部分がなく、ジョイントボックスが無くても漏電の心配
 は無い。
・最近の工事ではどこもジョイントボックスは付けない。
・電気工...続きを読む

Aベストアンサー

NO1です。ボックスをかぶせる件ですが、写真の状態で上から被せば大丈夫です。私が施工するのであれば全ねじにゴムをまいてタイラップ(インシュロック)で縛るか、電線支持のプラスチックを引っかけます。コンセント回路で差し込みコネクタを使うか使わないかですが規定はありません。差し込みコネクタの規格は次です。(ニチフ製品の場合です)
■JIS C2813(屋内配線用差込形電線コネクタ)適合品。
■都市基盤整備公団工事共通仕様書記載。
■国土交通省電気設備工事共通仕様書記載工法。
■電気用品安全法取得。
■内線規程JEAC許可品
300V/20A、電圧/電流です。コンセント回路で使っても問題はありません。基準をクリアーしているわけですから、一応言っておきますがリングスリーブでも差し込みコネクタでも正しく施工すればれっきとした電気材料です。                                                          あと違法工事は工事を行った業者に是正してもらうしかありません。今後はそこの業者を使わない事ですね。建築工事で請負形態によって異なりますが、電気工事を直に請け負っている業者なのか、建築下で入っているのかわかりませんが、お客さん対業者ですよ。契約で成り立っていますからね。電力会社はあくまで電気を、電力会社の財産点まで安全かつ確実に送るだけなので。よって是正を指示する責任は電力会社にはありません。ちなみに電力引き込みは高圧、低圧ですか?

NO1です。ボックスをかぶせる件ですが、写真の状態で上から被せば大丈夫です。私が施工するのであれば全ねじにゴムをまいてタイラップ(インシュロック)で縛るか、電線支持のプラスチックを引っかけます。コンセント回路で差し込みコネクタを使うか使わないかですが規定はありません。差し込みコネクタの規格は次です。(ニチフ製品の場合です)
■JIS C2813(屋内配線用差込形電線コネクタ)適合品。
■都市基盤整備公団工事共通仕様書記載。
■国土交通省電気設備工事共通仕様書記載工法。
■電気用品安全法取得。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング